光回線

ソフトバンク光でIPv6を使うにはBBユニット必須!市販ルーターではダメです

更新日:

ソフトバンク光でIPv6を使うにはBBユニット必須!市販ルーターではダメです

この記事でわかること

  • ソフトバンク光でIPv6を使うには光BBユニットが必須
  • 市販ルーターだけではIPv6は使えない
  • IPv6の設定方法

「ソフトバンク光って市販ルーターでもIPv6使えますか?」

ソフトバンク光は市販ルーターではIPv6が使えません。必ず光BBユニットが要ります。

 

そうなんです。ソフトバンク光でIPv6を使うには光BBユニットが絶対必要なのです。

それを知らずに光BBユニットの契約をやめたり、取り外したりする人が多いのは非常に残念なこと。

はっきり言いますが、光BBユニットなしではソフトバンク光の本来の性能を発揮することができません。つまり、遅いっていうことです。

快適なインターネットを手に入れたいのであれば、光BBユニットを契約し、IPv6を使えるようにしましょう。

※当サイトの内容は、あくまでも弊社の調査結果に基づく情報であり、全てのユーザーに対してその内容の再現性を保証するものではございません。お客さまご自身の責任においてご利用ください。

【注意】SNS(Twitter、FB、インスタなど)アプリで閲覧している方へ

+ ココをタップすると5秒で読み終わる注意事項が表示されます

SNSアプリの仕様変更に伴い、記事内容が正常に表示されない場合があります。大変お手数ではございますが、お使いのブラウザで開き直して頂くようお願い致します。

※パソコンの方は問題ありません。

iPhoneの方

  • 画面右下のSafariアイコンをタップ

Safariで開き直す

Androidの方

  • 画面右上の「︙」をタップし「Chromeで開く」をタップ

Chromeで開き直す

IPv6とは?IPv4と何が違うの?

「IPv6」とは簡単に言うと高速通信のことです。

従来は「IPv4」でしか通信ができなかったものを「IPv6」に設定変更することで、さらに高速での通信を可能にします。

正確には「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE+IPv4」

少々長ったらしいのですが、ソフトバンク光では「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE+IPv4」というのが正式名称です。

「IPv6」とか「IPoE」とか言われてもよくわからないと思いますので、ひとまずこのページでは「IPv6」という表現に統一します。

 

これまでのIPv4ではプロバイダを通過するため遅い

めちゃくちゃ簡単に説明すると、「IPv4」ではインターネットに接続するために一旦立ち止まらないといけませんでした。

ところが「IPv6」ではスルーでインターネットに接続できるのです。

だから「IPv6」を使えるように設定すると速度が速くなるということになっています。

 

高速道路の料金所に例えると、まぁまぁわかりやすいと思います。

従来のインターネットとIPV6の違い

従来のインターネットとIPV6の違い

 

「IPv6」では料金所が無いから渋滞が起きない=スムーズにインターネットにつながる、ということです。

ソフトバンク光では、この「IPv6」の機能が使えるようになっているので、少しでも速くしたい人は使うべきだと思います。

 

以上が「IPv6」のざっくりとして解説になりますが、なんとなくでいいので理解してもらえたら嬉しいです。

 

ソフトバンク光でIPv6を使うには光BBユニットが必須

ただし、誰でも「IPv6」が使えるわけではありません。

オプション品である「光BBユニット」をレンタルしている人だけが使えるのです。

たまに「市販ルーターでも使える」と書いているサイトがありますが、それは間違いです。

光BBユニット以外では「IPv6」は使えない

ソフトバンクに確認したところ「絶対にできない」と回答をもらいました。

市販ルーターではIPv6が絶対に使えない

光BBユニットが必要

 

また、ソフトバンク光の「IPv6」の原理上、確かに光BBユニットでないと対応ができないのです。

 

他の光回線が提供する「IPv6」とは違う

ソフトバンク光の「IPv6」は先ほども少しふれたように、正確には「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE+IPv4」と言います。

この「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE+IPv4」自体がソフトバンクオリジナルの仕様であり、それを可能にするために作られたのが光BBユニットと言っても過言ではありません。

IPv6 IPoE + IPv4はBBIXサービスの

「IPv6 IPoE + IPv4」のサービス提供元であるBBIXはソフトバンクの子会社である

 

他の光回線が提供する「IPv6」は「IPoE IPv4 over IPv6」や「v6プラス」と呼ばれており、市販ルーターでも使えるようになっています。

ですが、ソフトバンク光の「IPv6」は違います。

光BBユニットでないと使えないようになっているのです。

もし仮に市販ルーターでも「IPv6」が使えてしまったとして、なんらかの不具合が出たとしてもソフトバンクは一切責任を取りません。光BBユニット以外はサポート対象外だからです。

サポート対象外のルーターの場合「速度が出ない」「よく切断する」といった症状が出る可能性が考えられます

以前、ドコモ光(ドコモnet)においてサポート対象外である「BUFFALOのWXR-1750DHP」で無理やり「IPv6」の設定をしましたが、同様の症状に悩まされました。

色々試しましたが解決できなかったので、諦めて対応ルーターに買い替えた筆者の経験談です。

なお、もちろんですがBUFFALOもサポートしてくれませんでした。

 

「IPv6」の設定方法

では「IPv6」の設定方法について説明します。

固定電話の有無によって設定方法が異なります。

簡単なのは固定電話が無い人です。

固定電話が無い人はONUと光BBユニットを接続するだけ

固定電話が無い人はとっても簡単です。

NTTの工事の人が付けていったONUとソフトバンクから届いた光BBユニットをLANケーブルでつなげるだけです。

設定は一切必要ありません

ONUとソフトバンクから届いた光BBユニットをLANケーブルでつなげるだけ

ONUと光BBユニットをLANケーブルでつなげるだけ

 

光BBユニットのWi-Fiをスマホと接続させれば、何も設定することなく「IPv6」が使えるようになっています。

無派遣工事の場合は自分でONUも接続しないといけませんので要注意。

わからない人はソフトバンクに電話をして訪問サポート(9,000円)を依頼しましょう。

参照:光セットアップサポート | インターネット | ソフトバンク

 

固定電話が有る人はONU(HGW)の設定変更が必要

固定電話が有る人は少し厄介です。

LANケーブルで光BBユニットと接続させるまでは一緒なのですが、その後でONU(HGW)の設定を変更しないといけません。

ONU(HGW)に無線LANカード挿さっていない場合はパソコンが必要になります。スマホでは設定できません

HGW

NTTから届く黒い機器(ルーター)のことをONUと言います。

少し背が高く、LANポートが複数あるものをHGW(ホームゲートウェイ)と言います。

HGWには型番が「PR-」から始まるものと「RT-」から始まるものなどがあります。

HGWと光BBユニットをLANケーブルで接続する

HGWと光BBユニットをLANケーブルで接続しましょう。

HGWと光BBユニットをLANケーブルでつなげる

HGWと光BBユニットをLANケーブルでつなげる

 

HGWとパソコンをLANケーブルで接続する

HGWとパソコンをLANケーブルで接続しましょう。

 

パソコンでインターネットを立ち上げる

パソコンでインターネットを立ち上げましょう。

インターネットエクスプローラー(IE)でも、Google Chrome(グーグルクローム)でも、Firefox(ファイアーフォックス)でも何でもかまいせん。

 

アドレスバーに半角で「ntt.setup/」と打ち込む

アドレスバーに半角で「ntt.setup/」と打ち込みましょう。

アドレスバーに「ntt.setup/」と打ち込む

アドレスバーに「ntt.setup/」と打ち込む

 

HGWのセットアップ画面に移ります。

ここからはお使いの機器によって若干操作手順(画面)が異なりますので要注意です。

最近契約した方は「PR-500MI」という機種になっていると思いますので、そちらで解説します。

パスワードの設定

初回アクセス時にはHGWのパスワードを設定する必要があります。

パスワードの設定

パスワードの設定

 

なんでも構いませんが、絶対に忘れないようにしてください。

シールに書いて機器に貼っておくと良いでしょう。

※忘れそうな方は「user」にしておくのをおすすめします。

ココに注意

工事の方がHGWを設置していっている場合、「機器設定用のパスワードの初期設定」画面は表示されないかもしれません。

その場合は「ログイン画面」が表示されます。

パスワードは「user」もしくは「admin」になっていることがほとんどです。

ユーザー名「user」パスワードも「user」

パスワードが設定されている場合の画面。ユーザー名は「user」。パスワードも「user」であることが多い

もしパスワードがわからなくてログインできない場合はHGWを初期化するしかありません。

ただし、HGWを初期化すると色々設定がリセットされてしまい、最悪の場合に電話が繋がらなくなる可能性があります。

非常に危険なので、初期化はせずにソフトバンクのサポートに電話で助けを求めたほうが良いと思います。

 

ソフトバンク光サポートセンター

通話料は無料です。訪問サポートの依頼もこちらから。

 

※パスワードを設定した場合(初回ログイン)

HGWへアクセスした際にパスワードを設定した場合は、「設定ウィザード」という画面が表示されます。

HGW初回ログイン時の設定ウィザード

初回ログイン時は設定ウィザードが表示される

 

「インターネット接続先を設定しない」のラジオボタンにチェックを入れて「設定」を教えてください。

インターネットの接続先設定は光BBユニットの方にしてあるのでHGWにする必要がないからです。

※これを「設定する」にしてしまうと「IPv6」が使えません。

 

※パスワード設定済みだった場合 接続先設定(IPv4 PPPoE)を削除

既にパスワードが設定されいた場合は「接続先設定(IPv4 PPPoE)」という画面が表示されます。

接続先設定(IPv4 PPPoE)

1番右の「削除」をクリック

 

1番右の「操作」にある「削除」をクリックしましょう。

※確認画面が出たら「OK」をクリックしてください。

 

接続先設定(IPv6 PPPoE)を切断・停止

次いで、左のメニューから「接続先設定(IPv6 PPPoE)」をクリックします。

※初回ログイン時の場合は、いきなりここから始めてください。

 

IPv6セッションとなっている右側の「操作」にある「切断・停止」をクリックします。

接続先設定(IPv6 PPPoE)を停止させる

接続先設定(IPv6 PPPoE)を停止させる

 

これで「状態」が「停止」になります。

 

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)を無効

次いで、左のメニューから「詳細設定」のタブを開いて「IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)」をクリックします。

「IPv6ファイアーウォール機能」の「無効」のラジオボタンをクリックし、上の「設定」をクリックします。

このとき、下の「IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)」の項目内で「有効」のチェックが入っているものがあれば、チェックを外してから上の「設定」をクリックするようにしてください。

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)を「無効」にする

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)を「無効」にする

 

画面が切り替わるので「上記内容に同意する」にチェックを入れて「承認」をクリックします。

同意にチェックを入れて「承認」をクリック

同意にチェックを入れて「承認」をクリック

 

以上でHGWの設定は完了です。お疲れ様でした。

パソコンを閉じ、HGWとパソコンを繋いでいたLANケーブルを抜きましょう。

スマホやパソコンを光BBユニットのWi-Fiで接続すれば「IPv6」が使えるようになっています。

 

IPv6接続ができているかチェックできるサイト

本当に「IPv6」で接続できているかどうかを確認できるサイトがあります。

参考:IPv6接続確認ページ(ソフトバンク公式)

お客様はIPv6インターネットで接続しています。

「お客様はIPv6インターネットで接続しています。」と表示されれば成功

 

このように表記されていれば、無事「IPv6」で接続ができていることになります。

もし上手くできていない場合は、一旦光BBユニットの電源を入れ直して再起動させてみましょう。

それでもダメな場合は、チャットサポートを利用するか、電話サポートを利用するか、訪問サポートをお願いしましょう。

ソフトバンク光サポートセンター

通話料は無料です。訪問サポートの依頼もこちらから。

 

市販ルーターは光BBユニットと繋げてAP利用

光BBユニットより性能の良い市販ルーターであれば、AP(アクセスポイント)として利用する価値が十分にあります。

AP(アクセスポイント)とは?

APというのは「ただWi-Fiを飛ばすだけ」という意味です。

市販ルーターを光BBユニットと接続すれば、市販ルーターからもWi-Fiを飛ばすことができます。

ルーターの裏面に切り替えスイッチが付いている場合は、「AP」のもしくは「BR」に切り替えましょう。

AP(アクセスポイント)に変更する

スイッチをAP(BR)に切り替えて使用する

 

切り替えた後でルーターを再起動してください。

 

光BBユニットより性能が低いと意味がない

ただし、市販ルーターが光BBユニットより性能が低ければ何の意味もありません。

もしこれから購入するのであれば、光BBユニットより性能の良いルーターを選びましょう

それであれば、さらに速度を向上させることができます

光BBユニットの性能
  光BBユニット2.2
(E-WMTA2.2)
光BBユニット2.3
(E-WMTA2.3)
有線 最大1Gbps 最大1Gbps
無線 最大300Mbps 最大1.3Gps
対応周波数 2.4GHzのみ 2.4GHzと5GHz
無線LAN規格 IEEE 802.11b/g/n IEEE 802.11b/g/n/a/ac

 

今ソフトバンク光を申し込むと、光BBユニット2.2か2.3のどちらかが届くはずです。

それぞれ性能に違いがあり、特に2.2は無線があまり速くありません。

仮に光BBユニット2.3だったとしても、より性能の良いルーターは販売されています。

その中でも特におすすめなのが、NECの無線ルーター「WG2600HP3」です。2.3と比較してみましょう。

光BBユニットとNECのルーターを比較
  光BBユニット2.3
(E-WMTA2.3)
PA-WG2600HP3
(NEC)
有線 最大1Gbps 最大1Gbps
無線 最大1.3Gbps 最大1.733Gps
対応周波数 2.4GHzと5GHz 2.4GHzと5GHz
無線LAN規格 IEEE 802.11b/g/n/a/ac IEEE 802.11b/g/n/a/ac
内蔵アンテナ
(送信×受信)
非公表
3ストリーム(3×3)?
4ストリーム(4×4)
ビームフォーミング 非公表
おそらく搭載なし
搭載
MU-MIMO 非公表
おそらく搭載なし
搭載

 

有線(LANケーブル)での接続であれば差はないのですが、無線接続の場合にはそれなりに差があります。

ビームフォーミングやMU-MIMOを搭載しているのは大きく、内蔵アンテナも4×4なので複数人が同時に接続しているときに差を感じるでしょう。

もし購入するのであれば、おすすめの無線ルーターです。

 

市販ルーターをAPとして利用する場合は光BBユニットの無線をオフにする

市販ルーターを光BBユニットと接続して利用するのであれば、光BBユニットの無線はオフにしましょう。

光BBユニットと市販ルーターを同時に使うと無線が干渉してしまう

同時に使用すると電波が干渉してしまう

 

かなり離してそれぞれ使い分けるのであれば良いのですが、近くに置いてしまうとお互いの電波を干渉することになります。

その結果、速度が低下したり切断しやすくなりますので、それでは本末転倒ですよね。

 

光BBユニットの無線をオフにする方法はソフトバンク光の公式サイトがとてもわかりやすいです。

参考にしてください。スマホからでもできます。

参考:光BBユニットの無線をオフにする(公式サイト)

 

【まとめ】ソフトバンク光でIPv6を使いたいなら光BBユニットが必須

市販ルーターでは「IPv6」が使えません。必ず光BBユニットをレンタルしましょう。

そもそもソフトバンク携帯とのセット割には光BBユニットが必要ですからね。

借りないと割引はないわ速度は遅いわでソフトバンク光にしている意味が全くなくなることでしょう。

よく覚えておいてください。

ココに注意

ソフトバンク携帯でないのにソフトバンク光を使っている方が稀にいます。

何のメリットもないので、今すぐ別の光回線に切り替えることをおすすめします。

関連記事:オトクに乗り換え!キャッシュバック&違約金を負担してくれる光回線

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-光回線
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.