光回線

コラボ光ってなに?ドコモ光やソフトバンク光と何が違うの?

コラボ光ってなに?ドコモ光やソフトバンク光と何が違うの?

この記事でわかること

  • コラボ光とはなんなのか

「コラボ光ってなんですか?ドコモ光とは違うのですか?」

NTTが提供している光回線をフレッツ光と言います。

このフレッツ光を使って独自の光回線として提供しているものの総称を「コラボ光」と言います。

※正式名称は「光コラボレーション」

ドコモが提供している「ドコモ光」、ソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、BIGLOBEが提供している「ビッグローブ光」など、これら全てを総称して「コラボ光」と言います。

※当サイトの内容は、あくまでも弊社の調査結果に基づく情報であり、全てのユーザーに対してその内容の再現性を保証するものではございません。お客さまご自身の責任においてご利用ください。

【注意】SNS(Twitter、FB、インスタなど)アプリで閲覧している方へ

+ ココをタップすると5秒で読み終わる注意事項が表示されます

SNSアプリの仕様変更に伴い、記事内容が正常に表示されない場合があります。大変お手数ではございますが、お使いのブラウザで開き直して頂くようお願い致します。

※パソコンの方は問題ありません。

iPhoneの方

  • 画面右下のSafariアイコンをタップ

Safariで開き直す

Androidの方

  • 画面右上の「︙」をタップし「Chromeで開く」をタップ

Chromeで開き直す

コラボ光はフレッツ光を利用した光回線のこと

冒頭でもお伝えしたとおり、コラボ光とはフレッツ光を利用した光回線です。

名称は「ドコモ光」となっていても、中身は「フレッツ光」ということになります。

下りも上りも最大1Gbpsの高速通信

下り上りともに最大速度は1Gbpsです。あくまで理論値&ベストエフォートになるので、各家庭で1Gbpsは実質不可能でしょう。

利用する機器によっても変動しますが、概ね50~200Mbpsくらいが実行速度になります。

もっと詳しく

ベストエフォートとは「精一杯がんばる(けど、遅くても責任はとれないよ)」という意味です。

どの光回線も全てベストエフォートになっており、コラボ光だけではありません。

NTTが使えるエリアならどこでも誰でも使える

フレッツ光と同じ回線を利用するので、フレッツ光が使えるエリア・建物であればどこでも使えます

また、当たり前ですが誰でも使えます

「携帯がauなのでソフトバンク光は使えないんですよねえ…」といったことをよく聞きますが、そんなことはありません。

携帯がauであろうとドコモであろうと格安SIMであろうと、ソフトバンク光でもドコモ光でもビッグローブ光でもなんでも使えます。

 

コラボ光によって料金やサービスが異なる

ドコモ光もソフトバンク光も同じコラボ光ではありますが、料金や提供するサービス内容に違いがあります

それこそ携帯とのセット割があったりなかったりもしますので、自分に合ったコラボ光を選びたいですね。

 

コラボ光の一覧とおすすめのコラボ光

コラボ光はどれくらいあるのでしょうか。実はその数800社以上もあるのです。

その中でもおすすめのコラボ光の一部を紹介します。

全部を知りたい方は、NTTのホームページをご覧ください。

参考:NTT東日本「コラボ光一覧」

参考:NTT西日本「コラボ光一覧」

ドコモ光

コラボ光契約者の中で1番多いのがドコモ光です。

言わずもがな、ドコモが提供するコラボ光になります。

ドコモの携帯を持っていると月々の料金が割引になるため、格安で光回線が使えると人気です。

ドコモユーザーであれば、まず間違いのない光回線となっています。

※弊社もドコモ光を使っています。

関連記事:【注意】ドコモ光ってどう?申込む前に知っておきたい4つのデメリットと対策

 

ソフトバンク光

コラボ光契約者の中で次に多いのがソフトバンク光です。

言うまでもないでしょうが、ソフトバンクが提供するコラボ光になります。

ドコモ光と同じく、ソフトバンクの携帯を持っていると月々の料金が割引になるため、格安で光回線が使えると人気です。

格安SIMのワイモバイルでも同じくセット割が適用になるため、ソフトバンク・ワイモバイルの両ユーザーからの支持が強くなっています。

ただし、ソフトバンク光は「速度が遅い」とあまり評判がよろしくないのが現状です。

様々な対応策がありますので、利用する際には参考にしてみてください。

関連記事:【保存版】ソフトバンク光が遅い原因はルーターにあり!速くする方法まとめ

 

ビッグローブ光

最近人気が出てきたコラボ光は「ビッグローブ光」でしょう。

BIGLOBEが提供するコラボ光になります。

人気の理由はau携帯とのセット割が適用になるからです。

ドコモの方はドコモ光、ソフトバンクの方はソフトバンク光、auの方はビッグローブ光、という選び方をする方が多くなりました。

キャッシュバックや工事費無料といったキャンペーンも人気の理由の1つでしょう。

関連記事:【注意】ビッグローブ光ってどう?申込む前に知っておきたい4つのデメリットと対策

 

エキサイト光

コラボ光の中で異色な存在を示しているのがエキサイト光です。

なんと契約期間に縛りがなく、いつ解約しても違約金が0円になっています。

最近は「縛りがイヤ」といったニーズが多く、そういった方に人気が出てきているようです。

また、料金がとても安いのも売りの1つで、通常料金で比較した場合他社より500円以上も安くなっています。

「縛りがイヤ」な方はぜひエキサイト光をお選びください。

 

以上の4つが代表的なコラボ光となっています。

auひかりやNURO光はコラボ光ではない

「auひかりやNURO光はコラボ光じゃないの?」

はい、auひかりとNURO光はコラボ光ではありません。

これらはそれぞれ独自の光回線となっています。

auひかり

auひかりはKDDI(au)独自の光回線です。フレッツ光とは違う光回線を使っています。

ですので、フレッツ光が使えるエリアであってもauひかりが使えるかどうかはわかりません。

全くの別物となっています。

なお、au携帯とのセット割が適用になることから、auユーザーから圧倒的な支持を得ています。

また、auひかりは速度が速いと評判の光回線なので、auユーザー以外からも人気の光回線になっています。

関連記事:【注意】auひかりってどう?申込む前に知っておきたい4つのデメリットと対策

 

NURO光

NURO光はSo-net(ソニーの子会社)が提供する光回線です。

こちらもコラボ光ではないのでフレッツ光とは違う光回線になります。

今もっとも速い光回線と言われており、速さを重視する人はみんなNURO光に切り替えてるくらい人気の光回線です。

特にゲームをよくやる人が次々に乗り換えていますね。

かといって料金が高いわけではなく、むしろ一戸建てなら安いくらいです。

ただし、提供エリアが狭く、どこでも使えるわけではありません

早くエリアが広がってくれるといいんですけどね。

関連記事:【注意】NURO光ってどう?申込む前に知っておきたい4つのデメリットと対策

 

コラボ光が始まった理由はセット割適用のため

コラボ光が始まったのは2015年の2月です。

始まった理由は「ドコモ携帯とのセット割を実現させるため」と言われています。

ドコモ携帯だけセット割がなかった

当時から、au携帯ならauひかり、ソフトバンク携帯ならフレッツ光withヤフー(もしくはヤフーADSL)を使うことで、携帯電話のセット割が適用になっていました。

ところがドコモ携帯だけは光回線とのセット割がなく、ドコモユーザーだけが損をしていたのです。

とはいえ、フレッツ光をそのままドコモとセット割できるようにすることは「NTT法」に触れてしまうため、苦肉の策として生まれたのがコラボ光と言われています。

もっと詳しく

NTT法という法律があります。

簡単に言うと、元国営企業だったNTTが市場を独占しないように様々な面で制限がかけられている法律です。

参考:電気通信事業法と独占禁止法

 

全社にフレッツ光を開放することでドコモもフレッツ光を使えることに

そこでNTTはフレッツ光を様々な会社が独自に使えるように開放しました。これを「卸売(おろしうり)」と言います。

これならNTT法に触れることなく、ドコモとしてフレッツ光を提供することが可能になるわけです。

ドコモだけでなく、ソフトバンクやビッグローブがフレッツ光を使えるのはこういった理由があります。

 

おかげでソフトバンクもソフトバンク光として、さらに自社色の強い光回線を使えるようになりました。

恩恵があったのはドコモだけでなく、ソフトバンクやビッグローブなど他の会社にもメリットがあったということですね。

 

【まとめ】コラボ光はフレッツ光のオトク版

言ってしまえば、コラボ光はフレッツ光のオトク版と理解しておくのが無難ですかね。

ドコモ光やソフトバンク光は携帯とのセット割があればかなり安くなりますし、エキサイト光にいたってはセット割ないけどオトクです。違約金もありませんし。

各社それぞれ自由な形で料金やサービスを提供することができるのがコラボ光です。

決まった形でしかサービスが提供できないフレッツ光とは違います。

携帯とのセット割があるコラボ光を選ぶなど、自分に合った光回線選びをしてくださいね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-光回線
-

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.