モバイルWi-Fi

hi-ho GoGo Wi-Fi 3ヶ月使った感想とデメリットを紹介します

更新日:

hi-ho GoGo Wi-Fi 3ヶ月使った感想とデメリットを紹介します

【キャンペーン情報】3/31まで延長決定!

3/31まで「事務手数料&初月無料」になる大変オトクなキャンペーンを実施しています。

2年間の総額費用が競合他社の中で最も安くなりますので、無制限ポケットWi-Fiを検討中の方はチャンスですよ。

>>hi-ho WiFi公式HP<<

この記事でわかること

  • hi-ho GoGo Wi-Fiを実際に使ってみた感想を紹介する
  • 速度はバッチリ、端末が返却不要なのが嬉しい
  • 安さはもちろんのこと、大手が運営しているので信頼度が高いのがおすすめポイント

「hi-hoの無制限Wi-Fiってオトクなんでしょうか?」

2019年の11月21日に発売開始になったhi-hoの新しいポケットWi-Fi「hi-ho GoGo Wi-Fi」。

最近は次々に「無制限ポケットWi-Fi」が出ていますが、「hi-ho GoGo Wi-Fi」も同じタイプのポケットWi-Fiですね。

競合他社と比較した上で「hi-ho GoGo Wi-Fi」のメリットは次のとおりです。

杉本

「hi-ho GoGo Wi-Fi」5つのメリット

  • 端末の返却が不要
  • 月額料金が安い
  • 大手通信企業が運営している
  • 速度が安定している
  • キャンペーンにつき「初月料金」&「事務手数料」が無料

全てにおいて完璧なポケットWiFiは今のところないのですが、この「hi-ho GoGo Wi-Fi」は非常にバランスの取れたWi-Fiとなっています。

総合評価という点で一歩リードしている「hi-ho GoGo Wi-Fi」を実際に使ってみたので、いつものように公平な目線で感想を紹介します。

hi-ho GoGo Wi-Fi申し込んでみた

2019年11月30日に申し込みしました

hi-ho GoGo Wi-Fiが届きました

4日後に佐川急便で届きました

 

デメリットについてもしっかりとお伝えしますので、申し込みを検討している方はぜひ参考にしてください。

端末無料&月額3,355円

hi-ho GoGo Wi-Fiを申し込む

【安心】8日間のクーリングオフ対象商品です

hi-ho GoGo Wi-Fiを実際に使ってみた

hi-ho GoGo Wi-Fiを実際に使ってみた

ほかの無制限WiFi同様に、個装箱に梱包されて届きました。

「hi-ho GoGo Wi-Fi」は端末の返却が不要です。

他のポケットWiFiですと、この個装箱や中のUSBケーブルなども返却する必要があるので正直厄介なのですが「hi-ho GoGo Wi-Fi」には関係ありません。

不要であれば捨ててしまいましょう。

ココに注意

ただし、契約8日以内の解約(クーリングオフ)の際は個装箱なども返却が必要です。お気をつけください。

hi-ho GoGo Wi-Fiを実際に使ってみた

箱を開けると中には「ルーター本体」「取り扱い説明書」「USBケーブル」「ストラップ」が入っています。

これら全て無料でもらえるので、安心して使うことができます。

他のポケットWiFiですと、USBケーブルを破損させるだけで1,000円とか取られたりするので、そういった辺り非常に良心的ですね。

気兼ねなく使いましょう。

電源を入れてWi-Fiに接続する

U2Sの電源を入れる

本体のサイドボタンを長押しすると電源が入ります。

起動には1分ほどかかるので、しばらく待ちましょう。

 

U2Sが立ち上がる

電源が立ち上がると、電波マークが点灯します。これで準備OKです。

液晶画面がないので、なんとも素朴な感じがしますね。

でも割れる心配がないので、私個人的には液晶画面なしのが好きです。

 

Wi-Fiのつなぎ方は、いわゆる他のWi-Fiと同じ。

設定画面からSSIDを選んでパスワードを入力するだけです。

該当するSSIDを選択する

該当するSSIDを選択する

接続パスワードを入力する

接続パスワードを入力する

Wi-Fi接続完了

Wi-Fi接続完了

 

簡単3ステップでWi-Fiへの接続が完了しました。

 

朝の6時:快調な速度が出る

まずは一発目の速度測定。

朝の6時という、よっぽど混雑しない時間帯なだけあって、なかなかの速度が出ました。

hi-ho GoGo Wi-Fiの実効速度

下り37.9Mbps/上り13.6Mbpsは優秀

朝6時台のhi-ho GoGo Wi-Fiの実効速度
日時 下り 上り
2019年12月5日 6時20分 37.9Mbps 13.6Mbps

この時間帯で遅かったらいきなりアウトだったのですが、まずは一安心ですね。

他の無制限ポケットWi-Fiと同じくらいの速度が出ております。

 

ネクストモバイルと速度比較した結果

ネクストモバイル

11月に料金プランがリニューアルし、無制限プランが追加された「ネクストモバイル」と速度を比較してみました。

同じソフトバンク回線であるにも関わらず、下りはなんと倍以上の速度差が出てしまいました。

「hi-ho GoGo Wi-Fi」と「ネクストモバイル」の速度比較

hi-ho GoGo Wi-Fiとネクストモバイルの速度比較
  hi-ho GoGo Wi-Fi ネクストモバイル
下り 37.0Mbs 16.1Mbps
上り 19.4Mbps 16.2Mbps

 

回線が同じにも関わらず速度にここまで違いが出るということは、ルーター端末の性能差にもよるものと思われます。

hi-ho GoGo Wi-Fiとネクストモバイルのルーター比較
  hi-ho GoGo Wi-Fi ネクストモバイル
製品名

U2S

モバイルルーターU2S

FS030W

FS030Wルーター

最大通信速度 下り150Mbps/上り50Mbps

 

理論値としてはどちらも同じ最大150Mbpsとなっていますが、実測値では倍以上も差が出るものなのですね。

今回の結果はたまたまかもしれませんが、一つの参考としてください。

 

夜の9時台でも引き続き15Mbps以上をキープ

hi-ho GoGo Wi-Fi夜の9時台でも15Mbps以上をキープhi-ho GoGo Wi-Fi

(追記:2020年3月4日)

最新の情報にアップデートしました。

夜9時台のhi-ho GoGo Wi-Fiの実効速度
日時 下り 上り
2019年12月7日 21時14分 15.4Mbps 13.2Mbps
2020年3月3日 21時23分 25.1Mbps 12.4Mbps

一日の中で一番混雑して速度の出にくい夜の9時台に測ってみたところ、なんとか15Mbps以上は出ました。

これならSNSやYouTube動画などもスムーズに使えます。

 

4K動画止まらずに最後まで見れた

(追記:2020年3月5日)

最新の情報にアップデートしました。

購入当初に試したときは動画がなぜか固まってしまっていたのですが、最近は夜でも順調に視聴できるようになっています。

ということで改めてYou Tubeにて4K動画の視聴を試したところ、今度は最後まで止まらずに視聴できました。

4K画質でも固まることなく見れているので、速度の問題は特になさそうですね。

これなら安心しておすすめすることができます。

 

【感想】料金も速度も満足度の高いバランスの取れたポケットWiFi

かれこれ4ヶ月ほど使っていますが、最近は非常に調子がいいですね。

もともとオトクな料金設定でしたし、なによりも端末を返却しなくていいというのが非常に嬉しいです。

普段持ち歩くのでどうしても小キズが付いたり、うっかり地面に落としてしまったりします。

仮に外装が破損したとしても、弁償金を払う必要がないのはとても気が楽です。

競合商品はどれもレンタルなので、ここの違いは大きな違い。

現状では「hi-ho GoGo Wi-Fi」が大きくリードしている感じですね。

hi-ho GoGo Wi-Fi(公式):https://hi-ho.jp/

端末無料&月額3,355円

hi-ho GoGo Wi-Fiを申し込む

【安心】8日間のクーリングオフ対象商品です

 

hi-ho GoGo Wi-Fiの料金・スペック

hi-hoGoGoWiFiキャンペーン中

続いては「hi-ho GoGo Wi-Fi」の料金・スペックを確認しておきましょう。

料金プラン

hi-ho GoGo Wi-Fiは「通常プラン」と、いくつかのオプションがセットになった「セレクト(G)プラン」があります。

正直言えば「セレクト(G)プラン」には大きなメリットはないので、無難に「通常プラン」を選ぶのが正解です。

hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プラン
  通常プラン セレクト(G)プラン
データ通信量 無制限
契約期間 2年
自動更新あり(1年毎)
事務手数料 3,000円
キャンペーン中につき無料
端末代金 無料プレゼント
月額料金 3,355円 4,255円
端末補償 月額500円 上記金額に含まれる
初月 日割り
キャンペーン中につき無料
申し込みから到着まで 2~5日ほど
配送業者 佐川急便
支払い方法 クレジットカードのみ
クーリングオフ 8日以内

 

セレクト(G)プランに含まれるオプション

「セレクト(G)プラン」には端末補償を含む3つのオプションが含まれています。

セレクト(G)プランに含まれるオプション

  • 端末補償
  • 選べるオプション
  • 訪問サポート

端末補償

hi-ho GoGo Wi-Fi端末補償

端末の破損、水没時に修理代を払う必要がなくなります。

端末補償オプション
料金 月額500円
セレクト(G)プランは基本料金に含む
申し込み条件 hi-ho GoGo Wi-Fiのサービス申し込み時に同時加入
※後からの加入や解約後の再加入は不可
保証対象 ・取扱説明書及びその他の注意事項等の記載内容に従った正常な使用状態の下で機器が故障した場合
・機器が水濡れで故障した場合
・機器が破損した場合
・機器が全損した場合
※盗難・紛失は対象外
保証対象外 ・お客様の改造による損害
・盗難・紛失
・使用による劣化や色落ち等
注意事項 ※年間で2回目のご利用時は3,000円の修理・交換費用が発生します。

(参照:hi-ho GoGo Wi-Fi公式サイト

「hi-ho GoGo Wi-Fi」はルーターが無料プレゼントになっています。

解約時に返却は不要ですので、傷や破損しても使用に問題がなければ気にする必要がありません。

心配なのは水没くらいです。

過去スマホを水没させたことがある人は端末補償を検討してもいいと思いますが、そうでないなら不要だと私は思います。

どちらにせよ盗難や紛失の場合は補償対象外ですので、解約するのが正解です。

選べるオプション

以下の中から1つだけ好きなものを選ぶことができます。

①データバックアップ

AOS Cloudというサービスを無償で使用することができます。

容量無制限で写真や動画などの全データを自動でバックアップ。

スマホだけでなくパソコンにも対応しています。

②お財布サポート

えらべる倶楽部というサービスを無償で使用することができます。

いわゆるクーポンサービスですね。

映画館や遊園地などのオトクなクーポンをいつでも使うことができます。

③データ復旧

パソコンやスマホを壊してしまった場合に、無償でデータの復旧をしてもらうことができます。

日本データ復旧サービスセンターへ委託されます。

 

訪問サポート

パソコンやスマホでお困りのことがあった場合の訪問サポートを30%オフの価格でお願いすることができます。

>>基本料金表はこちら(hi-hoあんしんパック価格参照)

 

セレクト(G)プランは上記のオプションがセットになっています。

オトクではありますが、ポケットWi-Fiが使いたいだけであれば特に必要のないもの。

個人的にはおすすめしません。

ポケットWiFiはポケットWiFiとして使えればいいので、料金の安い通常プランを選ぶべきです。

 

hi-ho GoGo Wi-Fiの違約金(通常プラン/セレクト(G)プラン共通)

通常プラン、セレクト(G)プランともに、2年以内に解約すると違約金が発生します。

2年経った後は1年毎の自動更新になります。

「どんなときもWiFi」や「よくばりWiFi」は2年毎の自動更新なので、それに比べれば良心的ですね。

hi-ho GoGo Wi-Fiの違約金
0~11ヶ月目 18,000円
13~24ヶ月目 9,500円
25月目・更新月 0円
26ヶ月目以降 9,500円

 

モバイルルーターの仕様

「hi-ho GoGo Wi-Fi」からレンタルするモバイルルーターのスペック(仕様)を確認しておきましょう。

こちらは「どんなときもWiFi」などと全く同じモバイルルーターになります。

「どんなときもWiFi」のルーターは「D1」というものですが、これは「U2S」のOEM製品なので、中身は全く同じと考えて大丈夫です。

hi-ho GoGo Wi-Fiのモバイルルーター仕様
製品名

U2S

モバイルルーターU2S

重量 151g
サイズ 127×65.7×14.2mm
連続使用可能時間 12時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 3,500mAh
同時接続台数 5台
製造元 uCloudlink

(参照:hi-ho GoGo Wi-Fi公式サイト

最大速度は150Mbspと少々遅い気がします。

ですが、実行速度が20~40Mbps出ているので、ポケットWi-Fiとしては十分です。

 

回線はドコモ、au、ソフトバンクのLTE

「hi-ho GoGo Wi-Fi」は、ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線を使用します。

これは「どんなときもWiFi」らと同じですね。

ただし、基本的にはソフトバンク回線に繋がります。

このあたりも「どんなときもWiFi」らと同じですね。

ソフトバンクの通信可能エリアはHP(https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/)にて確認することができます。

 

申し込み前の電話サポートがある

申込み前のサポートは電話で対応してくれます。

メールやチャットでのサポートが多いので、電話で直接相談できるのは嬉しいですね。

hi-hoインフォメーションデスク

 

hi-ho GoGo Wi-Fiは海外でもそのまま使える

「hi-ho GoGo Wi-Fi」のルーターは、「どんなときもWiFi」などと同じく設定も手続きも不要で海外でそのまま使えます。

わざわざ海外旅行用でポケットWi-Fiをレンタルする必要はありません。

アジア、アメリカ、ヨーロッパなど、世界中で使うことができます。

>>料金の詳細はこちら

 

以上が「hi-ho GoGo Wi-Fi」の料金やスペックでした。

続いては最も大事な「hi-ho GoGo Wi-Fi」の注意点・デメリットを確認していきましょう。

hi-ho GoGo Wi-Fiの注意点・デメリット

サービス内容としては、ほとんど「どんなときもWiFi」と同じです。

逆を言えば、「どんなときもWiFi」との違いを確認することで「hi-ho GoGo Wi-Fi」の注意点・デメリットが明らかになるでしょう。

hi-ho GoGo Wi-FiとどんなときもWiFiの違い

「どんなときもWiFi」との違いを確認しておきましょう。

「hi-ho GoGo Wi-Fi」と「どんなときもWiFi」の違い
  hi-ho GoGo Wi-Fi
hi-ho GoGo Wi-Fi

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

データ通信量 無制限
契約期間 2年
事務手数料 3,000円
キャンペーン中につき無料
3,000円
自動更新 1年毎 2年毎
料金プラン 2種類 1種類
月額料金 3,355円/4,255円 3,480円
3年目以降:3,980円
初月 日割り
キャンペーン中につき無料
日割り
違約金 0~11ヶ月目:18,000円
12~24ヶ月目:9,500円
更新月:0円
26ヶ月目以降:9,500円
0~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
更新月:0円
26ヶ月目以降:9,500円
端末メーカー保証 1年
端末補償 月額500円 月額500円
端末補償の内容 ほぼ同じ
※盗難・紛失補償はなし
損害賠償金 修理費5,000円~
(補償加入の場合は0円)
18,000円
(補償加入の場合は0円)
ルーター機種 U2S(D1)
※同一端末
ルーター代金 無料プレゼント
※解約不要
無料レンタル
※解約時に要返却
回線 ドコモ、au、ソフトバンク
※ただし、ほとんどソフトバンクに繋がる
端末の発送 2日~5ほど 最短即日
平日13時、土曜11時までの申し込みで即日発送。
日曜・祝日は発送不可。
支払い方法 クレジットカードのみ クレジットカード/口座振替
※口座振替の場合は毎月+700円
クーリングオフ 8日以内
運営会社 株式会社ハイホー
設立:2007年
主な事業:プロバイダ、ポケットWiFi
株式会社グッドラック
設立:2010年
主な事業:ポケットWiFi

ほとんど同じように見えますが、その中で次の3つの着目してみましいた。

(1)hi-ho:毎月がずっと安い

「hi-ho GoGo Wi-Fi」の方が月額125円安いです。

微々たる差ではありますが、塵も積もれば山となります。

また、3年目以降3,980円に値上げする「どんなときもWiFi」に対して「hi-ho GoGo Wi-Fi」はずっと3,355円。

長く使えば使った分だけ差が大きくなりますね。

(2)hi-ho:端末が無料プレゼント

「どんなときもWiFi」に限らず、ほとんどの無制限ポケットWiFiがレンタルの中で「hi-ho GoGo Wi-Fi」は無料プレゼントになっています。

解約時に返却不要なので、わざわざ送り返す手間がかかりません。

また、傷つけたり破損させても弁償金が不要なので気兼ねなく使えます。

レンタル品ですと、どうしても気を使わなくてはいけないので、端末がもらえるというのは何気に大きなメリットでしょう。

(3)どんなときもWiFi:最短即日発送

申し込みから商品の到着までは「どんなときもWiFi」の方が早いです。

「どんなときもWiFi」は最短即日発送ですので、早ければ次の日には手元に届いています。

「hi-ho GoGo Wi-Fi」はおおむね1週間ほど。

私の場合は申し込みから4日後に届きました。

とにかく急いでいる人は「どんなときもWiFi」の方が良いでしょう。

(4)どんなときもWiFi:口座振替でも使える

「hi-ho GoGo Wi-Fi」はクレジットカード払いにしか対応しておりませんが、「どんなときもWiFi」は口座振替でも使用可能です。

ただし、口座振替にすると毎月700円多く払うことになるので、非常に高くなります。

クレジットカードを作れないのであれば致し方ないですが、毎月700円はかなり大きいのでクレジットカードを作ってから申し込むことをおすすめします。

審査が通りやすい楽天カードであれば1週間以内に届きますし、年会費も無料です。

ポケットWiFi専用として持っておいてもいいと思います。

(5)運営会社の規模・実績はhi-hoの方が上

フレッツ光などのプロバイダ事業を主として、長く通信事業を行なってきているのがハイホーです。

「どんなときもWiFi」を運営するグッドラック社も複数のポケットWiFi事業を行なってきていますが、会社の規模や実績ではハイホーに敵いません。

運営会社としての安心度はハイホーに軍配が上がりますね。

よくわからない会社が運営する場合、急にサービスが終わったり、トラブル時に連絡が取れなかったりします。

何かあったときのことを考えて、ちゃんと実績のある会社が運営しているサービスを選んだほうが良いですよ。

 

以上が「hi-ho GoGo Wi-Fi」と「どんなときもWiFi」の違いです。

とにかく急いでいて、口座振替でしかダメな人は「どんなときもWiFi」を選びましょう。

料金の安さや端末無料などのメリットを大事にしたい人は「hi-ho GoGo Wi-Fi」を選ぶのが正解です。

ココがポイント

「hi-ho GoGo Wi-Fi」は、3/31まで「事務手数料&初月無料」になる大変オトクなキャンペーンを実施中です。

 

その他の「hi-ho GoGo Wi-Fi」の注意点・デメリットも確認しておきましょう。

 

解約の手続きは電話のみ

解約の手続きは電話にて行います。

hi-hoインフォメーションデスク

 

毎月20日までが当月末受付となるので、気をつけましょう。

※21日以降の受付は翌月末扱いになります。

 

初期契約解除(クーリングオフ)はもちろん可能

ルーター到着日を1日目として8日以内に連絡をして、連絡をした日から7日以内に発送(返却)すれば、違約金なしで解約できます。

ただし、契約事務手数料の3,000円だけは返ってこないのでお気をつけください。

ココに注意

到着から8日以内にhi-hoに申請が必要です。

ルーターの発送は「申請日から7日」以内なので、気をつけましょう。

返送先

  • 株式会社ハイホー 端末返品受付
  • 〒132-0024
  • 東京都江戸川区一之江2-10-3(For needs内)

※備考欄に「初期契約解除」と記載すること

 

以上が「hi-ho GoGo Wi-Fi」の注意点・デメリットでした。

実際に使っていますが、速度も安定しており、非常に満足しています。

現状では特に大きなトラブルもないので、2年更新にだけ気をつけていれば問題ないでしょう。

結論:速度、料金、安心度のバランスのとれた無制限ポケットWiFi

「hi-ho GoGo Wi-Fi」以外にも無制限に使えるポケットWiFiが増えてきました。

ただし、どれもこれもどこかに大きなデメリットを抱えています。

そんな中で「hi-ho GoGo Wi-Fi」は非常にバランスの取れたポケットWiFiです。

少し聞こえは悪いですが、もっとも無難なポケットWiFiとも言えますね。

毎日使うものだからこそ、尖ったサービスポイントがあるものよりも、バランスの取れた「hi-ho GoGo Wi-Fi」を選ぶのが正解ではないでしょうか。

hi-ho GoGo Wi-Fi(公式):https://hi-ho.jp/

月額3,355円

hi-ho GoGo Wi-Fiを申し込む

8日間のクーリングオフ対象商品です

 

hi-ho GoGo Wi-Fi:よくある質問と答え

弊社公式LINE@に寄せられたよくある質問と答えをまとめました。

申し込み前の最終チェックにご活用くださいませ。

自宅の光回線の代わりになりますか?

光回線の代わりになるかどうかは、実は非常に難しい問題。

同時に使う人数やWi-Fiを使って何をしたいか、電波感度の良し悪しによっても異なるからです。

一人暮らしで動画視聴やネット検索、SNS程度であれば十分まかなえるでしょう。

オンラインゲームをがっつりやりたい場合は、混雑する時間帯や電波の悪い部屋などではラグが発生する可能性もあります。

 

また、家族みんなで同時に使うことが多いのであれば、注意が必要です。

快適に使えるのは2~3人くらいまでになるかと思います。

お父さんがリビングのテレビでネットフリックス、お母さんはスマホでYouTube、子どもは部屋でモンハン、なんていう状況だとさすがに快適に使うのは厳しいかもしれません。

 

地下でも使えますか?

大手キャリアの4G LTE回線を使用しているので、基本的には地下でもどこでもつながります。

ただし、スマホですら圏外になるような場所ではつながらないので、気をつけましょう。

1番繋がるソフトバンクの通信可能エリアはHP(https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/)にて確認することができます。

 

申し込んだらいつ届きますか?

公式サイトにはおおむね1週間と記載があります。

私の場合は4日後に届きました。

混雑状況に左右されますので、お急ぎであれば早めに申し込んでおくのが正解ですね。

 

いつから料金が発生しますか?

商品の発送日ベースで支払いが発生します。

 

初月は日割りになりますか?

初月の料金は日割りになります。

ココがポイント

「hi-ho GoGo Wi-Fi」は、3/31まで「事務手数料&初月無料」になる大変オトクなキャンペーンを実施中です。

 

口座振替でも申込む裏技はありますか?

残念ながら今のところクレジットカードでしか申し込むことができません。

年会費無料のクレジットカードを作るか、口座振替可能な別のポケットWi-Fiに申し込むしかないでしょう。

比較的審査の通りやすく、年会費無料で、最短で届くクレジットカードとしては楽天カードがおすすめです。

口座振替で申し込むことができる無制限ポケットWi-Fiとしては「どんなときもWiFi」があります。

買ってはいけない?どんなときもWiFiの意外な落とし穴
どんなときもWiFi 8ヶ月使用レビュー|デメリットと口コミ、他社との比較も紹介

<CAUTION> 2020年3月現在、どんなときもWiFiにおいて大規模通信障害が発生中です。 今申し込むのはやめておきましょう。 詳しくはコチラ 参照:どんなときもWiFiに通信障害|復旧は4月上 ...

続きを見る

 

未成年でも申込みできますか?

未成年の場合は親権者の同意が必要です。

クレジットカードが必要になるので、18歳未満の方は申し込みができません。

ご家族の方に申し込んでもらいましょう。

 

申し込み時に本人確認書類は必要ですか?

特に必要ありません。

 

ルーターの送料はかかりますか?

ルーターの送料はかかりません。

月額料金に含まれております。

 

配送日時を指定することはできますか?

配送日時を指定することはできません。

順次発送となります。

佐川急便でのお届けとなります。

 

店舗でも受け取れますか?

hi-ho GoGo Wi-Fiは受け取り可能な店舗がありません。

ネット注文、配送による受け取りのみとなっています。

 

端末の初期不良はどうなりますか?

1年間は無償交換補償(自然故障に限る)がついているため、端末補償(月額500円)に加入していなくても無償で交換することができます。

届いた時点で壊れていた場合は、下手にさわらずにすぐに連絡をしましょう。

 

解約したい場合はどうすればいいですか?

インフォメーションデスクに直接電話をかけましょう。

hi-hoインフォメーションデスク

毎月20日が当月末解約の締め切りとなります。

 

その他のクラウドWiFiと比べてどうですか?

当初は少し遅いかな?と感じましたが、実際に使い続けてみるとそんなことはありませんでした。

特に問題なく使えています。

 

hi-ho GoGo Wi-FiはUSB接続には対応していますか?

hi-ho GoGo Wi-FiのルーターはUSB接続に対応しておりません。

Wi-Fiで接続させてインターネットをお楽しみください。

 

hi-ho GoGo Wi-Fiは有線LAN接続には対応していますか?

hi-ho GoGo Wi-Fiのルーターは有線LAN接続に対応しておりません。

そのため、デスクトップパソコンなどと有線(LANケーブル)で接続することができません。

Wi-Fiで接続させてインターネットをお楽しみください。

 

月末に申し込むと損になりますか?

初月は日割りなので、いつ申し込んでも損になることはありません。

 

hi-ho GoGo Wi-Fiは電池パックの交換・補償ができますか?

hi-ho GoGo Wi-Fiのルーターは電池パックの交換はできません。

また、端末補償に加入していたとしてもバッテリーは補償対象外になります。

毎日長時間使用するなど、電池パックの消耗・膨張がどうしても気になるのであれば、電池パックの購入・交換が可能なネクストモバイルを検討するのが良いかもしれません。

参考記事:ネクストモバイルを徹底レビュー|他社比較とデメリットと実効速度を検証しています

 

補償はありませんが、Amazonなどで電池パックを購入し、自分で交換することができます。

補償オプションを上手に使えば可能な場合あり

公式サイトに掲載されているわけではありませんが、「水没させてしまった」と申告すれば理論上は端末補償オプションを使って交換することができます。

推奨しているわけではありませんが、せっかく端末補償に加入するのであれば上手に活用したいですね。

 

申込み完了のメールが届かない

GmailやYahooメール、また携帯のキャリアメール(docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jp)などを利用している場合、迷惑フォルダにメールが入ってしまうことがあります。

迷惑フォルダを確認の上、それでもメールが届いていないようであれば、公式サイトの問い合わせフォームから連絡をしてください。

 

以上、よくある質問と答えでした。

ポケットWiFi選びに関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくは公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください。

なる早で返答させていただきます。

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-, ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.