間違いだらけのハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)を正しく解説します

間違いだらけのハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)を正しく解説します

更新日:

この記事でわかること

  • ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)とは何か
  • 他のサイトは何を間違えているのか
  • 速度制限になる本当の条件と解除の仕方

WiMAXの速度に関する記述で必ず出てくる「ハイスピードプラスエリアモード」。

「ハイスピードプラスエリアモード」で検索してみるとたくさんの解説記事が出てきます。

ハイスピードプラスエリアモードで検索

ところが、驚いたことに誰一人正しく解説している人がいません。これはどうしてなのか?

 

私なりの結論ですが、おそらくどのサイトも「素人(外注ライター)が書いている」からではないかと思いました。

いくつかのサイトを読み比べるとわかるのですが、どれもこれも曖昧な表現が多く、矛盾が生じています。

これからWiMAXを契約しようと本気で検討している人が読めば、違和感を覚えることでしょう。

 

そこで私は、UQ社をはじめ複数のプロバイダに電話とチャットで質問・問い合わせを行い、本当の「ハイスピードプラスエリアモード」について調べました。

当サイトが唯一の正しい「ハイスピードプラスエリアモード」について書かれた記事です。

ぜひ参考にしてください。

ココに注意

2021年4月から発売された「WiMAX+5G」に関してはハイスピードプラスエリアモードの内容が変わっています。

従来の「WiMAX2+」との違いは「WiMAX+5Gを徹底比較!1番安いプロバイダと違いを解説します」をご覧ください」

【今月のイチオシWi-Fi】

Mugen WiFiキャンペーン

本当のハイスピードプラスエリアモードとは

WiMAXのルーターには2つの通信モードが搭載されています。

  • ハイスピードモード
  • ハイスピードプラスエリアモード

この2つの違いを知ることが、本当の「ハイスピードプラスエリアモード」を知ることに繋がります。

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの違い

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードでは使用する電波が異なります。通信速度や使用できるギガ数に違いがあります。

ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
WiMAXの電波を使用 WiMAXの電波とau(4G LTE)の電波を使用
使えるエリアが限られている 広いエリアに対応(カバー率99%)
最大558Mbps(W06) 最大1.2Gbps(W06)
3日で10GBまで使い放題 1ヶ月で7GBまでしか使えない
翌日の18時~2時だけ1Mbpsまで低下 翌月1日まで128kbpsに低下
日常的に使う めったに使わない

これだけ並べれてもピンときませんので、1つ1つを詳しく解説します。

 

購入時のルーターはハイスピードモードになっている

まず話の大前提として、購入して手元に届いたルーターはハイスピードモードになっている、ということを覚えておいてください。

つまり、自分で操作しない限りはハイスピードプラスエリアモードに切り替わることはありません。

言い換えれば、自分で操作しない限りは「au(4G LTE)の電波」は使用できないわけであり、結果として1ヶ月で7GBの速度制限にひっかかることもない、ということになります。

※「au(4G LTE)の電波」は以下「auの電波」とします。

 

使用する電波をルーター操作で切り替えることができる

  • ハイスピードモード:WiMAXの電波を使用
  • ハイスピードプラスエリアモード:WiMAXとauの電波を使用

この2つのモードは、ルーター(端末)を手動で操作して切り替えます。

自動で勝手に切り替わることはありません。

購入時はハイスピードモードになっているので、そのまま使っていればずっとハイスピードモードのままです。

逆を言えば、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えた場合は、自分で元に戻さない限りずっとハイスピードプラスエリアモードのままになってしまいます。

もっと詳しく

ユーザー様より「熱暴走が原因で勝手にハイスピードプラスエリアモードに切り替わる」という現象が起きることを教えていただきました。

長時間使う場合は気をつけたほうがいいですね。

 

電波が違う=通信速度と使えるエリアが違う

  • ハイスピードモード:最大558Mbps、WiMAXのエリアのみ
  • ハイスピードプラスエリアモード:最大1.2Gbps、auのエリアも可

電波が違うということは、通信速度とエリアが違うということです。

WiMAXとau両方の電波が使えるハイスピードプラスエリアモードの方が速度が速くて使えるエリアも広い、ということになります。

性能としては圧倒的に上でメリットしかありません。

 

ハイスピードプラスエリアモードは使い放題ではない

  • ハイスピードモード:3日で10GBまで、制限は翌日の一部時間帯だけ(1Mbps)
  • ハイスピードプラスエリアモード:1ヶ月で7GBまで、月末まで制限がかかる(128kbps)

性能に関してはいいことずくめなハイスピードプラスエリアモードですが、もちろん悪いところもあります。

使い放題ではないのです。

通常のWiMAX(ハイスピードモード)は、3日で10GBまでなら使い放題です。仮に10GBを超えても、速度制限は翌日の18時~2時まで。しかも、制限をうけている間でも1Mbps程度の速度は出るようになっています。

スマホのように月末までずっと128kbpsという「全く使い物にならない速度」で制限されるわけではない、ということです。

たったこの程度の話なので、制限なんてあってないようなものと言う人もいるでしょう。

確かに、速度が制限されるのは翌日の18時~2時だけであり、そもそも1Mbpsも出ればLINEもTwitterもインスタもできるし、You Tubeだって標準画質であれば難なく視聴できてしまいますもんね。

 

このWiMAXならではの恩恵が全く受けられないのがハイスピードプラスエリアモードです。

ハイスピードプラスエリアモードは、むしろスマホと同じです。

1ヶ月で7GBしか使えず、万が一7GBを超えてしまった場合は即日で128kbpsまで速度が低下します

128kbpsという速度はスマホの速度制限と同じ遅さです。スマホでパケ死した経験がある方ならわかると思いますが、128kbpsでは何もできません。

動画なんてもってのほか。インスタもTwitterも無理です。LINEどころかネット検索すらできません。これが128kbpsなのです。

 

速度制限になってからハイスピードモードに切り替えてもダメ

さらに悲しいことに、ハイスピードプラスエリアモードを使用中に7GBを超えて速度制限になってしまった場合、そこからハイスピードモードに戻しても速度制限は解除されません。

128kbpsのままです。

本来ハイスピードモードであれば速度制限になっても1Mbpsまで出るのですが、それはあくまでハイスピードモードで速度制限になった場合です。

ハイスピードプラスエリアモードで速度制限になれば、128kbpsです。

月末までずっと。

Wi-Fiたくさん使いたいがために契約したWiMAXなのに、何の意味もなくなってしまうわけなのです。

 

これがハイスピードプラスエリアモードの唯一にして最大の欠点となります。よく覚えておきましょう。

 

他のサイトが間違えている3つの重要な真実

ココに注意

  • ハイスピードプラスエリアモード=必ずauの電波を使うわけではない
  • auの電波使っていなくても7GBには換算される
  • 同月内の合計利用ギガが7GBになったら速度制限になる

この3つに関して正しく明記しているサイトは私が調べたところ1つもありませんでした。これだけWiMAXに関するサイトがあるにも関わらず、たったの1つもなかったのです。

この事実が、いかに「テキトー」に記事を書いているのかを如実に表しているのではないかと思う次第でございます。

ハイスピードプラスエリアモードでもWiMAXの電波を使う

  • ハイスピードモード:WiMAXの電波を使用
  • ハイスピードプラスエリアモード:WiMAXとauの電波を使用

ハイスピードプラスエリアモードであっても、場所によってはauの電波を使わない場合があります。多々あります。

あくまで「auの電波も使えるよ」としているだけに過ぎません。

WiMAXの電波の方が感度がよければ、WiMAXの電波を拾うわけです。

どちらの電波を使うかどうかは私たちユーザーが選ぶのではなく、ルーター(端末)が自動で判別します。

つまり、せっかくハイスピードプラスエリアモードに切り替えても、結局WiMAXの電波を使っているかもしれない、ということです。

なんだかとっても損をしている気分になりますよね。

この事実に関してはUQ社の方から「どちらかを優先するわけではありませんので、WiMAXの電波ばかりに繋がることもあると思います」と言質もいただいています。

 

auの電波を利用していなくてもギガ数はカウントされる

ハイスピードプラスエリアモードの速度制限になる条件は、1ヶ月で7GB使うことです。

この7GBに関して「auの電波を7GB使った場合」と明記しているサイトが非常に多い。

これは間違いです。

正しくは「ハイスピードプラスエリアモード中に7GB使った場合」になります。

この2つは全く意味合いが異なりますよね。

 

前項にも書いた通り、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えたとしても、auではなくWiMAXの電波に繋がることがあります。

せっかくハイスピードプラスエリアモードにしているにも関わらず、です。

それでも「ハイスピードプラスエリアモードに切り替えて使っている」ことに変わりはないので、たとえWiMAXの電波に繋がっていようとも速度制限の条件となる「1ヶ月で7GB」に換算されてしまうのです。

そうしてハイスピードプラスエリアモードのまま合計7GBに達した時点で即座に速度が制限されます。たとえWiMAXの電波しか使っていなくても。

こんな悲しいことはありません。

 

「ハイスピードプラスエリアモードに切り替えているかどうか」が全てだということを絶対に忘れないでください、

 

同月内の合計利用ギガが7GBになったら速度制限になる

たとえば、1ヶ月の間にハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードを何回か切り替えながら使った場合はどうなるのか。

「回答」

ハイスピードプラスエリアモードにしている間に使用したギガ数だけをカウントし、その合計が7GBになった時点で128kbpsの速度制限になります。

このとき、auの電波を使っていたかどうかは関係ありません。WiMAXの電波であってもカウントされるのです。

 

他のサイトは、この点についてもあまり詳しく明記されていませんね。

 

とにかく考え方としては「ハイスピードプラスエリアモードに切り替えているかどうか」に尽きます。

 

速度制限になる条件と解除の仕方(まとめ)

最後におさらいも兼ねて、ハイスピードプラスエリアモードの速度制限になる条件と解除の仕方をまとめておきましょう。

メモ

  • ハイスピードプラスエリアモードでの合計使用量が7GBを超えた瞬間に128kbpsまで速度が制限される
  • 速度制限になってからハイスピードモードへ切り替えても128kbpsのまま
  • 解除するには翌月まで待つしかない(スマホのように追加課金もできない)

 

山間部などWiMAXがエリア外になる場所で使うとき以外はハイスピードプラスエリアモードは使わないほうがいいでしょう。

ネット専門家が教えるオトクにWiMAXを購入する方法

「JP WiMAX」を除いた上で、今1番オトクにWiMAXを購入する方法は次のとおりです。

>>「JP WiMAX」を除く理由はコチラ

ココがおすすめ

  • プロバイダ:「GMOとくとくBB」
  • 料金プラン:「ギガ放題」※1
  • ルーター(機種):モバイルルーター「WX06」※2
  • キャンペーン:確実に安くなる「月額割引」※3
  • 最短即日~4営業日以内に発送
  • 解約する場合:電話でもネットでも可

※1 初月は日割りなのでいつ申し込んでも損になりません。
※2 家の中でしか使わないならホームルーター「L02」を選びましょう。
※3 まとまったお金が欲しい方は「キャッシュバック」キャンペーンを利用するといいでしょう。

「GMOとくとくBB」は一部上場の日本の会社です。インターネット業界では知らない人はいない大手通信会社になります。

最近ではドコモ光の指定プロバイダの1つにも選ばれたことにより、どんどんシェアを拡大することに成功しています。

これまでざっと100人以上のお客様に勧めてきましたが、誰からもクレームの連絡をもらうこともなく、みなさん「問題なく使えてますよ~」と言っていただいておりますので、安心して紹介することができています。

申し込みは公式WEBサイトの「キャンペーン専用窓口」から必ず行ってください。

ココに注意

1番オトクなWiMAXであるGMOは申込み窓口によって特典が異なります。

Google検索からでは一部のキャンペーンサイトにしか行くことができません

今行っているキャンペーンの特典をあますことなく欲しい方は下記よりお申し込みください。

GMO WiMAX(公式):https://gmobb.jp/

\毎月が安くなるWiMAX/

月額割引キャンペーンで申し込む

GMOなら20日キャンセル可能です

>>キャッシュバックキャンペーンをご希望の方はこちら

 

3年間の合計費用を比較
キャッシュバックキャンペーン 月額割引キャンペーン
144,533円 143,031円

3年間の合計費用は月額割引キャンペーンの方が少しだけオトクになっています。

※クレジットカードを持っていない場合は口座振替で購入ができるプロバイダを選びましょう。

【結論】口座振替できるWiMAXで選ぶならBIGLOBEが最も安い
口座振替できるWiMAX3社を徹底比較|BIGLOBEが一番オトクでした

この記事でわかること 口座振替できるWiMAX(ワイマックス)を比較検証しました 口座振替できるWiMAXで1番安いのはBIGLOBEでした 料金抑えたいならクレジットカード作った方がいいでしょう 先 ...

続きを見る

 

WiMAXについて質問・相談がある方は、コメント欄もしくは公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください。

できる限り相談に乗らせていただきます。

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

モバイルWiFi

※本記事の内容には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性や安全性を保証しているわけではございません。
※通信速度や電波感度に関しては当サイトの検証結果にもとづく所感であり、一定の効果を保証しているわけではございません。
※ご不明点につきましては、各メーカーへお問い合わせ願います。
※インターネット回線をご契約の際には、各社ホームページの内容をご自身でご確認の上お申し込みください。

  • この記事を書いた人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWiFi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2021 All Rights Reserved.