docomo(ドコモ)からpovo(ポヴォ)にMNPで乗り換える全手順と注意点を徹底解説

docomo(ドコモ)からpovo(ポヴォ)にMNPで乗り換える全手順と注意点を徹底解説

更新日:

ドコモからpovo(ポヴォ/ポボ)に乗り換える人が増えています。

ドコモのahamoではなくauのpovoを選ぶ1番のメリットは、やはりなんと言っても「データ使い放題トッピング」です。

また、電話をほとんどしない人であれば、5分かけ放題がない分だけ安くなるpovoの方がお得に使うことができます。

ドコモに比べれば半額以下で使えるpovoに乗り換えることで、通信費を一気に節約することが可能です。

povoとドコモを比較
  povo(ポヴォ) ドコモ
料金プラン 20GB:2,728円 <段階制プラン>
1GBまで:3,465円
3GBまで:4,565円
5GBまで:5,665円
7GBまで:6,765円
<使い放題プラン>
7,205円
通話 5分かけ放題:550円
かけ放題:1,650円
5分かけ放題:770円
かけ放題:1,870円

ここでは、ドコモからpovoに乗り換える手順と注意点を解説しています。

ドコモからpovoに乗り換える手順は、次の3パターンです。

いずれの方法でも大きな違いはなく、とても簡単に乗り換えることが可能です。

ココがポイント

povoでは端末の販売を行っていません。

ただし、ドコモで機種変更をするより、自分で新しく買った方が安く買える場合がほとんどです。

povo乗り換えついでにスマホを新しくしようと考えていた人は、ECサイトや家電量販店などで購入しましょう。

(例)iPhone 12 Pro 128GBの場合

  • ドコモオンラインショップ:129,096円
  • アップルストアで購入:117,480円
  • ヨドバシ.comで購入:117,480円

わざわざSIMロック解除を行う手間もなくなりますので、スマホはドコモ以外で購入することをおすすめします。

povo:https://povo.au.com/

公式サイトへ移動します

povoを申し込む

1回220円で24時間データ使い放題

以下の目次より、該当する箇所を選んで参考にしてください。

ドコモからpovoに乗り換える全手順を解説

ドコモからpovoに乗り換える手順

【パターン①】今使っているスマホのままpovoに乗り換える場合の手順

今使っているスマホのまま乗り換える

今お使いのスマホそのままで、povoに乗り換える方法について解説します。

iPhoneでもAndroidでも、とても簡単に乗り換えられるので安心してください。

povo乗り換えまでの所要時間

  • Webでの手続き:5~10分
  • SIMカードが届くまでの日数:3~5日程度
  • 開通手続きにかかる時間:1~3分

また、今ならau PAY残高10,000円相当分がキャッシュバックされるキャンペーンが開催されているため、お得に乗り換えることができます。

au PAY残高10,000円相当キャッシュバック(チャージ)キャンペーン

  • キャンペーン期間:2021年7月30日~終了日未定
  • エントリー:不要
  • 条件:MNP(電話番号そのまま)で他社からpovoに乗り換えること、povo申込みから8日以内にau PAYの利用開始手続きを行うこと
  • 注意:2021年6月24日(木)~2021年6月30日(水)に実施したau PAY残高10,000円相当キャッシュバックキャンペーンを受け取ったことがある回線は対象外となります。

終了日未定ですので、キャンペーンが終わってしまう前に申し込んでおきましょう。

杉本

今使っているスマホでpovoに乗り換える場合の手順

  1. スマホがpovoに対応しているか確認する
  2. ドコモでMNP予約番号を発行する
  3. povo公式サイトから申し込みをする
  4. SIMカードが届いたらpovoの開通手続きを行う
  5. SIMカードを入れ替える
  6. スマホのAPN設定を行う

手順1 スマホがpovoに対応しているか確認する

povoに対応している端末

povoの公式サイト にて、今使っているスマホがpovoに対応しているかどうかを確認しましょう。

iPhoneは6sシリーズ以降(SE第1世代含む)が対応しています。

ただし、ドコモで購入したスマホ(iPhone含む)の場合は、すべてSIMロック解除が必要となります。

オンラインから数分で解除可能ですので、povoへ乗り換える前に手続きしておきましょう。

SIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモ

SIMロック解除とは

別のキャリア(のSIMカード)では使えないようにしている、スマホ端末の制限を解除すること。オンラインから手続きすれば、無料で解除することができる(1~2分)。

ドコモショップで購入(契約)したiPhoneは、povoのSIMカードを入れても通信ができないようになっていますが、これを「SIMロック」といいます。

「対応端末」に記載されていない機種はpovoでは使えない可能性が高いです。

対応端末でない場合は、povoに乗り換えるついでにECサイトなどで新しいスマホを購入しましょう。

手順2 ドコモでMNP予約番号を発行する

My docomo

対応端末であることの確認が取れたら、ドコモにてMNP予約番号を発行します。

MNP予約番号の発行料は無料です。

ドコモショップでも発行できますが、来店予約をしてから指定された日時にお店まで行かないといけません。

また、オンラインで手続きをする場合はパソコンからの操作が必要ですし、そもそもドコモ光の契約があると手続きができません。

多少引き止めには合うものの、電話で行うのが1番スムーズにMNP予約番号を発行する方法となります。

ドコモは電話がすぐにつながりますし、オペレーターの対応も良いので安心してください。

杉本
ドコモのMNP予約番号を発行する方法
窓口 注意点 受付時間
My docomo ドコモ光の契約がある場合は不可
パソコンから操作が必要
24時間
ドコモインフォメーションセンター
ドコモ携帯から:151
その他電話から:0120-800-000
引き止めに合う 9時~20時
(音声ガイダンス:4→2→2)
ドコモショップ
来店予約
来店予約が必要 店舗の営業時間に準ずる
(10時~19時前後)

ココに注意

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、povo申込時に1週間以上の期間が残っていないと受付が完了しません

MNP予約番号は何度でも無料で発行できますが、一度発行したMNP予約番号はなるべく早めに使うようにしましょう。

\ココから大事!ブックマーク推奨/

手順3 povo公式サイトから申し込みをする

povo

ドコモのMNP予約番号が発行されたら、povoの公式サイト から申し込みを行います。

【参考】povoを申し込む手順
povoを申し込む手順

「ご利用手続きはこちら」から「他社/UQ mobileから変更のお客さま」をタップする

24時間いつでも申込可能です。

povoを申し込む手順

「お申込み」をタップしてSIMカードの種類を選びます。

従来のSIMカードが「au ICカード」です。「eSIM」は対応機種でしか使えませんので、お気をつけください。

eSIMとは?

SIMカードを挿さなくても、スマホ本体に直接SIM情報を書き込める機能のこと。eSIM対応のスマホに限り使用できる。

SIMカードが送られてくるのを待つことなく、即時乗り換えることができるのがメリット。

povoを申し込む手順

iPhoneかAndroidを選択して「お申込み」をタップし「au ID」のありなしを選びます

au IDをお持ちの場合はログインします。お持ちでない場合は、この後でメールアドレスやパスワードを入力して登録することになります。

povoを申し込む手順

「MNP予約番号」等の情報を入力して「ご契約内容に進む」、通話トッピングを選び「ご契約さま情報に進む」をタップする

MNP予約番号は有効期限が1週間以上残っていないといけません。通話トッピングは後からでも追加可能です。

povoを申し込む手順

名前、メールアドレス、住所、電話番号などの契約者情報を入力して、暗証番号を決める。

ここで決める「暗証番号」は、事あるごとに必要となる大切な4桁の数字となります。絶対に忘れないでください。

povoを申し込む手順

本人確認書類を選び、アップロード(撮影)する。受取方法を確認したら「ご注文内容確認用パスワードに進む」をタップする

eSIMで即時乗り換えを希望する場合は「撮影による本人確認」を選んでください。

注)保険証は本人確認書類として利用できません。

povoを申し込む手順

パスワードを入力して「確認画面へ進む」をタップし、注文内容を確認する。

先程の暗証番号とは別で、注文内容などを確認するためのパスワードです。絶対に忘れないでください。

povoを申し込む手順

重要事項説明を4つともタップして確認をし、「本手続きにおける~」にチェックマークを入れて「決済情報入力へ進む」をタップする

重要事項説明は全て開いて確認をしないとチェックマークを入れることができません。

この後、クレジットカード情報を入力したら、申込の完了となります。

SIMカードが届くまで待ちましょう。

ココがポイント

eSIM対応機種であれば、eSIMで申し込みをすれば即時で乗り換えが可能です。

よくわからない人は従来通りのSIMカード(au ICカード)で発行しましょう。

【注意】保険証では契約できません

povoは本人確認書類として保険証を使うことができません。

公共料金の明細書などの補助書類を用いたとしても利用できないので、注意してください。

ご利用いただけるご本人さま確認書類

運転免許証(公安委員会発行のもの※国際免許証を除く)
マイナンバーカード(個人番号カード)
在留カード
運転経歴証明書

引用元:KDDI「ご本人さま確認について」

手順4 SIMカードが届いたらpovoの開通手続きを行う

povoのSIMカードが届く

povoの申し込みが完了すると、3日~5日ほどでSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、まずは開通手続きを行いましょう。

povoの開通手続きはマイページ「auオンラインショップ」から即時可能です。

ただし、午前9時から午後9時15分までしか対応していないので、お気をつけください。

ココに注意

開通手続きを行う前にSIMカードを入れ替えてしまうと、インターネットが使えなくなります。

自宅にWi-Fiがない人は、SIMカードを入れ替える前に開通手続きを行ってください。

povo開通手続きの手順・流れ

  1. auオンラインショップの「ご注文履歴」へアクセス
  2. 「新規契約・他社からの乗換え(MNP)」を選択
  3. 「ご注文番号の入力へ進む」をタップ
  4. 「ご注文番号」と「注文履歴確認用パスワード」を入力し、「ご注文履歴を表示する」をタップ
  5. ご注文履歴確認画面の「回線を切り替える」をタップ
  6. 携帯電話の電源を切る
  7. 30分程度おいて、携帯電話の電源を入れる

※「ご注文番号」は申込後に送られてくるメールに記載されています。「注文履歴確認用パスワード」は申込時の最後の方に入力したパスワードです。

参照:povo「au ICカード開通手続き」

手順5 SIMカードを入れ替える

povoのSIMカードを入れる

povoの開通手続きが完了したら、スマホの電源を切ってSIMカードを入れ替えてください。

開通手続き中に電源を落とした際に、SIMカードの入れ替えを行っても大丈夫です。

手順6 スマホのAPN設定を行う

SIMカードを入れ替えたら、APN設定を行います。

ただし、iPhoneに関してはAPN設定を行う必要がありません。

Androidに関しては、手動によるAPN設定が必要となります。

4G LTE端末と5G端末とで設定内容が異なりますので、お気をつけください。

povoのAPN設定情報(4G LTE端末)

  • 名前:povo(任意)
  • APN名:uno.au-net.ne.jp
  • ユーザー名:685840734641020@uno.au-net.ne.jp
  • パスワード:KpyrR6BP
  • 認証タイプ:CHAP

 

povoのAPN設定情報(5G端末)

  • 名前:povo(任意)
  • APN名:uad5gn.au-net.ne.jp
  • ユーザー名:au@uad5gn.au-net.ne.jp
  • パスワード:au
  • 認証タイプ:CHAP

APNの設定方法に関しては、povo公式サイト「【Androidの方】アクセスポイントの設定 」をご覧ください。

 

以上でドコモからpovoへの乗り換えは完了となります。

不要になったドコモのSIMカードは返却不要ですので、ゴミとして捨てて大丈夫です。

ドコモ解約後のSIMカードは返却不要

SIMカードは返却不要

 

ここまでの説明で全体の内容がおおむね把握できたら、ドコモでMNP予約番号を発行してpovoに乗り換えましょう。

povo

>>povoを申し込む

関連リンク

 

【パターン②】ドコモで機種変更してからpovoに乗り換える場合の手順

機種変更してから乗り換える

ドコモで機種変更してからpovoに乗り換える場合の手順と方法について解説します。

データのバックアップと復元は少しだけ時間がかかりますので、落ち着いてできる日を用意した方が良いです。

乗り換え作業を行う5日前までにpovoを申し込みしておきましょう。

povo乗り換えまでの所要時間

  • Webでの手続き:5~10分
  • SIMカードやスマホが届くまでの日数:3~5日程度
  • データのバックアップと復元:30分~1時間
  • 開通手続きにかかる時間:1~3分

また、今ならau PAY残高10,000円相当分がキャッシュバックされるキャンペーンが開催されているため、お得に乗り換えることができます。

au PAY残高10,000円相当キャッシュバック(チャージ)キャンペーン

  • キャンペーン期間:2021年7月30日~終了日未定
  • エントリー:不要
  • 条件:MNP(電話番号そのまま)で他社からpovoに乗り換えること、povo申込みから8日以内にau PAYの利用開始手続きを行うこと
  • 注意:2021年6月24日(木)~2021年6月30日(水)に実施したau PAY残高10,000円相当キャッシュバックキャンペーンを受け取ったことがある回線は対象外となります。

終了日未定ですので、キャンペーンが終わってしまう前に申し込んでおきましょう。

杉本

ココに注意

この方法は料金的にも手間的にも全くもっておすすめできません。

使いたい端末(スマホ)がドコモでしか買えない場合でのみ、活用してください。

ECサイトや家電量販店で買える端末であれば、povoに乗り換えてから購入したり、povoに乗り換えるついでに購入しましょう。

ドコモで機種変更してからpovoに乗り換える場合の手順

  1. ドコモで機種変更をする
  2. データの移行を行う
  3. ドコモでMNP予約番号を発行する
  4. povo公式サイトから申し込みをする
  5. SIMカードが届いたらpovoの開通手続きを行う
  6. SIMカードを入れ替える
  7. スマホのAPN設定を行う

手順1 ドコモで機種変更をする

ドコモオンラインショップ

ドコモショップもしくはドコモオンラインショップで、お好きな端末に機種変更します。

機種変更ができたら、SIMロック解除を行ってください。

ドコモで購入したスマホ(iPhone含む)の場合は、すべてSIMロック解除が必要となります。

オンラインから数分で解除可能ですので、povoへ乗り換える前に手続きしておきましょう。

SIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモ

SIMロック解除とは

別のキャリア(のSIMカード)では使えないようにしている、スマホ端末の制限を解除すること。オンラインから手続きすれば、無料で解除することができる(1~2分)。

ドコモショップで購入(契約)したiPhoneは、povoのSIMカードを入れても通信ができないようになっていますが、これを「SIMロック」といいます。

【注意】povoの対応端末かどうかを必ず確認しましょう

povoに対応している端末

povoの公式サイト にて、購入予定のスマホがpovoに対応しているかどうかを確認しましょう。

「対応端末」に記載されていない機種はpovoでは使えない可能性が高いです。

対応端末でない場合は、povoに乗り換えるついでにECサイトなどで新しいスマホを購入しましょう。

手順2 データの移行を行う

機種変更ができたら、データの移行(バックアップと復元)を行いましょう。

バックアップの方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneのデータをバックアップする方法(Apple公式サイト)

Androidのデータをバックアップする方法(Google公式サイト)

LINEアプリをバックアップする方法(LINE公式サイト)

ココに注意

実際にバックアップを行う際は、上記サイトなどを参考にして手順を見ながら行ってください。

データ容量が多ければ多いほどバックアップにかかる時間が長くなります。余裕を持って行いましょう。

【参考】iPhone同士であればバックアップなしでもデータ移行ができる
iPhoneのクイックスタートでデータ移行を行う

クイックスタートを使えば簡単にデータ移行ができる

iPhone同士であれば「クイックスタート」という機能を使って、バックアップなしでデータの移行ができます。

データの容量が多いと移行の時間が長くなりますが、バックアップを取るためのパソコンや有料のiCloudなどは一切必要ありません

時間こそかかるものの小難しい設定も必要なく、初心者向きの方法といえます。

クイックスタートでデータ移行をする方法(Apple公式サイト)

クイックスタートを使った場合でも、LINEのデータは引き継がれません

LINEに関しては、必ずバックアップ アカウントの引き継ぎ を行ってください。

【注意】できればWi-Fi環境下で作業した方が良い

iPhoneにしてもAndroidにしても、できればWi-Fi環境下で作業することをおすすめします。

アプリの再インストールやデータの移行によって、大量のデータ通信を行うからです。

たっぷり20GBあるとはいえ、月初に機種変更を行う人はなるべくWi-Fi環境下で行うようにしましょう。

手順3 ドコモのMNP予約番号を発行する

My docomo

データの移行が終わったら、ドコモにてMNP予約番号を発行します。

MNP予約番号の発行料は無料です。

ドコモショップでも発行できますが、来店予約をしてから指定された日時にお店まで行かないといけません。

また、オンラインで手続きをする場合はパソコンからの操作が必要ですし、そもそもドコモ光の契約があると手続きができません。

多少引き止めには合うものので、電話で行うのが1番スムーズにMNP予約番号を発行する方法となります。

ドコモは電話がすぐにつながりますし、オペレーターの対応も良いので安心してください。

杉本
ドコモのMNP予約番号を発行する方法
窓口 注意点 受付時間
My docomo ドコモ光の契約がある場合は不可
パソコンから操作が必要
24時間
ドコモインフォメーションセンター
ドコモ携帯から:151
その他電話から:0120-800-000
引き止めに合う 9時~20時
(音声ガイダンス:4→2→2)
ドコモショップ
来店予約
来店予約が必要 店舗の営業時間に準ずる
(10時~19時前後)

ココに注意

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、povo申込時に1週間以上の期間が残っていないと受付が完了しません

MNP予約番号は何度でも無料で発行できますが、一度発行したMNP予約番号はなるべく早めに使うようにしましょう。

\ココから大事!ブックマーク推奨/

手順4 povo公式サイトから申し込みをする

povo

ドコモのMNP予約番号が発行されたら、povoの公式サイト から申し込みを行います。

【参考】povoを申し込む手順
povoを申し込む手順

「ご利用手続きはこちら」から「他社/UQ mobileから変更のお客さま」をタップする

24時間いつでも申込可能です。

povoを申し込む手順

「お申込み」をタップしてSIMカードの種類を選びます。

従来のSIMカードが「au ICカード」です。「eSIM」は対応機種でしか使えませんので、お気をつけください。

eSIMとは?

SIMカードを挿さなくても、スマホ本体に直接SIM情報を書き込める機能のこと。eSIM対応のスマホに限り使用できる。

SIMカードが送られてくるのを待つことなく、即時乗り換えることができるのがメリット。

povoを申し込む手順

iPhoneかAndroidを選択して「お申込み」をタップし「au ID」のありなしを選びます

au IDをお持ちの場合はログインします。お持ちでない場合は、この後でメールアドレスやパスワードを入力して登録することになります。

povoを申し込む手順

「MNP予約番号」等の情報を入力して「ご契約内容に進む」、通話トッピングを選び「ご契約さま情報に進む」をタップする

MNP予約番号は有効期限が1週間以上残っていないといけません。通話トッピングは後からでも追加可能です。

povoを申し込む手順

名前、メールアドレス、住所、電話番号などの契約者情報を入力して、暗証番号を決める。

ここで決める「暗証番号」は、事あるごとに必要となる大切な4桁の数字となります。絶対に忘れないでください。

povoを申し込む手順

本人確認書類を選び、アップロード(撮影)する。受取方法を確認したら「ご注文内容確認用パスワードに進む」をタップする

eSIMで即時乗り換えを希望する場合は「撮影による本人確認」を選んでください。

注)保険証は本人確認書類として利用できません。

povoを申し込む手順

パスワードを入力して「確認画面へ進む」をタップし、注文内容を確認する。

先程の暗証番号とは別で、注文内容などを確認するためのパスワードです。絶対に忘れないでください。

povoを申し込む手順

重要事項説明を4つともタップして確認をし、「本手続きにおける~」にチェックマークを入れて「決済情報入力へ進む」をタップする

重要事項説明は全て開いて確認をしないとチェックマークを入れることができません。

この後、クレジットカード情報を入力したら、申込の完了となります。

SIMカードが届くまで待ちましょう。

ココがポイント

eSIM対応機種であれば、eSIMで申し込みをすれば即時で乗り換えが可能です。

よくわからない人は従来通りのSIMカード(au ICカード)で発行しましょう。

【注意】保険証では契約できません

povoは本人確認書類として保険証を使うことができません。

公共料金の明細書などの補助書類を用いたとしても利用できないので、注意してください。

ご利用いただけるご本人さま確認書類

運転免許証(公安委員会発行のもの※国際免許証を除く)
マイナンバーカード(個人番号カード)
在留カード
運転経歴証明書

引用元:KDDI「ご本人さま確認について」

手順5 SIMカードが届いたらpovoの開通手続きを行う

povoのSIMカードが届く

povoの申し込みが完了すると、3日~5日ほどでSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、まずは開通手続きを行いましょう。

povoの開通手続きはマイページ「auオンラインショップ」から即時可能です。

ただし、午前9時から午後9時15分までしか対応していないので、お気をつけください。

ココに注意

開通手続きを行う前にSIMカードを入れ替えてしまうと、インターネットが使えなくなります。

自宅にWi-Fiがない人は、SIMカードを入れ替える前に開通手続きを行ってください。

povo開通手続きの手順・流れ

  1. auオンラインショップの「ご注文履歴」へアクセス
  2. 「新規契約・他社からの乗換え(MNP)」を選択
  3. 「ご注文番号の入力へ進む」をタップ
  4. 「ご注文番号」と「注文履歴確認用パスワード」を入力し、「ご注文履歴を表示する」をタップ
  5. ご注文履歴確認画面の「回線を切り替える」をタップ
  6. 携帯電話の電源を切る
  7. 30分程度おいて、携帯電話の電源を入れる

※「ご注文番号」は申込後に送られてくるメールに記載されています。「注文履歴確認用パスワード」は申込時の最後の方に入力したパスワードです。

参照:povo「au ICカード開通手続き」

手順6 SIMカードを入れ替える

povoのSIMカードを入れる

povoの開通手続きが完了したら、スマホの電源を切ってSIMカードを入れ替えてください。

開通手続き中に電源を落とした際に、SIMカードの入れ替えを行っても大丈夫です。

手順7 スマホのAPN設定を行う

SIMカードを入れ替えたら、APN設定を行います。

ただし、iPhoneに関してはAPN設定を行う必要がありません。

Androidに関しては、手動によるAPN設定が必要となります。

4G LTE端末と5G端末とで設定内容が異なりますので、お気をつけください。

povoのAPN設定情報(4G LTE端末)

  • 名前:povo(任意)
  • APN名:uno.au-net.ne.jp
  • ユーザー名:685840734641020@uno.au-net.ne.jp
  • パスワード:KpyrR6BP
  • 認証タイプ:CHAP

 

povoのAPN設定情報(5G端末)

  • 名前:povo(任意)
  • APN名:uad5gn.au-net.ne.jp
  • ユーザー名:au@uad5gn.au-net.ne.jp
  • パスワード:au
  • 認証タイプ:CHAP

APNの設定方法に関しては、povo公式サイト「【Androidの方】アクセスポイントの設定 」をご覧ください。

 

以上でドコモからpovoへの乗り換えは完了となります。

不要になったドコモのSIMカードは返却不要ですので、ゴミとして捨てて大丈夫です。

ドコモ解約後のSIMカードは返却不要

SIMカードは返却不要

 

ここまでの説明で全体の内容がおおむね把握できたら、ドコモでMNP予約番号を発行してpovoに乗り換えましょう。

povo

>>povoを申し込む

関連リンク

 

【パターン③】自分で端末を購入してからpovoに乗り換える場合の手順

自分で端末を購入してから乗り換える

ドコモからpovoに乗り換える際に、新しいスマホを自分で購入する場合の手順と方法について解説します。

データのバックアップと復元は少しだけ時間がかかりますので、落ち着いてできる日を用意した方が良いです。

乗り換え作業を行う1週間前までにはpovoを申し込みしておき、新しいスマホは当日までに購入しておきましょう。

povo乗り換えまでの所要時間

  • Webでの手続き:5~10分
  • SIMカードが届くまでの日数:3~5日程度
  • データのバックアップと復元:30分~1時間
  • 開通手続きにかかる時間:1~3分

また、今ならau PAY残高10,000円相当分がキャッシュバックされるキャンペーンが開催されているため、お得に乗り換えることができます。

au PAY残高10,000円相当キャッシュバック(チャージ)キャンペーン

  • キャンペーン期間:2021年7月30日~終了日未定
  • エントリー:不要
  • 条件:MNP(電話番号そのまま)で他社からpovoに乗り換えること、povo申込みから8日以内にau PAYの利用開始手続きを行うこと
  • 注意:2021年6月24日(木)~2021年6月30日(水)に実施したau PAY残高10,000円相当キャッシュバックキャンペーンを受け取ったことがある回線は対象外となります。

終了日未定ですので、キャンペーンが終わってしまう前に申し込んでおきましょう。

杉本

自分で端末を購入してからpovoに乗り換える場合の手順

  1. 購入予定のスマホがpovoに対応しているか確認する
  2. ドコモでMNP予約番号を発行する
  3. povo公式サイトから申し込みをする
  4. SIMカードが届いたらデータのバックアップを行う
  5. 購入したスマホにSIMカードを入れる
  6. スマホの初期設定及び復元とAPN設定を行う
  7. povoの開通手続きを行う

手順1 購入予定のスマホがpovoに対応しているか確認する

povoに対応している端末

povoの公式サイト にて、購入予定のスマホがpovoに対応しているかどうかを確認しましょう。

「対応端末」に記載されていない機種はpovoでは使えない可能性が高いです。

povoのSIMカードは申し込みから3日~5日程度で届きます。

事前に新しいスマホを購入して、SIMカードを待つようにしましょう。

手順2 ドコモでMNP予約番号を発行する

My docomo

対応端末であることの確認が取れたら、ドコモにてMNP予約番号を発行します。

MNP予約番号の発行料は無料です。

ドコモショップでも発行できますが、来店予約をしてから指定された日時にお店まで行かないといけません。

また、オンラインで手続きをする場合はパソコンからの操作が必要ですし、そもそもドコモ光の契約があると手続きができません。

多少引き止めには合うものので、電話で行うのが1番スムーズにMNP予約番号を発行する方法となります。

ドコモは電話がすぐにつながりますし、オペレーターの対応も良いので安心してください。

杉本
ドコモのMNP予約番号を発行する方法
窓口 注意点 受付時間
My docomo ドコモ光の契約がある場合は不可
パソコンから操作が必要
24時間
ドコモインフォメーションセンター
ドコモ携帯から:151
その他電話から:0120-800-000
引き止めに合う 9時~20時
(音声ガイダンス:4→2→2)
ドコモショップ
来店予約
来店予約が必要 店舗の営業時間に準ずる
(10時~19時前後)

ココに注意

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、povo申込時に1週間以上の期間が残っていないと受付が完了しません

MNP予約番号は何度でも無料で発行できますが、一度発行したMNP予約番号はなるべく早めに使うようにしましょう。

\ココから大事!ブックマーク推奨/

手順3 povo公式サイトから申し込みをする

povo

ドコモのMNP予約番号が発行されたら、povoの公式サイト から申し込みを行います。

【参考】povoを申し込む手順
povoを申し込む手順

「ご利用手続きはこちら」から「他社/UQ mobileから変更のお客さま」をタップする

24時間いつでも申込可能です。

povoを申し込む手順

「お申込み」をタップしてSIMカードの種類を選びます。

従来のSIMカードが「au ICカード」です。「eSIM」は対応機種でしか使えませんので、お気をつけください。

eSIMとは?

SIMカードを挿さなくても、スマホ本体に直接SIM情報を書き込める機能のこと。eSIM対応のスマホに限り使用できる。

SIMカードが送られてくるのを待つことなく、即時乗り換えることができるのがメリット。

povoを申し込む手順

iPhoneかAndroidを選択して「お申込み」をタップし「au ID」のありなしを選びます

au IDをお持ちの場合はログインします。お持ちでない場合は、この後でメールアドレスやパスワードを入力して登録することになります。

povoを申し込む手順

「MNP予約番号」等の情報を入力して「ご契約内容に進む」、通話トッピングを選び「ご契約さま情報に進む」をタップする

MNP予約番号は有効期限が1週間以上残っていないといけません。通話トッピングは後からでも追加可能です。

povoを申し込む手順

名前、メールアドレス、住所、電話番号などの契約者情報を入力して、暗証番号を決める。

ここで決める「暗証番号」は、事あるごとに必要となる大切な4桁の数字となります。絶対に忘れないでください。

povoを申し込む手順

本人確認書類を選び、アップロード(撮影)する。受取方法を確認したら「ご注文内容確認用パスワードに進む」をタップする

eSIMで即時乗り換えを希望する場合は「撮影による本人確認」を選んでください。

注)保険証は本人確認書類として利用できません。

povoを申し込む手順

パスワードを入力して「確認画面へ進む」をタップし、注文内容を確認する。

先程の暗証番号とは別で、注文内容などを確認するためのパスワードです。絶対に忘れないでください。

povoを申し込む手順

重要事項説明を4つともタップして確認をし、「本手続きにおける~」にチェックマークを入れて「決済情報入力へ進む」をタップする

重要事項説明は全て開いて確認をしないとチェックマークを入れることができません。

この後、クレジットカード情報を入力したら、申込の完了となります。

SIMカードが届くまで待ちましょう。

ココがポイント

eSIM対応機種であれば、eSIMで申し込みをすれば即時で乗り換えが可能です。

よくわからない人は従来通りのSIMカード(au ICカード)で発行しましょう。

【注意】保険証では契約できません

povoは本人確認書類として保険証を使うことができません。

公共料金の明細書などの補助書類を用いたとしても利用できないので、注意してください。

ご利用いただけるご本人さま確認書類

運転免許証(公安委員会発行のもの※国際免許証を除く)
マイナンバーカード(個人番号カード)
在留カード
運転経歴証明書

引用元:KDDI「ご本人さま確認について」

手順4 SIMカードが届いたらデータのバックアップを行う

povoのSIMカードが届く

povoの申し込みが完了すると、3日~5日ほどでSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、まずは今まで使っていたスマホのバックアップを行いましょう。

バックアップの方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneのデータをバックアップする方法(Apple公式サイト)

Androidのデータをバックアップする方法(Google公式サイト)

LINEアプリをバックアップする方法(LINE公式サイト)

ココに注意

実際にバックアップを行う際は、上記サイトなどを参考にして手順を見ながら行ってください。

データ容量が多ければ多いほどバックアップにかかる時間が長くなります。余裕を持って行いましょう。

【参考】iPhone同士であればバックアップなしでもデータ移行ができる
iPhoneのクイックスタートでデータ移行を行う

クイックスタートを使えば簡単にデータ移行ができる

iPhone同士であれば「クイックスタート」という機能を使って、バックアップなしでデータの移行ができます。

データの容量が多いと移行の時間が長くなりますが、バックアップを取るためのパソコンや有料のiCloudなどは一切必要ありません

時間こそかかるものの小難しい設定も必要なく、初心者向きの方法といえます。

クイックスタートでデータ移行をする方法(Apple公式サイト)

クイックスタートを使った場合でも、LINEのデータは引き継がれません

LINEに関しては、必ずバックアップ アカウントの引き継ぎ を行ってください。

【注意】できればWi-Fi環境下で作業した方が良い

iPhoneにしてもAndroidにしても、できればWi-Fi環境下で作業することをおすすめします。

アプリの再インストールやデータの移行によって、大量のデータ通信を行うからです。

たっぷり20GBあるとはいえ、月初に機種変更を行う人はなるべくWi-Fi環境下で行うようにしましょう。

手順5 購入したスマホにSIMカードを入れる

povoのSIMカードを入れる

バックアップができたら、新しく購入したスマホにSIMカード入れてください。

手順6 スマホの初期設定及び復元とAPN設定を行う

SIMカードを入れたら、スマホの初期設定とデータの復元、そしてAPN設定を行います。

初期設定及びデータの復元方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneの初期設定と復元方法(Apple公式サイト)

Androidの初期設定と復元方法(Google公式サイト)

【参考】APN設定について

iPhoneに関してはAPN設定を行う必要がありません。

Androidに関しては、手動によるAPN設定が必要となります。

4G LTE端末と5G端末とで設定内容が異なりますので、お気をつけください。

povoのAPN設定情報(4G LTE端末)

  • 名前:povo(任意)
  • APN名:uno.au-net.ne.jp
  • ユーザー名:685840734641020@uno.au-net.ne.jp
  • パスワード:KpyrR6BP
  • 認証タイプ:CHAP

 

povoのAPN設定情報(5G端末)

  • 名前:povo(任意)
  • APN名:uad5gn.au-net.ne.jp
  • ユーザー名:au@uad5gn.au-net.ne.jp
  • パスワード:au
  • 認証タイプ:CHAP

APNの設定方法に関しては、povo公式サイト「【Androidの方】アクセスポイントの設定 」をご覧ください。

手順7 povoの開通手続きを行う

初期設定とデータの復元、APN設定が終わったら、旧スマホからpovoの開通手続きを行いましょう。

povoの開通手続きはマイページ「auオンラインショップ」から即時可能です。

ただし、午前9時から午後9時15分までしか対応していないので、お気をつけください。

ココに注意

開通手続きを行うと、旧スマホでインターネットが使えなくなります。

povo開通手続きの手順・流れ

  1. auオンラインショップの「ご注文履歴」へアクセス
  2. 「新規契約・他社からの乗換え(MNP)」を選択
  3. 「ご注文番号の入力へ進む」をタップ
  4. 「ご注文番号」と「注文履歴確認用パスワード」を入力し、「ご注文履歴を表示する」をタップ
  5. ご注文履歴確認画面の「回線を切り替える」をタップ
  6. 携帯電話の電源を切る
  7. 30分程度おいて、携帯電話の電源を入れる

※「ご注文番号」は申込後に送られてくるメールに記載されています。「注文履歴確認用パスワード」は申込時の最後の方に入力したパスワードです。

参照:povo「au ICカード開通手続き」

以上でドコモからpovoへの乗り換えは完了となります。

不要になったドコモのSIMカードは返却不要ですので、ゴミとして捨てて大丈夫です。

ドコモ解約後のSIMカードは返却不要

SIMカードは返却不要

 

ここまでの説明で全体の内容がおおむね把握できたら、ドコモでMNP予約番号を発行してpovoに乗り換えましょう。

povo

>>povoを申し込む

関連リンク

スマホ・格安SIM

※本記事の内容には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性や安全性を保証しているわけではございません。
※通信速度や電波感度に関しては当サイトの検証結果にもとづく所感であり、一定の効果を保証しているわけではございません。
※ご不明点につきましては、各メーカーへお問い合わせ願います。
※インターネット回線をご契約の際には、各社ホームページの内容をご自身でご確認の上お申し込みください。

  • この記事を書いた人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-スマホ・格安SIM
-, , , ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2021 All Rights Reserved.