How to

ONU+無線ルーターの場合のインターネット設定方法【IPv6(IPoE+IPv4 over IPv6)編】

更新日:

この記事でわかること

  • IPv6(IPoE+IPv4 over IPv6)でONU+無線ルーターの場合のインターネット設定方法について紹介する
  • IPv4(PPPoE)で契約(使用)している場合は設定方法が異なるので要注意

この記事ではIPv6(IPoE+IPv4 over IPv6)契約でONU+無線ルーターの場合のインターネット設定方法について画像付きで解説をします。

IPv4の場合は設定方法が異なりますので、こちらの記事をご覧ください。

関連記事:ONU+無線ルーターの場合のインターネット設定方法【IPv4(PPPoE)編】

 

また、自宅で使用している機器が違う場合も設定方法が異なります。

あなたのお家の環境に合わせて、下記より記事を選んで参考にしてください。

(他の環境に合わせた記事は準備中です)

以下「IPv6(IPoE+IPv4 over IPv6)」のことは「IPv6」と省略して表記します。

ONU+無線ルーターの場合のインターネット設定方法【IPv6(IPoE+IPv4 over IPv6)編】

IPv6契約でONU+無線ルーターという環境の場合、行うことは非常にシンプルです。

実は、ONUと無線ルーターをLANケーブルでつなぐだけ設定が完了していまいます。

そう、この設定の簡単さがIPv6の魅力の一つでもあるんですね。

もちろん速度が出やすいのがIPv6の売りであることは間違いありません。

これから新規で契約するなら、ほとんどの光回線が標準で「IPv6」契約になっていますよ。

杉本

インターネットに関する言葉には、同じ内容であっても別の言い方をする場合があります。

なるべく表現を統一することを心がけていますが、何かわかりにくいことがあればコメント欄か公式LINE@でご質問くださいませ。

準備するもの:しいて言えばルーターの説明書

IPv6契約でONU+無線ルーターという環境においてインターネットの設定を行う場合は、正直何も必要ありません。

IPv4契約のように「ISP情報」の書かれた契約書類といったものは基本的に不要です。

なぜならIPv6の場合はルーターの設定が必要ないからです。

ONUと無線ルーターをLANケーブルで繋いで少し待っていれば、勝手にインターネットができるようになっています。

ただ、時折ルーターの初期設定だけ必要になる場合がありますので、その点をふまえて簡単に説明をしておこうと思います。

 

ONUを設置し、光ケーブルを接続、電源を入れる

まずはONUを設置し、光ケーブルを接続しましょう。

光ケーブルは両端のどちらかを壁の光コンセントに、もう片一方をONUに挿します。

どちら側とかはないので、安心してください。

 

光ケーブルをカチッと音がするまで挿したら、電源を入れましょう。

プラグをONU本体に挿して、コンセントを挿すだけでOKです。

電源をオンオフするようなスイッチはありません。

本体前面にあるランプが4つとも黄緑色に点灯すれば正常に設置ができている証拠です。

※「UNI」だけゆっくり点滅になります。

 

もしもどれか一つでもランプが消灯している場合は、一度プラグを抜き、光コンセント側もONU側も光ケーブルをしっかりと挿し直して、再度電源を入れてみましょう。

それでもダメなら、どこかに異常が発生している可能性があります。

回線の契約先へ連絡をしましょう。

その際には「ONUのランプが点灯しない」と伝えれば大丈夫です。

 

ONUと無線ルーターをLANケーブルでつなぐ

続いてONUと無線ルーターをLANケーブルでつなぎましょう。

ONU側は1ヶ所しか挿すところがありませんが、無線ルーター側は複数箇所挿せるようになっていると思います。

もっと詳しく

LANケーブルを挿す口のことを「ポート」と呼びます。

 

ここがよく間違えるポイントの1つなのですが、無線ルーター側は「WAN(ワン)」と書かれた、おそらく1ヶ所だけ色が違っているポート(通称「WANポート」)に挿すのが正解です。

ここを間違えて「LAN(ラン)」と書かれたポート(通称「LANポート」)に挿してしまう方が非常に多く、それが原因で設定ができないことが多々あります。

もう一度言いますが、無線ルーター側は「WANポート」にLANケーブルを挿しましょう。

 

なお、無線ルーターを新しく購入した場合、ほとんどの製品に付属のLANケーブルが入っているはずです。

もし同梱されていなかったり、中古で購入した場合などは、100均でも買えますよ。

ただし、LANケーブルの種類よって「速度が異なる」ので、心配であればメーカー品の購入をおすすめします

いくつか種類がありますが「CAT6」以上の規格のものを購入しましょう。

 

無線ルーターの電源を入れる

LANケーブルをつないだら、無線ルーターの電源を入れます。

ほとんどの無線ルーターは電源をオンオフするようなスイッチがない場合がほとんどです。

なお、多くのルーターには「モード」を変更するスイッチが付いているのですが、購入時は「auto」か「router」(「RT」など)になっていると思います。

ルーターのモード

※NEC製ルーター「WG2600HP3」の場合は「RT」「BR」「CNV」の3パターン

もしも「bridge」「BR」「AP」といった別のモードになっていたら「auto」か「router」に変更してください。

このNEC製ルーター「WG2600HP3」であれば「RT」にするのが正解です。

 

本体にプラグを挿し、コンセントを挿すだけで電源が入ります。

ルーターの種類にもよって異なりますが、1~3分ほどでいくつかのランプが点灯するはずです。

それまで少し待ちましょう。

 

有線か無線でルーターと接続する

この状態で、すでにインターネットができるようになっている可能性があります。

IPv6はIPv4のような小難しい設定が必要ないので、LANケーブルを繋いで少し待っていれば自動でネットが使えることがほとんどです。

 

ただし、中にはルーター自体の初期設定だけ行う必要があるので、その部分だけ説明を続けます。

では、有線でも無線でもいいので端末とルーターを接続します。

ココがポイント

「有線で」というのは、つまり「LANケーブルで」という意味です。

「無線で」というのは、つまり「Wi-Fiで」という意味です。

ただし、正式には「無線=Wi-Fiではない」ので、できれば覚えておいてくださいね。

便宜上「無線≒Wi-Fi」として説明を続けます。

杉本

有線(LANケーブル)で接続する方法

有線で接続する方法はとっても簡単。

無線ルーターの「LANポート」とパソコンの「LANポート」にそれぞれLANケーブルを挿すだけです。

パソコン右下のタスクバーに「接続できたよ」というアイコンが表示されているかと思います。

 

無線(Wi-Fi)で接続する方法

無線(Wi-Fi)で接続する方法もとっても簡単です。

パソコンでもスマホでも、Wi-Fiの設定画面からルーターのSSIDを選んでパスワードを入力するだけです。

ルーターのSSIDとパスワードは、ルーター本体(背面か底面)に記載されているかと思います。

 

ルーターの背面

※NEC製ルーター「WG2600HP3」の背面

NEC製ルーター「WG2600HP3」の場合は画像のようになっています。

2.4GHzの隣に記載されている「aterm-04821f-g」もしくは5GHzの隣に記載されている「aterm-04821f-a」を選んで、パスワードは「暗号化キー」に記載の13桁の英数字を入力してください。

両方とも設定画面に表示されるのであれば、両方とも接続しておくと良いでしょう。

参考記事:【Wi-Fi】無線ルーター「2.4GHz/5GHz」はどっちがいいの?何が違うの?

 

接続が完了すれば、端末の画面上にWi-Fiのアイコンが表示されているはずです。

繰り返しますが、接続が終わった時点でインターネットができるかもしれません。

YouTubeアプリを開いてサムネイルが表示されていればすでにインターネットができる状態です。

iPhoneでWi-Fiを接続する方法

アプリを開いて、サムネイルが表示されていればOK。設定は完了しています。

ココがポイント

Googleやヤフーでネット検索ができれば基本的にはOKなのですが、極稀にインターネットがつながっていなくても検索ができてしまう場合があります。

YouTubeアプリで確認するのが一番確実な方法です。

 

「え?もう終わり?」と思うかもしれませんが、嘘ではありません。もう終わりです。

これ以降は何もさわる必要はないので、インターネットライフをお楽しみくださいませ。

 

無線(Wi-Fi)の接続方法がわからない方はこちらの記事を参考にしてください。

参考記事:【画像つき】Wi-Fi(無線LAN)の接続方法・繋ぎ方を解説します

【画像つき】Wi-Fi(無線LAN)の接続方法・繋ぎ方を解説します
【画像つき】Wi-Fi(無線LAN)の接続方法・繋ぎ方を解説します

Wi-Fiのつなぎ方|初めてのインターネット設定 Wi-Fiのつなぎ方を画像つきで解説します。 iPhoneだろうがAndroidだろうがパソコンだろうが、基本的な考え方は同じです。 また、自宅のWi ...

続きを見る

 

無線ルーターの初期設定を行う

インターネットができない場合は、ルーターの初期設定だけ必要なケースですね。

とっても簡単なので安心してください。すぐ終わります。

 

ルーターの初期設定方法は機種によって若干異なりますが、大まかな流れは同じです。

基本的には2ステップで完了します。

おおまかなルーターの初期設定手順

  1. ルーターにアクセスしてログインする
  2. IPv6での接続に変更する(自動の場合がほとんど)

 

たったこれだけで完了するのですが、初めてルーターの設定を行う方は「型番 設定方法」で検索してメーカーの公式サイトの詳しい設定方法を参考にするのが1番でしょう。

ここでは、NEC製ルーター「WG2600HP3」を例にして解説を行います。

NEC製ルーター「WG2600HP3」の設定方法

  1. 192.168.10.1にアクセスしてログインする
  2. ネット接続の確認をする

(1)192.168.10.1にアクセスしてログインする

192.168.10.1にアクセスしてログインする

アドレスバーに「192.168.10.1」と入力してアクセスすると、ルーターの設定画面に移動します。

(「192.168.10.1」でアクセスできない場合は「http://aterm.me/」と入力しましょう)

ココに注意

ルーターの機種やメーカーによってログインURLが異なります。

どんなルーターであっても「192.168.10.1」でログインできるわけではありません。

 

ユーザー名とパスワードの入力を求められますので、ユーザー名は「admin」パスワードはルーターの背面(Web PW)に記載された6文字の数字を打ち込みましょう。

NECルーター「WG2600HP3」の設定方法

※WG2600HP3の背面

(2)ネット接続の確認をする

IPv6は自動設定

NEC製ルーター「WG2600HP3」の場合、IPv6は自動接続になるのでログインすると「IPv6インターネット利用可能」と表示されているはずです。

これでインターネットが使えるようになっています。

ちゃんとネットがつながっているか、YouTubeで確認するとわかりやすいですよ。

iPhoneでWi-Fiを接続する方法

アプリを開いて、サムネイルが表示されていればOK。成功しています。

ココがポイント

Googleやヤフーでネット検索ができれば基本的にはOKなのですが、極稀にインターネットがつながっていなくても検索ができてしまう場合があります。

YouTubeアプリで確認するのが一番確実な方法です。

 

もし、ここがまだ「未接続」となっている場合、おそらくIPv6が開通していません。

ココがポイント

回線工事が終わってからIPv6の開通まで1週間ほど日数がかかります。

転用などで切り替えた場合も同様です。開通予定日はプロバイダに確認することができます。

 

もう少し日にちが経ってから再度確認するか、今すぐインターネットが使えないと困る場合はとりあえず「IPv4」で設定してしまいましょう。

コチラの記事を参考にルーターの設定を行ってください。

関連記事:ONU+無線ルーターの場合の設定方法【IPv4(PPPoE)編】

 

後日IPv6が開通したら、ルーターを初期化すれば自動でIPv6に切り替わります。

WG2600HP3を初期化する方法

「詳細な項目を表示」をタップしてメニューを開き「メンテナンス」→「設定値の初期化」をタップします。

 

WG2600HP3を初期化する方法

「設定値の初期化」をタップし「OK」をタップすれば、ルーターの初期化が始まります。

3分ほどで初期化されますので、改めて「192.168.10.1」にアクセスをしてログインをすれば自動でIPv6が使えるようになっているでしょう。

もっと詳しく

それでもダメなら、一度ONUとルーターの電源を入れ直してみてください。

 

以上が「IPv6(IPoE+IPv4 over IPv6)契約でONU+無線ルーターの場合の設定方法」でした。

おわりに:IPv6なら設定不要だから誰でもできるはず!

IPv6(IPoE+IPv4 over IPv6)であれば、初めての方でも簡単にルーター(インターネット)の設定ができると思います。

繰り返しますが、IPv6は使えるようになるまで1週間ほどかかるので、そこだけが注意するポイントです。

急いでいる方は、一旦IPv4で設定してから後日IPv6に切り替えればOK。

そこまで急いでいないのであれば、1週間ほど待ってから改めてONUとルーターの電源をオフオンしてみてください。

ルーターの電源が立ち上がれば自動的にインターネットが使えるようになっていることでしょう。

 

ちなみにですが、こういった作業を弊社のようなサポート業者に依頼すると、出張費込で1~2万円ほど必要になります。

自分でできれば「1~2万円が浮く」と思えば、挑戦する価値は大いにあるのではないでしょうか。

ぜひ頑張ってくださいね。

何かわからないことがあれば、コメント欄か公式LINE@までご連絡ください。

できる限り相談にのらせていただきます。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-How to
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.