mineo(マイネオ)から楽天モバイルにMNPで乗り換える全手順と注意点を徹底解説

更新日:

mineo(マイネオ)から楽天モバイルに乗り換える人が増えています。

あまり使わない人もたくさん使う人も、楽天モバイルの方がお得に使えるからです。

また、楽天モバイルの使えるエリアも広がっており、通信速度がmineoより速いのも大きな理由となります。

楽天モバイルとmineoを比較
  楽天モバイル mineo(マイネオ)
料金プラン <段階制プラン>
1GBまで:0円
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
無制限:3,278円
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
通話 かけ放題料金込み 10分かけ放題:935円
実測値平均 40Mbps前後
お昼12時台でも快適
30Mbps前後
お昼12時台はとても遅い

mineoから乗り換える前に、お住まいの地域周辺が楽天モバイルのエリアに入っているかどうか を必ず確認しておきましょう。

楽天市場をよく利用している人はポイントが貯まったり、ポイントで支払いできたりする点も、乗り換える理由として多いですね。

杉本

ここでは、mineoから楽天モバイルに乗り換える手順と注意点を解説しています。

mineoから楽天モバイルに乗り換える手順は、次の3パターンです。

いずれの方法でも大きな違いはなく、とても簡単に乗り換えることが可能です。

もちろん、とりあえず楽天モバイルに乗り換えておいて、後から機種変更(端末の購入)もできます

機種変更を伴うと大きな出費になりますので、とりあえず楽天モバイルに乗り換えてから考えてもいいでしょう。

ココがポイント

楽天モバイル乗り換え時に合わせて機種変更をすると最大2.5万円分の楽天ポイントがもらえるので、端末を実質的に安く購入することができます(分割払いも可)。

(例)iPhoneSE(第2世代) 64GBの場合

  • 楽天モバイル乗り換え時に機種変更:55,170円+2万ポイント※1
  • 楽天モバイル乗り換え後に機種変更:55,170円(乗り換え時に2万ポイント※2
  • アップルストアで購入:49,280円
  • ヨドバシ.comで購入:49,280円

※1 iPhoneは2万ポイントとなっています。
※2 楽天モバイル乗り換え時に端末購入を伴わない場合は、2万円分の楽天ポイントがもらえます。

iPhoneを購入予定であれば、乗り換えた後でアップルストアなどで購入した方がお得です。

楽天モバイル:https://rakuten.co.jp/

公式サイトへ移動します

楽天モバイルを申込む

3ヶ月無料&最大2.5万ポイントもらえる

以下の目次より、該当する箇所を選んで参考にしてください。

mineoから楽天モバイルに乗り換える全手順を解説

mineoから楽天モバイルに乗り換える手順

【パターン①】今使っているスマホのまま楽天モバイルに乗り換える場合の手順

今使っているスマホのまま乗り換える

今お使いのスマホそのままで、楽天モバイルに乗り換える方法について解説します。

iPhoneでもAndroidでも、とても簡単に乗り換えられるので安心してください。

楽天モバイル乗り換えまでの所要時間

  • Webでの手続き:5~10分
  • SIMカードが届くまでの日数:3~5日程度
  • 開通手続きにかかる時間:1~3分

また、今なら3ヶ月無料&楽天ポイントが20,000円分もらえるキャンペーンが開催されているため、お得に乗り換えることができます。

楽天ポイントプレゼントキャンペーン

  • キャンペーン期間:~終了日未定
  • エントリー:不要
  • 3ヶ月無料の条件:なし
  • 2万ポイントの条件:他社回線から乗り換えであること。楽天モバイル開通後にRakuten Linkアプリで10秒以上通話(発信)すること。

キャンペーン条件

「Rakuten UN-LIMIT VI」をお申し込みした回線で「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話

引用元:他社から乗り換え(MNP)なら回線のみでも20,000円相当分ポイント還元

Rakuten Linkとは?

Rakuten Linkとは

楽天モバイルで使用できる無料の通話アプリのこと。24時間誰とでも無料で通話することができる。

終了日未定ですので、キャンペーンが終わってしまう前に申し込んでおきましょう。

杉本

今使っているスマホで楽天モバイルに乗り換える場合の手順

  1. スマホが楽天モバイルに対応しているか確認する
  2. mineoでMNP予約番号を発行する
  3. 楽天モバイル公式サイトから申し込みをする
  4. SIMカードが届いたら楽天モバイルの開通手続きを行う
  5. SIMカードを入れ替える
  6. スマホのAPN設定を行う

手順1 スマホが楽天モバイルに対応しているか確認する

スマホが楽天モバイルに対応しているか確認する

楽天モバイルの公式サイト にて、今使っているスマホが楽天モバイルに対応しているかどうかを確認しましょう。

iPhoneは6sシリーズ以降が対応しています。

ただし、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホ(iPhone含む)の場合は、すべてSIMロック解除が必要となります。

オンラインから数分で解除可能ですので、楽天モバイルへ乗り換える前に手続きしておきましょう。

SIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモ

SIMロック解除のお手続き|au

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する

※mineoで購入したスマホはSIMロックされてないので解除する必要はありません。

SIMロック解除とは

別のキャリア(のSIMカード)では使えないようにしている、スマホ端末の制限を解除すること。オンラインから手続きすれば、無料で解除することができる(1~2分)。

ドコモショップで購入(契約)したiPhoneは、楽天モバイルのSIMカードを入れても通信ができないようになっていますが、これを「SIMロック」といいます。

「楽天回線対応製品」に記載されていない機種は楽天モバイルでは使えない可能性が高いです。

対応端末でない場合は、楽天モバイルに乗り換えるついでに機種変更を行うことをおすすめします。

手順2 mineoのマイページからMNP予約番号を発行する

mineoマイページ

対応端末であることの確認が取れたら、mineoのマイページ からMNP予約番号を発行します。

MNP予約番号の発行料は無料です。

なお、MNP予約番号は一部時間帯において即時発行ができませんので、お気をつけください。

MNP予約番号の即時発行について

  • auプラン・ドコモプラン:9時2分~20時59分
  • ソフトバンクプラン:10時~19時

受付は24時間対応。上記時間帯以外の受付時は、翌朝の9時30分以降に順次発行となります。

【参考】mineoでMNP予約番号を発行する手順
mineoのMNP予約番号を発行する手順

TOPページのMENUから「各種サポート」内の「解約・MNP予約番号発行」をタップ

複数番号をお持ちの場合は、MNPする番号を選びます。

mineoのMNP予約番号を発行する手順

「MNP予約番号発行」をタップして、「同意する」をタップする

パケットシェアの契約をしている場合はMNP予約番号の発行ができません。

先にパケットシェアを解除してください。

ココに注意

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、楽天モバイル申込時に1週間以上の期間が残っていないと受付が完了しません

MNP予約番号は何度でも無料で発行できますが、一度発行したMNP予約番号はなるべく早めに使うようにしましょう。

\ココから大事!ブックマーク推奨/

手順3 楽天モバイル公式サイトから申し込みをする

楽天モバイル

mineoのMNP予約番号が発行されたら、楽天モバイルの公式サイト から申し込みを行います。

ココがポイント

楽天のアカウントをお持ちでない(楽天会員ではない)場合は手続きの途中で作成できますので、ひとまずこのまま先へ進みましょう。

【参考】楽天モバイルを申し込む手順
楽天モバイルを申込む手順

画面上部「お申込み」をタップして、「プランを選択する」をタップする

楽天モバイルはプランが1つしかありませんので、迷う必要はありません。

楽天モバイルを申込む手順

オプションサービスを選び、SIMカードのタイプを選ぶ

基本的にオプションサービスは不要です。必要だと思う人だけ選んでくださいs。

eSIMを使いたい人以外は「nanoSIM」を選びましょう。

eSIMとは?

SIMカードを挿さなくても、スマホ本体に直接SIM情報を書き込める機能のこと。eSIM対応のスマホに限り使用できる。

SIMカードが送られてくるのを待つことなく、即時乗り換えることができるのがメリット。

楽天モバイルを申込む手順

「この内容で申込む」をタップして、楽天会員情報を入力しログインする

楽天の会員になっていない人は、ここで新規会員登録を行いましょう。

楽天モバイルを申込む手順

「契約者情報が正しいことを確認しました」にチェックを入れて、本人確認方法を選び「次へ進む」をタップする

本人確認方法はどれを選んでも大丈夫ですが、eSIMで契約する場合は「AIかんたん本人確認(eKYC)」で行う必要があります。

住所等が間違っていなければ、免許証もしくはマイナンバーカードで即時確認可能です。

楽天モバイルを申込む手順

「他社から乗り換え(MNP)」を選び、電話番号などの情報を入力して「次へ進む」をタップする

MNP予約番号の有効期限が7日未満になってしまった人は、改めてMNP予約番号を発行しましょう。

MNP予約番号は何度でも無料で発行することができます。

楽天モバイルを申込む手順

受け取り方法とお支払い方法を確認したら「申し込む」をタップする

楽天モバイルは、クレジットカード、口座振替、楽天ポイントのいずかで支払うことができます。

以上で楽天モバイルの申し込みは完了となります。

SIMカードが届くまで待ちましょう。

ココがポイント

eSIM対応機種であれば、eSIMで申し込みをすれば即時で乗り換えが可能です。

よくわからない人は従来通りのSIMカード(nanoSIM)で発行しましょう。

【注意】保険証の場合は公共料金の明細が必要です

本人確認書類として保険証を使う場合は、補助書類として以下のいずれかが必要になります。

本人確認書類の補助書類

  • 公共料金領収証(電気・ガス・水道)※3ヶ月以内
  • 住民票※3ヶ月以内

補助書類の注意事項

発行から3カ月以内で、氏名、住所がお申し込みいただいた内容と一致している必要があります。

記載の氏名がご家族など、ご契約者様本人の物でない場合、ご利用できません。また、氏名の表記(かな/カナ/漢字)含め、本人確認書類と一致していない場合も同様にご利用できません。

引用元:楽天モバイル「本人確認書類」

手順4 SIMカードが届いたら楽天モバイルの開通手続きを行う

楽天モバイルからSIMカードが届く

楽天モバイルの申し込みが完了すると、3日~5日ほどでSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、まずは開通手続きを行いましょう。

楽天モバイルの開通手続きはマイページ「my 楽天モバイル」から即時可能です。

ただし、午前9時から午後9時までしか対応していないので、お気をつけください。

ココに注意

開通手続きを行う前にSIMカードを入れ替えてしまうと、インターネットが使えなくなります。

自宅にWi-Fiがない人は、SIMカードを入れ替える前に開通手続きを行ってください。

【参考】オンライン開通手続きの手順
楽天モバイル開通手続きの手順

「my 楽天モバイル」右上のメニューをタップし、「お申し込み履歴」を選択

mineoのSIMカードが入ったスマホで行ってください。もしくは、Wi-Fiにつながったパソコンやタブレットでも大丈夫です。

楽天モバイル開通手続きの手順

該当の申込番号を選択し、タップする

1回線しか申し込みがなければ、申込番号は1つしか表示されません。

楽天モバイル開通手続きの手順

「MNP転入する」ボタンをタップする

9時~21時の間に行えば、即時開通します(電話やインターネットが使えるようになる)。

速やかにSIMカードを入れ替えて、APN設定を行いましょう。

画像参照:楽天モバイル「MNP開通手続き方法」

手順5 SIMカードを入れ替える

楽天モバイルのSIMカードを入れる

楽天モバイルの開通手続きが完了したら、スマホの電源を切ってSIMカードを入れ替えてください。

手順6 スマホのAPN設定を行う

SIMカードを入れ替えたら、APN設定を行います。

iPhoneの場合は設定済みのプロファイルを削除して、キャリア設定アップデートをするだけでOKです。

  • プロファイルを削除する

    iPhoneのプロファイルを削除する

    設定アプリの「一般」から「プロファイル」を選びます。

    iPhoneのプロファイルを削除する

    「構成プロファイル」をタップして「プロファイルを削除」をタップします。

  • キャリア設定アップデートをする

    キャリアアップデート

    しばらくすると「キャリア設定アップデート」が表示されるので「アップデート」をタップします。

    「キャリア設定アップデート」が表示されない場合は、「設定アプリ」→「一般」→「情報」を開くことで手動でキャリア設定アップデートを行うことができます。

    以上でiPhoneのAPN設定は完了です。

    電話やインターネットが使えるようになっています。

    ※電話やインターネットが使えない場合は、一度iPhoneを再起動させてみましょう。

Androidは自動的に設定が完了しますが、一部の機種において手動によるAPN設定が必要となる場合があります。

楽天モバイルのAPN設定情報

  • 名前:rakuten(任意)
  • APN:rakuten.jp
  • MCC:440
  • MNC:11
  • APNタイプ:default,supl
  • APNプロトコル:IPv4/IPv6
  • APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6
  • PDPタイプ:IPv4/IPv6

※APN一覧に「楽天モバイル(rakuten.jp)」が保存されている場合は、そちらを選択するだけでOKです。

APNの設定方法に関しては、楽天モバイル公式サイト「APN設定方法(Android OS 端末) 」をご覧ください。

 

以上でmineoから楽天モバイルへの乗り換えは完了となります。

ここまでの説明で全体の内容がおおむね把握できたら、mineoでMNP予約番号を発行して楽天モバイルに乗り換えましょう。

楽天モバイル

>>楽天モバイルを申し込む

 

【パターン②】楽天モバイルに乗り換えるついでに機種変更(端末購入)する場合の手順

乗り換えるついでに機種変更(端末購入)する

mineoから楽天モバイルに乗り換えるついでに機種変更(楽天モバイルで端末を購入)する場合の手順と方法について解説します。

データのバックアップと復元は少しだけ時間がかかりますので、落ち着いてできる日を用意した方が良いです。

乗り換え作業を行う5日前までに楽天モバイルを申し込みしておきましょう。

楽天モバイル乗り換えまでの所要時間

  • Webでの手続き:5~10分
  • SIMカードやスマホが届くまでの日数:3~5日程度
  • データのバックアップと復元:30分~1時間
  • 開通手続きにかかる時間:1~3分

また、今なら3ヶ月無料&楽天ポイントが最大25,000円分もらえるキャンペーンが開催されているため、お得に乗り換えることができます。

  • キャンペーン期間:~終了日未定
  • エントリー:不要
  • 3ヶ月無料の条件:なし
  • 最大2.5万ポイントの条件:他社回線から乗り換えであること。対象スマホを購入すること。楽天モバイル開通後にRakuten Linkアプリで10秒以上通話(発信)すること。

キャンペーン条件

「Rakuten UN-LIMIT VI」をお申し込みした回線で「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話

引用元:お乗り換えが超おトク!最大25,000円相当分をポイント還元!

Rakuten Linkとは?

Rakuten Linkとは

楽天モバイルで使用できる無料の通話アプリのこと。24時間誰とでも無料で通話することができる。

終了日未定ですので、キャンペーンが終わってしまう前に申し込んでおきましょう。

杉本

楽天モバイルに乗り換えるついでに機種変更(端末購入)する場合の手順

  1. 購入する端末(新しいスマホ)を決める
  2. mineoでMNP予約番号を発行する
  3. 楽天モバイル公式サイトから申し込みをする
  4. 商品が届いたらデータのバックアップを行う
  5. 購入したスマホにSIMカードを入れる
  6. スマホの初期設定及び復元とAPN設定を行う
  7. 楽天モバイルの開通手続きを行う

手順1 購入する端末(新しいスマホ)を決める

楽天モバイルで購入できるスマートフォン一覧

楽天モバイルの公式サイト にて、購入するスマホを決めます。

手順2 mineoのマイページからMNP予約番号を発行する

mineoマイページ

購入するスマホを決めたら、mineoのマイページ からMNP予約番号を発行します。

MNP予約番号の発行料は無料です。

なお、MNP予約番号は一部時間帯において即時発行ができませんので、お気をつけください。

MNP予約番号の即時発行について

  • auプラン・ドコモプラン:9時2分~20時59分
  • ソフトバンクプラン:10時~19時

受付は24時間対応。上記時間帯以外の受付時は、翌朝の9時30分以降に順次発行となります。

【参考】mineoでMNP予約番号を発行する手順
mineoのMNP予約番号を発行する手順

TOPページのMENUから「各種サポート」内の「解約・MNP予約番号発行」をタップ

複数番号をお持ちの場合は、MNPする番号を選びます。

mineoのMNP予約番号を発行する手順

「MNP予約番号発行」をタップして、「同意する」をタップする

パケットシェアの契約をしている場合はMNP予約番号の発行ができません。

先にパケットシェアを解除してください。

ココに注意

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、楽天モバイル申込時に1週間以上の期間が残っていないと受付が完了しません

MNP予約番号は何度でも無料で発行できますが、一度発行したMNP予約番号はなるべく早めに使うようにしましょう。

\ココから大事!ブックマーク推奨/

手順3 楽天モバイル公式サイトから申し込みをする

楽天モバイル

mineoのMNP予約番号が発行されたら、楽天モバイルの公式サイト から申し込みを行います。

ココがポイント

楽天のアカウントをお持ちでない(楽天会員ではない)場合は手続きの途中で作成できますので、ひとまずこのまま先へ進みましょう。

【参考】楽天モバイルを申し込む手順
楽天モバイルを申込む手順

画面上部「お申込み」をタップして、「プランを選択する」をタップする

楽天モバイルはプランが1つしかありませんので、迷う必要はありません。

楽天モバイルを申込む手順

オプションサービスを選び、SIMカードのタイプを選ぶ

基本的にオプションサービスは不要です。必要だと思う人だけ選んでくださいs。

eSIMを使いたい人以外は「nanoSIM」を選びましょう。

eSIMとは?

SIMカードを挿さなくても、スマホ本体に直接SIM情報を書き込める機能のこと。eSIM対応のスマホに限り使用できる。

SIMカードが送られてくるのを待つことなく、即時乗り換えることができるのがメリット。

楽天モバイルを申込む手順

「製品選択へ進む」をタップして、購入するスマホを選ぶ

お好きな製品を選びましょう。

楽天モバイルを申込む手順

購入する端末を選び「カートに追加する」をタップして、楽天会員にログインする

楽天の会員になっていない人は、ここで新規会員登録を行いましょう。

楽天モバイルを申込む手順

「契約者情報が正しいことを確認しました」にチェックを入れて、本人確認方法を選び「次へ進む」をタップする

本人確認方法はどれを選んでも大丈夫ですが、eSIMで契約する場合は「AIかんたん本人確認(eKYC)」で行う必要があります。

住所等が間違っていなければ、免許証もしくはマイナンバーカードで即時確認可能です。

楽天モバイルを申込む手順

「他社から乗り換え(MNP)」を選び、電話番号などの情報を入力して「次へ進む」をタップする

MNP予約番号の有効期限が7日未満になってしまった人は、改めてMNP予約番号を発行しましょう。

MNP予約番号は何度でも無料で発行することができます。

楽天モバイルを申込む手順

受け取り方法とお支払い方法を確認したら「申し込む」をタップする

楽天モバイルは、クレジットカード、口座振替、楽天ポイントのいずかで支払うことができます。

以上で楽天モバイルの申し込みは完了となります。

スマホとSIMカードが届くまで待ちましょう。

【注意】保険証の場合は公共料金の明細が必要です

本人確認書類として保険証を使う場合は、補助書類として以下のいずれかが必要になります。

本人確認書類の補助書類

  • 公共料金領収証(電気・ガス・水道)※3ヶ月以内
  • 住民票※3ヶ月以内

補助書類の注意事項

発行から3カ月以内で、氏名、住所がお申し込みいただいた内容と一致している必要があります。

記載の氏名がご家族など、ご契約者様本人の物でない場合、ご利用できません。また、氏名の表記(かな/カナ/漢字)含め、本人確認書類と一致していない場合も同様にご利用できません。

引用元:楽天モバイル「本人確認書類」

手順4 商品が届いたらデータのバックアップを行う

楽天モバイルからスマホとSIMカードが届く

楽天モバイルの申し込みが完了すると、1週間ほどでスマホとSIMカードとスマホが届きます。

商品が届いたら、まずは今まで使っていたスマホのバックアップを行いましょう。

バックアップの方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneのデータをバックアップする方法(Apple公式サイト)

Androidのデータをバックアップする方法(Google公式サイト)

LINEアプリをバックアップする方法(LINE公式サイト)

ココに注意

実際にバックアップを行う際は、上記サイトなどを参考にして手順を見ながら行ってください。

データ容量が多ければ多いほどバックアップにかかる時間が長くなります。余裕を持って行いましょう。

【参考】iPhone同士であればバックアップなしでもデータ以降ができる
iPhoneのクイックスタートでデータ移行を行う

クイックスタートを使えば簡単にデータ移行ができる

iPhone同士であれば「クイックスタート」という機能を使って、バックアップなしでデータの移行ができます。

データの容量が多いと移行の時間が長くなりますが、バックアップを取るためのパソコンや有料のiCloudなどは一切必要ありません

時間こそかかるものの小難しい設定も必要なく、初心者向きの方法といえます。

クイックスタートでデータ移行をする方法(Apple公式サイト)

クイックスタートを使った場合でも、LINEのデータは引き継がれません

LINEに関しては、必ずバックアップ アカウントの引き継ぎ を行ってください。

【注意】できればWi-Fi環境下で作業した方が良い

iPhoneにしてもAndroidにしても、できればWi-Fi環境下で作業することをおすすめします。

アプリの再インストールやデータの移行によって、大量のデータ通信を行うからです。

たっぷり20GBあるとはいえ、月初に機種変更を行う人はなるべくWi-Fi環境下で行うようにしましょう。

手順5 購入したスマホにSIMカードを入れる

楽天モバイルのSIMカードを入れる

バックアップができたら、新しく購入したスマホにSIMカード入れてください。

手順6 スマホの初期設定及び復元とAPN設定を行う

SIMカードを入れたら、スマホの初期設定とデータの復元、そしてAPN設定を行います。

初期設定及びデータの復元方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneの初期設定と復元方法(Apple公式サイト)

Androidの初期設定と復元方法(Google公式サイト)

【参考】APN設定について

iPhoneに関してはAPN設定を行う必要がありません。

初期設定(データ復元)が終わった後に表示される「キャリア設定アップデート」を行えば、開通手続き後に電話やインターネットが使えるようになります。

キャリアアップデート

しばらくすると「キャリア設定アップデート」が表示される

「キャリア設定アップデート」が表示されない場合は、「設定アプリ」→「一般」→「情報」を開くことで手動でキャリア設定アップデートを行うことができます。

 

Androidに関しても基本的に自動で設定が完了しますが、一部の機種において手動によるAPN設定が必要となる場合があります。

楽天モバイルのAPN設定情報

  • 名前:rakuten(任意)
  • APN:rakuten.jp
  • MCC:440
  • MNC:11
  • APNタイプ:default,supl
  • APNプロトコル:IPv4/IPv6
  • APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6
  • PDPタイプ:IPv4/IPv6

※APN一覧に「楽天モバイル(rakuten.jp)」が保存されている場合は、そちらを選択するだけでOKです。

APNの設定方法に関しては、楽天モバイル公式サイト「APN設定方法(Android OS 端末) 」をご覧ください。

手順7 楽天モバイルの開通手続きを行う

初期設定とデータの復元、APN設定が終わったら、旧スマホから楽天モバイルの開通手続きを行いましょう。

楽天モバイルの開通手続きはマイページ「my 楽天モバイル」から即時可能です。

ただし、午前9時から午後9時までしか対応していないので、お気をつけください。

ココに注意

開通手続きを行うと、旧スマホでインターネットが使えなくなります。

【参考】オンライン開通手続きの手順
楽天モバイル開通手続きの手順

「my 楽天モバイル」右上のメニューをタップし、「お申し込み履歴」を選択

mineoのSIMカードが入ったスマホで行ってください。もしくは、Wi-Fiにつながったパソコンやタブレットでも大丈夫です。

※新しく購入した楽天モバイルのスマホをWi-Fiにつなげて行うこともできます。

楽天モバイル開通手続きの手順

該当の申込番号を選択し、タップする

1回線しか申し込みがなければ、申込番号は1つしか表示されません。

楽天モバイル開通手続きの手順

「MNP転入する」ボタンをタップする

9時~21時の間に行えば、即時開通します(電話やインターネットが使えるようになる)。

それと同時にmineoのSIMカードが入っている旧スマホでは電話やインターネットができなくなります。

画像参照:楽天モバイル「MNP開通手続き方法」

以上でmineoから楽天モバイルへの乗り換えは完了となります。

ここまでの説明で全体の内容がおおむね把握できたら、mineoでMNP予約番号を発行して楽天モバイルに乗り換えましょう。

 

楽天モバイル

>>楽天モバイルを申し込む

 

【パターン③】自分で端末を購入してから楽天モバイルに乗り換える場合の手順

自分で端末を購入してから乗り換える

mineoから楽天モバイルに乗り換えるけれども、新しいスマホは自分で購入する場合の手順と方法について解説します。

データのバックアップと復元は少しだけ時間がかかりますので、落ち着いてできる日を用意した方が良いです。

乗り換え作業を行う1週間前までには楽天モバイルを申し込みしておき、新しいスマホは当日までに購入しておきましょう。

楽天モバイル乗り換えまでの所要時間

  • Webでの手続き:5~10分
  • SIMカードが届くまでの日数:3~5日程度
  • データのバックアップと復元:30分~1時間
  • 開通手続きにかかる時間:1~3分

また、今なら3ヶ月無料&楽天ポイントが20,000円分もらえるキャンペーンが開催されているため、お得に乗り換えることができます。

楽天ポイントプレゼントキャンペーン

  • キャンペーン期間:~終了日未定
  • エントリー:不要
  • 3ヶ月無料の条件:なし
  • 2万ポイントの条件:他社回線から乗り換えであること。楽天モバイル開通後にRakuten Linkアプリで10秒以上通話(発信)すること。

キャンペーン条件

「Rakuten UN-LIMIT VI」をお申し込みした回線で「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話

引用元:他社から乗り換え(MNP)なら回線のみでも20,000円相当分ポイント還元

Rakuten Linkとは?

Rakuten Linkとは

楽天モバイルで使用できる無料の通話アプリのこと。24時間誰とでも無料で通話することができる。

終了日未定ですので、キャンペーンが終わってしまう前に申し込んでおきましょう。

杉本

自分で端末を購入してから楽天モバイルに乗り換える場合の手順

  1. 購入予定のスマホが楽天モバイルに対応しているか確認する
  2. mineoでMNP予約番号を発行する
  3. 楽天モバイル公式サイトから申し込みをする
  4. SIMカードが届いたらデータのバックアップを行う
  5. 購入したスマホにSIMカードを入れる
  6. スマホの初期設定及び復元とAPN設定を行う
  7. 楽天モバイルの開通手続きを行う

手順1 購入予定のスマホが楽天モバイルに対応しているか確認する

スマホが楽天モバイルに対応しているか確認する

楽天モバイルの公式サイト にて、これから購入する予定のスマホが楽天モバイルに対応しているかどうかを確認しましょう。

「対応端末一覧」に記載されていない機種は楽天モバイルでは使えない可能性が高いです。

楽天モバイルのSIMカードは申し込みから1週間程度で届きます。

事前に新しいスマホを購入して、SIMカードを待つようにしましょう。

手順2 mineoのマイページからMNP予約番号を発行する

mineoマイページ

購入予定のスマホの対応確認ができたら、mineoのマイページ からMNP予約番号を発行します。

MNP予約番号の発行料は無料です。

なお、MNP予約番号は一部時間帯において即時発行ができませんので、お気をつけください。

MNP予約番号の即時発行について

  • auプラン・ドコモプラン:9時2分~20時59分
  • ソフトバンクプラン:10時~19時

受付は24時間対応。上記時間帯以外の受付時は、翌朝の9時30分以降に順次発行となります。

【参考】mineoでMNP予約番号を発行する手順
mineoのMNP予約番号を発行する手順

TOPページのMENUから「各種サポート」内の「解約・MNP予約番号発行」をタップ

複数番号をお持ちの場合は、MNPする番号を選びます。

mineoのMNP予約番号を発行する手順

「MNP予約番号発行」をタップして、「同意する」をタップする

パケットシェアの契約をしている場合はMNP予約番号の発行ができません。

先にパケットシェアを解除してください。

ココに注意

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、楽天モバイル申込時に1週間以上の期間が残っていないと受付が完了しません

MNP予約番号は何度でも無料で発行できますが、一度発行したMNP予約番号はなるべく早めに使うようにしましょう。

\ココから大事!ブックマーク推奨/

手順3 楽天モバイル公式サイトから申し込みをする

楽天モバイル

mineoのMNP予約番号が発行されたら、楽天モバイルの公式サイト から申し込みを行います。

ココがポイント

楽天のアカウントをお持ちでない(楽天会員ではない)場合は手続きの途中で作成できますので、ひとまずこのまま先へ進みましょう。

【参考】楽天モバイルを申し込む手順
楽天モバイルを申込む手順

画面上部「お申込み」をタップして、「プランを選択する」をタップする

楽天モバイルはプランが1つしかありませんので、迷う必要はありません。

楽天モバイルを申込む手順

オプションサービスを選び、SIMカードのタイプを選ぶ

基本的にオプションサービスは不要です。必要だと思う人だけ選んでくださいs。

eSIMを使いたい人以外は「nanoSIM」を選びましょう。

eSIMとは?

SIMカードを挿さなくても、スマホ本体に直接SIM情報を書き込める機能のこと。eSIM対応のスマホに限り使用できる。

SIMカードが送られてくるのを待つことなく、即時乗り換えることができるのがメリット。

楽天モバイルを申込む手順

「この内容で申込む」をタップして、楽天会員情報を入力しログインする

楽天モバイルで端末を購入するわけではないので、「この内容で申込む」と進みます。

楽天の会員になっていない人は、ここで新規会員登録を行いましょう。

楽天モバイルを申込む手順

「契約者情報が正しいことを確認しました」にチェックを入れて、本人確認方法を選び「次へ進む」をタップする

本人確認方法はどれを選んでも大丈夫ですが、eSIMで契約する場合は「AIかんたん本人確認(eKYC)」で行う必要があります。

住所等が間違っていなければ、免許証もしくはマイナンバーカードで即時確認可能です。

楽天モバイルを申込む手順

「他社から乗り換え(MNP)」を選び、電話番号などの情報を入力して「次へ進む」をタップする

MNP予約番号の有効期限が7日未満になってしまった人は、改めてMNP予約番号を発行しましょう。

MNP予約番号は何度でも無料で発行することができます。

楽天モバイルを申込む手順

受け取り方法とお支払い方法を確認したら「申し込む」をタップする

楽天モバイルは、クレジットカード、口座振替、楽天ポイントのいずかで支払うことができます。

以上で楽天モバイルの申し込みは完了となります。

SIMカードが届くまで待ちましょう。

ココがポイント

購入予定するスマホがeSIM対応機種であれば、eSIMで申し込みをすることにより即時で乗り換えが可能です。

よくわからない人は従来通りのSIMカード(nanoSIM)で発行しましょう。

【注意】保険証の場合は公共料金の明細が必要です

本人確認書類として保険証を使う場合は、補助書類として以下のいずれかが必要になります。

本人確認書類の補助書類

  • 公共料金領収証(電気・ガス・水道)※3ヶ月以内
  • 住民票※3ヶ月以内

補助書類の注意事項

発行から3カ月以内で、氏名、住所がお申し込みいただいた内容と一致している必要があります。

記載の氏名がご家族など、ご契約者様本人の物でない場合、ご利用できません。また、氏名の表記(かな/カナ/漢字)含め、本人確認書類と一致していない場合も同様にご利用できません。

引用元:楽天モバイル「本人確認書類」

手順4 SIMカードが届いたらデータのバックアップを行う

楽天モバイルからSIMカードが届く

楽天モバイルの申し込みが完了すると、3日~5日ほどでSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、まずは今まで使っていたスマホのバックアップを行いましょう。

バックアップの方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneのデータをバックアップする方法(Apple公式サイト)

Androidのデータをバックアップする方法(Google公式サイト)

LINEアプリをバックアップする方法(LINE公式サイト)

ココに注意

実際にバックアップを行う際は、上記サイトなどを参考にして手順を見ながら行ってください。

データ容量が多ければ多いほどバックアップにかかる時間が長くなります。余裕を持って行いましょう。

【参考】iPhone同士であればバックアップなしでもデータ以降ができる
iPhoneのクイックスタートでデータ移行を行う

クイックスタートを使えば簡単にデータ移行ができる

iPhone同士であれば「クイックスタート」という機能を使って、バックアップなしでデータの移行ができます。

データの容量が多いと移行の時間が長くなりますが、バックアップを取るためのパソコンや有料のiCloudなどは一切必要ありません

時間こそかかるものの小難しい設定も必要なく、初心者向きの方法といえます。

クイックスタートでデータ移行をする方法(Apple公式サイト)

クイックスタートを使った場合でも、LINEのデータは引き継がれません

LINEに関しては、必ずバックアップ アカウントの引き継ぎ を行ってください。

【注意】できればWi-Fi環境下で作業した方が良い

iPhoneにしてもAndroidにしても、できればWi-Fi環境下で作業することをおすすめします。

アプリの再インストールやデータの移行によって、大量のデータ通信を行うからです。

たっぷり20GBあるとはいえ、月初に機種変更を行う人はなるべくWi-Fi環境下で行うようにしましょう。

手順5 購入したスマホにSIMカードを入れる

楽天モバイルのSIMカードを入れる

バックアップができたら、新しく購入したスマホにSIMカード入れてください。

手順6 スマホの初期設定及び復元とAPN設定を行う

SIMカードを入れたら、スマホの初期設定とデータの復元、そしてAPN設定を行います。

初期設定及びデータの復元方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneの初期設定と復元方法(Apple公式サイト)

Androidの初期設定と復元方法(Google公式サイト)

【参考】APN設定について

iPhoneに関してはAPN設定を行う必要がありません。

初期設定(データ復元)が終わった後に表示される「キャリア設定アップデート」を行えば、開通手続き後に電話やインターネットが使えるようになります。

キャリアアップデート

しばらくすると「キャリア設定アップデート」が表示される

「キャリア設定アップデート」が表示されない場合は、「設定アプリ」→「一般」→「情報」を開くことで手動でキャリア設定アップデートを行うことができます。

 

Androidに関しても基本的に自動で設定が完了しますが、一部の機種において手動によるAPN設定が必要となる場合があります。

楽天モバイルのAPN設定情報

  • 名前:rakuten(任意)
  • APN:rakuten.jp
  • MCC:440
  • MNC:11
  • APNタイプ:default,supl
  • APNプロトコル:IPv4/IPv6
  • APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6
  • PDPタイプ:IPv4/IPv6

※APN一覧に「楽天モバイル(rakuten.jp)」が保存されている場合は、そちらを選択するだけでOKです。

APNの設定方法に関しては、楽天モバイル公式サイト「APN設定方法(Android OS 端末) 」をご覧ください。

手順7 楽天モバイルの開通手続きを行う

初期設定とデータの復元、APN設定が終わったら、旧スマホから楽天モバイルの開通手続きを行いましょう。

楽天モバイルの開通手続きはマイページ「my 楽天モバイル」から即時可能です。

ただし、午前9時から午後9時までしか対応していないので、お気をつけください。

ココに注意

開通手続きを行うと、旧スマホでインターネットが使えなくなります。

【参考】オンライン開通手続きの手順
楽天モバイル開通手続きの手順

「my 楽天モバイル」右上のメニューをタップし、「お申し込み履歴」を選択

mineoのSIMカードが入ったスマホで行ってください。もしくは、Wi-Fiにつながったパソコンやタブレットでも大丈夫です。

楽天モバイル開通手続きの手順

該当の申込番号を選択し、タップする

1回線しか申し込みがなければ、申込番号は1つしか表示されません。

楽天モバイル開通手続きの手順

「MNP転入する」ボタンをタップする

9時~21時の間に行えば、即時開通します(電話やインターネットが使えるようになる)。

新しいスマホで電話やインターネットができることを確認しましょう。

※電話やインターネットができない場合は、一度端末を再起動させてみましょう。

画像参照:楽天モバイル「MNP開通手続き方法」

以上でmineoから楽天モバイルへの乗り換えは完了となります。

ここまでの説明で全体の内容がおおむね把握できたらmineoでMNP予約番号を発行して楽天モバイルに乗り換えましょう。

楽天モバイル

>>楽天モバイルを申し込む

スマホ・格安SIM

  • この記事を書いた人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-スマホ・格安SIM
-, , , ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2021 All Rights Reserved.