モバイルWi-Fi

【2020年12月版】ポケットWiFiおすすめランキング|実際に使って比較検証しています

【最新版】徹底的に比較検証!ポケットWi-Fiおすすめランキング

<Update>

2020年12月の最新ランキングへ更新いたしました。

実際に使った経験をふまえて、おすすめできる順番に紹介しています。

この記事でわかること

  • 【2020年12月】人気のポケットWiFiをランキング形式で紹介します
  • ポケットWiFiを比較する際に注意するポイントを解説
  • 失敗しがちな人の共通点も紹介します

「ポケットWiFiってどれを選べばいいですか?どんなのがあるんですか?」

ポケットWiFiって知らない人からすると、かなり謎な部分が多いアイテムだと思います。

固定回線に詳しい人でも「ポケットWiFiはよくわからない」という人が多いくらいなので、そもそもWi-Fi関連が苦手な人からすれば尚更難しいのがポケットWi-Fiです。

 

でも実はポケットWi-Fi選びは全然難しくありません。むしろ簡単すぎて「え!そうなの?」と拍子抜けするでしょう。

光回線の方がよっぽど複雑で難解でややこしいと思います。

 

「ポケットWiFi」とはなんなのか。どんな「ポケットWiFi」があるのか。どの「ポケットWiFi」を選ぶのが正解なのか。

なるべく難しい言葉を使わずに解説していきますね。

すぐにおすすめのポケットWiFiが知りたい方は「ポケットWiFiランキング」へ進んでください。

杉本

ポケットWiFiとは?

ルーターから飛ぶWi-Fiと接続することでスマホのギガを節約できる

ポケットWiFiを使えばスマホのギガを使わずにインターネットができます。

パソコンを持っているのであれば、外でもインターネットができるようになります。

ポケットWiFiがあると、なぜスマホのギガを使わずにインターネットができるようになるのか。

簡単にしくみを解説します。

スマホのインターネット(ギガ)のしくみ

普段、スマホでインターネットをするときは、契約先(ドコモやauやソフトバンクなど)の回線を利用して行っています。

スマホのインターネットのしくみ

携帯の回線を借りてインターネットの世界へ行っている

 

この場合、好きなだけインターネットができるわけではありません。各々契約で「使える量(いわゆるギガ)」が決まっています。

「1ヶ月で5GB(ギガ)まで」とか「1ヶ月20GB(ギガ)まで」とかですね。インターネットを使えば使った分だけギガが減っていくことになります。

毎月使えるギガ、つまり「どれだけインターネットを使うことができるか」によって料金が異なるわけです。

足らなくなったら追加で買うことができますが、その場合「1GBで1,000円」と非常に割高だったりします。

携帯会社のギガは高いんです。そこでポケットWi-Fiの登場です。

 

ポケットWiFiのインターネットのしくみ

「ポケットWiFi」を持つことで、スマホのギガを使わずにインターネットができるようになります。

ポケットWi-Fiのインターネットのしくみ

ポケットWi-Fi(モバイルルーター)から出る電波(回線)を使ってインターネットの世界へ行っている

 

この場合、あくまでポケットWiFiの電波(回線)を使ってインターネットの世界へ行っているので、スマホの契約先のギガを使うことはありません。

つまり、ポケットWiFiのギガを使うことになるわけです。

ポケットWiFiは基本的にスマホよりたくさんギガが使えます。思う存分インターネットを楽しめるわけです。

それでいて、毎月の料金は4,000円前後なので大変オトク(割安)になっています。

だから「たくさんギガを使いたい人」は、スマホのプランを低く落として、代わりにポケットWiFiを契約するわけです。

知っておきたい

ポケットWiFiのギガが割安な理由は1つだけ。スマホ(キャリア)の回線より若干速度が遅いからです。

比較すると

光回線 > キャリア回線 > ポケットWi-Fi >>> ADSL >> 格安SIM

といったところでしょうか。

あまり気にするレベルではありませんが、覚えておきましょう。

 

ポケットWiFiを比較するべき5つのポイント

WiMAXモバイルルーター「W05」

WiMAXの人気機種「W05」

たくさんギガを使いたい人にとって、とっても便利なポケットWiFi。

ですが、ポケットWiFiと言っても実は色んな種類があり、中にはめちゃくちゃ高額なものや速度が非常に遅いものもあります。

そういった粗悪品を掴まされないために、これから説明する内容をよく理解してから購入するようにしてください。

実際の通信速度

比較するべきポイントの1つ目は実効速度、つまり「実際に出る通信速度」のことです。

先程少しふれたように、ポケットWiFiは光回線やスマホのキャリア回線(いわゆる4G)よりかは若干遅くなります。

それでも十分速いポケットWiFiもあるのですが、非常に遅いポケットWiFiがあるのも事実です。

仕様書(スペック)には高い数値が書かれていても、いざ使ってみると10分の1も出ないなんてこともよくある話。

 

実際に使っている人のレビュー(口コミ)を参考にするなどして、あくまで「実効速度」を気にするようにしましょう。

 

データ容量

ポケットWiFiは大容量で使えるものがほとんどです。

ですが、中には「7GBまで」とか「50GBまで」といったものもあります。

50GBと聞くと多そうですが、1日に換算すれば約1.7GBです。

1.7GBなんて、YouTubeで2時間半動画を見たら終了ですからね。

これからポケットWiFiを購入しようとしている人からすれば、ちょっと足りないのではないでしょうか。

 

実質料金

料金もポケットWiFiの種類によって様々です。高いものもあれば安いものもあります。

できるだけ安い方が嬉しいのはみんな一緒ですよね。

そこで、絶対に気をつけてほしいのは、初月の月額料金だけを見て「安い」と騙されないことです。

 

通信系の商品ではよくある話なのですが、初月や2ヶ月目だけ安くて、3ヶ月目からがものすごく高かったりします。

また、強制加入が必要なオプションが別で隠されていて、最低でも半年間は解約ができない、なんてことも。

だから、見て欲しいのは「トータルコスト」です。契約期間である2年や3年間の合計費用がいくらかかるのか。

つまり「実質料金」で比較してほしいのです。

 

これは本当に騙される人が多いポイントなので、絶対に気をつけてください。

 

対応エリア(つながりやすさ)

ポケットWiFiは契約する会社や購入するモバイルルーターによって、使えるエリア(地域)が異なります。

最近はかなり広いエリアで使えるようになってきましたが、そうでないものもまだあります。

異常なほどに安いポケットWiFiは、速度が遅いかエリアが狭いかのどちらかです。

自分の住む家やよく持ち運ぶ場所が、ちゃんとつながるエリアなのかどうは購入する前に必ず確認するべきポイントになります。

また、ルーターの品質によって電波の良し悪しも変わるので要注意です。

 

実績(信用度)

おそらく1番大事なポイントがこちら。これまでの実績、つまりどれだけ信用されているか、ですね。

どんなモノでも同じだと思いますが、名前も聞いたことない会社の商品って心配になりますよね。ちゃんと使えるのか?と。

 

例えば扇風機くらいなら、ホームセンターのよくわからないメーカー品のでもいいけど、エアコンや冷蔵庫となると話は別です。

やっぱりPanasonicとか日立とか名の知れた製品でないと、「壊れるんじゃないか」「効きが悪いんじゃないか」と不安がつきまといます。

 

ポケットWiFiも同じです。

運営元が上場企業であったり、これまでの販売実績が豊富だったりなど、信用できる商品を信用できる会社から購入するべきです。

 

以上5つのポイントがポケットWiFiを選ぶ際に比較するべきポイントです。

ぜひ覚えておいてください。

ポケットWiFi選びに失敗するのはこんな人

ポケットWiFiを比較するべきポイントを理解していれば、よっぽど大丈夫です。

ですが、念の為「失敗する人の特徴」を紹介しておきます。

初月の料金だけで「最安」と勘違いする

初月の料金が安いからといって「合計費用も安い」とは限りません。

目に付きやすい数字だけで判断せずに、しっかりと全体の価格を比べる癖をつけましょう。

とくに「最安級」と「級」の字を付けて宣伝している会社には要注意です。

 

評判・口コミを確認しない

なんでもかんでも鵜呑みにしすぎるはいけませんが、やはり評判・口コミを参考にするのも大事なことです。

特にインターネット回線に関してはTwitterを見るといいでしょう。

ちょっと辛口な評価が多いですが参考にはなります。

逆を言えば、そんな中で高評価を得ている回線を選んでおけば、よっぽど失敗しないと言えるでしょう。

 

実績のない無名な会社のものを選んでしまう

インターネット回線あるあるなのですが、次から次へと新しい会社が参入してきます。

後発サービスですから安いのは当たり前です。ですが、往々にして無名の新規参入会社というのはまとなサービスを提供することができません。

つまり「安かろう悪かろう」であることが本当に多いのです。

 

中にはしっかりとしたサービスを提供するベンチャー企業もいますが、生活に直結する通信サービスをできたばかりの会社に任せるのは正直おすすめできません

最初はよくても、果たして1年後2年後にまだ生き残っているという保証はどこにあるのでしょうか。

「ある日突然使えなくなる」「サービスが終了する」「電話してもつながらない」といったリスクは十分に考えられますからね。

 

ネームバリューに釣られる

反対に、ネームバリューだけに釣られてしまうのもダメです。

ネームバリューというのは、あくまでモノやサービスの品質とそれ相応の価格あってこそ成り立つ部分になります。

粗悪品をネームバリューだけで安く売りつけたり、同じ商品をネームバリュー分だけ価格に上乗せしたり、などは絶対にやってはいけないことです。

「有名な会社が作っているから」という決め方は失敗する人に非常に多いパターンですね

 

コスパの悪いショップで購入する

ポケットWi-Fiを購入する際はインターネット経由が最もオトクです。

携帯ショップや家電量販店などは設定価格が高いので、お店で買うと必ず損をします

 

また、彼らは自社製品を販売することが目的ですので、お世辞にも親切とは言えません。

ただ言いくるめられてしまうだけですので、話を聞きに行く場合はその場の空気に流されないように気をつけましょう。

なぜここまで言い切れるかというと、実は私も過去に家電量販店と携帯ショップでポケットWiFiを販売していたからです

性能やサービス面で他の製品に劣ること、料金も割高であることをわかった上で、その事実を「隠して」「これは仕事だから」と自分に言い聞かせながら販売していました。

お客様が満足していればいい、とはよく言いますが、それは「言い訳」です。

そのお客様にとって、もっとも適した商品を提供することが「最良の接客」であると私は思います

 

【2020年12月】ポケットWiFi総合ランキングBEST5

比較ポイント5項目と失敗しがちなパターンを踏まえた上で、今選ぶべきおすすめのポケットWi-Fiを5つ紹介します。

もちろん全てのポケットWiFiを実際に使って、速度やつながりやすさなど検証済みです。

また、他のユーザーの口コミも参考にさせていただいております。

弊社はWEBメディアだけでなく、実店舗においても実際にサポート業を営んでいます。

業務内容は多岐にわたりますが、主にパソコンやネット回線の相談・トラブル解決です。

そのため、他の多くのメディアのように「売るだけ売って、後のことは知らんぷり」といった不親切な対応は絶対にできません。

なるたけ間違いのない商品だけを厳選して、お客様に提供することを常々心がけています。

1位:どこよりもWiFi|月額最安のクラウドWi-Fi

1位:どこよりもWiFi|月額最安のクラウドWi-Fi

2019年に続々と登場した「クラウドWi-Fi」の中でも、月額料金が最安になっている「どこよりもWiFi」を1番におすすめします。

発売されてから1年未満なので実績面ではやや不安が残るものの、今日現在において特別大きなトラブルは起きておりません。

WiMAXとは違い「3日で10GBの制限がない」「LTEなのでどこでもつながる」というのは非常に大きなメリットでしょう。

とにかく安くたくさん使いたい人にうってつけのポケットWiFiですよ。

どこよりもWiFiの調査結果
平均実効速度 28.72Mbps
オンラインゲーム
※モンハン、フォートナイトはOK、スト4はNG
動画視聴
対応エリア
※全て弊社(愛知県名古屋市)にて調査した結果に基づくもので、全てのユーザーに対して動作を保証するものではありません。

どこよりもWiFiはこんな人におすすめ

  • ギガを制限気にせずにたくさん使いたい(月100GBまでOK)
  • 毎月の料金を少しでも抑えたい
  • 田舎や地下など、どこでも自由に使いたい
  • クレジットカードを持っている

どこよりもWiFi(公式):https://wifi.dokoyorimo.com/

月額3,180円は業界最安級

どこよりもWiFiを申し込む

8日以内であればクーリングオフ可能です

どこよりもWiFi(月額3,180円)を使った感想とデメリット|口コミ・他社比較まとめ
どこよりもWiFiを8ヶ月使った感想とデメリットを徹底解説|口コミ・他社比較まとめ【2020年12月】

【NEWS】 100GB使えるポケットWiFiでは最安級・当サイトの一番人気Wi-Fiです。 初月は日割りですので、いつ申し込んでも損になりません。 >どこよりもWiFi(公式)< ※13ヶ月以上使う ...

続きを見る

 

2位:それがだいじWi-Fi|月100GB・月額3,250円で使えるクラウドWi-Fi

2位:それがだいじWi-Fi|月100GB・月額3,250円で使えるクラウドWi-Fi

「どこよりもWiFi」と同じく月100GBまで使える「それがだいじWi-Fi」もおすすめです。

「月100GBも使えれば十分でしょ!」という方にうってつけのポケットWiFiとなります。

「どこよりもWiFi」との違いとしては「盗難・紛失」も端末補償の適用内となっている点があります。

それがだいじWi-Fiの調査結果
平均実効速度 23.55Mbps
オンラインゲーム
※モンハン、フォートナイトはOK、スト4はNG
動画視聴
対応エリア
※全て弊社(愛知県名古屋市)にて調査した結果に基づくもので、全てのユーザーに対して動作を保証するものではありません。

それがだいじWi-Fiはこんな人におすすめ

  • 毎月の料金をとにかく抑えたい
  • 月100GBあれば足りる
  • 田舎や地下など、どこでも自由に使いたい
  • クレジットカードを持っている

それがだいじWi-Fi(公式):https://www.soregadaiji-wifi.com/

月100GBが月額3,250円

それがだいじWi-Fiを申し込む

最短即日発送

気をつけて!それがだいじWi-Fiのデメリットと口コミ・評判、他社比較まとめ
気をつけて!それがだいじWi-Fiのデメリットと口コミ・評判、他社比較まとめ

<NEWS①>「雑誌・漫画読み放題サービス」特典! 契約者特典として「ビューン@」という、雑誌・漫画読み放題サービスが無料で使えるようになりました。 雑誌14誌と漫画1万冊をいつでも無料で読むことがで ...

続きを見る

 

3位:hi-ho Let's WiFi|1日7GB・月額4,300円で使えるクラウドWi-Fi

hi-ho Let's WiFiの総合評価

「月100GBじゃ足りない!」

という方におすすめなのが「1日7GB」まで使える「hi-ho Let's WiFi」です。

1ヶ月で最大217GBまで使うことができます。

hi-ho Let's WiFiの調査結果
平均実効速度 24.11Mbps
オンラインゲーム
※モンハン、フォートナイトはOK、スト4はNG
動画視聴
対応エリア
※全て弊社(愛知県名古屋市)にて調査した結果に基づくもので、全てのユーザーに対して動作を保証するものではありません。

hi-ho Let's WiFiはこんな人におすすめ

  • 月100GBでは足りない
  • 田舎や地下など、どこでも自由に使いたい
  • クレジットカードを持っている

hi-ho Let's WiFi(公式):http://hi-ho.jp/course/letswifi/

1日7GBまで使える大容量ポケットWiFiが誕生

hi-ho Let's WiFiを申し込む

8日以内であればクーリングオフ可能です

hi-ho Let's WiFiを使った感想とデメリット|口コミ・他社比較まとめ
hi-ho Let's WiFiを使った感想とデメリット|口コミ・他社比較まとめ

【11月30日まで延長!!】 「hi-ho Let's WiFi」では、11月30日までに申し込みをした人限定で、事務手数料と初月の料金が無料になるキャンペーンを実施中です。 大変オトクなキャンペーン ...

続きを見る

ココがおすすめ

12月31日までの申し込みで「事務手数料0円「初月の料金0円」「2ヶ月目は月額2,980円」で使えるキャンペーン実施中です。

 

4位:GMOとくとくBB WiMAX|みんなに1番選ばれているWi-Fi

GMO WiMAXのレーダーチャート

ポケットWi-Fiの中でダントツ人気で評判もまずまずなのが「WiMAX」です。

その中で今もっともオトクに安心して使えるのが「GMOとくとくBB」になります。

ポケットWi-Fiの比較表

WiMAXには10社以上のプロバイダがあり、どこで購入してもモノや品質に違いはありません。

つまり、できるだけ安く購入した方がオトクに使えるということになります。

下記の表は「悪質なプロバイダであるJP WiMAX」を除いた上で主要11社の料金比較表になります。

>>「JP WiMAX」を除く理由はコチラ

WiMAX主要11社による料金比較
プロバイダ キャッシュバック 3年総額 実質月額
GMO
(キャッシュバック)
31,500円 127,269円 3,440円
GMO
(月額割引)
3,000円 132,494円 3,581円
DTI 0円 133,430円 3,606円
Broad WiMAX 0円 135,502円 3,662円
カシモ 0円 137,048円 3,704円
ASAHIネット 0円 144,570円 3,907円
So-net 0円 148,656円 4,018円
BIGLOBE 15,000円 150,480円 4,067円
@nifty 0円 158,491円 4,284円
UQ WiMAX 3,000円 158,560円 4,285円
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
0円 163,009円 4,406円
au WiMAX 0円  203,560円 5,502円
CB:キャッシュバック
3年総額:事務手数料+3年間の基本料金合計ーキャッシュバック

※料金調査月:2020年12月

 

GMOのWiMAXが最も低価格で利用できるのが一目瞭然です。

キャッシュバックキャンペーンであれば、さらに安く使えることがわかります。

ココがポイント

最近はキャッシュバックよりも毎月が安くなるキャンペーンを利用される方が多いです。

もらい忘れるリスクを懸念したり、毎月の費用を抑えたい人が増えている傾向にあります。私も毎月が安い方が嬉しいタイプです。

Twitterの口コミ(良いのと悪いのと両方)を紹介しておきます。

 

 

 

 

「14Mbps」も出ていて「ゴミ」と評価されるのはいささかかわいそうな気がします…。

ポケットWi-Fiなら10Mbps以上出ていれば御の字。5Mbps出ていれば高画質動画だって固まることなく見れますからね。

GMO WiMAXの調査結果
平均実効速度 32.47Mbps
オンラインゲーム
※モンハン、フォートナイトはOK、スト4はNG
動画視聴
対応エリア
※全て弊社(愛知県名古屋市)にて調査した結果に基づくもので、全てのユーザーに対して動作を保証するものではありません。
  • プロバイダ名:「GMOとくとくBB」
  • 料金プラン:「ギガ放題」
  • ルーター(機種):モバイルルーター「W06」
  • キャンペーン:確実に安くなる「月額割引」がおすすめ
  • auスマホならスマートバリューmineで最大1,000円割引になります
  • 最短即日~4営業日以内に発送
  • 解約する場合:電話でもネットでも可
  • 月額割引キャンペーン専用窓口:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/
  • キャッシュバック専用窓口:https://gmobb.jp/lp/gentei8/

GMO WiMAX(公式):https://gmobb.jp/

\毎月が安くなるWiMAX/

月額割引キャンペーンで申し込む

GMOなら20日キャンセル可能です

>>キャッシュバックキャンペーンをご希望の方はこちら

 

3年間の合計費用を比較
キャッシュバックキャンペーン 月額割引キャンペーン
127,269円 132,494円

3年間の合計費用はキャッシュバックキャンペーンの方が少しだけオトクになっています。

GMO WiMAXの全て|料金、速度、口コミ評判、メリット・デメリット総まとめ
GMOとくとくBB WiMAXの全て|料金、速度、口コミ評判、メリット・デメリット総まとめ

この記事でわかること GMOとくとくBB WiMAXの全てを解説します 申し込み前の参考にしてください 1番オトクに申込む方法も紹介します 「GMOとくとくBBのWiMAXが1番良いって聞いたんですけ ...

続きを見る

 

5位:BIGLOBE WiMAX|口座振替で契約できるWiMAX

BIGLOBE WiMAXのレーダーチャート

「GMO WiMAX」はクレジットカードでしか契約ができません。

口座振替でWiMAXを契約したいのであれば、別のプロバイダを選ぶ必要があります。

口座振替ができるWiMAXは3社しかないのですが、その中で1番オトクなのが「BIGLOBE」です

※CB:キャッシュバック

  プロバイダ CB 3年総額
(CB適用済)
実質月額
1 BIGLOBE 15,000円 146,500円 4,069円
2 Broad WiMAX 0円 149,798円 4,161円
3 UQ WiMAX 3,000円 154,680円 4,297円
参考 GMO
(月額割引)
3,000円 128,231円 3,562円
参考 GMO
(キャッシュバック)
31,500円 123,006円 3,417円
※3年総額=契約事務手数料+3年間の基本料金合計-キャッシュバック

※金額確認日:2020年10月

実質料金は若干高いですが、1年間は違約金が1,000円。

2年目からは違約金が無料ということで、安心して使うことができます。

 

速度のレビュー(口コミ)に関しては、先程のGMOと同じなので省きますね。

WiMAXはどこのプロバイダで契約しても速度に違いはないので安心してください

BIGLOBE WiMAXの調査結果
平均実効速度 30.65Mbps
オンラインゲーム
※モンハン、フォートナイトはOK、スト4はNG
動画視聴
対応エリア
※全て弊社(愛知県名古屋市)にて調査した結果に基づくもので、全てのユーザーに対して動作を保証するものではありません。
  • プロバイダ名:「BIGLOBE」
  • 料金プラン:「ギガ放題」
  • ルーター(機種):モバイルルーター「W06」
  • auスマホならスマートバリューmineで最大1,000円割引になります
  • 最短10日程で発送
  • 解約する場合:電話のみ
  • キャンペーン窓口:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

BIGLOBE WiMAX(公式):https://join.biglobe.ne.jp/

違約金は1年間だけ、しかも1,000円

BIGLOBE WiMAXを申し込む

ずーっと月額3,980円で使えるWiMAX

買ってはいけない?BIGLOBEのWiMAXはメリットがないって本当?
買ってはいけない?BIGLOBEのWiMAXはメリットがないって本当?

この記事でわかること 「WiMAX」プロバイダのよる違い BIGLOBE WiMAXのメリットとデメリット 今一番オトクに使えるWiMAXの正しい選び方 「色々調べた結果、BIGLOBEのWiMAXに ...

続きを見る

 

以上が弊社のおすすめポケットWi-FiランキングBEST5でした。

ポケットWi-Fiおすすめ総合ランキングBEST5

 

WiMAXを検討している方は、続いて紹介する「Broad WiMAX」と「JP WiMAX」を選ばないように気をつけましょう。

Broad WiMAXとJP WiMAXを選んではいけない理由

他のサイトでのランキングでは「Broad WiMAX」と「JP WiMAX」をおすすめしているところもありますが、絶対に選んではいけません。

その理由を解説します。

Broad WiMAXを選んではいけない理由:高い

Broad WiMAX

Broad WiMAXは「最安級」を大々的に謳っているWiMAXの1つです。

ですが、実際にはまったくもって「最安級」ではありません

先程も紹介しましたが、主要11社による料金比較表をもう一度ご覧ください。

WiMAX主要11社による料金比較
プロバイダ キャッシュバック 3年総額 実質月額
GMO
(キャッシュバック)
31,500円 127,269円 3,440円
GMO
(月額割引)
3,000円 132,494円 3,581円
DTI 0円 133,430円 3,606円
Broad WiMAX 0円 135,502円 3,662円
カシモ 0円 137,048円 3,704円
ASAHIネット 0円 144,570円 3,907円
So-net 0円 148,656円 4,018円
BIGLOBE 15,000円 150,480円 4,067円
@nifty 0円 158,491円 4,284円
UQ WiMAX 3,000円 158,560円 4,285円
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
0円 163,009円 4,406円
au WiMAX 0円  203,560円 5,502円
CB:キャッシュバック
3年総額:事務手数料+3年間の基本料金合計ーキャッシュバック

※料金調査月:2020年12月

この結果を持ってしても「最安級」と言えるのでしょうか。私は誇大広告だと思っています。

 

わざわざ高いWiMAXを選ぶ必要はありませんので、Broad WiMAXはおすすめしません。

他にもおすすめしない理由がまだありますので、詳しく知りたい方はコチラの記事をご覧ください。

関連記事:買ってはいけない!Broad WiMAXは高いだけでメリットなしは本当か?

 

JP WiMAXを選んではいけない理由:ルーターが届かない

JPWiMAX

実はJP WiMAXはGMOより安い、本当の最安WiMAXです。

ですが、注文しても一向に届かない、詐欺のようなWiMAXでもあります。

 

 

 

注文してから2ヶ月~3ヶ月経っても届かないという事例が勃発しています。ありえないですよね。

気長に待てる人なら…というレベルを超えていると思います。

 

また、他のWiMAXに比べて違約金が異常に高いのもJP WiMAXをおすすめしない理由です。

WiMAXの違約金
  JP WiMAX 他のプロバイダ
(GMOなど)
初月~13ヶ月目 30,000円 19,000円
14~25ヶ月目 20,000円 14,000円
26~37ヶ月目 20,000円 9,500円
38ヶ月目
(更新月)
0円
39ヶ月目~
(更新月以外)
9,500円

※違約金調査日:2020年12月

 

1年以内に解約した場合、なんと3万円も請求されます。

2年目3年目も2万円です。本当にありえません。

 

これだけでも十分にありえないのですが、他にもJP WiMAXをおすすめしない理由はあります。

もっと詳しく知りたい方はコチラの記事をご覧ください。

関連記事:買ってはいけない!?最安プロバイダ「JP WiMAX」を丸はだか

 

【まとめ】弊社がおすすめるポケットWiFiについて

はっきりと言います。

「元販売員」や「プロ」などを自称している人がポケットWiFiのランキング内で上記の「Broad WiMAX」や「JP WiMAX」を平然と勧めていることが多々あります

そんな人を信用してはいけません

 

また、通信業界は日進月歩どころか「秒進分歩」と言われているほど、進化のスピードが恐ろしく速いです。

「元販売員」の方も当時の知識は素晴らしいものだったかもしれませんが、それは過去の話。

常に変化し続ける情報を正しくわかりやすく伝えることはできないでしょう。

 

手前味噌ではありますが、私は現役のインターネットコンサルタントです。

常に携帯ショップや家電量販店、通信事業者様とお仕事をさせていただいております。

そして、一般のお客様宅へ直接足を運び、スマホやパソコンのサポートを日常的に行っているのです。

 

リアルな現場の声を聞き、実際に起きている問題と常に向き合いながら知識やノウハウをアップデートし続けています

だから私は自信を持って情報を発信することができるのです。

このページを参考にしていただき、間違いのないポケットWi-Fiを手に入れていただけることを願っています。

ポケットWi-Fiおすすめ総合ランキングBEST5

ポケットWiFi選びに関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくは公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください。

なる早で返答させていただきます。

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-, ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.