モバイルWi-Fi

口座振替・引き落としで購入できるポケットWi-Fiを比較

口座振替・引き落としで購入できるポケットWi-Fiを比較

Anser

BILOBE WiMAX」か「どんなときもWiFi」なら口座振替でもポケットWi-Fiが購入可能です。

この記事でわかること

  • 「BIGLOBE WiMAX」か「どんなときもWiFi」なら口座振替でもOK
  • 「どんなときもWiFi」の方がメリットが大きい
  • ギガ使い放題・制限なし、エリアも広いと話題沸騰中

「口座振替でも契約できるポケットWi-Fiはありますか?」

「BIGLOBE WiMAX」と「どんなときもWiFi」なら口座振替でも購入(契約)できます。

どちらも人気のポケットWi-Fiですね。

もっと詳しく

WiMAXはUQやauなど様々なプロバイダから購入することができます。どこで購入しても性能は同じです。

基本はクレカ払いなのですが、一部のプロバイダでのみ口座振替が可能です。

口座振替で購入できるWiMAXの内、もっとも安いのがBIGLOBEとなります。

参考記事:【結論】口座振替できるWiMAXで選ぶならBIGLOBEが最も安い

 

そんな「BIGLOBE WiMAX」と「どんなときもWiFi」。

どちらが安いか」「速度はどうなのか」「何ギガまで使えるのか」「電波は届くか」「そもそもどんな違いがあるのか」などなど、詳しくわかりやすく解説します。

ココがポイント

個人的には「エリアが広くて速度が安定し、ギガも使い放題のどんなときもWiFi」をおすすめします。

\使い放題・制限なし/

どんなときもWiFiを見に行く

※公式サイトで詳細をチェック

関連記事:【検証】買っても大丈夫?どんなときもWiFiを実際に使ってみた

口座振替でも契約できるポケットWi-Fiを比較

口座振替(口座引き落とし)でも契約できるポケットWi-Fiは少ないです

今だと「BIGLOBE WiMAX」か「どんなときもWiFi」しかありません。

それでは料金や速度などの違いを比較して解説しますね。

「BIGLOBE WiMAX」と「どんなときもWiFi」の料金比較

まずは1番気になるであろう料金から比較します。

【料金比較】「BIGLOBE WiMAX」と「どんなときもWiFi」
事務手数料 3,000円
契約年数 1年 2年
端末代 19,000円
※代引き支払い
無料
(レンタルのため解約時に要返却)
月額料金(初月) 無料 3,980円の日割り
月額料金(2ヶ月目~) 3,980円 3,980円
月額料金(25ヶ月目~) 3,980円 4,410円
キャッシュバック 10,000円 なし
実質月額料金 4,698円 4,105円

※口座振替の場合の料金です。クレカ払いの場合は上記よりさらに安くなります。

 

「どんなときもWiFi」は3年目から高くなります。

2年経った時点で一旦解約しましょう。

その頃には別のWi-Fiが出ていてもおかしくないですからね。

ということで、料金面では「どんなときもWiFi」の方が優れています。

端末保証オプションは必要か?

端末の保証オプションに加入するべきかどうか迷う方は多いです。

一般的な回答からすれば、2年や3年でルーターが壊れることはないのでわざわざ加入する必要はないのですが、誤って落として壊してしまう人もいるでしょう。

特に「どんなときもWiFi」はレンタル品になるため、中古品が送られてくる可能性があります。

その場合、どれくらい劣化しているのかがわからないため、普通に使っているだけでも壊れてしまう可能性はWiMAXより高いでしょう。

 

そういった心配が捨てきれないのであれば、端末保証のオプションには加入するべきです。

万が一壊れてしまった場合の修理代や弁済金は2万円ほどします。

「どんなときもWiFi」なら月額400円(1日あたり13円)で「あんしん補償」に加入することができるので入っておいて損はないのではないでしょうか。

ココに注意

残念ながら「BIGLOBE WiMAX」は端末補償がありません。通常のメーカー保証(1年)しか付いていないです。故障の対象は自然故障のみで、水没や破損などは保証対象外となります。

補償が付けれないとなると2年目以降が心配ですよね。なお、新品を書い直すと、また約2万円が必要になります。

 

「BIGLOBE WiMAX」と「どんなときもWiFi」のデータ容量比較

料金に大きな差はありませんでしたが、データ容量には見逃せない違いがあります。

「完全無制限・使い放題」の「どんなときもWiFi」に対して、「WiMAX」は「ほぼ無制限」なのです。

【データ容量】「WiMAX」と「どんなときもWiFi」
  WiMAX どんなときもWiFi
制限 直近3日の合計が10GBを超えると翌日の18時~26時の間だけ速度が低下する なし
低下速度 1Mbps なし

 

WiMAXは「直近3日間の合計使用量が10GBを超えた場合、翌日の18時~26時の間だけ速度が1Mbpsまで低下する」というちょっとわかりにくいルールがあります。

WiMAXの速度制限(3日間で10GB)

速度制限の例

 

「3日間で10GBも使わないよ」という人には全く関係ありませんが、「毎日ガンガン動画見るし、パソコンも使うしゲームもする。10GBなんて1日で使っちゃうぜ」という人は要注意。

ちなみに「どれくらい使ったら10GBを超えるのか」はこちら。

データ通信量の目安「10ギガでどれだけ使える?」
ネット検索 3万回
LINEのやりとり 500万回
LINE通話 400時間
Instagramで画像・動画閲覧 10時間
Twitterでタイムライン更新 1万回
YouTubeなど動画視聴
(標準画質)
67時間
YouTubeなど動画視聴
(高画質)
15時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ストリーミング再生)
5.5時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ダウンロード再生)
17時間
Netflix
(中画質)
14時間
Netflix
(高画質)
3.3時間
GoogleMap 1万5千回
ZOOM会議 15時間

参考:データ通信量の目安|DMMmobileデータチャージ容量1GBの目安を知りたい|au通信量の目安|hi-hoNetflixのデータ使用量

 

これを見て「3日で10GB超えそうだなぁ…」と不安を感じた方は迷わず「どんなときもWiFi」にしておきましょう。

1Mbpsってどれくらい遅いの?

制限中のWiMAXは「1Mbps」しか出ません。

この「1Mbps」というのは、どれくらい遅いなのか。

【OK】1Mbpsにできること

  • ネット検索
  • LINE
  • LINE通話
  • SNS
  • YouTubeなどの動画視聴(標準画質)
  • スマホゲーム

【NG】1Mbpsでは難しいこと

  • YouTubeなどの動画視聴(高画質)
  • PS4のオンラインゲーム(モンハンなど)
  • SNSにカメラで撮影した動画をアップする※

※インスタのストーリーに動画を上げる場合、1秒の動画を上げるのに1秒かかると思って下さい。10秒の動画なら10秒かかります。

 

実は「1Mbps」というのはそれほど遅いというわけではありません。とはいえ高画質動画の視聴は難しいです。

こちらが実際に1Mbpsでスマホを使った様子です。

 

やはり高画質動画では画面が固まってしまいます。

画質を気にする方やテレビなどの大画面で見たい方は1Mbpsでは厳しいですね。

私のように標準画質でも十分楽しめる方なら問題ないでしょう。

 

「BIGLOBE WiMAX」と「どんなときもWiFi」の速度比較

続いては速度を比較してみましょう。

まずはメーカーから発表されている数値を基に比較表にしてみます。

【速度】WiMAX最新ルーター「W06」とどんなときもWiFi「D1」のスペックを比較
  W06 D1
下り最大速度 558Mbps
(HS+モード時は1237Mbps)
150Mbps
上り最大速度 30Mbps
(HS+モード時は75Mbps)
50Mbps
対応周波数 2.4GHz/5GHz
11a/b/g/n/ac
2.4GHz
11b/g/n
バッテリー 430~700分
※設定モードによる
12時間

 

ぱっと見のスペックはWiMAX「W06」の圧勝です。

ですが、こちらの数値はあくまで「理論値」であり、実際に出る速度はせいぜい「20~50Mbps」程度

100Mbps以上出ることはめったにありません。

どんなときもWiFiのルーター「D1」は最大150Mbpsですが、実効速度ではWiMAXと同じくらい「20~50Mbps」出ています

 

つまり、速度に関してはどちらも同じくらいだということです。

【参考】実効速度の比較

参考①弊社で測った、とある日のWiMAXとどんなときもWiFiの速度

どんなときもWiFiとWiMAXの速度比較

←どんなときもWiFiの勝利

 

参考②弊社で測った、とある日のWiMAXとどんなときもWiFiの速度

どんなときもWiFiとWiMAXの速度比較

WiMAXの勝利

 

参考③Twitterで拾った口コミによるWiMAXとどんなときもWiFiの速度の比較

 

参考④Twitterで拾った口コミによるWiMAXとどんなときもWiFiの速度の比較 

 

参考⑤Twitterで拾った口コミによるWiMAXとどんなときもWiFiの速度の比較 

 

「どんなときもWiFiの利用者のほとんどがWiMAXに不満を持っていた方」というレバレッジがあるかもしれませんが、Twitterに比較画像を上げている人で「WiMAXの方が速い」という方がほとんどいませんでした

WiMAXが特別遅いわけではないけれど、どんなときもWiFiの方が速い」といったところでしょうか。

 

「BIGLOBE WiMAX」と「どんなときもWiFi」のエリア比較

最後にとっても大事なエリアの比較をしましょう。

ずばり言いますが、対応エリアに関しては「どんなときもWiFi」の圧勝です。

【エリア】「WiMAX」と「どんなときもWiFi」
  WiMAX どんなときもWiFi
回線種別 WiMAX回線 3キャリアのLTE回線
都心部
郊外
地方(田舎)
山間部 ◯~△
地下鉄・地下街 △~✕
新幹線・トンネル △~✕
建物内 ◯~△

 

ざっくりとですが、「どんなときもWiFi」は基本的に全国どこでもだいたい使えます

スマホの電波が入る場所ならOKです

それに対し、街なかや一般的なお家で使う分には問題ないものの、地方・山間部や地下などでは正直怪しいのが「WiMAX」です。

 

料金や速度といった面では、それほど大きな差はなかったのですが、この使えるエリアだけに関しては注意が必要になります。

「WiMAXの方が良さそうだな」と思っている方は、必ず事前にエリア確認をしてください。

「買ったはいいけど使えませんでした」では話になりません。

普段使う予定の場所(住所)でピンポイント測定してから申し込むようにしましょう。

>>WiMAXのエリアを確認する

住所を打ち込むだけで、ピンポイントで測定してくれます。

ピンポイント判定を使う

ピンポイント判定を使う

住所を入力する

住所を入力する

ピンを動かし、判定結果を確認する

ピンを動かし、判定結果を確認する

 

職場や外出先でも使用する頻度が多い人は、わかる範囲で測定しておきましょう。

「自宅は◯だったけど、会社は✕だった」ということは無きにしもあらずです。

WiMAXのエリア判定結果
ご利用可能かと思われます。
◯~△ ご利用可能と思われます。ただし、窓からの距離があるなど、ご利用場所の状況により、圏外となる場合があります。
窓からの距離があるなど、ご利用場所の状況により、圏外となる場合があります。
WiMAX 2+は現在エリア外です。

 

弊社は「◯~△」でした

ただし、小さい事務所ということもあってか、特に圏外になることはなかったです。速度も十分出ました。

WiMAXの速度測定
日時 下り速度 上り速度 Ping値
5月16日 10時8分 29.2Mbps 7.15Mbps 82ms
5月18日 22時6分 22.5Mbps 7.35Mbps 57ms
5月21日 22時4分 30.3Mbps 6.79Mbps 66ms
5月23日 1時30分 36.9Mbps 6.90Mbps 53ms
平均 29.7Mbps 7.05Mbps 64ms

平日の朝と夜、土曜日の夜、平日の深夜と時間帯や曜日を分けて測定した結果、すべて20Mbpsを超える速度が計測できました。十分速いです。

※W06を使って速度を測っています。

エリア判定で問題なければWiMAXでも大丈夫です。

「△」や「✕」が出た人はやめておいたほうが良いと思います。

ココがポイント

「WiMAX」も「どんなときもWiFi」もクーリングオフ(初期契約解除制度)が使えますので、最悪の場合8日以内であれば違約金なしで解約ができます。

そういった制度があるということは覚えておいてください。

関連記事:【保存版】WiMAXの初期契約解除制度(クーリングオフ)について

関連記事:【完全ガイド】「どんなときもWiFi」初期契約解除制度(クーリングオフ)の使い方

 

以上が「BIGLOBE WiMAX」と「どんなときもWiFi」の比較結果でした。

 

「BIGLOBE WiMAX」と「どんなときもWiFi」はどっちを選ぶべきか

1つ1つ比較してみた結果、客観的に見れば「どんなときもWiFi」の方が間違いないポケットWi-Fiだと言えるでしょう。

とはいえ、「どんなときもWiFi」にデメリットがないわけではありません。

「どんなときもWiFi」のがダメなところ

  • 運営会社がBIGLOBEほど有名ではない
  • ホームルータータイプがない
  • 有線LANが使えない
  • ルーターがレンタル品

やはりまだ始まったばかりということで、BIGLOBEほど有名な会社ではありません

(超大手のBIGLOBEと比べるのは若干かわいそうですが…)

「どんなときもWiFi」を運営しているのはグッドラックという通信会社で、これまでもいくつかのレンタルWi-Fiサービスを提供してきています。

BIGLOBE程ではありませんが、それなりに実績のある会社です。

ただ、Twitterなどを見ていればわかりますが、多くのWiMAXユーザーが「どんなときもWiFi」に乗り換えているのは事実です。

参考記事:WiMAXからどんなときもWiFiに乗り換える人が続出している問題

 

ルーターはレンタル品ですし、ホームルータータイプがなく有線LAN接続はできませんが、家でも外でも気軽に使えてエリアも広い。端末の補償も入れる。

何よりデータ無制限で使い放題なのは非常に大きなメリットですからね。

 

「BIGLOBE WiMAX」のが優れているところ

  • 実績が豊富
  • BIGLOBEという安心感
  • ホームルータータイプがある
  • 有線LAN接続ができる

「3日間で10GBも使わないし、エリア的にも大丈夫だった。だったら実績が豊富で信頼できるBIGLOBE WiMAXの方がいいわ」

実績や信頼を重要視される方もいるでしょう。そういう方はBIGLOBE WiMAXを選ぶべきです

 

また、ホームルーターといった置型Wi-Fiルーターを選ぶこともできるのもメリットの1つになります。

家の中で使うにあたって、安定性を求めるならホームルーターのが優れていますからね。

有線LANも使えるので、パソコンやテレビを直接LANケーブルで挿して使えば、さらに速度が安定します。

無線が使えない機器とも接続できますしね。

 

こういった部分にメリットを感じるのであれば、BIGLOBE WiMAXを選びましょう。

  • 料金プラン:「ギガ放題」※1
  • ルーター(機種):「W06」※2
  • キャンペーン:確実に安くなる「月額割引」※3
  • 1週間程で発送
  • 解約する場合:電話のみ

※1 初月は無料です

※2 家の中でしか使わないならホームルーター「L02」を選びましょう。

※3 ちょこっとでも安くしたい!まとまったお金が欲しい方は「キャッシュバック」キャンペーンを利用するといいでしょう。

BIGLOBE WiMAX(公式サイト):https://join.biglobe.ne.jp/

 

全体的には「どんなときもWiFi」の圧勝

  • 実質料金はほとんど変わらない
  • 速度は安定している
  • ギガが無制限で好きなだけ使える
  • 日本全国ほぼどこでも田舎でも使える
  • 地下鉄やトンネル内でも使える
  • 上り速度も比較的速い

そうは言っても、あらゆる面において申し分ない評価の「どんなときもWiFi」の圧勝と言っても過言ではありません。

私も実際に使っていますが、特に困ったことはないですね。

ルーターも新品が送られてきたので綺麗ですし、やはり場所を限らずどこでも使えるのは嬉しいですね。

個人的にも推せるポケットWi-Fiと言えます。

  • データ容量:ギガ使い放題(完全無制限・上限なし)
  • 対応エリア:日本全国(地下鉄もOK!)
  • ルーター:最短即日発送(平日13:00/土曜11:00までの受付分)※日祝休み
  • クーリングオフ対象:8日以内であれば違約金なしで解約可

どんなときもWiFi(公式サイト):https://donnatokimo-wifi.jp/

 

以上が「BIGLOBE WiMAX」と「どんなときもWiFi」の比較でした。

【まとめ】利便性「どんなときもWiFi」実績「BIGLOBE WiMAX」

ギガ使い放題、使えるエリアも広い、地下鉄でも使える、といった利便性で選ぶなら「どんなときもWiFi」。

実績と信頼性の高さで選ぶなら「BIGLOBE WiMAX」。

最後にユーザーの声を紹介して終わりにしたいと思います。

どんなときもWiFiの口コミ

#どんなときもWiFi」の口コミです。

特に選りすぐりしたわけではないのですが、比較的「肯定的」なツイートが本当に多いです

 

速度もエリアも問題なく使えている人の声が目立ちました。

これでさらに使い放題なわけですから、鬼に金棒どころかメッシにクリスティアーノロナウドですね()。

 

WiMAXの口コミ

#WiMAX」の口コミです。

これはわざとではなく、本当にこういった「否定的な」ツイートの方が多いのです。

特に最近目立つようになってきた印象です。

1日の中でWiMAXに関するツイート数はかなりあるのですが、本当に否定的な声が多くてびっくりします。

あまりこういう言い方は良くないかもしれませんが、残念ながらWiMAXはもうオワコンなのかもしれません。

 

以上、口座振替で利用できるポケットWi-Fiでした。

どんなときもWiFi:https://donnatokimo-wifi.jp/

BIGLOBE WiMAX:https://join.biglobe.ne.jp/

 

関連記事:【検証】買っても大丈夫?どんなときもWiFiを実際に使ってみた

関連記事:「どんなときもWiFiは遅い」「制限」「圏外」 という評判は本当なの?

関連記事:WiMAXからどんなときもWiFiに乗り換える人が続出している問題

関連記事:【3分で終わる】どんなときもWiFiの申込み方法【画像つき】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-, , ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.