auひかりの評判からわかった注意するべき5つのデメリットと失敗しない契約方法

auひかりの評判からわかった注意するべき5つのデメリットと失敗しない契約方法

更新日:

この記事でわかること

  • auひかりの評判は悪いどころかむしろ良いくらいである
  • 速度に関しては抜群の評価でドコモ光やソフトバンク光よりも速い
  • 他の光回線と比べても料金メリットが大きい
  • 使えるエリアが限られているのが一番のデメリットである
  • auスマホとのセット割引や高額キャッシュバックという魅力もある

auひかりは、auスマホを使っている人やなるべく速いインターネットを探している人に選ばれている光回線です。

他の光回線よりキャッシュバックがたくさんもらえるので、ドコモやソフトバンクのスマホを使っている人でも気になっている人は多いのではないでしょうか。

ただし、これから長く使うことになる光回線ですから、本当に速いのか、毎月の費用が高くはないのか、といった不安がある人もいるでしょう。

そこで、他の光回線と比較したauひかりの評判や気になるデメリットを解説します。

回線速度や料金についてもしっかりと比較していますので、auひかりを申し込む前に必ずチェックしておいてください。

auひかりはドコモやソフトバンクといったauユーザー以外の方にも人気の光回線です。

杉本

auひかり(公式):https://gmobb.jp/auhikari/

\限定キャッシュバック/

auひかりを申し込む

乗り換え違約金還元中です

auひかりの評判が悪いのは本当か?他の光回線と比較してみた

auひかりの評判が良いのか悪いのかは、他の光回線と比べてみて初めてわかるものです。

料金や速度といった光回線にとって一番大事な部分をふまえて、様々な角度から比較してみた結果を紹介します。

エリアが限られているため、全国どこでも使えるわけではない

おそらくauひかり一番のデメリットは、誰でも使えるわけではない、という点です。

というのも、ドコモ光やソフトバンク光に比べてしまうと、どうしても使えるエリアが限られてしまうのです。

一戸建てであれば東海地方や関西地方は一切使えませんし、マンションだと対応していない場合が少なくありません。

「使いたかったけど、使えなかった」というのがauひかりのよくある話であり、人気であるがゆえに起こジレンマでもあります。

契約する予定だったauひかりが引越し先は対応エリア外だったのは計算外でした

— Spica(のみー) (@Spica_lice) March 22, 2021

 

初期費用も月額料金も平均よりオトクな安さで利用できる

対応エリアこそドコモ光やソフトバンク光に劣るauひかりですが、初期費用や毎月の料金はオトクです。

一戸建てもマンションも、一般的な光回線よりも割安価格で使用できるようになっています。

光回線の初期費用(工事費)を比較
  一戸建て マンション
auひかり 41,250円
同額割引で実質無料
33,000円
同額割引で実質無料
ドコモ光 19,800円
無料キャンペーン中
16,500円
無料キャンペーン中
ソフトバンク光 26,400円 26,400円
OCN光 19,800円 16,500円
ビッグローブ光 33,000円
同額割引で実質無料
29,700円
同額割引で実質無料
So-net光プラス 26,400円
同額割引で実質無料
26,400円
同額割引で実質無料

 

まず、初期費用(工事費)に関してauひかりは実質無料となっています。

本来は工事費が60回の分割払いとなりますが、同額の割引が60回続くので実質無料になるのです。

※マンションは24回。

同様のかたちで工事費を実質無料にしている光回線は多く、ビッグローブ光やSo-net光プラスも同じく実質無料となっています。

 

光回線の月額料金を比較
  一戸建て マンション
auひかり 5,610円 3,740円~4,510円
ドコモ光 5,720円 4,400円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
OCN光 5,610円 3,960円
ビッグローブ光 5,478円 4,378円
So-net光プラス 6,138円 4,928円
※auひかりのマンションは建物によって料金が異なります。

 

毎月の料金に関してもドコモ光やソフトバンク光に比べれば安いので、決して高いとはいえません。

もちろんauひかりより安い光回線もありますが、あくまでも100円や200円程度なので大きな差ではないです。

 

つまり、料金的にauひかりが他社より損になることはないといえます。

 

auスマホとのセット割引で家族全員安くなる

auひかりはauスマホとのセット割引があります。

契約者本人だけでなく、auスマホを使っている家族の方も毎月のスマホ料金が最大1,100円も安くなるのです。

auスマートバリューの割引額
契約プラン 割引額
ピタットプラン5G
ピタットプラン4G LTE(新auピタットプランN)
1GBまで 対象外
1GB超~7GBまで 550円
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G
1,100円
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで 550円
カケホ(3Gケータイ・データ付) 1,027円
タブレットプラン20 1,100円

引用元:auスマートバリュー

※povoはauスマートバリューの対象ではありません。

受付が終了しているプランを確認する(割引は適用)

auスマートバリューの割引額
契約プラン 割引額
新auピタットプラン 1GBまで 対象外
1GB超~7GBまで 550円
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
1,100円
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで
※auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外となります
550円
2GB超~20GBまで 1,100円
データ定額1 1,027円
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
1,027円
U18データ定額20 1,551円
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラットプランF(IS)シンプル
1,551円
※3年目以降は1,027円
データ定額10/13/30 2,200円
※3年目以降は1,027円
データ定額1(ケータイ) 1,027円
※3年目以降は550円
データ定額2/3(ケータイ) 1,027円
データ定額5/8(ケータイ) 1,551円
※3年目以降は1,027円
データ定額10/13(ケータイ) 2,200円
※3年目以降は1,027円
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」) 1,100円
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
1,551円
※3年目以降は1,027円

引用元:auスマートバリュー

4人家族でマンションに住んでいる場合、auひかりの料金が実質的に無料になることもあります。

このセット割引が、auスマホユーザーにauひかりが人気の理由です。

ココがポイント

スマホとのセット割引がなかったり、割引額が小さい光回線の方が多いです。

ぷらら光はセット割引がないですし、OCN光はスマホ1台あたり220円の割引にしかなりません。

 

通信速度の評判は最高!独自回線なので速いインターネットが使える

auひかりが人気の理由は料金の安さだけではありません。

人によっては安さよりも大事なインターネットの速さにも定評があるのがauひかりなのです。

auひかりは、ドコモ光やソフトバンク光とは異なる独自回線を利用しています。

この独自回線を使っていることが理由でネットワークは混雑しにくく、常に快適な速度が出やすくなっているのです。

auひかり速すぎやろ、楽天ひかりより速いぞ pic.twitter.com/DhLO06D2Dh

— パソ神様(群)@ミリオンライブLV旭川1日目、LV札幌2日目 (@TrySailer) May 2, 2021

今日からwifi通ったけどauひかりめちゃめちゃ速い! pic.twitter.com/xdcmAPoYpu

— まえこ (@ky_mhr) April 26, 2021

 

高額なキャッシュバックと他社違約金還元で乗り換えしやすい

今使っている光回線からauひかりへ乗り換えを検討している場合もメリットが大きいです。

auひかりは高額なキャッシュバックと乗り換えに生じて発生した他社光回線の違約金を負担してくれます。

今ならキャッシュバックが最大61,000円、違約金は最大30,000円まで還元可能です。

実質無料で乗り換えができて、さらにプラスでキャッシュバックまでもらえるので、非常に乗り換えやすくなっています。

 

ユーザーの口コミ評価が高い!81%が満足していると回答

弊社がリサーチ会社に協力して行ったアンケート結果によると、実に81%の利用者がauひかりに満足していることがわかりました

auひかりは81%が満足していると回答

 

auひかりの満足度調査に関する概要詳細

調査目的 auひかりの満足度を調査することで、利用を検討している方への判断材料の提供
調査方法 LINEリサーチ
調査対象 auひかりを利用している方、過去に利用していた方
調査期間 2021年2月1日~2021年2月28日
回収数 434件

10人中8人が満足しているということは、SNS上で見られる否定的な意見がいかに少数派であることがわかります

アンケートの中でいただいたコメントをいくつか紹介します。

40代女性

スマホがauだと割引が効いてかなり安く使えている。Wi-Fiも問題なく使えているので満足している。

30代男性

オンラインゲームをやるためにauひかりに切り替えたが正解だった。キャッシュバックもあったのでかなりオトク。

速度も料金も満足しているという声が非常に多かったです。

 

肯定的な意見だけでなく、否定的な意見も紹介しておきます。

40代女性

スマホがドコモなので割引がない。更新月まで待たないと違約金がかかるのでドコモ光に乗り換えれない。

たしかにスマホがドコモであればセット割引のあるドコモ光の方がオトクです。

違約金がかかってしまうのはauひかりに限った話ではないので、ドコモ光のキャッシュバックを利用するか更新月まで待つしかないでしょう。

 

40代男性

よく調べもせずショップで申し込んでしまったためキャッシュバックがもらえず後悔している。今はなんでもネットからの方がオトクになるということを知らなかった。

インターネット回線に限らず、どんなものでもネットから購入・契約したほうがオトクになる時代です。

自動車保険や引っ越しの手続きもオンラインで完結でき、割引が効いたりします。

もしこれからauひかりを申し込もうと考えているのであれば、キャッシュバックや割引特典のあるキャンペーンサイトから申し込むようにしてください。

 

以上がauひかりの評判でした。

他の光回線と比較しても料金のオトクさや通信速度にも定評があることがわかります。

実際に使っている人たちからの評価も高いので、十分におすすめできる光回線といえるのがわかったのではないでしょうか。

 

auひかりの注意するべき5つのデメリットを解説

評判も悪くなく他社と比較してもメリットの大きいauひかりですが、もちろん注意するべきデメリットはあります。

とことん調べて見つけた5つのデメリットを解説します。

auひかりの注意するべき5つのデメリット

  • 全国どこでも使えるわけではなく、一部のエリアでは契約できない
  • マンションは物件によって月額料金と最大速度が異なる
  • ひかり電話を申し込まないとセット割引が使えない
  • auを騙る悪質な訪問販売、電話営業が多い
  • 申し込むサイトによってキャッシュバック金額が異なる

全国どこでも使えるわけではなく、一部のエリアでは契約できない

まず気をつけてほしいのはauひかりは全国対応しているわけではない、ということです。

昔に比べれば使えるエリアが広がってきているのは確かではありますが、いまだに使えないエリアもあります。

auひかりが使えるエリアと使えないエリア

 

まず、一戸建てに関してですが次のエリアはauひかりが使えませえん。

auひかりが使えないエリア(一戸建て)

  • 東海:愛知、岐阜、三重、静岡
  • 関西:大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山

上記エリアは、auひかりと提携を結んでいる電力会社の光回線(東海エリアはコミュファ光、関西エリアはeo光)の対応エリアとなるため、auひかりが使えないようになっています。

 

マンションは導入物件なら全国どこでも使える

ただし、上記エリアであってもマンションであればauひかりが利用可能です。

マンションの場合はauひかりが導入されている物件であれば、全国どこでも使えます。

逆を言えば、auひかりが導入されていないマンションの場合は東京や福岡であっても利用することができないので気をつけましょう。

ココがポイント

マンションがauひかりに対応しているかどうかはWEBから確認ができます。

auひかりを検討している方は、まず先にマンションが対応しているかどうかを確認しておくといいですよ。

auひかりのエリア確認

WEBサイト右上「エリア検索・料金診断」から郵便番号を打ち込むだけでマンションが対応しているかどうかわかります。

 

auひかりのエリア確認

上記のように、お住まいのマンション名が表示された場合はauひかりを使うことができます。

 

マンションは物件によって月額料金と最大速度が異なる

マンションにお住まいの方に気をつけていただきたいのは、マンションは物件によって月額料金と最大速度が異なる、ということです。

マンション用のauひかりは全部で9つ種類があり、物件によって導入されているタイプが異なります。

9つの中から好きなものが選べるわけではなく、導入されているタイプに従うしかありません。

auひかりのマンションタイプ9種類
タイプ 月額料金 最大速度 配線方式
V8 4,510円 100Mbps VDSL
G8 4,510円 664Mbps VDSL
マンションギガ 4,455円 1Gbps 光配線
V16 4,180円 100Mbps VDSL
G16 4,180円 664Mbps VDSL
都市機構DX 4,180円 664Mbps VDSL
都市機構G 4,180円 100Mbps VDSL
E8 4,070円 100Mbps LAN
E16 3,740円 100Mbps LAN

 

理論上、一番速度が出やすいのは最大速度が1Gbpsで光配線方式を採用している「マンションギガ」であり、「E8」や「E16」は速度が出にくい可能性があります。

LANやVDSLでも快適にインターネットが使えている口コミ多数

マンションタイプによって最大速度や通信方式が異なるため、実際の速度に影響が出る場合があります。

ただし、実際に使っている方々の口コミではLANやVDSL方式であっても速度が出ている、との声も多いです。

auひかりの測定結果(IPv6接続)
プロバイダ: au one net
Ping値: 11.5ms
ダウンロード速度: 240.47Mbps(非常に速い)
アップロード速度: 118.48Mbps(かなり速い)
マンション光VDSLのG契約だとなかなかですよ。IPV4接続
だと270Mbps以上出ます。https://t.co/aKioUZQqmi #みんなのネット回線速度

— トモ (@otomoaki_195902) February 14, 2021

6月でADSLが終了するのでauひかりに乗り換えました。古いマンションでVDSLゆえ理論値100Mbpsと光にしてはトホホな速度ですが、それでも10倍以上速くなったのでおけヽ( ̄▽ ̄)ノ pic.twitter.com/y07F7h97pG

— にはち (@aae12430) April 22, 2021

 

当サイトにも喜びの声が直接届いています。

auひかりの口コミ

最大速度こそ100Mbpsかもしれませんが、auひかりは独自回線を使っているので数値以上に速く感じることが多いです。

マンションでVDSLやLANだったからといって諦める必要はありませんよ。

 

ひかり電話を申し込まないとセット割引が使えない

速度以外に注意してほしいポイントは、auスマホとのセット割引「auスマートバリュー」です。

契約者だけでなく、auスマホをお持ちの家族全員が最大1,100円安くなるわけですが、セット割引を適用させるためにひかり電話(固定電話)の申し込みが必要になります。

使う使わないに関わらず申込みが必要であり、基本料金として毎月550円払わなくてはいけません。

とはいえ、ほとんどの人が1,100円の割引が適用になるので、必要はないけれどひかり電話の申し込みをしてauスマートバリューを適用させましょう。

ココがポイント

家族が何人いても、ひかり電話の契約は1台だけ(月額550円)ですので安心してください。

それだけで家族全員の割引が適用となります。

ひかり電話は3年間無料で使える

一戸建ての場合はひかり電話を3年間無料で使うことができます。

マンションの場合は2年間無料です。

セット割引があるのでプラマイで考えればオトクになりますし、ひとまず最初の3年(マンションは2年)は無料なので安心しましょう。

もっと詳しく

あくまでも契約上ひかり電話を申し込むだけであり、電話機を用意する必要はありません。

もちろん固定電話が必要な方は、電話機を用意すれば大丈夫です。

 

auを騙る悪質な訪問販売、電話営業が多い

速度や料金とは全く違いますが、auを騙る悪質な訪問販売や営業電話にも気をつけましょう。

まったく関係のない会社にも関わらず「auの人」を装って、強引な契約を結ばせようとする会社がまだまだ多いのが現状です。

「本当のauの人」は訪問販売や営業電話をかけてくることはありません。

不要なオプションを強制的に付けられたり、必要のない工事をして多額の請求がくる可能性もあります。

被害に合わないためにも、訪問販売や営業電話は全て断るようにしましょう。

 

申し込むサイトによってキャッシュバック金額が異なる

auひかりはWEBから申し込むことで一番高額なキャッシュバックをもらうことができます。

ただし、オンラインで申し込める窓口は複数あり、どこから申し込むかによってもらえるキャッシュバック額が異なるのです。

特に「あたかも一番オトクに見える代理店」には気をつけてください。

キャッシュバックをもらうためにオプションの長期契約が必要だったり、手続方法が複雑だったりします。

auひかり代理店に注意

本来不要な電話オプションの申し込みが必要になる例

 

各社毎月のようにキャンペーン内容が変わるのですが、現時点で一番オトクにauひかりが申し込めるのは正規プロバイダである「GMOとくとくBB」の公式サイトです。

auスマートバリューの適用条件である「ひかり電話」にだけ申し込みをすれば、一戸建てなら61,000円、マンションでも51,000円のキャッシュバックを確実にもらうことができます

ココがポイント

GMOとくとくBBが一番オトクにできる理由は、auひかりの正規プロバイダだからです。

代理店のように間に入っている会社がいないため、目一杯の還元をすることができます。

GMOとくとくBBなら高性能無線ルーターも無料でプレゼント

auひかり(GMO)では、様々なメーカーの無線ルーターが無料でもらえます

GMOとくとくBBがオトクなのはキャッシュバックだけではありません。

快適なWi-Fiを利用するのに必須である、高性能無線ルーターも申込者全員に無料でプレゼントしています。

auひかり工事日の数日前に自宅へ送られてきますので、面倒な申請や手続きは必要ありません。

もっと詳しく

ここだけの話ですが、GMOとくとくBBから送られてきた無線ルーターは売ってしまっても問題ありません。

新品なので10,000円前後で売ることができるので、ちょっとした臨時収入になります。

乗り換えなら違約金30,000円まで全額負担

さらに、他社からの乗り換えの場合は違約金を最大30,000円まで還元してくれるのもGMOとくとくBBの強みです。

更新月以外でも気兼ねなく乗り換えできるので、キャンペーンが適用される間に申し込みましょう。

 

以上がauひかりの注意するべきポイントとデメリットでした。

auひかりの注意するべき5つのデメリット

  • 全国どこでも使えるわけではなく、一部のエリアでは契約できない
  • マンションは物件によって月額料金と最大速度が異なる
  • ひかり電話を申し込まないとセット割引が使えない
  • auを騙る悪質な訪問販売、電話営業が多い
  • 申し込むサイトによってキャッシュバック金額が異なる

上記5つのポイントをよく理解してから申し込むようにしてください。

auひかり(公式):https://gmobb.jp/auhikari/

\限定キャッシュバック/

auひかりを申し込む

乗り換え違約金還元中です

auひかりの失敗しない契約方法と利用開始までの流れ

ここまでの内容をふまえて、失敗しないauひかりの契約方法と利用開始までの流れを解説します。

正規プロバイダ「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込む

まずは正規プロバイダである「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込みをしましょう。

 

2~3日以内に工事日を相談するための電話がかかってくる

申し込み完了日から2~3日以内にauひかりの提供元である「KDDI」から電話がかかってきます。

auひかりの工事日を相談することになり、この電話で工事日が決まります。

 

工事日の数日前に無線ルーターが届く

工事日の数日前にGMOとくとくBBから無線ルーターが届くので、忘れずに受け取っておきましょう。

 

指定日時の1時間前に工事業者から電話がかかってくる

工事日当日の1時間ほど前に工事業者から電話がかかってきます。

工事は立ち会いが必要です。

 

1時間ほどで工事完了、すぐにインターネット(Wi-Fi)が使える

工事は1時間ほどで完了します。

工事が終わればすぐにインターネットは使えるようになっているので、スマホやパソコンなどをWi-Fiにつなぎましょう。

面倒な設定をすることなく、すぐにWi-Fiが使えるようになるのもauひかりの魅力ですね。

杉本

auひかり(公式):https://gmobb.jp/auhikari/

auひかりを申し込む

乗り換え違約金還元中です

 

auひかりについてもう少し詳しく知りたい方のために、より細かい内容を解説していきます。

auひかりとはKDDIが独自回線で提供している超高速光回線

auひかりはKDDIが独自回線で提供している、超高速光回線です。

ドコモ光やソフトバンク光よりも速さに定評があるのが一番の特徴になります。

NTTではない独自の回線なので混雑しにくく速度が出やすいのが売り

ドコモ光やソフトバンク光はNTTの光回線である「フレッツ光」を利用しています。

対してauひかりはKDDI独自の光回線を使用しているため、ユーザー数が増えてもネットワークの混雑が起きません。

混雑が起きないということは常に快適な速度が出やすいということですので、仕事やゲームなどで速度を気にされる方にはうってつけの光回線となっているわけです。

もっと詳しく

ドコモ光のユーザーが増えれば、必然的にソフトバンク光も込みやすくなる、ということです。

ドコモ光やソフトバンク光のユーザーがどれだけ増えても、auひかりのネットワークには全く関係がありません。

 

auスマホとのセット割引があるのでauユーザーに大人気

auユーザーであればauひかりとのセット割引が適用になり、速いだけでなくオトクに利用することもできます。

家族全員が割引の対象となるため、まとめてオトクにされる方が非常に多いです。

 

キャッシュバックなどのキャンペーンが豊富で乗り換える人が続出している

auひかりはネットから申し込むことでキャッシュバックが最大61,000円ももらえる非常にオトクな光回線です。

また、他社光回線からの乗り換えの場合で違約金が発生する場合は最大30,000円までauひかりが負担してくれます。

結果として実質的な負担なくauひかりに乗り換えることができるのもauひかりが人気になってきている理由の一つといえるでしょう。

セット割引がなくても選ぶ人はたくさんいる

速度を重要視する方であれば、スマホとのセット割引なしでもauひかりを選ぶ人はたくさんいます。

また、一人暮らしの方であればセット割引で安くなる金額も大きくはないので、高額なキャッシュバックを目当てにauひかりを選ぶ人が非常に多いです。

ココがポイント

ドコモ×ドコモ光やソフトバンク×ソフトバンク光のセット割引は最大1,100円です。

それよりもまとめて5万円や6万円のキャッシュバックが欲しい人がけっこういます。

 

以上がauひかりの特徴でした。

速さも安さもオトクさも兼ね揃えた、人気の光回線であることを覚えておきましょう。

auひかりの初期費用と月額料金を解説!工事費は実質無料です

続いてauひかりの初期費用と月額料金を解説します。

先程も少し説明しましたが、工事費が実質無料となっているのがauひかりの特徴です。

工事費が実質無料なので負担なく始められる

auひかりの工事費
一戸建て マンション
41,250円
同額割引で実質無料
33,000円
同額割引で実質無料

光回線を使い始める際は、最初にどうしても工事が必要になります。

auひかりも例外ではなく通常ですと数万円の工事費用がかかるのですが、現在は実質無料で工事を行ってくれます

一戸建ての場合、通常の工事費は687.5円×60回の分割払いとなるのですが、60ヶ月間は同額(687.5円)の割引が適用となり実質無料となるのです。

マンションの場合は1,375円×24回払いなのですが、同じく24ヶ月間は1,375円の割引が適用となるので実質無料で工事ができます。

最初に必要となる工事費用は光回線を始めるにあたって大きな足かせとなるのですが、auひかりであれば負担なく始められるので嬉しいですね

 

毎月の料金も良心的!一戸建てとマンションで料金プランが異なる

auひかりの月額料金
一戸建て マンション
5,610円 3,740円~4,510円
※マンションによって異なる

オトクなのは工事費だけではありません。

毎月の料金も良心的な価格設定となっているのがauひかりです。

 

光回線の月額料金を比較
  一戸建て マンション
auひかり 5,610円 3,740円~4,510円
ドコモ光 5,720円 4,400円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
OCN光 5,610円 3,960円
ビッグローブ光 5,478円 4,378円
So-net光プラス 6,138円 4,928円
※auひかりのマンションは建物によって料金が異なります。

 

有名どころの光回線と比較しても高からず安からずの価格で利用できるので、「auひかりは高い!」ということには決してなりません。

 

auスマホならセット割引(auスマートバリュー)で毎月1,100円も安くなる!

auひかりの魅力の一つが、auスマホとのセット割引「auスマートバリュー」です。

契約しているスマホのプランによって割引が異なりますが、多くの方が毎月1,100円も安くなります。

auスマートバリューの割引額
契約プラン 割引額
ピタットプラン5G
ピタットプラン4G LTE(新auピタットプランN)
1GBまで 対象外
1GB超~7GBまで 550円
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G
1,100円
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで 550円
カケホ(3Gケータイ・データ付) 1,027円
タブレットプラン20 1,100円

引用元:auスマートバリュー

※povoはauスマートバリューの対象ではありません。

受付が終了しているプランを確認する(割引は適用)

auスマートバリューの割引額
契約プラン 割引額
新auピタットプラン 1GBまで 対象外
1GB超~7GBまで 550円
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
1,100円
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで
※auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外となります
550円
2GB超~20GBまで 1,100円
データ定額1 1,027円
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
1,027円
U18データ定額20 1,551円
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラットプランF(IS)シンプル
1,551円
※3年目以降は1,027円
データ定額10/13/30 2,200円
※3年目以降は1,027円
データ定額1(ケータイ) 1,027円
※3年目以降は550円
データ定額2/3(ケータイ) 1,027円
データ定額5/8(ケータイ) 1,551円
※3年目以降は1,027円
データ定額10/13(ケータイ) 2,200円
※3年目以降は1,027円
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」) 1,100円
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
1,551円
※3年目以降は1,027円

引用元:auスマートバリュー

離れて暮らす両親も割引の対象になります

auのセット割引「auスマートバリュー」は、離れて暮らす両親も割引の対象になります。

50歳以上という年齢制限はありますが、使わない手はありません。

もっと詳しく

離れて暮らす両親に割引を適用させるには、auショップで手続きが必要になります。

契約状況によって必要な書類などが異なるので、直接auの窓口へお問い合わせください。

au電話サポート予約:https://www.au.com/

 

以上がauひかりの料金についてでした。

続いて、auひかりの速さの秘密の一つであるIPv4/IPv6デュアルスタックについて説明します。

auひかりの速さの秘密は独自回線とIPv4/IPv6デュアルスタック

auひかりが速いのはNTTとは違うKDDIの独自回線を使っているからです。

ですが、それだけではありません。

独自回線に加えて「IPv4/IPv6デュアルスタック」という技術を採用していることが、速度のさらなる向上につながっています。

KDDI独自の回線を使用しているので混雑しにくい

日本全体で光回線はおよそ3,300万契約であり、そのうち2,200万契約はNTT回線を使用した光回線会社です。

光回線を使っている人の3分の2がNTT回線を使っていることになります。

auひかりの契約者数は400万件ほどなので、全体からすればわずか10%程度にしか過ぎません。

つまり、NTT回線を使っているドコモ光やソフトバンク光に比べて混雑しにくく、ネットワークに余裕があるため快適に使えると言い換えることができます。

2020年3月末時点のFTTH(光回線サービス)の契約数は3,306.8万件で、2019年度年間の純増数は133.7万件(伸び率は4.2%)。

NTTの光回線(フレッツ光およびコラボ光)は堅調に増加し、2020年3月末の東西合計の契約数が2,165.8万件となった。

MM総研「ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2020年3月末時点)」より引用

「auひかり」等を提供するKDDIグループは2019年3月末の契約数が401.8万件。シェアは12.9%となり、前年同月末から0.3ポイント落とした。中部

MM総研「ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2019年3月末時点)」より引用

 

IPv4/IPv6デュアルスタックでスムーズな通信を実現

デュアルスタック概念図

画像参照:日本ネットワークインフォメーションセンター

auひかりの速度が速い理由は混雑しにくい独自回線だからだけではありません。

使用しているネットワークにも秘密があります。

少し専門的な話になりますが、アクセスするサイトに合わせて自動で「IPv4」と「IPv6」を切り替えてくれる「IPv4/IPv6デュアルスタック」という通信方式を採用しています。

その結果、従来よりも快適なネット通信が可能になり、端的にいうと「ネットが速くなった」のです。

 

2021年5月のauひかりキャンペーン内容まとめ

最後にauひかりのキャンペーン内容をまとめておきます。

最大61,000円のキャッシュバックがもらえる

auひかりの正規プロバイダである「GMOとくとくBB」の公式サイトからWEB申し込みすることで、最大61,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

auひかりの最大キャッシュバック額
一戸建て マンション
61,000円 51,000円

 

高性能無線ルーターがもらえる

auひかり(GMO)では、様々なメーカーの無線ルーターが無料でもらえます

キャッシュバックだけでなく、高性能無線ルーターも無料でもらうことができます。

レンタルではなくプレゼントです。

 

乗り換えなら違約金30,000円まで全額負担

他社インターネット回線からauひかりに乗り換えの場合で、他社解約違約金が発生した場合、最大30,000円まで還元できます。

光回線だけでなくポケットWiFiからの乗り換えも対象です。

ただし、あくまでも違約金と同額の還元であり、必ず30,000円もらえるわけではないので気をつけましょう。

違約金がない場合はキャッシュバックは一切ありません。

※WiMAXからの乗り換えは対象外です。

 

以上がauひかりのキャンペーン内容でした。

auひかりを契約するなら高額キャッシュバックがもらえる今がチャンス!

auスマホをお使い方であれば、auひかりが断然おすすめです。

auひかりは独自回線を使った光回線なので速度には定評があり、高額なキャッシュバックをもらうことができます。

一番安い光回線というわけではありませんが、スマホとのセット割引やキャッシュバックによりオトクに使えるのは間違いありません。

さらに正規プロバイダである「GMOとくとくBB」の公式サイトから申込むことにより、高性能無線ルーターを無料でもらうこともできます。

WEB申し込みであれば24時間申し込み可能であり、わざわざauショップに足を運ぶ必要がありません。

また、高額なキャッシュバックがもらえるのはWEB申し込み限定のため、オトクに光回線を使いたい人はパソコンやスマホから手続きしましょう。

auひかり(公式):https://gmobb.jp/auhikari/

\限定キャッシュバック/

auひかりを申し込む

乗り換え違約金還元中です

 

auひかりに関する質問や相談はコメント欄、もしくは公式LINE@にていつでも受け付けております。

出来得る限りお答えしておりますので、宜しくお願いいたします。

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

光回線

※本記事の内容には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性や安全性を保証しているわけではございません。
※通信速度や電波感度に関しては当サイトの検証結果にもとづく所感であり、一定の効果を保証しているわけではございません。
※ご不明点につきましては、各メーカーへお問い合わせ願います。
※インターネット回線をご契約の際には、各社ホームページの内容をご自身でご確認の上お申し込みください。

  • この記事を書いた人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-光回線
-, ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2021 All Rights Reserved.