モバイルWi-Fi

WiMAX(ワイマックス)の速度制限を解除する方法|ギガ使いすぎで速度低下

WiMAX(ワイマックス)の速度制限を解除する方法|ギガ使いすぎで速度低下

この記事でわかること

  • WiMAXは3日間で10GB使用すると、翌日18時~2時の間だけ速度が低下する
  • 2時を過ぎて制限が解除されるのを待つしかない
  • もしくは、もっとギガが自由に使えるポケットWiFiに乗り換えるのもおすすめ

「WiMAXすぐに速度が低下してしまうんですが、何か良い方法はありませんか?」

弊社のお客様にもWiMAXを使っていらっしゃる方が多いのですが、同じような悩み相談を受けます。

結論から言うと、節約しながら使うか、他のポケットWiFiに乗り換えるしかないでしょうね。

 

WiMAXは非常に優秀なポケットWiFiです。

実際に、とても多くの方が使用しています。

ですが、「3日間の合計が10GBを超えると、翌日の18時~2時の間だけ速度が低下する」という厳しい速度制限のルールがあり、結局のところ1ヶ月で100GB程度しか使えません。

また、夜の18時~2時の間と言えば、おそらくもっともネットを使う時間帯です。

にも関わらず、速度が遅いままではまともにネットができず、ストレスが溜まってしまいます。

なお、何をどうしても2時を過ぎるまでは制限が解除されることはありません。

 

そこで弊社のお客様におすすめしているのが、いっそ他のポケットWiFiへ乗り換えてしまう方法です。

実は、2019年に「ギガが無制限に使えるポケットWiFi」がいくつか発売されました。

「本当に無制限?」「速度が遅いんじゃないの?」「何か裏があるのでは?」

と疑いながら使い込んだ結果、わかったことは次の通りです。

  • 速度や通信はWiMAXと大差ない
  • 使えるエリアはWiMAXより広い
  • WiMAXと違って地下鉄でも使える
  • 3日で10GBの制限なし
  • 1日で10GB使っても速度が低下しない
  • 月間300GB使っても速度が低下しない
  • これで月額3,500円はコスパが良すぎる

 

これならWiMAXから気兼ねなく乗り換えができるでしょう。

なお、「ギガが無制限に使えるポケットWiFi」はいくつかあるのですが、その中でもおすすめしているのが「限界突破WiFi」というものです。

限界突破WiFiのおすすめポイント

  • ギガ使い放題
  • 速度も十分出ている
  • 初期費用(事務手数料)が無料
  • ルーター端末代も無料
  • ルーターにGoogleMapと翻訳アプリが内蔵されている
  • ルーターがモバイルバッテリーにもなる
  • これだけつまって月額ずっと3,500円

他にも「ギガが無制限に使えるポケットWiFi」はあるのですが、色々使ってみた上で弊社としては「限界突破WiFi」が一歩リードしていると感じています。

限界突破WiFi(公式):https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

初期費用が今だけ無料

限界突破WiFiを申し込む

初月は日割り/月額ずーっと3,500円

「限界突破WiFi」は、お使いの携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMなど)に関係なく使用することができます。

パソコンやテレビ、PS4などのゲーム機にもWi-Fi接続可能ですので、安心してください。

WiMAXの速度制限のルールと解除方法

WiMAXモバイルルーター「W05」

WiMAXの速度制限のルールと解除方法をおさらいしておきましょう。

3日間で10GB超えると翌日18時~2時の間だけ速度が低下する

「今日、昨日、一昨日」の3日間の合計ギガ数が10GBを超えると、明日の18時~翌2時まで速度が低下します。

ちなみに、今日一日で10GB使ってしまった場合は、明後日も明々後日も18時~翌2時まで速度が低下します。

 

2時を過ぎると自動解除

基本的には2時を過ぎると速度制限は自動で解除されます。

2時を過ぎているのに解除されない場合は、一度ルーターの電源を入れ直してみてください。

 

ハイスピードプラスエリアモードは翌月まで解除されない

なお、WiMAXには通常の「ハイスピードモード」とは別で、auの4G回線が使える「ハイスピードプラスエリアモード」というものに切り替えることができます。

ルーターで操作をしないと切り替わらないので、もしかしたら今まで一度も使ったことがない人もいるかもしれません。

こちらの「ハイスピードプラスエリアモード」で使った場合、その合計ギガ数が7GBを超えてしまうと、即時速度が低下してしまいます。

しかも、この場合は翌月まで解除されません。

 

追加料金を払っての解除などのルールも一切ないため、ただひたすら時がすぎるのを待つしかないのです。

もしも「ハイスピードプラスエリアモード」を使うのであれば、7GB以内に抑えることと、使い終わったら必ず「ハイスピードモード」に戻すことを忘れないでください。

 

杉本

WiMAXの速度制限は正直厳しいです。今の時代にはそぐわないと思っています。

 

WiMAXの速度制限でお悩みであれば、乗り換えを検討しましょう。

おすすめは「限界突破WiFi」です。

限界突破WiFiの特徴・料金・実際の速度

限界突破WiFi

続いて、限界突破WiFiの料金や実際の速度を紹介します。

限界突破WiFiの料金プラン

限界突破WiFiの料金プランは1種類だけです。わかりやすいですね。

限界突破Wi-Fiの料金プラン
契約期間 2年
(自動更新あり)
事務手数料 無料
月額料金 3,500円
(3年目以降も継続)
初月の料金 日割り
ルーター本体代金 無料プレゼント
ルーター送料 無料
発送までの日数 1~3日後
端末補償 月額500円
支払い方法 クレジットカードのみ

契約事務手数料が無料なので、初期費用は初月の料金(日割り)だけとかなりオトクになっています。

ココに注意

ルーターは無料プレゼントとなるので、解約時に返却は不要です。

ただし使用中に壊してしまった場合の交換代は18,000円になります。

できれば端末補償オプション(月額500円)に加入することをおすすめします。

限界突破Wi-Fiは2年契約+1年ずつの自動更新

限界突破Wi-Fiは2年以内に解約すると違約金が発生します。

3年目からは1年ずつの自動更新となり、違約金は5,000円に減額。

また、最初の更新期間は3ヶ月間という変わった仕組みになっています。

限界突破WiFiの違約金(解約事務手数料)
1~24ヶ月目 18,000円
25・26・27ヶ月目
(更新期間)
0円
28ヶ月目以降
(1年契約)
5,000円
更新月 0円

端末補償オプションは月額500円

「限界突破WiFi」の端末補償は500円です。

故障、水没などの場合は無償で代替品と交換ができます。

ただし、盗難・紛失の場合には適用できません。

代替品の購入は18,000円となりますので、なくさないようにお気をつけください。

キャッシュバックキャンペーンは実施していない

初期費用が無料だったり端末代が無料だったりと、最初から非常にお得になっているだけあって、キャッシュバックキャンペーンは実施していません。

 

モバイルルーター(端末)の仕様

「限界突破WiFi」を契約するともらえるモバイルルーターのスペック(仕様)を確認しておきましょう。

限界突破WiFiのモバイルルーター仕様
端末

スマホ型モバイルルーター
jetfon P6」のOEM

限界突破WiFiのルーター

重量 162g
サイズ 152.9×74.2×8.5mm
液晶サイズ 5.7型
連続使用可能時間 15時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 3,400mAh
同時接続台数 8台

最大速度は150Mbspと少々遅い気がします。

ですが、最新のアップデート以降の実行速度は常に10~50Mbps程度出ているので、十分な速度だと言えるでしょう。

 

地図アプリと翻訳アプリを搭載

5.7型の液晶が付いたスマホ型ルーターということで、地図アプリと翻訳アプリが内蔵されています。

旅行などでよく使う地図アプリや、海外旅行で役に立つ翻訳アプリがルーターで使えます。

スマホのバッテリーが減らなくて済むのはうれしいですね。

 

回線はドコモ、au、ソフトバンクのLTE

「限界突破WiFi」は、ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線を使用します。

ただし、実際にはソフトバンク回線にしかほとんどつながりません。

ソフトバンクの通信可能エリアはHP(https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/)にて確認することができます。

 

限界突破WiFiは海外でもそのまま使える

限界突破WiFiのルーターは、海外でそのまま使えます。

料金プランを1日300MB、7日1GB、30日3GBの3通りから選ぶことができます。

わざわざ海外旅行用でポケットWi-Fiをレンタルする必要はありません。

アジア、アメリカ、ヨーロッパなど、世界中で使うことができます。

>>料金の詳細はこちら

限界突破WiFiの速度

実際に使って計測した速度を紹介します。

限界突破WiFiの速度推移

限界突破WiFiの実際の速度
日時 下りの速度 上りの速度
2019年11月3日 17:00 22.9Mbps 4.78Mbps
2019年12月28日 19:24 7.09Mbps 4.79Mbps
2020年1月16日 21:42 21.8Mbps 20.6Mbps

約2ヶ月ちょっと使用してきました。

当初は少し不安定でしたが、端末のアップデート以降とても調子が良い日が続いています。

これなら普通におすすめできますね。

 

以上が限界突破WiFiの特徴、料金、実際の速度でした。

限界突破WiFi(公式):https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

初期費用が今だけ無料

限界突破WiFiを申し込む

初月は日割り/月額ずーっと3,500円

まとめ:WiMAXから限界突破WiFiへ乗り換えるのが正解

限界突破Wi-Fiの到着

WiMAXの速度制限でお悩みの方は、限界突破WiFiへ乗り換えるのが正解です。

ネット速度に厳しいTwitterでも、多くの方がWiMAXから乗り換えています。

 

契約途中の場合は違約金が1万円~2万円ほどかかってしまうかもしれませんが、使えないものを持っていても意味がありません。

本当に悩んでいる方は、今すぐ限界突破WiFiに乗り換えましょう。

限界突破WiFi(公式):https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

 

このままWiMAXを使い続けるか、限界突破WiFiに乗り換えるかで迷っている方はコメント欄もしくは公式LINE@からお気軽にご相談ください。

なる早で返答させていただきます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.