How to

HDD(ハードディスク)を分解して物理的に破壊する方法

HDDを叩き割る

この記事でわかること

  • パソコンの内蔵HDDを物理的に破壊する方法を紹介します
  • 外付けHDDでも同じです
  • 破片が飛び散りやすいので気をつけて行ってください

「パソコンを処分したいのですが、初期化していれば安全ですよね?」

いえ、まったくもって安全ではありません。

 

パソコン内のデータというのは、基本的に全て「HDD(ハードディスク)」という部品の中に保存されています。

ご存知の方も多いでしょうが、不要なデータを「ゴミ箱」に捨てたとしても右クリックから簡単に元に戻すことが可能です。

仮に「ゴミ箱を空」にしたとしても、インターネットで無料でダウンロードできる「復元ソフト」を使えば、誰でも簡単に復元できます

それこそ「リカバリ(初期化)」を行ったとしても、有料・無料の専用ソフトを使えば比較的簡単に復元できてしまう場合も多いのです。

 

では、どうしたらいいのか。

答えは2つで、1つは完全消去できる専用のソフトを使ってデータを消す方法です。

ソフト自体は無料でダウンロードできますが、完全消去には丸一日以上かかる可能性があります。

【画像つき】ディスク消去ユーティリティの使い方|パソコンのデータを完全に消去
【画像つき】ディスク消去ユーティリティの使い方|パソコンのデータを完全に消去

この記事でわかること ディスク消去ユーティリティを使えばHDDの中身をしっかりと消去できる ディスク消去ユーティリティの使い方を画像付きで解説 パソコンを処分する前にデータを確実に消去しましょう 「パ ...

続きを見る

 

そしてもう1つが、HDDを物理的に破壊してしまう方法です。

専用のドライバーとハンマーのようなものがあれば、誰でも簡単にHDDを破壊することができます。

物理的に破壊されたHDDは、どう頑張っても復元することはできません

もっと詳しく

完全消去できるソフトを使ってデータを消せば復元率を限りなく0にできますが、それでも復元できてしまう可能性は0ではありません。

物理的に破壊してしまうことが、一番安全にデータを消去する方法なのです。

 

本ページでは、HDDを物理的に破戒する方法の解説を行っています。

パソコンを安全に処分したい方は、ぜひ参考にしてください。

HDDを破壊するために必要な道具と注意事項

専用ドライバーとハンマー(のようなもの)

HDDを破壊するために必要な道具と注意事項について説明します。

専用ドライバーとハンマー(のようなもの)

星型ドライバー(トルクスともいう)

HDDのカバーを開けるために、専用の星型ドライバー(トルクスともいう)が必要です。

あまりなじみのないドライバーかもしれませんが、Amazonやホームセンターにも1,000円程度で売っているので安心してください。

HDDの種類によって使われているサイズが異なるので、こういった様々なサイズが揃っているものを購入するのをおすすめします。

 

モーターレンチ

また、HDDの本体自身は非常に硬い円盤(分厚い金属製のDVDだと思ってください)になっているので、割るためにハンマーのようなものが必要です。

木槌では難しいので、金属製の重くて硬い工具を用意しましょう。

created by Rinker
角利産業(Kakuri Sangyo)
¥771 (2021/03/05 08:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

弊社にはハンマーがなかったので、モーターレンチで代用しました。

 

破片が飛び散りやすい

割れたHDD

HDDの表面は非常に硬いのですが、中身は脆いガラスのようになっています。

そのため、バリッと割ったあとに破片が大量に飛び散る可能性が高いです。

HDD自体を二重で袋詰め(ジップロック的なものが良い)したり、ダンボールの中で作業するようにしましょう。

ココに注意

細かい破片が飛び散って目に入ってしまう可能性もあります。

袋詰ができない場合は、メガネなどで目をカバーして行ってください。

 

コンクリートの上の方が割りやすい

HDDは非常に硬いので、ハンマーで叩き割る時はコンクリートの上などのほうが割りやすいと思います。

床を傷つけてしまうこともあるので、ベランダなどで行うと良いでしょうね。

 

以上が、必要な道具と注意事項でした。

HDDを分解して、中身を破壊する方法

HDD3.5インチ

それでは早速HDDを破壊する手順を説明したいと思います。

デスクトップ用の3.5インチHDDでも、ノートパソコン用の2.5インチHDDでも、基本的な手順に違いはありません。

今回は、より頑丈な3.5インチHDDにて説明をしたいと思います。

※2.5インチHDDは、比較的簡単に割ることができます。

もっと詳しく

パソコン本体からHDDを取り出す方法は、機種によって異なります。

「型番 分解」などのワードで検索をすると、参考になる記事が見つかると思います。

【画像付き】東芝「PAEX35KLTBL(EX/35KBL)」を分解する方法(HDD・メモリ交換)
【画像付き】東芝「PAEX35KLTBL(EX/35KBL)」を分解する方法(HDD・メモリ交換)

この記事でわかること 東芝ノートパソコン「PAEX35KLTBL(EX/35KBL)」を分解する HDDやメモリの交換・増設を行う方は参考にしてください SSDに換装することで、一気に高速化可能です ...

続きを見る

ビスを外して、カバーを取り外す

HDDのビスを外す

まずは星型ドライバーを使ってビスを外しましょう。

HDDによってビスの数が異なりますが、3.5インチは7個、2.5インチは8個の場合が多いです。

 

HDDのビスを外す

たいがい、こういったうっすらと凹んでいる箇所にもビスが隠れています。

 

HDDのビスを外す

カッターナイフなどでラベルを切り取るとビスが外しやすいですね。

※ラベルの上から直接ドライバーをねじ込んでも外せないことはないです。

 

円盤を破壊する

HDDを破壊する

カバーを外すと、いきなりHDDの本体(円盤)が顔を出します。

 

本来は必要ないですが、せっかくなのでさらに分解して円盤だけを取り外してみました。

HDDの円盤

HDDの円盤

3.5インチのHDDは厚みがあるので、かなり硬いです。

 

ということで、こいつをハンマーで叩き割りましょう。

HDDを叩き割る

床が傷つくので、コンクリートの上などに置いて叩いてください

 

2.5インチHDDはまだしも、3.5インチHDDはかなりの力を入れないと割れないと思います。

怪我をしないように、気をつけて叩いてくださいね。

ココがポイント

破片が飛び散らないように、ジップロックなど厚手の袋に入れて叩き割りましょう。

 

壊れたHDDやその他の部品は不燃ごみへ

壊れたHDDやその他の部品は不燃ごみへ

正直に言えば、わざわざ粉々に割る必要はそれほどなく、ある程度傷がついてしまえばよっぽど大丈夫です。

その状態からデータを復元させるのは非常に困難だからです。

とはいえ、せっかくここまでやったのだから、どうせならしっかりと叩き割って完全に破壊してしまいましょう。

 

壊れたHDDは不燃ごみとなります。

回収業者の方が手を切らないように、ちゃんと梱包して捨てるようにしてください。

 

以上がHDDを物理的に破壊する方法でした。

不要になったパソコン本体は回収業者へ依頼して処分してもらいましょう。

杉本
Windows7パソコンを安全に処分する方法|データ消去は?不燃ゴミでいいの?
Windows7パソコンを安全に処分する方法|データ消去は?不燃ゴミでいいの?

この記事でわかること Windows7を安全に処分する方法を紹介する サポートの切れたWindows7は使うべきではない しっかりとデータを消去して、メーカーに引き取ってもらいましょう 「パソコンって ...

続きを見る

 

HDDのデータ消去やパソコンの処分に関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくは公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください。

なる早で返答させていただきます。

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-How to
-, ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2021 All Rights Reserved.