ガジェット

NEC「LAVIE Note Mobile(PC-GN10S6RAH)」レビュー|持ち運びに最適な12.5インチ軽量ノートパソコン

NEC「Lavie Direct NM(PC-GN10S6RAH)」レビュー|持ち運びに最適な12.5インチ軽量ノートパソコン

この記事でわかること

  • NEC「LAVIE Note Mobile(PC-GN10S6RAH)」の実機レビューを紹介する
  • PCIe SSD搭載でサクサク動く12.5型ノートパソコン
  • わずか900gの軽量モデルなので持ち運びに便利です
  • 無料の電話サポート付きで初心者にも優しい

国内パソコンの最大手メーカーNECから発売されている、持ち運びに便利な軽量ノートパソコン「LAVIE Note Mobile(以下「Note Mobile」) を紹介します。

NECのオンラインショップ「LAVIE Direct」で購入できる「Note Mobile」は全部で3種類です。

名称は全て同じになっており、それぞれ搭載されているCPUが異なります。

Note MobileにおけるCPUの違い

  • 低スペック:Celeron(セレロン)※品切れ中
  • 中スペック:Core i5(コアアイファイブ)
  • 高スペック:Core i7(コアアイセブン)

簡単な事務作業やインターネットの閲覧、動画視聴程度であればCeleronが搭載された低スペックモデルで十分です。

仕事で使いたいならCore i5を積んでいる中スペックモデルを選びましょう。

さらに快適に使いたいならCore i7の高スペックモデルにしてもいいですが、中スペックモデルとそこまで大きな差はありません。

どちらにしてもオンラインゲームや本気の動画編集などは厳しく、あくまでも作業用パソコンと捉えてください。

ココがポイント

Core i5モデル(中スペック)、Core i7モデル(高スペック)ともに、簡単な画像編集や動画編集であれば可能です(Celeronモデルだと少し厳しい)。

 

今回は一番需要のあるだろうCore i5モデル(中スペック)を詳しく紹介していきたいと思います。

ターゲットとなるのは、新大学生や新社会人の方ですね。

>>紹介動画を見る

 

軽量コンパクトノートPC「Note Mobile(Core i5モデル)」の概要

  • ディスプレイ:12.5インチ
  • ストレージ:SSD(PCIe)256GB ※カスタム、交換可
  • CPU:Core  i5-10210Y
  • メモリ:8GB(LPDDR3 SDRAM) ※オンボード ※増設・交換不可
  • Wi-Fi規格:Wi-Fi 5対応(最大433Mbps) ※1.73Gbpsにカスタム可
  • 重量:964g

ストレージとWi-Fiは注文時にカスタム可能です。

一般的な15.6インチノートパソコンは約2kgです。

ストレージはもちろんSSD(しかもPCIe)メモリは8GBCPUは「Core i5」。

起動もシャットダウンも快適に動く間違いのないノートパソコンです。

 

「Note Mobile(Core i5モデル)」こんな人におすすめ

  • 予算は12~15万円ほど
  • できるだけ快適に動くパソコンが欲しい
  • 起動やシャットダウンなどが速いと嬉しい
  • 仕事用や勉強用に使えれば十分
  • (でもオンラインゲームくらいはしたい)
  • (でも簡単な画像・動画編集などもできたら尚嬉しい)

 

通常価格は140,580円(税・送料込)~購入可能ですが、限定クーポンを使用することでさらにオトクになります。

今なら最大22%オフとなり、10万円台から購入できますよ。

※オフィスなしの場合。オフィス付きでも12万円台で購入可能。

 

それでは、具体的なレビューを紹介していきたいと思います。

商品ページ(LAVIE Note Mobile):https://www.nec-lavie.jp/products/nm/

安心のNEC製パソコン

NECオンラインショップへ

無料電話サポートがずーっと使える!

>>【期間限定】クーポンあります

ココに注意

家電量販店で購入可能な「カタログモデル」との違いは「購入時にカスタムできるかどうか」です。

また、往々にしてオンラインショップの方が安く購入できます。

なお、店頭カタログモデルの型番は「NM150/RA」「NM550/RA」「NM750/RA」です。

本記事の執筆のために、NEC様より試用機をお借りしています。

ただし、気になった点や悪いところに関しては包み隠さず紹介しますので、安心してください。

総額表示の義務化について

2021年4月1日より義務化された「総額表示」に従い、特に注記のない限り当ページに記載の金額は全て税込表示となっております。ただし、紹介先サービスサイトや当サイト内の他ページにおいて一部税抜表示のままとなっている場合がありますので、ご注意ください。

Note Mobileのざっくりとした特徴と感想

NECノートパソコンNMシリーズ

まずは「Note Mobile」のざっくりとした特徴と感想から紹介します。

面耐圧150kgf、軽いのに強いモバイルノートパソコン

「Note Mobile」のサイズは、家電量販店などで売られている一般的なノートパソコンより二回りも小さい12.5インチ

さらに、重量はわずか964gと非常に軽くなっています。

厚さも18mmと非常に薄く、それでいて面耐圧150kgfという強靭なボディを備えているのです。

※Celeronモデルは923gとさらに軽くなっています。

面耐圧150kgfとは?

パソコンを閉じた状態で、上から「150kg」の物体を乗せても耐えうることができる、という意味です。

 

目に優しいノングレア液晶を採用、小さいのにキーボードは打ちやすい

液晶パネルはフルHDですので画質は間違いありません。

ノングレアを採用しているので目に優しく、光の映り込みがないため非常に作業しやすいです。

ボディは小さいですが、キーピッチは18.7mmと余裕があるため、小さい割には打ちやすくなっています。

ココがポイント

液晶パネルはLED IPSなので、非常に鮮明で明るいです。

 

CPU、ストレージ、メモリは選べる

冒頭でもお伝えしたとおり、Note MobileはCPUやストレージが選べるようになっています。

メモリだけはCPUによって決まってしまうのですが、ストレージ(SSD)のは256GB、512GB、1TBから好きなサイズを選択可能です。

 

いずれにしても起動やシャットダウンにかかる時間は10~20秒程度

どのモデルを選んでも、一般的な使い方であれば難なくこなせるでしょう。

ちょっと重たい作業や同時作業を行うのであれば、Core i5かCore i7モデルを選ぶと良いですね。

※現在Celeron(低スペック)モデルは品切れ中となっています。

* 動画でチェック *

 

「ノートパソコンだと動きが遅いって聞いた」

「デスクトップは場所取るし、持ち運びができないからイヤだ」

こういった方におすすめきる間違いのないノートパソコンとなっています。

起動にかかる時間は平均で15秒前後です。

 

オンラインゲームは簡単なものだけ

ただし、あくまでも「作業用ノートパソコン」ですので、オンラインゲームは遊べません。

「フォートナイト」などの簡単なオンラインゲームであれば遊べますが、その他のTPS/FPS系のゲームでは厳しいでしょう。

 

弊社で検証した際は、特にラグることなくプレイできました。

「フォートナイト」くらいであれば遊べる、程度に考えておくといいでしょう。

<フォートナイトプレイ動画(参考)>

フォートナイトのシステムスペックとB5-i7の比較
  推奨システム要件 Note Mobile
(Core i5モデル)
CPU Core i5-7300U Core i5-10210Y
メモリ 8GB 8GB
グラフィック Nvidia GTX 660
(BMスコア1694)
インテル UHD グラフィックス
(BMスコア1428)
ビデオメモリ 2GB メインメモリからシェア(最大4GB)

フォートナイト(公式)より引用

※BMスコアはBTOパソコンミニ館を参照

将棋やカードゲーム、Minecraft(影MODは不可)といったもっと簡単なゲームももちろん遊べます。

ファイナルファンタジーやApex、格闘ゲームなどの複雑なゲームは諦めた方が良いでしょう。

 

ZOOMなどのビデオ会議、オンライン授業など問題なし

ZOOMを使ったビデオ会議やオンライン授業が始まっています。

快適に使用するにはインターネット回線も重要となりますが、もちろんパソコンの性能も大事。

「Note Mobile(Core i5モデル)」であれば、全く問題なく動作することが確認できています。

ココに注意

ZOOMなどを快適に使うには、パソコンのスペックだけでなくネット回線の品質も重要になります。

旧光回線やポケットWiFiなどでは、音声が途切れたり画面が固まる可能性がありますので、ご注意ください。

ZOOMが止まる、重い、固まる、音・映像が途切れる原因と解決方法
ZOOM(ズーム)が止まる、重い、固まる、音・映像が途切れる原因と解決方法

この記事でわかること ビデオ会議ツール「ZOOM」が重くて固まる場合がある 主な原因と解決方法を紹介する しっかりと対処してオンラインミーティングを有意義なものにしよう お客さま ZOOMで会議をして ...

続きを見る

 

資料作成、写真・動画編集も可能

パワーポイント系のソフトを使った資料作成も特に問題ありません。

写真や動画の編集も簡単なものなら、一通りできました。

ココがポイント

YouTuberが行っているような本格的な動画編集は難しいですが、本記事にある紹介動画程度あれば編集可能です。

 

これだけできて10万円台~とコスパ抜群

「Core i5&SSD搭載&メモリ8GBのノートパソコン」となると、通常15万円くらいしてもおかしくないです。

ですが、なんと10万円台(オフィスなし、クーポン利用の場合)から購入できてしまいます

※送料、税込の通常価格は140,580円~。クーポン利用で108,240円~(2021年3月7日時点)。

※クーポンの割引額は常に変動します。

※オフィス付きは+15,000円~。

 

家庭用や仕事に趣味用にと、かなり幅広く使えるノートパソコンと言えるでしょう。

  • NEC「LAVIE Note Mobile」
  • 12.5型軽量ノートPC
  • 選べるCPU
  • 色は4種類(白、ピンク、紺、黒)から選べます

商品ページへ

NECオンラインショップ:https://www.nec-lavie.jp/

>>【期間限定】クーポンあります

Note Mobileの外観とスペック詳細

Note Mobileの外観とスペックの詳細を確認しておきましょう。

Note Mobileの外観

NMシリーズの外観

まずはNote Mobileの外観から。

上から

NMシリーズの外観 天板

割としっかりとした造りの白い天板。

シンプルでスマートなデザインだと思います。

※白以外にピンク、紺、黒から選べます。

前から

NMシリーズの外観 前から

目に優しいノングレア液晶(フルHD)を採用。

昼間の明るい時間帯でも、光の反射や映り込みが少ないのが良いです。

裏面

NMシリーズの外観 裏面

バッテリーは外せないタイプです。

五箇所に滑り止めがあるので、しっかりと固定して使えます。

キーボード

NMシリーズのキーボード

押した時に「押した感」がしっかりあるキーボード。

エンターキーも大きく、バックスペースやデリートキーもそれなりの大きさがあるため、押し間違いは少ないです。

キーピッチ(キーの横幅と隙間をあわs)は18.7mmと、一般的なノートパソコンと大きな差はありません。

ココに注意

NECのパソコンは「Fn」キーが一番左になっています。

※他のパソコンは「Ctrl」キーが一番左になっていることがほとんど。

右側面

NMシリーズの外観 右側面

右側面には何も端子はありません。スッキリとしています。

左側面

NMシリーズの外観 左側面

左側面も通気孔だけです。

背面

NMシリーズの外観 背面

背面に各種端子があります。

画像左から、セキュリティロック、イヤホン/マイク共有ジャック、SDカードスロット(SDHC/SDXC対応)、HDMI端子(出力)、USB3.0 Type-A×2(内1つはパワーオフUSB充電機能付き※1)、USB3.0 Type-A(USB Power Delivery 3.0対応※2、ACアダプタ兼用)。

※1 パソコンの電源が切れていても、スマホなどの充電が可能

※2 USB Power Delivery対応機器(モバイルバッテリーなど)からの給電、対応機器(スマホなど)への充電が可能

パネルの開き具合

NMシリーズの外観 パネルの開き具合

約45度まで開くことができます。

パネルを閉じた時の厚さ

NMシリーズ パネル閉じたときの厚み

厚さは約18mmと非常に薄くなっていますので、持ち運びしやすいです。

 

ACアダプター

NMシリーズのACアダプタ

Note MobileはACアダプターもコンパクトサイズとなっています。

とても軽く小さいので持ち運びに便利です。

 

以上がNote Mobileの外観でした。

 

Note Mobileのスペック詳細

Note Mobile(Core i5モデル)のスペック詳細を確認しておきましょう。

Note Mobile(Core i5モデル)のスペック詳細
モデル名 GN10S6/RH
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU プロセッサー インテルCore ii5-10210Y プロセッサー
詳細 4コア/ 8スレッド/ 1.00GHz/ TB時最大4.00GHz/ 6MBスマートキャッシュ
グラフィックス グラフィック・アクセラレーター インテル UHD グラフィックス
ビデオメモリ メインメモリからシェア (最大 約4GB) 
メモリ 容量 8GB(8GB×1)
※増設・交換不可
メモリタイプ LPDDR3 SDRAM
ストレージ SSD(PCIe) 256GB
※512GB、1TBへカスタマイズ可
光学ドライブ なし
※オプションで取り付け可
チップセット
セキュリティチップ TPM ver2.0
カードリーダー SDメモリーカード(SDXC,SDHC 含む)
液晶パネル 液晶 12.5型 フルHDノングレア (LED IPS液晶)
  解像度 1920×1080
外部出力 解像度 デジタル接続時 最大 3,840×2,160 1,677万色
サウンド ハイデフィニション・オーディオ
端子 HDMI×1
USB3.0×2(Type-A 内1つパワーオフUSB充電機能)、USB3.0×1(Type-C USB Power Delivery 3.0対応、ACアダプタの接続ポートを兼用)
ヘッドフォン出力/ヘッドセット(ミニジャック メス)
無線規格  「Wi-Fi5対応」802.11ax/ac/a/b/g/n(最大433Mbps)
※オプションで最大1.73Gbpsへ変更可
Bluetooth 5モジュール内蔵
WEBカメラ HD解像度(92万画素)
マウス なし
(高精度タッチパッド)
キーボード 日本語バックライトキーボード
( 85キー/ キーピッチ約18.7mm / キーストローク約1.4mm)
スピーカー ステレオスピーカー (内蔵)
マイク ステレオマイク (内蔵)
電源 バッテリー リチウムイオン(内蔵)
ACアダプター AC100~240V(50/60Hz)
動作時間 約11時間
盗難防止用ロック セキュリティスロット
本体寸法 289×192×18mm
重量 約934g
付属ソフトウェア ウイルスバスター(30日体験版)
消費電力 標準時/ 最大時/ スリープ時 約 5.9W/ 約 45W/ 約 0.3W
保証期間 1年間無償保証・電話サポート永年無料

(出典::NEC LAVIE Direct「Note Mobile」より)

Note MobileはSSD交換はできるがメモリ増設・交換はできない

仕様表にも記載がありますが、メモリの増設・交換・カスタマイズができません

各モデル最初から仕様が決まっています(Core i5、7モデルは8GB、Celeronモデルは4GB)。

メモリはダメですが、SSDは交換が可能です。

「パソコン内にデータをたくさん保存したい」

「動きが悪くなってきた」

などなど、使っていくうちに「スペックをあげたい」と思ったときは、比較的簡単に交換できます。

 

長くパソコンを使いたい方であればSSDの交換が必要になるケースが少なくありません。

そんなときでも気軽に交換できる設計になっていると、わざわざパソコンを買い換えなくて済むのでありがたいですね。

ただし、一度でもSSDの交換をしてしまうとメーカーサポートが一切受けられなくなりますので、注意してください。

NMシリーズを分解する

12箇所のビスを外せば裏蓋を外すことができる

 

NMシリーズを分解する

外したビスは紙に置いておくとなくさない、ビスが混ざりません

 

NMシリーズを分解する

隅に凹みがあるので、剥がしていけば裏蓋が外せます

 

NMシリーズを分解する

裏蓋を開けたじょうたい

 

NMシリーズを分解する

SSDは交換が可能

ココに注意

SSDの交換やバッテリーの取り外しをご自身で行った場合は、メーカーサポートの対象外となります。

※裏蓋を開けるまでならサポート対象外になることはありません。

 

以上が「Note Mobile」の外観とスペックの詳細でした。

Note Mobile(Core i5モデル)の性能テスト結果(ベンチマーク)

ここからは少し専門的な内容になります。

ベンチマークソフトといって、製品の性能を試験するソフトを使い性能を数値化します。

これにより、どういった作業が可能(もしくは不可能)なのかを検証するのです。

また、オンラインゲームの可否も検証することができます。

「基本性能」CrystalDiskMark のテスト結果

NMシリーズの「基本性能」CrystalDiskMark のテスト結果

CrystalDiskMark のテスト結果
  読み込み速度 書き込み速度
Note Mobile(Core i5) 3236.50MB/s 1633.50MB/s
HDDのノートパソコン 86.18MB/s 84.09MB/s

まずはパソコンの動きを測る上でかかせない「ストレージ」の処理速度を数値化しました。

ソフトやファイルを読み込む速度と書き込む速度が表れています。

Readが読み込み速度、Writeが書き込み速度ですね。

数字が大きければ大きいだけ、動きが速いと思ってください。

特に、パソコンの起動・シャットダウンや、クリックしてファイルが開かれるまでの速度などに影響されます。

 

比べて見れば一目瞭然です。

一般的なノートパソコンの読み込み400倍、書き込み200倍という恐ろしい結果が出ました。

ココがポイント

つまりは起動もシャットダウンも基本的な動きはとても速く動く、ということです。

 

これだけのスコアが出ていれば「性能が良い」と言えるでしょう。

何度か試した平均時間は、起動が10秒、シャットダウンは5秒程度でした。

 

「初級」ドラゴンクエストX のテスト結果

NMシリーズの「初級」ドラゴンクエストX のテスト結果

ドラゴンクエストX のテスト結果
最高品質 標準品質 低品質
やや重い
2310
やや重い
2914
普通
4095

つづいては、オンラインゲームの可否を判断しました。

使用したのは「ドラゴンクエストX」です。

こちらは比較的「軽い」ゲームになっているので、ゲーム専用PCでなくてもプレイが可能な場合があります。

オンラインゲームに必要なスペックは、画像や動画編集に必要なスペックとほぼ同じです。

つまり、オンラインゲームでのスコアがそのまま画像・動画編集の能力有無の結果と考えてもらえれば良いでしょう。

 

「Note Mobile(Core i5)」でも、なんとかギリギリプレイできるということがわかりました。

とはいえ、グラフィック設定を「低品質」にしなくてはいけないので、決してキレイな映像を楽しめるわけではありません。

あくまでも「ゲームをプレイする」だけの話です。

ココがポイント

「Note Mobile」は搭載されてるビデオカードの性能が高くないので、ゲームには不向きなパソコンとなっています。

Core i7モデルも同じビデオカードが搭載れているので、数値はほとんど変わらないでしょう。

 

「中級」ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ のテスト結果

NMシリーズの「中級」ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ のテスト結果

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ のテスト結果
最高品質 標準品質 低品質
動作困難
827
設定変更が必要
1213
設定変更を推奨
1652

つづいては、オンラインゲームの可否を判断しました。

今度は「ファイナルファンタジーXIV」です。

こちらは「標準的な」なゲームになっているので、パソコンによってできたりできなかったりします。

 

結果を見ればわかるとおり「低品質」でも「設定変更を推奨」ということで基本的にプレイ不可ということです。

「ファイナルファンタジーXIV」をそれなりに遊ぼうと思うのであれば、それなりのゲーミングPCでないと厳しいでしょう。

 

「上級」ファイナルファンタジーXV のテスト結果

NMシリーズ「上級」ファンタジーXV のテスト結果

ファイナルファンタジーXVのテスト結果
高品質 標準品質 軽量品質
動作困難
271
動作困難
400
動作困難
574

オンラインゲーム、最後のベンチマークテストは「ファイナルファンタジーXV」で行いました。

こちら「重い」ゲームなので、ゲーム専用PCでないと難しいです。

 

結果を見ればわかりますが全ての品質で「動作困難」となりました。

さすがにゲーミングパソコンではないと厳しいようです。

 

フォートナイトくらいなら遊べる

フォートナイト

画像出典:フォートナイト(公式)

冒頭でも紹介したとおり、フォートナイトくらいであればプレイできます。

とはいえ、フォートナイトは比較的軽いゲームとなりますので、他のFPSやTPS系のオンラインゲームは厳しい可能性が高いです。

フォートナイトのシステムスペック
  最小システム要件 推奨システム要件
CPU Core i3-3225 Core i5-7300U
メモリ 4GB 8GB
グラフィック Intel HD 4000 Nvidia GTX 660
ビデオメモリ なし 2GB

フォートナイト(公式)より引用

最小システム要件とは「最低限遊べるよ。でも快適ではないよ」という性能を指します。

推奨システム要件とは「快適に遊べるよ」という性能を指します。

Note Mobile(Core i5)はスペック的に最小要件と推奨要件の間くらいなので、それなりに遊ぶことができました。

※快適とは言えません。普通です。

 

「総合」PCMark 10 のテスト結果

NMシリーズ「総合」PCMark 10 のテスト結果

PCMark 10 のテスト結果
総合評価 基本性能 事務処理 画像・動画編集
2909 6044 5141 2151

最後に「総合的なパフォーマンス」を測ることができる「PC Mark10」にてテストしました。

項目ごとに数字で性能の良し悪しを測っています。

 

右上の数値が総合的な性能、その下に左から「基本性能」「事務処理」「画像・動画編集」の能力値を表しています。

3,000点がボーダーラインとなっているのですが、「Note Mobile(Core i5)」は「画像・動画編集」以外全てクリアしています。

とはいえ、本記事にあるような紹介動画や商品画像の編集程度であれば問題なくできますので安心してください。

 

総合評価が3,000点を切っているのですが、どうも「画像・動画編集」が影響しているようです。

「基本性能」も「事務処理」も5,000点を超えていますので、基本的な性能は十分優れています。

別のパソコンのPCMark 10の結果と比較

参考までに、別のパソコンの結果も貼っておきます。

別のパソコンのPCMark 10の結果と比較

別パソコンのPC Markスコア

こちらは、弊社で事務作業用に使用しているSONYのノートパソコンです。

  • OS:Windows8.1
  • CPU:Core i 5
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:SSD256GB

 

年式は少し古いですが、購入当時は12万円以上もした上位パソコンでした。

CPUはCore i5ですし、購入後にSSDに入れ替えメモリも8GBに増設してあります。

 

その結果「基本性能」や「事務処理」の能力は、スペック通りの高い数値が出ました。

ただし、「画像・動画編集」のスコアはかなり厳しい結果です。

「画像・動画編集」の能力を上げるには良い「ビデオカード」を積む必要があります。

「Note Mobile」のように最新のノートパソコンであれば「ある程度」はこなせますが、一昔前のノートパソコンではかなり厳しいです。

それこそ「がっつり編集したい」のであれば、それ相応のクリエイター向けパソコンを選ぶしかありません。

 

以上がNEC「Note Mobile(Core i5)」のベンチマークスコアでした。

Note Mobile(Core i5)の性能まとめ

  • 基本性能は抜群である(かなり速い)
  • 画像・動画編集は少し苦手だが、最低限の作業なら可能
  • オンラインゲームは諦めた方がいい

NEC製品の特徴(メリット・デメリット)

最後にNECのメーカーとしての特徴をまとめておきます。

パソコン最大手メーカー

NECは国内パソコンメーカーとして、シェア1位となっています。

なお、2位は富士通、3位はDynabook(現SHARP)です。

 

年賀状ソフト「筆ぐるめ」が入ってる

NECのパソコンには、基本的に最初から年賀状ソフト「筆ぐるめ」が入っています。

買うと3,000円くらいしますので、非常にオトクですね。

 

光学ドライブが付いていない

本記事で紹介した「Note Mobile」は、DVDやブルーレイのディスクドライブが標準装備ではなく、あくまでもオプション扱いです

最近はあまり必要性がなくなってはきましたが、どうしても必要な場合は外付けドライブを利用しましょう。

 

無料の電話サポート付き

NECで購入した全てのパソコンにおいて、永年無料の電話サポートが付属します。

私も何回か電話していますが、大変丁寧な対応をしてもらえました。

いざというときに、非常に心強いですね。

 

1年間のメーカー保証が手厚い

NECで購入した全てのパソコンにおいて、1年間のメーカー保証が無償で付いています。

1年以内であれば何回でも利用でき、送料ももちろん無料です。

あくあでもメーカー保証ですので、消耗品などの物理的な故障は保証対象外となります。

システムや基盤などの初期不良が対象となっています。

 

以上がNECの特徴(メリット・デメリット)でした。

サポートも万全で、補償もしっかりと付いています。

パソコンに詳しくない方であれば、大手メーカーという安心感はとても心強いですよ。

おわりに:安さだけに惑わされないようにしましょう。

海外メーカーのパソコンであれば、NECよりも安いものもあるでしょう。

実際に、同じくらいの性能で1万円以上も安いパソコンもあります。

ですが、製品の品質もさることながら、何かあった場合のサポート力は雲泥の差です。

そこはやはり日本メーカー1番の強みと言っても過言ではないと思います。

 

弊社はWEBサイトだけでなく、実際の現場でも様々なサポートを提供していますので、粗悪なものを安易におすすめするわけにはいきません。

売って終わりではない商品だからこそ、ちゃんとしたものを紹介したいのです。

これまで何台もNEC製のパソコンを販売・サポートしてきましたが、大きなトラブルになったのは数えるほどしかありません。

海外メーカーに比べたら、圧倒的に少ないことはお約束します。

そういった実績があるからこそ、他のお客様にもおすすめができるわけです。

  • NEC「LAVIE Note Mobile」
  • 12.5型軽量ノートPC
  • 選べるCPU
  • 色は4種類(白、ピンク、紺、黒)から選べます

商品ページへ

NECオンラインショップ:https://www.nec-lavie.jp/

>>【期間限定】クーポンあります

パソコン選びに関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくは公式[email protected]からお気軽にメッセージをお寄せください。

なる早で返答させていただきます。

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-ガジェット
-, , ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2021 All Rights Reserved.