光回線

DTI光からドコモ光へ簡単・無料で乗り換える全手順を解説|注意点・料金の比較も

DTI光からドコモ光へ簡単・無料で乗り換える全手順を解説|注意点・料金の比較も

この記事でわかること

  • DTI光からドコモ光へ無料で切り替える方法を紹介する
  • 今なら工事なし、電話番号そのままで乗り換え可能
  • 注意点、料金や割引の違いも解説しています

ドコモ光にしたいんだけど、工事とか違約金とかがあるから…

「携帯電話とのセット割引は魅力的なんだけど…」

そんなあなたに朗報です。

2019年7月1日から、工事不要・電話番号そのままで「DTI光」から「ドコモ光」に切り替えることができるようになりました。

事業者変更ジギョウシャヘンコウ(通称:再転用サイテンヨウ)」という新しい制度が始まったのです。

事業者変更(再転用)

  • 工事不要
  • (固定電話の)電話番号そのまま
  • インターネットができなくなる期間がない
  • 手続きはWEBと電話だけで完結(書類は不要)

 

携帯がドコモなのにセット割の使えないDTI光にしてしまった方、DTI光の遅さに困っている方は、これを機にドコモ光へ切り替えてしまいましょう。

今なら実質無料で乗り換え可能ですよ。

新制度が始まってからドコモ光に乗り換える人が非常に増えました。キャッシュバックがもらえるうちに、さくっとやっちゃいましょう。

杉本

今だけキャッシュバック最大20,000円

ドコモ光を申し込む

DTI光からの乗り換えならdポイント5,000円分プレゼント

事業者変更の概要(ざっくり)

事業者変更の概要(ざっくり)

ざっくりと「事業者変更」について説明します。詳しく知りたい方は参考ページをご覧ください。

特に知りたくない方は飛ばしてもらってけっこうです。

参考:【光回線】事業者変更制度(再転用)とは?工事なしで簡単乗り換え可能に

コラボ光からコラボ光へ切り替えること(通称「再転用」)

これまではコラボ光からコラボ光への切り替えはできませんでした。

正確には「工事や時間やお金がかなり必要になる」ため、あまり現実的ではなかったのです。

 

これが、2019年7月1日からとっても簡単にできるようになりました

事業者変更ジギョウシャヘンコウ(通称:再転用サイテンヨウ)」と言う新しい制度が始まったのです。

【これまで】

フレッツ光→ドコモ光:OK

フレッツ光→DTI光:OK

DTI光→ドコモ光:NG

【これから】

フレッツ光→ドコモ光:OK

フレッツ光→DTI光:OK

DTI光→ドコモ光:OK

 

電話番号もそのまま使える

「家の電話番号が変わるのは困るのよね」とドコモ光への乗り換えを諦めていた方に朗報です。

「事業者変更」制度が始まったおかげで、DTI光で使っていた固定電話の電話番号(光電話)を、そのままドコモ光でも使うことができるようになりました。

安心してドコモ光へ乗り換えることができますね。

これまでは、通称「アナログ戻し」という大変面倒な工程を踏まないといけませんでした。

時間も費用もかなりかかるため、正直おすすめできない方法だったので「事業者変更」制度が始まって本当に良かったです。

 

面倒な回線工事も不要

DTI光からドコモ光へ乗り換え(事業者変更)であれば、改めて工事をする必要がありません。

WEBから手続きするだけで完了。

そのため、改めて工事費用を払う必要もなければ、面倒な立ち会いをする必要もありません。

わずか1週間ほどで乗り換えができるようになりました。

 

びっくりするほど簡単にドコモ光に乗り換えることができるので、ほとんどの方が「え?これだけで終わりなんですか?」と驚かれていますね。

杉本

 

事業者変更(再転用)の注意事項

DTI光からドコモ光へ乗り換える際の注意事項をまとめました。

乗り換えの注意事項

  • 工事費も違約金もかからない
  • ルーターの再設定が必要(ただし無料サポートあり)
  • ドコモ光の事務手数料3,000円が必要
  • DTI光にも事務手数料3,000円が必要

工事費も違約金もかからない

DTI光からドコモ光へ乗り換える場合、工事費は不要です。

今使っている機器や配線はそのまま使用します。

さらに、DTI光は最低利用期間がないので、いつ解約しても違約金がありません。

何も気にすることなく、ドコモ光へ乗り換えができてしまうのです。

 

ルーターの再設定が必要(ただし無料サポートあり)

ドコモ光に切り替えるにあたって、ルーターを再設定する必要があります。

ただし、訪問サポートが無料で使えるので心配ご無用

さらに高性能Wi-Fiルーターも無料でレンタルできるので、これを機に速度も改善しちゃいましょう。

 

ドコモ光の事務手数料3,000円が必要

ドコモ光に新規で加入することになるので、事務手数料が3,000円必要になります。

 

DTI光にも事務手数料3,000円が必要

DTI光側にも事業者変更をするということで、事務手数料が3,000円必要になります。

ココがポイント

DTI光からドコモ光へ乗り換え特典としてdポイントが5,000円分もらえるキャンペーンも実施中です。

事務手数料分をほぼ丸っとあてがうことができますね。

 

以上の4点だけがDTI光からドコモ光へ乗り換える際の注意事項です。

キャッシュバックや無料サポートなどがあるので、正直それほど大きな問題ではないと思います。

なによりも携帯とのセット割が使えるようになるので、毎月の料金がガクッと下がります。

これからずっと払い続けるお金ですから、少しでも安くなるに越したことはないでしょう。

杉本

 

DTI光とドコモ光の月額料金の比較

DTI光からドコモ光へ乗り換えることで、毎月の料金がどう変わるのか確認しておきましょう。

【一戸建て】セット割引があればドコモ光のほうが安くなる

【一戸建て】割引の分だけドコモ光が安い

【一戸建て】料金の違い
DTI光 ドコモ光
4,800円 5,200円

一戸建ての場合、月額料金は400円だけドコモ光のほうが高いです。

ただし、ドコモ携帯をお使いであれば【携帯電話とのセット割引】が適用になるので、ドコモ光の方が安くなります。

ドコモ光のセット割
ギガホ 1,000円/月OFF
ギガライト <ステップ4:~7GB> 1,000円/月OFF
<ステップ3:~5GB> 1,000円/月OFF
<ステップ2:~3GB> 500円/月OFF
<ステップ1:~1GB> 割引対象外

※1契約につき上記金額が割引になる。

 

<旧料金プラン>

ドコモ光のセット割
ウルトラシェアパック100 3,500円/月OFF
ウルトラシェアパック50 2,900円/月OFF
ウルトラシェアパック30 2,500円/月OFF
ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> 1,800円/月OFF
<ステップ3:~15GB> 1,800円/月OFF
<ステップ2:~10GB> 1,200円/月OFF
<ステップ1:~5GB> 800円/月OFF
ウルトラデータLLパック(30GB) 1,600円/月OFF
ウルトラデータLパック(20GB) 1,400円/月OFF
ベーシックパック <ステップ4:~20GB> 800円/月OFF
<ステップ3:~5GB> 800円/月OFF
<ステップ2:~3GB> 200円/月OFF
<ステップ1:~1GB> 100円/月OFF

(参照:https://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/hikari_set/

4人家族であれば、3,000~4,000円くらい割引になる可能性があるので、ほぼほぼ無料で自宅のインターネットが使えることになります。

言うまでもなく、お得ですよね。

もっと詳しく

セット割引はあくまで「携帯電話の料金からの割引」になります。

ドコモ携帯+ドコモ光であれば合算請求になるので、実質的にはドコモ光が安くなるようなものですね。

家族がたくさんいて携帯代の割引額がドコモ光の5,200円以上になっても、その分ちゃんと携帯代から割引になるのがセット割引のメリットです。

 

【マンション】セット割引があればドコモ光のほうが安くなる

【マンション】割引があればドコモ光のほうが安くなる

【マンション】料金の違い
DTI光 ドコモ光
3,600円 4,000円

マンションの場合、月額料金は200円だけドコモ光のほうが高いです。

ただし、ドコモ携帯をお使いであれば【携帯電話とのセット割引】が適用になるので、ドコモ光の方が安くなります。

ドコモ光のセット割
ギガホ 1,000円/月OFF
ギガライト <ステップ4:~7GB> 1,000円/月OFF
<ステップ3:~5GB> 1,000円/月OFF
<ステップ2:~3GB> 500円/月OFF
<ステップ1:~1GB> 割引対象外

※1契約につき上記金額が割引になる。

 

<旧料金プラン>

ドコモ光のセット割
ウルトラシェアパック100 3,500円/月OFF
ウルトラシェアパック50 2,900円/月OFF
ウルトラシェアパック30 2,500円/月OFF
ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> 1,800円/月OFF
<ステップ3:~15GB> 1,800円/月OFF
<ステップ2:~10GB> 1,200円/月OFF
<ステップ1:~5GB> 800円/月OFF
ウルトラデータLLパック(30GB) 1,600円/月OFF
ウルトラデータLパック(20GB) 1,400円/月OFF
ベーシックパック <ステップ4:~20GB> 800円/月OFF
<ステップ3:~5GB> 800円/月OFF
<ステップ2:~3GB> 200円/月OFF
<ステップ1:~1GB> 100円/月OFF

(参照:https://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/hikari_set/

4人家族であれば、3,000~4,000円くらい割引になる可能性があるので、ほぼほぼ無料で自宅のインターネットが使えることになります。

言うまでもなく、お得ですよね。

もっと詳しく

セット割引はあくまで「携帯電話の料金からの割引」になります。

ドコモ携帯+ドコモ光であれば合算請求になるので、実質的にはドコモ光が安くなるようなものですね。

家族がたくさんいて携帯代の割引額がドコモ光の4,000円以上になっても、その分ちゃんと携帯代から割引になるのがセット割引のメリットです。

 

【結論】ドコモ携帯を持っていれば、ドコモ光の方が安くなる

一戸建てにしてもマンションにしても、ドコモ携帯を持っていればドコモ光の方が安くなります。

ドコモ携帯の方が1人でも多くいればいるだけ【携帯電話とのセット割引】が適用されるわけですから、めちゃくちゃお得になってしまうわけです。

自宅のインターネット回線は、これからもずっと使うもの。

毎月必ず必要になる「通信費」ですので、少しでも安くしたいですよね。

これを機にドコモ光へ切り替えて、お得にネットを使いましょう。

 

ドコモ光への切り替え手順

最後に、ドコモ光への切り替え手順をおさらいしておきましょう。

ドコモ光への切り替え手順

  1. ドコモ光へ仮申込みをする
  2. 折返しの電話で手続き内容の確認をする
  3. DTIのマイページにて「事業者変更承諾番号」の申請をする
  4. ドコモ光へ事業者変更承諾番号を伝える
  5. ドコモ光に切り替わるのを待つ
  6. 高速Wi-Fiルーターを設置する
  7. キャッシュバックを受け取る

ドコモ光へ仮申込みをする

まずはドコモ光の仮申込みをWEBから行いましょう。

時期によっては混み合ってしまいますので、ひとまず連絡だけ入れておくとスムーズに切り替えが可能です。

あくまでも仮申込みなので、手続きはほんの1分ほどで完了します。

ドコモ光(GMO公式):https://gmobb.jp/service/docomohikari/

ドコモ光の仮申込手順1

TOPページの「お申込み」をタップ、3つのアンケートにチェックを入れて「申し込む」をタップ

 

ドコモ光の仮申込手順2

名前、電話番号、住所、連絡希望日時、メールアドレスを入力して「申し込む」をタップで完了

ココがポイント

この時点では仮申込みになります。

乗り換え完了前であれば、いつでも無料でキャンセルができますので安心してください。

折返しの電話で手続き内容の確認をする

WEBから仮申込みを済ませると、希望した日時に折返しの電話が入ります。

そこで「今はDTI光を使っているけれど、ドコモ光へ切り替えたい」と伝えましょう。

手続きに必要なこと、注意事項などを改めて説明してもらえます。

この時点でもまだ正式な申し込みではないので安心してください。

キャッシュバックの受け取り方なども、このタイミングで確認しておくと良いでしょう。

杉本

 

DTIのマイページ(MyDTI)にて「事業者変更承諾番号」の申請をする

続いて、DTIのマイページ(MyDTI)から「事業者変更承諾番号」の申請を行いましょう。

MyDTI

2日後にメールで「事業者変更承諾番号」が届きます。

ココがポイント

「事業者変更承諾番号」を発行したとしても、まだドコモ光へ切り替わるわけではありません。

この時点でもまだキャンセルは可能ですので安心してください。

 

ドコモ光へ事業者変更承諾番号を伝える

「事業者変更承諾番号」が発行できたらドコモ光(GMO)へ連絡をしましょう。

手続きとしてはここまでになります。

ココがポイント

ドコモ光(GMO)に「事業者変更承諾番号」を連絡すると、正式な申し込みとなります。

ただし、ドコモ光へ切り替わる前までであれば、キャンセルすることが可能です。

 

ドコモ光に切り替わるのを待つ

そのまま何もせずに待っていれば、およそ1週間後に自動的にドコモ光へ契約が切り替わっています

それと同時に、DTI光は自動解約となります。

もっと詳しく

しばらくするとドコモから契約書が届きます。

大切なものなので、しっかりと保管するようにしましょう。

 

高速Wi-Fiルーターを設置する

GMO(ドコモ光のプロバイダ)から届いたWi-Fiルーターを設置します。

もっと詳しく

設置方法が記載されたチラシが同梱します。

かなり簡単なのでよっぽど大丈夫だと思いますが、もし不安な方は事前に無料の訪問設定を依頼しておきましょう。

 

キャッシュバックを受け取る

キャッシュバックを受け取る

ドコモ光へ切り替わった月を1ヶ月目とした5ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

 

以上がDTI光からドコモ光への切り替え手順・流れでした。

これまでも多くのお客様がドコモ光へ切り替えていますが、みなさま特に問題なくスムーズにできております。

安心してお申し込みくださいませ。

 

ネット専門家が教える失敗しないドコモ光の申込み方法

ドコモ光を申し込む場合は、キャッシュバックがもらえて、訪問設定が無料で、最新のWi-Fiルーターが使えて、IPv6という最速の通信規格に対応しているプロバイダを選びましょう。

ココがおすすめ

  • プロバイダ:高速通信IPv6対応の「GMOとくとくBB」
  • レンタルするべきルーター:「エレコム社製 WRC-2533GST2(定価2万円)」※永年無料
  • 特典:訪問設定サポートが無料
  • キャンペーン:キャッシュバック最大20,000円 ※1

※1 キャッシュバックをもらうにはdTV(月額500円)などの映像サービスの申込みが必要な場合があります。詳しくは公式サイトにてご確認ください。

GMOは一部上場の日本の会社です。インターネット業界では知らない人はいない大手通信会社になります。

ドコモ光の指定プロバイダの中でダントツのシェアを獲得しています。

これまでざっと100人以上のお客様に勧めてきましたが、誰からもクレームの連絡をもらうこともなく、みなさん「問題なく使えてますよ~」と言っていただいておりますので、安心して紹介することができています。

参考までに、わが家で測った速度をご覧ください。

ドコモ光の速度

ドコモ光マンションタイプ(プロバイダGMO)夜8時の速度

速度が1番遅くなると言われるゴールデンタイムど真ん中にもかかわらず、100Mbps出たのは流石ドコモ光といったところでしょう。

しかもマンションタイプですからね。本当に驚きです。

 

申し込みは公式WEBサイトの「キャンペーン専用窓口」から必ず行ってください。

ドコモ光×GMO(公式サイト):https://gmobb.jp/service/docomohikari/

今だけ最大20,000円キャッシュバック

ドコモ光を申し込む

簡単1分で仮申し込み完了

 

DTI光からドコモ光への乗り換え手続きに関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくは公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください。

なる早で返答させていただきます。

 

関連記事:【注意】ドコモ光で本当に大丈夫?申込む前に知っておきたい4つのデメリットと対策

 

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-光回線
-, , , ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.