光回線

【解説】OCN光からドコモ光に簡単さくっと無料で乗り換え可能に

投稿日:

【朗報】OCN光からドコモ光に簡単さくっと無料で乗り換え可能に

この記事でわかること

  • OCN光からドコモ光へ無料で切り替える方法

ドコモ光にしたいんだけど、工事とか違約金とかがあるから…

そんなあなたに朗報です。

2019年7月1日から、工事不要・電話番号で「OCN光」から「ドコモ光」に切り替えることができるようになりました。

「事業者変更」という新しい制度が始まったのです。

携帯がドコモなのにセット割の使えないOCN光にしてしまった方、OCN光の遅さに困っている方は、これを機にドコモ光へ切り替えてしまいましょう。

今なら実質無料で乗り換え可能ですよ。

新制度が始まってからドコモ光に乗り換える人が非常に増えました。キャッシュバックがもらえるうちに、さくっとやっちゃいましょう。

杉本

今だけキャッシュバック最大15,000円

ドコモ光を申し込む

OCNから乗り換えならdポイント5,000円分プレゼント

事業者変更の概要(ざっくり)

ざっくりと「事業者変更」について説明します。詳しく知りたい方はNTTの解説ページをご覧ください。

特に知りたくない方は飛ばしてもらってけっこうです。

参考:コラボ光の事業者変更とは|NTT西日本公式 フレッツ光

コラボ光からコラボ光へ切り替えること(通称「再転用」)

これまではコラボ光からコラボ光への切り替えはできませんでした。

正確には「工事や時間やお金がかなり必要になる」ため、あまり現実的ではなかったのです。

 

これが、2019年7月1日からとっても簡単にできるようになりました

「事業者変更(通称:再転用)」と言う新しい制度が始まったのです。

【これまで】

フレッツ光→ドコモ光:OK

OCN光→ドコモ光:NG

【これから】

フレッツ光→ドコモ光:OK

OCN光→ドコモ光:OK

 

電話番号もそのまま使える

「家の電話番号が変わるのは困るのよね」とドコモ光への乗り換えを諦めていた方に朗報です。

「事業者変更」制度が始まったおかげで、OCN光で使っていた固定電話の電話番号(光電話)を、そのままドコモ光でも使うことができるようになりました。

安心してドコモ光へ乗り換えることができますね。

これまでは、通称「アナログ戻し」という大変面倒な工程を踏まないといけませんでした。

時間も費用もかなりかかるため、正直おすすめできない方法だったので「事業者変更」制度が始まって本当に良かったです。

 

事業者変更(再転用)の注意事項

OCN光からドコモ光へ乗り換える際の注意事項をまとめました。

乗り換えの注意事項

  • 工事費はかからないけど違約金はかかる
  • ルーターの再設定が必要(ただし無料サポートあり)
  • ドコモ光の事務手数料3,000円が必要
  • OCN光にも事務手数料3,000円が必要

工事費はかからないけど違約金はかかる

OCN光からドコモ光へ乗り換える場合、工事費は不要です。

今使っている機器や配線はそのまま使用します。

ですが、OCN光を辞めるにあたって違約金が必要です。

いわゆる更新月であれば違約金は必要ないですが、更新月以外だと11,000円の違約金が発生します。

ココがポイント

現在、ドコモ光にオンラインからの申込み限定で15,000円のキャッシュバックがもらえるので、違約金があっても実質無料で乗り換え可能です。

 

ルーターの再設定が必要(ただし無料サポートあり)

ドコモ光に切り替えるにあたって、ルーターを再設定する必要があります。

ただし、訪問サポートが無料で使えるので心配ご無用

さらに高性能Wi-Fiルーターも無料でレンタルできるので、これを機に速度も改善しちゃいましょう。

 

ドコモ光の事務手数料3,000円が必要

ドコモ光に新規で加入することになるので、事務手数料が3,000円必要になります。

 

OCN光にも事務手数料3,000円が必要

OCN側にも事業者変更をするということで、事務手数料が3,000円必要になります。

ココがポイント

OCN光からドコモ光へ乗り換え特典としてdポイントが5,000円分もらえるキャンペーンも実施中です。事務手数料分をほぼ丸っとあてがうことができますね。

 

以上の4点だけがOCN光からドコモ光へ乗り換える際の注意事項です。

キャッシュバックや無料サポートなどがあるので、正直それほど大きな問題ではないと思います。

なによりも携帯とのセット割が使えるようになるので、確実にオトクになりますしね。

杉本

OCN光とドコモ光の料金比較

OCN光からドコモ光へ乗り換えることで、毎月の料金がどう変わるのか確認しておきましょう。

OCN光とドコモ光の料金比較

OCN光とドコモ光の料金を比較します。

OCN光とドコモ光の料金比較
(ホームタイプ)
  OCN光 ドコモ光
月額料金 5,100円 5,200円
光電話 500円 500円

 

OCN光とドコモ光の料金比較
(マンションタイプ)
  OCN光 ドコモ光
月額料金 3,600円 4,000円
光電話 500円 500円

セット割を使わない場合はOCN光のほうが安いです。

ただし、携帯とのセット割が適用になれば、状況は一気に逆転します。

 

ドコモ光のセット割

ドコモ携帯×ドコモ光のセット割を見てみましょう。

ドコモ光のセット割
ギガホ 1,000円/月OFF
ギガライト <ステップ4:~7GB> 1,000円/月OFF
<ステップ3:~5GB> 1,000円/月OFF
<ステップ2:~3GB> 500円/月OFF
<ステップ1:~1GB> 割引対象外

※1契約につき上記金額が割引になる。

 

<旧料金プラン>

ドコモ光のセット割
ウルトラシェアパック100 3,500円/月OFF
ウルトラシェアパック50 2,900円/月OFF
ウルトラシェアパック30 2,500円/月OFF
ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> 1,800円/月OFF
<ステップ3:~15GB> 1,800円/月OFF
<ステップ2:~10GB> 1,200円/月OFF
<ステップ1:~5GB> 800円/月OFF
ウルトラデータLLパック(30GB) 1,600円/月OFF
ウルトラデータLパック(20GB) 1,400円/月OFF
ベーシックパック <ステップ4:~20GB> 800円/月OFF
<ステップ3:~5GB> 800円/月OFF
<ステップ2:~3GB> 200円/月OFF
<ステップ1:~1GB> 100円/月OFF

(参照:https://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/hikari_set/

新料金プラン(「ギガホ」「ギガライト」)の方が一人でもいれば、ドコモ光の方が確実に安くなります。

旧料金プランであっても、一人暮らしなどで「スマホが1台しかなく、しかもデータパックが3GB以下」という場合を除いて、確実に安くなります。

これなら安心してドコモ光へ乗り換えられますね。

 

ドコモ光への乗り換え手順(簡単4ステップ)

OCN光からドコモ光へ乗り換える手順を説明します。

OCN光からドコモ光へ乗り換える手順

  1. ドコモ光を申し込む(仮受付)
  2. 折返しのオペレーターと内容確認
  3. 問題なければOCNへ乗り換えの連絡する
  4. 「事業者変更承諾番号」をドコモへ伝える

ドコモ光を申し込む

ドコモ光

まず先にドコモ光を申し込みましょう。

と言っても、まだ仮申込になりますので安心してください

あくまで受付だけの話です。

 

折返しのオペレーターと内容確認

ドコモ光から折返しがありますので、オペレーターと電話で申し込み内容の確認をします。

手続きに不安があったり、今後の流れに心配事が残っていれば、ここでじっくり相談すると良いでしょう。

 

問題なければOCNへ乗り換えの連絡する

OCNサポートセンター

問題なければOCNへ連絡をして「事業者変更承諾番号」を発行してもらいます。

サポートセンター

TEL:0120-506-506
受付時間:10時~19時(日・祝を除く)

自動音声①→②→オペレーターへ

オペーレーターにつながったら「事業者変更(ドコモ光への乗り換え)をしたいので、承諾番号の発行をお願いします」と伝えてください。

引き止めが多少あるかとは思いますので「大丈夫です」とかわしてもらえば「事業者変更承諾番号」を発行してもらえます。

東日本にお住まいの方は「Fから始まる11桁の番号」、西日本にお住まいの方は「Tから始まる11桁の番号」が事業者変更承諾番号になります。

 

「事業者変更承諾番号」をドコモへ伝える

OCNから発行された「事業者変更承諾番号」をドコモに伝えます。

連絡先の番号や手続きの方法については、確認の電話をしたオペレーターが教えてくれます。

問題がなければ概ね一週間ほどでドコモ光に切り替わっています。

あらためてOCN光の解約手続きは不要となりますので、安心してください。

 

以上がOCN光からドコモ光へ乗り換える手順でした。

びっくりするほど簡単なので安心して乗り換えてしまいましょう。

今だけキャッシュバック最大15,000円

ドコモ光を申し込む

OCNから乗り換えならdポイント5,000円分プレゼント

ネット専門家が教える失敗しないドコモ光の申込み方

ドコモ光を申し込む場合は、キャッシュバックがもらえて、訪問設定が無料で、最新のWi-Fiルーターが使えて、IPv6という最速の通信規格に対応しているプロバイダを選びましょう。

ココがおすすめ

  • プロバイダ:高速通信IPv6対応の「GMOとくとくBB」
  • レンタルするべきルーター:「エレコム社製 WRC-2533GST2(定価2万円)」※永年無料
  • 特典:訪問設定サポートが無料
  • キャンペーン:キャッシュバック15,000円 ※1

※1 キャッシュバックの条件はDAZNという動画サービス(月額980円)を90日間(約3ヶ月)利用することです。必要なければ90日経ったら解約しましょう。DAZNを契約しない場合は10,000円になります。

GMOは一部上場の日本の会社です。インターネット業界では知らない人はいない大手通信会社になります。

ドコモ光の指定プロバイダの中でダントツのシェアを獲得しています。

これまでざっと100人以上のお客様に勧めてきましたが、誰からもクレームの連絡をもらうこともなく、みなさん「問題なく使えてますよ~」と言っていただいておりますので、安心して紹介することができています。

参考までに、わが家で測った速度をご覧ください。

ドコモ光の速度

ドコモ光マンションタイプ(プロバイダGMO)夜8時の速度

速度が1番遅くなると言われるゴールデンタイムど真ん中にもかかわらず、100Mbps出たのは流石ドコモ光といったところでしょう。

しかもマンションタイプですからね。本当に驚きです。

 

申し込みは公式WEBサイトの「キャンペーン専用窓口」から必ず行ってください。

ドコモ光×GMO(公式サイト):https://gmobb.jp/service/docomohikari/

今だけ最大15,000円キャッシュバック

ドコモ光を申し込む

簡単1分で仮申し込み完了

関連記事:【注意】ドコモ光で本当に大丈夫?申込む前に知っておきたい4つのデメリットと対策

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-光回線
-, , , ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2019 All Rights Reserved.