モバイルWi-Fi

買ってはいけない!?最安プロバイダ「JP WiMAX」を丸はだか

買ってはいけない!?最安プロバイダ「JP WiMAX」を丸はだか

この記事でわかること

  • 「JP WiMAX」の料金は?本当に安いの?
  • 「JP WiMAX」は悪い口コミが多いって本当?
  • 「JP WiMAX」を選ぶべきではない4つの理由
  • ネット専門家が教えるオトクにWiMAXを購入する方法

「JP WiMAX」というのは、WiMAXのプロバイダの1つです。

実は今1番安いWiMAXでもあります。

※キャンペーン内容が変わって、2番目に安いWiMAXになりました。

どちらにしても、私は決して「JP WiMAX」をおすすめしません。

「JP WiMAX」の料金は本当に安いのか?なぜおすすめしないのか?

まだルーターが届いていないなら「JP WiMAX」をキャンセルして別のWiMAXを申し込みしなおすことをおすすめします

 

それでは「JP WiMAX」を丸はだかにしていきましょう。

最安のWiMAX

JP WiMAXを申し込む

※弊社はおすすめしておりません

「JP WiMAX」の料金は?本当に安いの?

まず先に「JP WiMAX」の料金から確認しておきましょう。

今あるWiMAXの中で1番安いのは本当です。

WiMAX主要12社の料金比較

こちらがWiMAX主要12社による実質月額料金の比較表です。

WiMAX「実質月額料金」比較表
プロバイダ 実質月額料金 契約期間 CB
GMO
(CB)
3,453円 3年 31,000円
JP WiMAX 3,465円 3年 10,000円
GMO
(月額割引)
3,581円 3年 3,000円
DTI 3,606円 3年  
Broad WiMAX 3,662円 3年  
カシモ 3,704円 3年  
ASAHIネット 3,907円 3年  
So-net 4,018円 3年  
BIGLOBE 4,228円 1年 15,000円
@nifty WiMAX 4,284円 3年  
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
4,406円 3年  
UQ WiMAX 4,505円 2年 3,000円
au WiMAX 5,838円 2年  
※実質月額料金=契約期間の合計費用÷契約期間

※CB:キャッシュバック

※金額確認日:2020年11月

GMOに次いで2番目に安いWiMAXになっています。

 

「JP WiMAX」の料金システム

契約事務手数料、毎月の料金、キャッシュバックについてまとめておきます。

JP WiMAXの料金
契約事務手数料 3,000円
Wi-Fiルーター(W06) 0円
毎月の料金 初月~3ヶ月目 2,800円
4ヶ月目~24ヶ月目 3,500円
25ヶ月目~ 4,100円
実質月額 3,281円
キャッシュバック 10,000円
(Amazonギフト券)
3年間の合計費用 124,100円

 

比較として「GMO」の料金も掲載しておきます。

GMO WiMAX(キャッシュバック)の料金
契約事務手数料 3,000円
Wi-Fiルーター(W06) 0円
毎月の料金 初月~3ヶ月目 3,609円
4ヶ月目~24ヶ月目 4263円
25ヶ月目~ 4,263円
実質月額 3,402円
キャッシュバック 34,500円
(銀行振込)
3年間の合計費用 120,006円

 

今月はGMOの方が安くなっています。

月によってキャンペーンが異なるため、毎月デッドヒートを繰り広げているのです。

 

キャッシュバックは現金ではなくAmazonギフト券

ただし、「JP WiMAX」のキャッシュバックは現金ではなくAmazonギフト券になっているのに注目してください。

日常的にAmazonで買い物をする方であればオトクかもしれませんが、Amazonをそれほど使わない方からするとあまりうれしくないかもしれませんね。

私は定期的にAmazonを使いますが、できればキャッシュバックは現金で欲しい派です。

 

「JP WiMAX」は悪い口コミが多いって本当?

「JP WiMAX」は悪い口コミが多いと聞きますが、本当でしょうか?

回線速度に1番厳しい人たちが集まるTwitterで調べてみました。

「JP WiMAX」Twitterでの評判

 

想像していた以上に最悪の評判でびっくりしました。

悪評の全ては共通していて「頼んだのに届かない」ということ。

しかも、1週間や2週間ではなく、1ヶ月以上も待っているという状態。これはさすがに酷いですね。

なぜなら、公式サイトにははっきりと「最短即日発送」と書いてあるからです。

JPWiMAXは最短即日発送と書いてある

「最短即日発送、すぐに使える」の文字がある

 

確かに「絶対即日発送」とは書いているわけではありませんが、まぁ詐欺と言われてもしょうがないでしょう。

ちなみに「GMO」も「最短当日発送」ですし、通常は「4営業日以内」となっています。

GMOは最短即日発送、遅くても4営業日以内に順次発送

GMOは最短即日発送、及び4営業日以内に順次発送と記載

※GMOで調べても「ルーターが届かない!」といったツイートは見つかりませんでした。

 

そんなに急いでいないとしても、1ヶ月以上は待てませんよね。なんのためのWiMAXなのか、という話になります。

口コミの評判が悪いのは本当でした。

 

「JP WiMAX」を選ぶべきではない4つの理由

「ルーターが届かない」という時点で「JP WiMAXはナシだな」となっている方も多いとは思いますが、私がなぜ「JP WiMAX」をおすすめしないかを説明しておきます。

JP WiMAXをおすすめしない4つの理由

  • セキュリティなし&違法スレスレ&低性能FONルーター
  • 現金ではなくAmazonギフト券
  • 即日発送は嘘!ルーターが1ヶ月以上も届かない
  • 違約金が他のプロバイダより激高

セキュリティなし&違法スレスレの低性能FONルーター

「JP WiMAX」を運営しているFONという会社は、昔「FONルーター」というルーターを無料で配っていました。

(実際に配っていたのはソフトバンクですが)

この「FONルーター」、今では「なかったこと」にされているくらいに、酷い仕様でした。

FONルーターの酷かったところ

  • セキュリティがない
  • 他人の回線を勝手に又貸し(プロバイダによっては禁止されている)
  • そもそも性能が低い(最大150Mbps)

 

その証拠に、今でもFONルーターを使っている人はほとんどいませんよね。

私は年間500~1,000軒ほどお客様宅へ訪問していますが、1年で1人か2人くらいしか使っている人を見たことがありません。

そして、そのほとんどが「モデムに接続してあるけど使っていない」という状態です。

(FONルーターをメインルーターとして使っていたのは1人だけでした。偶然にも小学生のときの同級生でしたが…)

 

本来であれば、もっとちゃんと説明して使わせるべきルーターを、何の知識もない人達に「無料だから」という理由で配りつけていたわけです。

結局、接続の仕方すらよくわからず、ほとんど放置したままだったのが怪我の功名かもしれませんが。

 

配っていたのはソフトバンクですが、作っていたのはFONです。どちらに責任の比重があるのかは一目瞭然でしょう。

FONという会社そのもののイメージが悪すぎるわけです。

 

現金ではなくAmazonギフト券

「JP WiMAX」は16,000円分のAmazonギフト券でキャッシュバックを行っています。

銀行口座への現金振込ではありません。

日常的にAmazonを使用する私でも正直現金の方がうれしいです。ちょっとくらい少なくてもいいので現金でお願いしたい派ですね。

 

それこそAmazonを使わない人からするとAmazonギフト券なんて1円の価値もありません。

商品券であればまだしも、Amazonギフト券って…」という方が多いです。そのとおりだと思います。

 

即日発送は嘘!ルーターが1ヶ月以上も届かない

先ほども紹介しましたが、「JP WiMAX」で申し込むと1ヶ月以上もルーターが届きません。

WiMAXを使うことで節約できたギガを金額に換算したら、1,000円や2,000円では済まないですよね。

それこそ本当だったらとっくにWi-Fiが使い放題になっていたわけですから、我慢していた数ヶ月が無駄になります。

節約するのは大事ですが、限度あります。時間の方がもっと大事ですからね。

 

違約金が他のプロバイダより激高

WiMAXは契約するときの下調べも大事ですが、解約するときのこともちゃんと調べておかないと大損することがあります。

そうです。なんと「JP WiMAX」は更新月以外での解約に必要な違約金が他のプロバイダより圧倒的に高いのです。

WiMAXの違約金 他のプロバイダ JP WiMAX
初月~13ヶ月目 19,000円 30,000円
14~25ヶ月目 14,000円 20,000円
26~37ヶ月目 9,500円 20,000円
38ヶ月目(更新月) 0円 0円
39ヶ月目~(更新月以外) 9,500円 9,500円

※違約金調査日:2019年7月

なかなか酷いことになっています。

何かの事情で途中解約しなくてはいけなくなった場合、他のプロバイダと比べて最大で1万円以上も無駄にお金が出ていきます

繰り返しになりますが、JP WiMAXだけ違約金がこんなに高いのです。

 

以上の4つが「JP WiMAX」をおすすめしない理由です。

まだルーターが届いていないなら「JP WiMAX」をキャンセルして申し込みしなおすことをおすすめします。

 

「私は気にならないかな」という方は「JP WiMAX」で購入するといいでしょう。

到着まで気長にお待ちください。

最安のWiMAX

JP WiMAXを申し込む

※弊社はおすすめしておりません

ネット専門家が教えるオトクにWiMAXを購入する方法

「JP WiMAX」を除いた上で、今1番オトクにWiMAXを購入する方法は次のとおりです。

>>「JP WiMAX」を除く理由はコチラ

ココがおすすめ

  • プロバイダ:「GMOとくとくBB」
  • 料金プラン:「ギガ放題」※1
  • ルーター(機種):モバイルルーター「W06」※2
  • キャンペーン:確実に安くなる「月額割引」※3
  • 最短即日~4営業日以内に発送
  • 解約する場合:電話でもネットでも可

※1 初月は日割りなのでいつ申し込んでも損になりません。

※2 家の中でしか使わないならホームルーター「L02」を選びましょう。

※3 ちょこっとでも安くしたい!まとまったお金が欲しい方は「キャッシュバック」キャンペーンを利用するといいでしょう。

「GMOとくとくBB」は一部上場の日本の会社です。インターネット業界では知らない人はいない大手通信会社になります。

最近ではドコモ光の指定プロバイダの1つにも選ばれたことにより、どんどんシェアを拡大することに成功しています。

これまでざっと100人以上のお客様に勧めてきましたが、誰からもクレームの連絡をもらうこともなく、みなさん「問題なく使えてますよ~」と言っていただいておりますので、安心して紹介することができています。

申し込みは公式WEBサイトの「キャンペーン専用窓口」から必ず行ってください。

ココに注意

1番オトクなWiMAXであるGMOは申込み窓口によって特典が異なります。

Google検索からでは一部のキャンペーンサイトにしか行くことができません

今行っているキャンペーンの特典をあますことなく欲しい方は下記よりお申し込みください。

GMO WiMAX(公式):https://gmobb.jp/

\毎月が安くなるWiMAX/

月額割引キャンペーンで申し込む

GMOなら20日キャンセル可能です

>>キャッシュバックキャンペーンをご希望の方はこちら

 

3年間の合計費用を比較
キャッシュバックキャンペーン 月額割引キャンペーン
127,269円 132,494円

3年間の合計費用はキャッシュバックキャンペーンの方が少しだけオトクになっています。

※クレジットカードを持っていない場合は口座振替で購入ができるプロバイダを選びましょう。

【結論】口座振替できるWiMAXで選ぶならBIGLOBEが最も安い
口座振替できるWiMAX3社を徹底比較|BIGLOBEが一番オトクでした

この記事でわかること 口座振替できるWiMAX(ワイマックス)を比較検証しました 口座振替できるWiMAXで1番安いのはBIGLOBEでした 料金抑えたいならクレジットカード作った方がいいでしょう 先 ...

続きを見る

 

関連記事:買ってはいけない?カシモWiMAXの大きな落とし穴(デメリット)とは?

関連記事:買ってはいけない!Broad WiMAXは高いだけでメリットなしは本当か?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.