光回線

DTI光が遅い原因はコレ!簡単に解決する方法を3つ紹介します

更新日:

DTI光が遅い原因はコレ!簡単に解決する方法を3つ紹介します

「動画がサクサク再生されない」

「アプリやインターネットのダウンロードが遅くてイライラする」

「光回線って速いんじゃないの?」

DTI光を使っている人から、このような相談をうけることがあります。

確かに、最大1Gbpsの光回線でコラボ光の1つであるDTI光はかなり速いはずです。

にも関わらず、速度が遅いというのであれば何かしら原因があります。

 

結論から言いますが、DTI光が遅い原因はずばり次の3つです。

DTI光が遅い3つの理由

  • ルーターの性能が低い
  • 「IPv6(IPoE)通信」を使っていない
  • キャパオーバーになっている

上記の原因さえしっかり潰していけば、自ずと速度は改善することでしょう。

一つひとつ丁寧にわかりやすく解説しますので、簡単なものから取り組んでみてくださいね。

DTI光が遅い3つの原因

TwitterでもDTI光が遅いという口コミがいくつかありました。

人によって原因は異なるかもしれません。

ただし、冒頭でもお伝えしたとおり、DTI光が遅くなっている原因は基本的に3つしかありません。

DTI光が遅い3つの理由

  • ルーターの性能が低い
  • 「IPv6(IPoE)通信」を使っていない
  • キャパオーバーになっている

この原因を一つひとつ解決していけば、速度を速くすることができます。

①ルーターの性能が低い

DTI光は最大1Gbpsの高速インターネット回線です。

ただし、使っているルーターの性能が低いと、せっかくの能力を活かすことができません。

 

②「IPv6(IPoE)通信」を使っていない

DTI光は最新の「IPv6(IPoE)通信」に対応しています。

ですが、多くのユーザーは従来の「IPv4(PPPoE)通信」のままになっています。

ココに注意

「IPv4(PPPoE)通信」は最大200Mbpsしか出ないため、最大1Gbpsの光回線の能力をまったく発揮できません。

③キャパオーバーになっている

光回線は、プロバイダによって受け入れできるユーザー数(キャパ)が決まっています。

いわゆる大手のプロバイダの方がサーバーが強靭なため、より多くのユーザーを受け入れることができます。

高性能なルーターで「IPv6(IPoE)通信」を使っているのにも関わらず速度が遅い場合、そもそもDTI光がキャパオーバーになっている可能性が高いです。

ココがポイント

同じコラボ光であっても、事業者(プロバイダ)ごとに使用しているサーバーは異なります。

やはり、大手のプロバイダの方が安定した速度が出やすいのが現状です。

 

以上の3つがDTI光が遅い原因です。

これらをふまえて、それぞれの解決方法を紹介します。

DTI光を速くする3つの方法

遅くなってる原因をふまえて、DTI光を速くするための方法は次の3つです。

DTI光を速くするための3つの方法

  • 高性能の無線LANルーターに買い換える
  • 「IPv6(IPoE)通信」に切り替える
  • ほかの光回線に乗り換える

①高性能の無線LANルーターに買い換える

高性能な無線LANルーターに買い換えれば、光回線の能力をしっかり引き出すことができ、速度が速くなる可能性があります。

ルーター選びの3つのポイント

  • 無線の通信規格が「11ac」に対応
  • 複数同時接続ができる「MU-MIMO」が使える
  • ストリーム数は「3×3」もしくは「4×4」

以上の3つのポイントを満たしていれば高性能のWi-Fiルーターと言えるでしょう。

無線の通信規格が「11ac」に対応

無線の規格はいくつも種類があります。

その中で今一番速いのが「11ac」です。

従来の「11n」は最大600Mbpsまでしか対応できなかったのですが、「11ac」は理論上6.9Gbpsまで速度が出るようになりました。

最大1Gbpsの光回線を活かすためには「11ac」に対応している無線LANルーターを選びましょう。

ココに注意

実は「11ac」よりさらに速い「11ad」や「11ax」という新しい規格が誕生しています。

ただし、スマホやパソコンが対応していないため、今はまだ「11ac」のルーターで十分です。

複数同時接続ができる「MU-MIMO」が使える

従来のルーターは、スマホやパソコンを1台ずつ順番にしかネットにつなげることができませんでした。

そのため、複数台でネットを使おうとすると、動画が止まったり、SNSが表示されないといったことが起きてしまうのです。

そこで登場したのが「MU-MIMO」。

「MU-MIMO」が搭載されているルーターであれば、複数台の端末を同時にネットにつなげることができるので、速度が鈍化しにくくなります。

一人暮らしの方にはあまり関係ありませんが、家族で暮らしている方だと2台3台と同時に接続する機会が多々ありますよね。

そんなときに威力を発揮してくれるのが「MU-MIMO」なのです。

ストリーム数は「3×3」もしくは「4×4」

ストリームとはアンテナの数のことです。

「3×3」「4×4」などと表されますが、このストリーム数が多いほど高速通信が可能になります。

ストリーム数と最大速度をまとめました。

ストリーム数と最大速度
1×1 2×2 3×3 4×4
433Mbps 867Mbps 1.3Gbps 1.733Gbps

契約している光回線が1Gbps以上の速い回線でも、持っているルーターのストリームが「1×1」なら、どうがんばっても433Mbps以上のスピードは出ません。

光回線本来の性能を発揮させるためにも、できれば「4×4」、最低でも「3×3」のストリームが欲しいですね。

 

以上の3つが高性能無線LANルーターの条件でした。

これらの条件を満たしているルーターの中で弊社おすすめのルーターを3つ紹介します。

弊社おすすめの高性能ルーター

  • バッファロー「WXR-2533DHP2」
  • エレコム「WRC-2533GS2」
  • IOデータ「WN-AX2033GR2」
バッファロー「WSR-A2533DHP2」
バッファロー「WSR-A2533DHP2」
最大速度(5GHz) 1733Mbps
最大速度(2.4Ghz) 800Mbps
ストリーム(アンテナ)数 4×4
MU-MIMO
ビームフォーミング
通信規格 11ac/11n/11a/11g/11b
IPv6 v6プラス、transix、IPv6オプション、OCNバーチャルコネクト対応
参考価格 9,980円

「11ac」「MU-MIMO」「ストリーム数4×4」だけでなく、ビームフォーミング機能にも対応したバッファローの高性能ルーター。

外部アンテナのないスッキリとしたデザインでお部屋のインテリアを邪魔しません。

エレコム「WRC-2533GS2
エレコム「WRC-2533GS2」
最大速度(5GHz) 1733Mbps
最大速度(2.4Ghz) 800Mbps
ストリーム(アンテナ)数 4×4
MU-MIMO
ビームフォーミング
通信規格 11ac/11n/11a/11g/11b
IPv6 v6プラス、transix、IPv6オプション、 OCNバーチャルコネクト対応
参考価格 9,772円

バッファロー製ルーターと同等性能のエレコム社ルーター。

IPv4(PPPoE)で設定する場合は仕様が独特すぎて初心者向けではなかったものの、設定不要なIPv6(IPoE)では気にする必要はありません。

IOデータ「WN-AX2033GR2」
IOデータ「WN-AX2033GR2」
最大速度(5GHz) 1733Mbps
最大速度(2.4Ghz) 300Mbps
ストリーム(アンテナ)数 4×4
MU-MIMO
ビームフォーミング
通信規格 11ac/11n/11a/11g/11b
IPv6 v6プラス、transix、IPv6オプション、OCNバーチャルコネクト対応
参考価格 6,129円

上記2機種とほぼ同等性能のIOデータ社製ルーター。

2.4GHzでの速度が若干落ちるものの、その他の機能は全て搭載。

非常にコスパの良いモデルです。

 

以上が弊社おすすめの高性能ルーター3選でした。

ココに注意

ルーターを買い換えたからといって、必ず速くなるわけではありません。

すでにそれなりのルーターを使っているのであれば、飛躍的な向上は期待できないでしょう。

ルーターも安くはありませんので、買い替えは慎重に。

②「IPv6(IPoE)通信」に切り替える

DTI光は最新の「IPv6(IPoE)通信」に対応しています。

切り替えの手続きをするだけで、無料で利用することが可能なので使わないと損です。

難しい設定も必要ありませんので、まだ使っていない方は早急に変更しましょう。

 

ただし、光電話を利用してない方はルーターが対応していないかもしれません。

まずはお手持ちのルーターが対応しているかどうかを確認してから、申し込むようにしましょう。

もし現在のルーターが「IPv6(IPoE)通信」に対応していないならば買い替えが必要です。

先ほど紹介した3つのルーターは全てDTIのIPv6に対応しています。

ココに注意

DTIのIPv6は「OCNバーチャルコネクト」という種類になります。

ルーターも「OCNバーチャルコネクト」に対応している必要がありますので、ご注意ください。

※以前までは「v6プラス」でしたが、現在「v6プラス」の受付は終了しています。

※IPv6対応ルーターでも「OCNバーチャルコネクト」には非対応の場合が多々あります。

 

DTIのIPv6に対応している弊社おすすめの高性能ルーター

  • バッファロー「WXR-2533DHP2」
  • エレコム「WRC-2533GS2」
  • IOデータ「WN-AX2033GR2」
バッファロー「WSR-A2533DHP2」
バッファロー「WSR-A2533DHP2」
最大速度(5GHz) 1733Mbps
最大速度(2.4Ghz) 800Mbps
ストリーム(アンテナ)数 4×4
MU-MIMO
ビームフォーミング
通信規格 11ac/11n/11a/11g/11b
IPv6 v6プラス、transix、IPv6オプション、OCNバーチャルコネクト対応
参考価格 9,980円

「11ac」「MU-MIMO」「ストリーム数4×4」だけでなく、ビームフォーミング機能にも対応したバッファローの高性能ルーター。

外部アンテナのないスッキリとしたデザインでお部屋のインテリアを邪魔しません。

エレコム「WRC-2533GS2
エレコム「WRC-2533GS2」
最大速度(5GHz) 1733Mbps
最大速度(2.4Ghz) 800Mbps
ストリーム(アンテナ)数 4×4
MU-MIMO
ビームフォーミング
通信規格 11ac/11n/11a/11g/11b
IPv6 v6プラス、transix、IPv6オプション、 OCNバーチャルコネクト対応
参考価格 9,772円

バッファロー製ルーターと同等性能のエレコム社ルーター。

IPv4(PPPoE)で設定する場合は仕様が独特すぎて初心者向けではなかったものの、設定不要なIPv6(IPoE)では気にする必要はありません。

IOデータ「WN-AX2033GR2」
IOデータ「WN-AX2033GR2」
最大速度(5GHz) 1733Mbps
最大速度(2.4Ghz) 300Mbps
ストリーム(アンテナ)数 4×4
MU-MIMO
ビームフォーミング
通信規格 11ac/11n/11a/11g/11b
IPv6 v6プラス、transix、IPv6オプション、OCNバーチャルコネクト対応
参考価格 6,129円

上記2機種とほぼ同等性能のIOデータ社製ルーター。

2.4GHzでの速度が若干落ちるものの、その他の機能は全て搭載。

非常にコスパの良いモデルです。

 

「IPv6」を使えるようにする手順

  1. MyDTIから「IPv6(IPoE)接続サービス」を申し込む
  2. IPv6が開通次第、ONUとルーターの電源をオフオンする

面倒な設定は不要です。安心してください。

 

③ほかの光回線に乗り換える

「高性能ルーターを使ってるし、「IPv6(IPoE)通信」も使ってる。それなのに速度が遅い」

その場合、原因となるプロバイダを変更せざるを得ません。

というより、DTI光が遅い原因のほとんどはプロバイダであり、残念ですが他の光回線に乗り換えるしか改善する方法はないでしょう。

 

光回線の乗り換えってめちゃくちゃ面倒じゃん…

と思ったあなた。安心してください。

実は今の時代、光回線の乗り換えがとても簡単にできるようになっているのです

コラボ光同士の乗り換えなら「工事不要」「電話番号そのまま」

DTI光はコラボ光の1つになりますが、同じコラボ光への乗り換えであれば「工事不要」「電話番号そのまま」で乗り換えができるようになりました。

この制度を「事業者変更(通称:再転用)」と言います。

【光回線】事業者変更制度(再転用)とは?工事なしで簡単乗り換え可能に
【光回線】事業者変更制度(再転用)とは?工事なしで簡単乗り換え可能に

この記事でわかること 事業者変更制度(再転用)とは 具体的な方法・手順 注意するべきポイント   2019年7月1日から「事業者変更」(通称「再転用」)という新しい制度が始まりました。 これ ...

続きを見る

主なコラボ光

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光
  • ぷらら光
  • @nifty光
  • So-net光プラス
  • ビッグローブ光

回線速度が向上する可能性が非常に高い

DTI光から大手のプロバイダへ乗り換えることで速度が改善した方は非常に多いです。

私自身も楽天からGMOへ乗り換えたことがきっかけで、速度が2~3倍向上しました。

地域性もありますので、かなりの高確率で速くなることでしょう。

ココがポイント

同一エリアで同じプロバイダを使っている人が多いと回線が混雑するため速度が低下します。

プロバイダを乗り換えることで混雑から抜け出すことができるので、速度が改善するということです。

携帯とのセット割が適用になれば安くなることも

せっかく乗り換えるのであれば、携帯とのセット割が適用になる回線を選ぶといいでしょう。

速度が速くなるだけではなく、料金も安くなります。

一石二鳥とはまさにこのことですね。

DTI光は縛りがないので違約金なし

しかも嬉しいことに、DTI光には最低契約期間(いわゆる「縛り」)がありません。

つまり、違約金を払うことなく、他社へ乗り換えることができるのです。

コラボ光への乗り換えであれば工事も不要なわけですから、面倒なことが一切ないということになりますね。

ルーターを買い替えたり、IPv6の設定をするより、手間なく簡単、そしてオトクに速度の改善ができますよ。

杉本

速くて安い光回線おすすめ3選+1

DTI光から乗り換えるのであれば、携帯とのセット割が使えて、なおかつ速度に定評のある光回線を選びたいところ。

そこで、弊社の実績と評判をもとに、おすすめを3つ(+1つ)を厳選。

弊社が推奨するDTI光からの乗り換え先

  • ドコモ光
  • So-net光プラス
  • ソフトバンク光

 

さらに、お使いのスマホに合わせて選ぶことで、よりオトクに乗り換えることができますよ。

ドコモならドコモ光、auならSo-net光プラス、ソフトバンクならソフトバンク光、ワイモバイルならソフトバンク光、その他の格安SIMならSo-net光プラス

 

インターネットは速さも大事ですが、月額料金も重要ポイントです。

毎月支払うものですから少しでも安い方がいいですよね。

光回線を一番安くする方法は「携帯のセット割引で選ぶ」ことです。

プロバイダーによっては携帯(スマホ)1台につき最大2000円の割引が受けられるところもあります。

インターネットを選ぶ時は、お使いの携帯会社に合わせて選びましょう。

ドコモ携帯ならドコモ光

ドコモ光

携帯がドコモならドコモ光を選びましょう。

携帯とのセット割が使えるので、速いだけでなくオトクにネットが使えますよ。

DTI光との料金比較

ドコモ光とDTI光の料金を比較しましょう。

ドコモ光とDTI光の料金比較
(ホームタイプ)
  ドコモ光 DTI光
月額料金 5,200円 4,800円
ひかり電話 500円 500円

 

ドコモ光とDTI光の料金比較
(マンションタイプ)
  ドコモ光 DTI光
月額料金 4,000円 3,600円
ひかり電話 500円 500円

毎月の料金はDTI光の方が少しだけ安いです。

ドコモ携帯とのセット割がある

ただし、ドコモ携帯×ドコモ光であれば、携帯のプランに合わせて割引が適用になります。

ドコモ光のセット割
ギガホ 1,000円/月OFF
ギガライト <ステップ4:~7GB> 1,000円/月OFF
<ステップ3:~5GB> 1,000円/月OFF
<ステップ2:~3GB> 500円/月OFF
<ステップ1:~1GB> 割引対象外

※1契約につき上記金額が割引になる。

 

<旧料金プラン>

ドコモ光のセット割
ウルトラシェアパック100 3,500円/月OFF
ウルトラシェアパック50 2,900円/月OFF
ウルトラシェアパック30 2,500円/月OFF
ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> 1,800円/月OFF
<ステップ3:~15GB> 1,800円/月OFF
<ステップ2:~10GB> 1,200円/月OFF
<ステップ1:~5GB> 800円/月OFF
ウルトラデータLLパック(30GB) 1,600円/月OFF
ウルトラデータLパック(20GB) 1,400円/月OFF
ベーシックパック <ステップ4:~20GB> 800円/月OFF
<ステップ3:~5GB> 800円/月OFF
<ステップ2:~3GB> 200円/月OFF
<ステップ1:~1GB> 100円/月OFF

(参照:https://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/hikari_set/

あくまで携帯代からの割引となりますが、家族で2台3台使っていたりすると、かなりオトクになりますね。

IPv6(IPoE)が使える

速さの決め手となる、IPv6(IPoE)がもちろん使えます。

高性能無線ルーターが無料

IPv6(IPoE)を活かすことができる高性能無線ルーターも無料でレンタルできます。

わざわざ購入する必要はありません。

訪問設定サポートが無料

ドコモ光は設定不要で簡単にネットが使えます

家に届いたルーターを設置するだけです。

それでも「こういうのは苦手だから全部おまかせでやってほしい」という方もいるでしょう。

そういった方でも、ドコモ光なら訪問設定サポートが無料で使えます。

安心して乗り換えることができますね。

今なら最大15,000円のキャッシュバック

公式のWEBサイトからドコモ光を申し込むことで、上記特典加えて最大15,000円のキャッシュバックがもらえます。

dポイント5,000円分プレゼント

DTI光からドコモ光への乗り換え特典として、dポイント5,000円プレゼントキャンペーンも行っています。

乗り換えの翌々月に自動付与されますよ。

ドコモ光の申し込みはこちら

ドコモ光の申し込みはキャンペーン専用の窓口から行いましょう。

ドコモ光の特典

  • IPv6(IPoE)が使えるから速い
  • ドコモ携帯ならセット割が適用
  • 高性能無線ルーターが無料
  • 訪問設定サポートが無料
  • 最大15,000円のキャッシュバック
  • dポイント5,000円プレゼント

今だけキャッシュバックあり

ドコモ光を申し込む

簡単1分で申し込み完了

ココがポイント

DTIに連絡をする前に、先にドコモ光を申し込みましょう。

オペレーターからの折り返し連絡にて、申し込み内容の確認があります。

その後でDTIのマイページ(MyDTI)にて事業者変更承諾番号を取得すれば大丈夫です。

もっと詳しく:【注意】ドコモ光ってどう?申込む前に知っておきたい4つのデメリットと対策

 

au携帯ならSo-net光プラス

So-net光プラス

携帯がauならSo-net光プラスを選びましょう。

携帯とのセット割が使えるので、速いだけでなくオトクにネットが使えますよ。

DTI光との料金比較

So-net光プラスとDTI光の料金を比較しましょう。

So-net光プラス光とDTI光の料金比較
(ホームタイプ)
  So-net光プラス DTI光
月額料金 3,980円
(4年目から5,580円)
4,800円
ひかり電話 500円 500円

 

So-net光プラスとDTI光の料金比較
(マンションタイプ)
  So-net光プラス DTI光
月額料金 2,980円
(4年目から4,480円)
3,600円
ひかり電話 500円 500円

最初の3年間は毎月の料金がとっても安いです。

3年間だけで5万円以上もオトクになります

au携帯とのセット割がある

4年目から少し高くなってしまいますが、au携帯×So-net光プラスであれば、携帯のプランに合わせて割引が適用になります。

スマートバリューの割引額
新ピタットプラン

1GBまで 割引対象外
1GB超~7GBまで 500円
auフラットプラン7プラス 1,000円
auデータMAXプラン 1,000円
auピタットプラン(s) 1GBまで 割引対象外
2GBまで 500円
2GB超~20GBまで 1,000円
auフラットプラン20
auフラットプラン30(受付終了)

auフラットプラン25 Netflixパック
1,000円
データ定額1 2年間934円
3年目から500円

データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)

受付終了プラン

シニアプラン
データ定額3cp
LTEフラットcp(1GB)

934円

受付終了プラン

U18データ定額20

1,410円
(適用期間中)

データ定額5/20
LTEフラット
ISフラット

受付終了プラン

データ定額5cp
データ定額8
プランF(IS)シンプル

2年間1,410円
3年目から934円

データ定額30

受付終了プラン

データ定額10/3

2年間2,000円
3年目から934円

 

あくまで携帯代からの割引となりますが、家族で2台3台使っていたりするとネット代が実質無料になる場合も。

もちろん1年目から割引は適用になりますので、ずーっとオトクに使えますよ。

IPv6(IPoE)が使える

速さの決め手となる、IPv6(IPoE)が使えます。

高性能無線ルーターが無料

IPv6(IPoE)を活かすことができる高性能無線ルーターも無料でレンタルできます。

わざわざ購入する必要はありません。

訪問設定サポートが無料

So-net光プラスは設定不要で簡単にネットが使えます。

家に届いたルーターを設置するだけです。

それでも「こういうのは苦手だから全部おまかせでやってほしい」という方もいるでしょう。

そういった方でも、So-net光プラスなら訪問設定サポートが無料で使えます。

安心して乗り換えることができますね。

セキュリティソフトが5台分も無料

パソコンやスマホで使えるセキュリティソフトが5台分も無料で使えます。

1台につき年間5,000円くらいの価値がありますので、今使っているものは解約して入れ替えてしまいましょう。

これからはずっとタダで使い続けることができますよ。

So-net光プラスの申し込みはこちら

So-net光プラスの申し込みはキャンペーン専用の窓口から行いましょう。

So-net光プラスの特典

  • IPv6(IPoE)が使えるから速い
  • 3年間は割引価格で利用できる
  • au携帯ならセット割が適用
  • 高性能無線ルーターが無料
  • 訪問設定サポートが無料
  • セキュリティソフトが5台まで無料

3年間で72,000円分の割引特典

So-net光プラスを申し込む

簡単3分で申し込み完了

ココがポイント

So-net光プラスは公式サイトからの申し込みになります。

先にDTIのマイページ(MyDTI)から申請して「事業者変更承諾番号」を発行しておきましょう。

申し込みから2日後にメールで送られてきます。

もっと詳しく:So-net光プラスのデメリット7個|申込み前の最終チェックリスト

 

ソフトバンク携帯ならソフトバンク光

ソフトバンク光

携帯がソフトバンクならソフトバンク光を選びましょう。

携帯とのセット割が使えるので、速いだけでなくオトクにネットが使えますよ。

DTI光との料金比較

ソフトバンク光とDTI光の料金を比較しましょう。

ソフトバンク光とDTI光の料金比較
(ホームタイプ)
  ソフトバンク光 DTI光
月額料金 5,200円 4,800円
ひかり電話 500円 500円

 

ソフトバンク光とDTI光の料金比較
(マンションタイプ)
  ソフトバンク光 DTI光
月額料金 3,800円 3,600円
ひかり電話 500円 500円

毎月の料金はDTI光の方が少しだけ安いです。

ソフトバンク携帯とのセット割がある

ただし、ソフトバンク携帯×ソフトバンク光であれば、携帯のプランに合わせて割引が適用になります。

ソフトバンク携帯のおうち割 光セット 割引額一覧
通話プラン データプラン 割引額
通話基本プラン データ定額 50GBプラス
ミニモンスター
1,000円
スマ放題
スマ放題ライト
データ定額 50GB/20GB/5GB 1,000円
データ定額(お手軽プラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円
上記以外 パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(ipad専用)ベーシックデータ定額プラン for 4GLTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

あくまで携帯代からの割引となりますが、家族で4台使っていたりするとネット代が実質無料になる場合も。

IPv6(IPoE)が使える

速さの決め手となる、IPv6(IPoE)が使えます。

今なら必ず15,000円のキャッシュバック

キャッシュバック専用のキャンペーンサイトから申し込むことで、必ず15,000円のキャッシュバックがもらえます。

ソフトバンク光の申し込みはこちら

ソフトバンク光の申し込みはキャンペーン専用の窓口から行いましょう。

ソフトバンク光の特典

  • IPv6(IPoE)が使えるから速い
  • ソフトバンク携帯ならセット割が適用
  • 必ず15,000円のキャッシュバック

必ず15,000円キャッシュバック

ソフトバンク光を申し込む

簡単1分で申し込み完了

ココがポイント

DTIに連絡をする前に、先にソフトバンク光を申し込みましょう。

オペレーターからの折り返し連絡にて、申し込み内容の確認があります。

その後でDTIのマイページ(MyDTI)にて事業者変更承諾番号を取得すれば大丈夫です。

もっと詳しく:【注意】ソフトバンク光ってどう?申込む前に知っておきたい5つのデメリットと対策

 

ワイモバイル携帯ならソフトバンク光

ソフトバンク光

携帯がワイモバイルならソフトバンク光を選びましょう。

携帯とのセット割が使えるので、速いだけでなくオトクにネットが使えますよ。

DTI光との料金比較

ソフトバンク光とDTI光の料金を比較しましょう。

ソフトバンク光とDTI光の料金比較
(ホームタイプ)
  ソフトバンク光 DTI光
月額料金 5,200円 4,800円
ひかり電話 500円 500円

 

ソフトバンク光とDTI光の料金比較
(マンションタイプ)
  ソフトバンク光 DTI光
月額料金 3,800円 3,600円
ひかり電話 500円 500円

毎月の料金はDTI光の方が少しだけ安いです。

ワイモバイル携帯とのセット割がある

ただし、ワイモバイル携帯×ソフトバンク光であれば、携帯のプランに合わせて割引が適用になります。

ワイモバイル携帯のおうち割 光セット(A) 割引額一覧
料金プラン 割引額
スマホプランS
データプランL
Pocket WiFiプラン2
500円
スマホプランM 700円
スマホプランL 1,000円

あくまで携帯代からの割引となりますが、家族で4台使っていたりするとネット代が実質無料になる場合も。

IPv6(IPoE)が使える

速さの決め手となる、IPv6(IPoE)が使えます。

今なら必ず15,000円のキャッシュバック

キャッシュバック専用のキャンペーンサイトから申し込むことで、必ず15,000円のキャッシュバックがもらえます。

ソフトバンク光の申し込みはこちら

ソフトバンク光の申し込みはキャンペーン専用の窓口から行いましょう。

ソフトバンク光の特典

  • IPv6(IPoE)が使えるから速い
  • ソフトバンク携帯ならセット割が適用
  • 必ず15,000円のキャッシュバック

必ず15,000円キャッシュバック

ソフトバンク光を申し込む

簡単1分で申し込み完了

ココがポイント

DTIに連絡をする前に、先にソフトバンク光を申し込みましょう。

オペレーターからの折り返し連絡にて、申し込み内容の確認があります。

その後でDTIのマイページ(MyDTI)にて事業者変更承諾番号を取得すれば大丈夫です。

もっと詳しく:【注意】ソフトバンク光ってどう?申込む前に知っておきたい5つのデメリットと対策

 

その他の格安SIM携帯ならSo-net光プラス

So-net光プラス

携帯がワイモバイル以外の格安SIMならSo-net光プラスを選びましょう。

携帯とのセット割はありませんが、3年間の月額割引があるので、速いだけでなくオトクにネットが使えますよ。

DTI光との料金比較

So-net光プラスとDTI光の料金を比較しましょう。

So-net光プラス光とDTI光の料金比較
(ホームタイプ)
  So-net光プラス DTI光
月額料金 3,980円
(4年目から5,580円)
4,800円
ひかり電話 500円 500円

 

So-net光プラスとDTI光の料金比較
(マンションタイプ)
  So-net光プラス DTI光
月額料金 2,980円
(4年目から4,480円)
3,600円
ひかり電話 500円 500円

最初の3年間は毎月の料金がとっても安いです。

3年間だけで3万円以上もオトクになります。

IPv6(IPoE)が使える

速さの決め手となる、IPv6(IPoE)が使えます。

高性能無線ルーターが無料

IPv6(IPoE)を活かすことができる高性能無線ルーターも無料でレンタルできます。

わざわざ購入する必要はありません。

訪問設定サポートが無料

So-net光プラスは設定不要で簡単にネットが使えます。

家に届いたルーターを設置するだけです。

それでも「こういうのは苦手だから全部おまかせでやってほしい」という方もいるでしょう。

そういった方でも、So-net光プラスなら訪問設定サポートが無料で使えます。

安心して乗り換えることができますね。

セキュリティソフトが5台分も無料

パソコンやスマホで使えるセキュリティソフトが5台分も無料で使えます。

1台につき年間5,000円くらいの価値がありますので、今使っているものは解約して入れ替えてしまいましょう。

これからはずっとタダで使い続けることができますよ。

So-net光プラスの申し込みはこちら

So-net光プラスの申し込みはキャンペーン専用の窓口から行いましょう。

So-net光プラスの特典

  • IPv6(IPoE)が使えるから速い
  • 3年間は割引価格で利用できる
  • 高性能無線ルーターが無料
  • 訪問設定サポートが無料
  • セキュリティソフトが5台まで無料

3年間で72,000円分の割引特典

So-net光プラスを申し込む

簡単3分で申し込み完了

ココがポイント

So-net光プラスは公式サイトからの申し込みになります。

先にDTIのマイページ(MyDTI)から申請して「事業者変更承諾番号」を発行しておきましょう。

申し込みから2日後にメールで送られてきます。

もっと詳しく:So-net光プラスのデメリット7個|申込み前の最終チェックリスト

 

とにかく速さだけを求めるならNURO光

NURO光

コラボ光ではないため再工事が必要にはなりますが、速さだけを求めるのであればNURO光の右に出る者はいません。

ただし、NURO光は工事が2回ある(時間がかかる)&使えるエリアが限られているという大きなデメリットがあります。

NURO光が使えるエリア

関東エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

東海エリア:愛知県、岐阜県、三重県、静岡県

関西エリア:大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、奈良県

九州エリア:福岡県、佐賀県

DTI光との料金比較

NURO光とDTI光の料金を比較しましょう。

NURO光とDTI光の料金比較
(ホームタイプ)
  NURO光 DTI光
月額料金 4,743円 4,800円
ひかり電話 500円 500円

 

NURO光とDTI光の料金比較
(マンションタイプ)
  NURO光 DTI光
月額料金 4,743円
(一部マンションのみ1,900円~)
3,600円
ひかり電話 500円 500円

マンションタイプが導入されている物件は非常に少ないので、基本的には4,743円だと思っていた方がよいでしょう。

毎月の料金はDTI光の方が少しだけ安いです。

ソフトバンク携帯とのセット割がある

ただし、ソフトバンク携帯×NURO光であれば、携帯のプランに合わせて割引が適用になります。

ソフトバンク携帯のおうち割 光セット 割引額一覧
通話プラン データプラン 割引額
通話基本プラン データ定額 50GBプラス
ミニモンスター
1,000円
スマ放題
スマ放題ライト
データ定額 50GB/20GB/5GB 1,000円
データ定額(お手軽プラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円
上記以外 パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(ipad専用)ベーシックデータ定額プラン for 4GLTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

あくまで携帯代からの割引となりますが、家族で5台使っていたりするとネット代が実質無料になる場合も。

IPv6(IPoE)が使える

速さの決め手となる、IPv6(IPoE)が使えます。

今なら工事費が実質無料

NURO光はコラボ光ではないので、乗り換えのためにあらためて工事が必要です。

ただし、本来必要になる工事費40,000円が今なら実質無料になります。

そのため、費用面のリスクはないと思ってもらって大丈夫です。

高性能無線ルーターが無料

IPv6(IPoE)を活かすことができる高性能無線ルーターも無料でレンタルできます。

わざわざ購入する必要はありません。

訪問設定サポートが無料

NURO光は設定不要で簡単にネットが使えます。

家に届いたルーターを設置するだけです。

それでも「こういうのは苦手だから全部おまかせでやってほしい」という方もいるでしょう。

そういった方でも、NURO光なら訪問設定サポートが無料で使えます。

安心して乗り換えることができますね。

セキュリティソフトが5台分も無料

パソコンやスマホで使えるセキュリティソフトが5台分も無料で使えます。

1台につき年間5,000円くらいの価値がありますので、今使っているものは解約して入れ替えてしまいましょう。

これからはずっとタダで使い続けることができますよ。

キャッシュバックが35,000円

さらに今だけキャッシュバックが35,000円ももらえるキャンペーンを実施中です。

公式サイトのキャンペーン専用窓口から申し込むことが条件になっているので、お気をつけください。

NURO光の申し込みはこちら

NURO光の申し込みは公式サイトのキャンペーン専用の窓口から行いましょう。

NURO光の特典

  • IPv6(IPoE)が使えるから速い
  • ソフトバンク携帯ならセット割が適用
  • 高性能無線ルーターが無料
  • 訪問設定サポートが無料
  • セキュリティソフトが5台まで無料
  • 工事費が実質無料
  • キャッシュバック35,000円

今だけ35,000円キャッシュバック

NURO光を申し込む

簡単3分で申し込み完了

ココがポイント

順番としてはNURO光が開通次第で、DTI光の解約となります。

まずはNURO光の申し込みだけ済ませておきましょう。

もっと詳しく:NURO光の評判は?申込む前に知っておきたい4つのデメリットと対策

 

以上が弊社の実績と評判をもとにしたおすすめの光回線3社+1でした。

 

乗り換え手続きの流れ

DTI光から他の光回線(NURO光以外)への乗り換え手続きの流れを説明します。

乗り換え手続きの流れ

  1. DTIのマイページ(MyDTI)にて「事業者変更承諾番号」の申請をする(2日後にメールで届く)
  2. 乗り換え先にネットから申し込む
  3. 一週間ほどで契約が切り替わる

※IPv6(IPoE)の設定は特に必要ありません。家に届くルーターを接続するだけです。もしわからなければ、訪問サポートをお願いしましょう(ソフトバンク以外は無料)。

DTIのマイページ(MyDTI)にて「事業者変更承諾番号」の申請をする

まずはDTIのマイページ(MyDTI)から「事業者変更承諾番号」の申請を行いましょう。

2日後にメールで「事業者変更承諾番号」が届きます。

ココがポイント

ドコモ光とソフトバンク光は、この「事業者変更承諾番号」の発行を後回しにすることができます。

先に光回線を申し込みしておいて、一通りオペレーターと内容を確認してからDTIの手続きをするほうがスムーズです。

 

乗り換え先にネットから申し込む

「事業者変更承諾番号」の発行ができたら、乗り換え先に申し込みましょう。

キャッシュバックや割引特典が受けられるのはネットからの手続きだけですので気をつけてくださいね。

 

一週間ほどで契約が切り替わる

乗り換え先の手続きが完了すれば、およそ一週間ほどで契約が切り替わります。

DTIは自動解約になりますので、あらためて解約の連絡は不要です。

今回紹介した3社の光回線であれば、全て無線ルーターがレンタルできますので、届いたら設置するだけでOK。

面倒な設定をする必要はないので、安心してください。

ココがポイント

IPv6(IPoE)は設定する必要がありません。

届いたルーターを設置するだけで、すぐにネットが使えるようになります。

 

△訪問サポートをお願いする

届いたルーターを設置するだけなのですが、それでも「難しい」「わからない」という方は訪問サポートを使いましょう。

今回紹介した3社のうち、ドコモ光とSo-net光プラスは訪問サポートが無料で使えます。

せっかく無料なら、使ってしまってもいいですね。

ソフトバンク光は訪問サポートが9,000円になりますのでお気をつけください。

 

まとめ:遅いDTI光を速くする方法は3通り

DTI光を速くする方法は3つです。

DTI光を速くするための3つの方法

  • 高性能の無線LANルーターに買い換える
  • 「IPv6(IPoE)通信」に切り替える
  • ほかの光回線に乗り換える

正直言うと、高いお金を出してルーターを高性能なものに買い替えても、改善の見込みはほとんどなく、効果は微々たるものでしょう。

どうせお金と手間をかけるなら、いっそ速い光回線に乗り換えた方が賢い選択です。

昔と違って今なら「工事不要・電話番号そのまま」で簡単に乗り換えが可能。

「え?これだけでいいの?」というくらい簡単手間なくあっという間に終わりますよ。

 

動画がかたまったり、SNSが開けなくて困っているのであれば、根本から解決させてストレスフリーのネット回線を手に入れましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-光回線
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2019 All Rights Reserved.