モバイルWi-Fi

WiMAX「W03」「W04」「W05」のソフトウェアをダウングレードする方法

この記事でわかること

  • WiMAXのルーター「W03/W04/W05」のソフトウェアをダウングレードする方法を解説する
  • パソコンが必要になります
  • 非正規な方法となりますので、自己責任で行なってください

パソコンと専用のソフトを使用することで、WiMAXルーターのソフトウェアをダウングレードすることができます。

 

こちらの作業に関しては、完全に自己責任で行なってください

決して弊社として推奨しているわけではありません。

ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

本記事で紹介するソフトを使用したことによるトラブルなどについて、弊社は一切の責任を持ちません。

読者様の自己責任で行っていただくよう、宜しくお願いいたします。

※本記事の内容については、操作説明などの相談等も一切行いません。

「BAND3」に固定する方法はこちらを参考にしてください。

WiMAXルーター「W03」「W04」「W05」のBANDを固定させる方法
WiMAXルーター「W03」「W04」「W05」のBANDを固定させる方法

この記事でわかること WiMAXのルーター「W03/W04/W05」のBANDを固定する方法を解説する Androidスマホが必要、iPhoneではできません 野良アプリを使うので、自己責任で行なって ...

続きを見る

WiMAXルーターのソフトウェアをダウングレードする理由は?

おそらく多くの方が、楽天モバイル(UN-LIMIT)のSIMをWiMAXルーターで使用するために、本記事をお読みいただいていると思います。

念のため簡単に「なぜソフトウェアをダウングレードしなくてはいけないか?」を説明しておきます。

興味がない方は飛ばしていただいて構いません。

楽天モバイルに繋がるのはBAND3のみ

楽天モバイルの電波はBAND3とBAND18の2種類あります。

この内、ギガが使い放題なのはBAND3の電波であり、BAND18の電波は月2GB(4/22からは5GB)までとなります。

つまり、BAND18の電波とはauから借りている電波というわけです。

 

BAND3に対応しているルーターはW03、W04、W05のみ

WiMAXのルーターで、このBAND3に対応しているのは「W03」「W04」「W05」の3機種のみとなります。

ココに注意

「WX」シリーズや「W06」は楽天モバイルのBAND3に対応しておりません。

ご注意ください。

 

最新のソフトウェアではBAND3が使えない

ところが、最新のソフトウェアバージョンでは、このBAND3が使えなくなってしまっているのです。

WiMAXのルーターは基本的に自動でアップデートするので、今手元にあるルーターはおそらく最新のソフトウェアになっていると思われます。

そのままでは楽天モバイル(UN-LIMIT)の回線を使うことができません。

※auの回線であればそのままでも使うことができます。

 

以上の理由から、BAND3が繋がる時点のソフトウェアにダウングレードしなくてはいけません。

本記事で紹介するソフトを使用することで、「BAND3」に繋がるバージョンのソフトウェアにダウングレードすることができる、というわけなのです。

ココに注意

弊社で実際に行なった上で本記事を執筆していますが、動作を保証するわけではありません。

最悪の場合、ルーターが壊れて電源すら入らなくなる可能性があります。

W03をダウングレードする方法

W03をダウングレードする方法

それでは早速ダウングレードの方法を解説していきたいと思います。

「W04」と「W05」は次の項で紹介する方法で行なってください。

「W04」と「W05」をダウングレードする方法

ダウングレードに必要な物

まずはダウングレードに必要なものを揃えましょう。

ダウングレードに必要な物

  • パソコン
  • W03専用クレードルとLANケーブル
  • 「DownGraderW04」という専用ソフト一式

パソコンは何でもいい(Windows10推奨)

パソコンは有線LAN対応であれば何でも大丈夫です。

弊社はWindows10で行いましたが、Windows8.1でも可能だと思います。

 

W03専用のクレードルは中古でOK

W03専用のクレードルは中古でOK

「W03」のダウングレードにはクレードルが必須となります。

※もちろんLANケーブルも。

クレードルはAmazonやヤフオクなどで中古品を見つけるといいかもですね。

created by Rinker
UQコミュニケーションズ
¥1,480 (2020/10/25 04:22:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

「DownGraderW04」という専用ソフト一式は5chからダウンロード

「DownGraderW04」という専用ソフト一式は5chからダウンロード

ダウングレードするのに必要なソフト「DownGraderW04」及びその他ファイルの一式は5ch(旧2ch)からダウンロードできました。

※今もできるかどうかの保証はしません。

詳しい場所はお教えできませんが「DownGraderW04 5ch」で検索すれば該当ページが見つかるかもしれません。

 

ただし、あくまでも自己責任でお願いします。

「ウイルスに感染した」「パソコンがぶっ壊れた」「ダウンロードができない」

と言われても、一切の責任は取れません。

非正規な作業を行おうとしているわけですから、リスクを承知で行うのが常識です。

 

以上の3つの準備ができたら、早速ダウングレードに取り掛かりましょう。

 

ダウングレードの手順

必要なものが揃ったら、まず「DownGraderW04.exe」が格納されたフォルダにある「ReadMe」を開きましょう。

操作手順が全て載っています。

そこに書かれている通りに、一から順番に行なってください。

正直言うと、かなり手間です。

落ち着いて一つひとつ行わないと失敗すると思います。

実際に、私自身何回もやったけれど上手くできず、1時間近く格闘の末、ようやくできた次第です。

ダウングレードの手順

  1. W03のアップデートをオフにしておく
  2. パソコンのLANプロパティを変更する
  3. パソコンとW03をLANケーブルで繋ぐ
  4. DownGraderW04.exeを起動する
  5. OpenDHCPServer.exeを起動する
  6. BJD.exeを起動する
  7. W03をAPモードに変更する
  8. W03にDHCPによりアドレスの割当を確認
  9. 端末を操作してアップデート(ダウングレード)を行う
  10. 全ての状態を元に戻し、W03をルーターモードに変更する

(1)W03のアップデートをオフにしておく

W03のアップデートをオフにしておく

W03本体の「設定」→「アップデート」を開き、「アップデートチェック」と「アップデート通知」をオフにしておきましょう。

 

(2)パソコンのLANプロパティを変更する

パソコンのコントロールパネルを開きます。

パソコンのコントロールパネルを開きます。

「ネットワークの状態とタスクの表示」→「アダプターの設定の変更」を開きます。

「イーサネット」もしくはそれに準じるものを右クリックから「プロパティ」を開き、「インターネット プロトコル バージョン(TCP/IPv4)を選択して「プロパティ」をクリックします。

パソコンのLANプロパティを変更する

  • IPアドレス:192.168.222.1
  • サブネットマスク:255.255.255.0
  • 優先DNSサーバー:192.168.222.1

に変更します。

ココに注意

変更前の数値を必ず控えておくこと。

 

(3)パソコンとW03をLANケーブルで繋ぐ

パソコンとW03をLANケーブルで繋ぐ

W03にクレードルを装着し、パソコンとLANケーブルで繋ぎます。

 

(4)DownGraderW04.exeを起動する

DownGraderW04.exeを起動する

ダウングレードしてきた「DownGraderW04」フォルダ内にある「DownGraderW04.exe」をダブルクリックして起動させます。

 

(5)OpenDHCPServer.exeを起動する

OpenDHCPServer.exeを起動する

続いて「OpenDHCPServer171」フォルダ内にある「OpenDHCPServer.exe」をダブルクリックして起動させます。

 

(6)BJD.exeを起動する

BJD.exeを起動する

続いて「bjd620」フォルダ内にある「BJD.exe」をダブルクリックして起動させます。

 

(7)W03をAPモードに変更する

W03をAPモードに変更する

W03本体を操作します。

「システム設定」→「クレードル設定」から「APモード」に変更します。

 

(8)W03にDHCPによりアドレスの割当を確認

W03にDHCPによりアドレスの割当を確認

パソコンのブラウザが開き、W03にDHCPによりアドレスが割り当てられたことを確認します。

※赤枠内の表示がなければ割当に失敗しています。最初からやり直してください。

ココに注意

うまくいかない場合は「パソコンの再起動」「ルーターの再起動」を行なってから再度試してみましょう。

最初から「APモード」のまま行うとうまくいくかもしれません。

 

(9)端末を操作してアップデート(ダウングレード)を行う

端末を操作してアップデート(ダウングレード)を行う

W03本体を操作します。

「設定」→「アップデート」と進みます。

「アップデート」をタップすると、ダウングレードが自動的に始まります。

 

「アップデート」をタップすると、ダウングレードが自動的に始まります。

「アップデート」をタップすると、ダウングレードが自動的に始まります。

ダウングレードが終わると端末が再起動するので、ソフトウェアのバージョンを確認しましょう。

 

(10)全ての状態を元に戻し、W03をルーターモードに変更する

全ての状態を元に戻し、W03をルーターモードに変更する

無事にダウングレードが完了していれば終了です。

W03をルーターモードに戻し、LANケーブルやクレードルを外して、パソコンのLANプロパティも元の数値に戻しておきましょう。

 

W04/W05をダウングレードする方法

続いては「W04」及び「W05」のダウングレード方法を解説していきたいと思います。

「W04」と「W05」は同じソフト、同じ手順でダウングレードすることができます。

ダウングレードに必要な物

まずはダウングレードに必要なものを揃えましょう。

ダウングレードに必要な物

  • パソコン
  • 「WiFiUpd」という専用ソフト
  • ソフトウェアが格納されたZIPファイル

パソコンは何でもいい(無線対応のが簡単)

パソコンは何でも大丈夫です。

できればWi-Fi対応のパソコンの方が、より簡単にできます。

有線LANにしか対応していないデスクトップPCでも問題ありません。

OSも特に決まりはないと思いますが、7以降の方が良いでしょう。

弊社ではWindows10のPCにて検証しております。

 

「WiFiUpd」という専用ソフトは5chからダウンロードできる

「WiFiUpd」という専用ソフトは5chからダウンロードできる

ダウンロードするのに必要なソフト「WiFiUpd」は5ch(旧2ch)からダウンロードできました。

※今もできるかどうかの保証はしません。

詳しい場所はお教えできませんが「WiFiUpd 5ch」で検索すれば該当ページが見つかるかもしれません。

 

ただし、あくまでも自己責任でお願いします。

「ウイルスに感染した」「パソコンがぶっ壊れた」「ダウンロードができない」

と言われても、一切の責任は取れません。

非正規な作業を行おうとしているわけですから、リスクを承知で行うのが常識です。

 

ダウングレード用のソフトウェアも5chからダウンロードできる

ダウングレード用のソフトウェアも5chからダウンロードできる

同じくダウングレード用のソフトウェアも5chからダウンロードできました。

※今もできるかどうかの保証はしません。

こちらも詳しい場所はお教えできませんが「W04 ファームウェア 5ch」と検索すれば該当ページが見つかるかもしれません。

 

繰り返しますが、あくまでも自己責任でお願いします。

「ウイルスに感染した」「パソコンがぶっ壊れた」「ダウンロードができない」

と言われても、一切の責任は取れません。

非正規な作業を行おうとしているわけですから、リスクを承知で行うのが常識です。

 

以上の3つの準備ができたら、早速ダウングレードに取り掛かりましょう。

 

ダウングレードの手順

必要なものが揃ったら、操作はとっても簡単です。

ダウングレードの手順

  1. WiMAXとパソコンをWi-Fiで接続する
  2. 「WiFiUpd」のファルダ内にソフトウェア(ZIPファイル)を入れる
  3. 「WiFiUpd」を起動する
  4. 自動でダウングレードが始まる
  5. 自動アップデートをオフにする

(1)WiMAXとパソコンをWi-Fiで接続する

WiMAXとパソコンをWi-Fiで接続する

パソコンとWiMAXをWi-Fiで接続させます。

 

(2)「WiFiUpd」のファルダ内にソフトウェア(ZIPファイル)を入れる

「WiFiUpd」のファルダ内にソフトウェア(ZIPファイル)を入れる

「WiFiUpd」が格納されているフォルダ内に、ダウングレード用のソフトウェア(ファームウェア)ZIPファイルのまま入れます。

※拡張子を非表示にしている場合は「.zip」が表示されません。

 

(3)「WiFiUpd」を起動する

「WiFiUpd」を起動する

「WiFiUpd」をダブルクリックして起動させます。

 

「WiFiUpd」を起動する

「アップデート」をクリックすると、ダウングレードが始まります。

絶対に電源を切ったり、ツールを停止させたりしないでください。

 

「WiFiUpd」を起動する

「終了」をクリックして、ソフトを終了させましょう。

 

(4)自動でダウングレードが始まる

WiMAXのダウングレードが始まる

ルーターのダウングレードが自動的に始まります。

ダウングレードは数分で終わります。

ダウングレードが完了すると、端末が再起動します。

 

ダウングレードの完了

無事にダウングレードが完了しました。

 

(5)自動アップデートをオフにする

最後に自動アップデートをオフにしておきましょう。

せっかくダウングレードしたのに、勝手にアップデートされては意味がないですよね。

 

自動アップデートをオフにする

「W04」の場合は、「設定」→「アップデート」の順に進めていき、「自動アップデート」をタップしてオフ(グレー)にしましょう。

ついでに「アップデートチェック」も「アップデート通知設定」もタップしてオフにしておきましょう。

 

おわりに:あくまでも自己責任でお願いします

「W03」「W04」「W05」いずれもパソコンと専用ソフトが必要です。

ただし、ダウングレードに失敗したり、ダウングレードができても楽天モバイル(UN-LIMIT)が使えない可能性はあります。

最悪の場合、ルーターが文鎮化(動作・応答せず、修復も難しい状態)するかもしれません。

そのような場合でも弊社は一切の責任が取れませんので、あくまでも自己責任で行うようにお願いします。

 

無事ダウングレードに成功した暁には、ぜひ楽天モバイル(UN-LIMIT)のギガ使い放題を堪能してくださいね。

楽天モバイル(UN-LIMIT):https://network.mobile.rakuten.co.jp/

 

色々と手を加えなくても、大容量のギガが低価格で使えるポケットWiFiもあります。こちらを参考にしてください。

参考:【毎日更新】まだ在庫があるクラウドWiFi(無制限ポケットWiFi)まとめ

 

楽天モバイルMNO(UN-LIMIT)をWiMAX「W04」で使う設定方法の解説と速度
楽天モバイルMNO(UN-LIMIT)をWiMAX「W04」で使う設定方法の解説と速度

<NEWS> コロナの影響でギガ無制限ポケットWiFiの在庫が少なくなっています。 まだ在庫のある大容量ポケットWiFiをこちらの記事で紹介しています。 お探しの方はお急ぎください。 参考:【毎日更新 ...

続きを見る

WiMAXルーター「W03」「W04」「W05」のBANDを固定させる方法
WiMAXルーター「W03」「W04」「W05」のBANDを固定させる方法

この記事でわかること WiMAXのルーター「W03/W04/W05」のBANDを固定する方法を解説する Androidスマホが必要、iPhoneではできません 野良アプリを使うので、自己責任で行なって ...

続きを見る

 

本記事で紹介するソフトを使用したことによるトラブルなどについて、弊社は一切の責任を持ちません。

読者様の自己責任で行っていただくよう、宜しくお願いいたします。

※本記事の内容については、操作説明などの相談等も一切行いません。ご了承くださいませ。

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-モバイルWi-Fi
-, ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.