LINEMO(ラインモ)からahamo(アハモ)にMNPで乗り換える全手順と注意点を解説

LINEMO(ラインモ)からahamo(アハホ)に乗り換える全手順と注意点を解説

更新日:

LINEMO(ラインモ)からahamo(アハモ)に乗り換えを検討している人が増えてきました。

使う場所によって電波の入りが悪く、接続が切れてしまう人が多いようです。

ahamoは4キャリアの中でも品質の良さが人気のドコモ回線を使用しているので、つながりやすさには1番定評があります

当サイトでも、不定期に実機で速度を検証していますが、明らかにLINEMOの方が速度が遅いのが現状です。

ahamoとLINEMOの速度を比較

お昼13時頃の速度比較(ahamoはLINEMOの倍以上速い)

ahamoとLINEMOを比較
  ahamo(アハモ) LINEMO(ラインモ)
3GB - 990円
20GB 2,970円
(5分かけ放題込み)
2,728円
ギガ
ノーカウント
- LINEアプリ全般
実測値平均 70Mbps前後 40Mbps前後

LINEMOは最低利用期間が設けられていないので、どのタイミングでahamoに乗り換えても違約金がかかることはありません。安心してお乗り換えください。

有料とはいえ、店頭でのサポートが受けられるのもahamoへ乗り換える利点です。

杉本

ここでは、LINEMOからahamoに乗り換える手順と注意点を解説しています。

LINEMOからahamoに乗り換える手順は、次の3パターンです。

いずれの方法でも大きな違いはなく、とても簡単に乗り換えることが可能です。

もちろん、とりあえずahamoに乗り換えておいて、後から機種変更(端末の購入)もできます

機種変更を伴うと大きな出費になりますので、LINEMOの速度や接続の悪さに不満がある人はとりあえずahamoに乗り換えておくといいでしょう。

ココがポイント

ahamoに乗り換え後に機種変更するよりも、ahamo乗り換え時に合わせて機種変更をしたほうが、端末を安く購入することができます(分割払いも可)。

(例)iPhone11 64GBの場合

  • ahamo乗り換え時に機種変更:49,390円
  • ahamo乗り換え後に機種変更:62,590円
  • アップルストアで購入:71,280円
  • ヨドバシ.comで購入:71,280円

乗り換え月の月額料金は、乗り換え完了日から月末までの日割り計算となりますので、いつ乗り換えても損になりませんよ。

杉本

\乗り換え初月は日割りになります/

ahamo

ahamo:https://ahamo.com/

公式サイトへ移動します

ahamoを申込む

手続き完了までの目安時間[およそ3分]

以下の目次より、該当する箇所を選んで参考にしてください。

LINEMO(ラインモ)からahamo(アハモ)に乗り換える全手順を解説

LINEMO(ラインモ)からahamo(アハモ)に乗り換える

【パターン①】今使っているスマホのままahamoに乗り換える場合の手順

今使っているスマホのままahamoに乗り換える

今お使いのスマホそのままで、ahamoに乗り換える方法について解説します。

iPhoneでもAndroidでも、とても簡単に乗り換えられるので安心してください。

ahamo乗り換えまでの所要時間

  • Webでの手続き:5~10分
  • SIMカードが届くまでの日数:3~5日程度
  • 開通手続きにかかる時間:1~3分

また、今ならdポイントが必ず10,000円分もらえるキャンペーンが開催されているため、お得に乗り換えることができます。

  • キャンペーン期間:2021年11月1日~終了日未定
  • エントリー:
  • 条件:今のスマホそのままで他社から乗り換え(MNP)
    ※ahamo乗り換え時に、ahamoで機種を購入しなければOK
  • 特典付与時期:開通(利用開始の手続き)を行った翌々月下旬
  • dポイント有効期限:発行から3ヶ月間

詳しくはahamo公式サイトへ

3月31日までのキャンペーンですので、終わる前に申し込んでおきましょう。

杉本

今使っているスマホでahamoに乗り換える場合の手順

  1. スマホがahamoに対応しているか確認する
  2. LINEMO公式サイトからMNP予約番号を発行する
  3. ahamo公式サイトから申し込みをする
  4. SIMカードが届いたらahamoの開通手続きを行う
  5. SIMカードを入れ替える
  6. スマホのAPN設定を行う

手順1 スマホがahamoに対応しているか確認する

スマホがahamoに対応しているか確認する

ahamoの公式サイト にて、今使っているスマホがahamoに対応しているかどうかを確認しましょう。

「対応端末一覧」に記載されていない機種はahamoでは使えない可能性が高いです。

対応端末でない場合は、ahamoに乗り換えるついでに機種変更を行うことをおすすめします。

iPhoneはSE(第1世代)及び6シリーズ以降が対応しています。

手順2 LINEMO公式サイトからMNP予約番号を発行する

LINEMOのマイページ

対応端末であることの確認が取れたら、LINEMO公式サイト からMNP予約番号を発行します(SMSにて受信)。

MNP予約番号の発行料は無料です。

なお、MNP予約番号は手続きしてから発行されるまで時間がかかる場合があるので、前もって手続きをしておくことをおすすめします。

MNP予約番号が発行される時間帯について

  • 受付時間:24時間(年中無休)
  • 20時以降の申し込み:翌日9時以降に順次SMSにて発行
【参考】LINEMOでMNP予約番号を発行する手順

LINEMOでMNP予約番号を発行する手順を確認する

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

「MNP転出」を選び、転出先(今回はahamo)を選ぶ

1つ1つ選択をしないと、次の選択肢が表示されません。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

「お手続きを始める」をタップして、ソフトバンクIDのパスワードを入力して「本人確認をする」をタップする

パソコンから操作する場合は、ワンタイムパスワードでの認証となります。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

MNP予約番号発行に関する注意事項を読み「次へ」をタップする

ahamoに乗り換える場合は、ahamoの新規事務手数料は0円となっていますので安心してください。

LINEMOの解約違約金やMNP予約番号発行手数料も0円です。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

注意事項に目を通して「次へ」をタップする

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、ahamo申込時に1週間以上の残がないと手続きができません。

MNP予約番号を発行したら、8日以内にahamoへ申し込みましょう。

※MNP予約番号は何度でも無料で再発行できます。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

アンケートに回答しましょう(必須)

アンケートの回答次第でMNP予約番号が発行されない、ということはありませんので、自由に選択してください。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

転出予定時期を選んだら「次へ」をタップする

転出予定時期はどれを選んでも問題ありません。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

「申込」をタップして受付完了

「申込」をタップすることで、受付完了となります。

SMSにてMNP予約番号が発行されるまで待ちましょう。

※20時以降の申し込みの場合は、翌日9時以降に順次発行されます。

ココに注意

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、ahamo申込時に1週間以上の期間が残っていないと受付が完了しません

MNP予約番号は何度でも無料で発行できますが、一度発行したMNP予約番号はなるべく早めに使うようにしましょう。

\ココから大事!ブックマーク推奨/

手順3 ahamo公式サイトから申し込みをする

ahamo

LINEMOのMNP予約番号が発行されたら、ahamo公式サイト から「docomoを契約していない方」にてahamoの申し込みを行います。

ココがポイント

dアカウントを持っていない場合は、メールアドレスで新規登録を行います。

お持ちのGメールやヤフーメールといったフリーアドレスを利用している場合は、そちらのアドレスで登録をすれば問題ありません。

【参考】ahamoを申し込む手順
MNPでアハモに申し込む手順

「今すぐ申し込み」をタップして「SIMのみを購入」を選んで「次へ」をタップする

今使っているスマホをそのまま使うので「SIMのみを購入」を選びます。

MNPでアハモに申し込む手順

「他社からの乗り換え(MNP)」を選び「かけ放題オプション」を選ぶ

ahamoは最初から「5分」かけ放題が付いています。「(何分でも)かけ放題オプション」を申し込むと、追加で1,100円/月が必要になります。

MNPでアハモに申し込む手順

「次へ」をタップして「端末の確認」にチェックを入れて「手続きへ」をタップする

「VoLTE」に対応している端末は、基本的に最初から「VoLTEオン設定」になっています。

ご自身で設定を変更された方は、「VoLTEオン設定」に戻してください。

MNPでアハモに申し込む手順

メールアドレスを入力したら「開始する」をタップする

ahamoに乗り換えた後でも使用可能なメールアドレス(Gメールやヤフーメール)などを使ってください。

続いて、名前、住所、電話番号、クレジットカード情報(口座振替も可)を入力し、本人確認書類(免許証やマイナンバーカード)をアップすれば申し込み完了です。

ココがポイント

eSIM対応機種であれば、eSIMで申し込みをすれば即時で乗り換えが可能です。

よくわからない人は従来通りSIMカードを発行しましょう。

SIMカードのサイズは機種によって異なりますので、「機種名 SIMカードサイズ」で検索するか、実機から取り出してサイズを確認してください。

※iPhoneはNano(ナノ)サイズです。

【注意】保険証の場合は公共料金の明細が必要です

本人確認書類として保険証を使う場合は、補助書類として以下のいずれかが必要になります。

本人確認書類の補助書類

  • 公共料金領収証(電気・ガス・水道)※3ヶ月以内
  • 住民票※3ヶ月以内

公共料金領収証

発行日から3か月以内で、現住所が記載されており、ご契約者名義のものに限ります。電気・ガス・水道などの領収印がある領収証、または発行日(口座引落し日)の記載がある口座振替済通知書に限ります。

住民票

発行日から3か月以内かつ、現住所記載のもので「マイナンバー(個人番号)」が印字されていないものに限ります。

引用元:ahamo「よくある質問」

手順4 SIMカードが届いたらahamoの開通手続きを行う

ahamoが届く

ahamoの申し込みが完了すると、3日~5日ほどで日本郵政よりSIMカードが手渡しで届きます。

SIMカードが届いたら、まずは開通手続きを行いましょう。

ahamoの開通手続きはマイページもしくはahamoアプリから即時可能です。

ただし、午前9時から午後9時までしか対応していないので、お気をつけください。

※LINEMOからMNPで乗り換えた場合、電話での開通手続きはできません。

ココに注意

開通手続きを行う前にSIMカードを入れ替えてしまうと、インターネットが使えなくなります。

自宅にWi-Fiがない人は、SIMカードを入れ替える前に開通手続きを行ってください。

【参考】オンライン開通手続きの手順
ahamoオンライン開通手続きの手順

ahamo公式サイト、もしくはahamoアプリからログインする

【受付番号】はahamo申し込み後に送られてくるメールに記載された【13桁の英数字】です。

【暗証番号】は、ahamo申込時に入力したネットワーク暗証番号のことです。

ahamoオンライン開通手続きの手順

「切り替え(開通)」をタップして「開通する」をタップします

「開通する」をタップするとLINEMOのSIMカードが使えなくなります。

※この後行うahamoのAPN設定を行うまでは、一時的にインターネットや電話が使えなくなります。

ahamoオンライン開通手続きの手順

開通手続き完了です

画像参照:ahamo

速やかにSIMカードを入れ替えて、APN設定を行いましょう。

手順5 SIMカードを入れ替える

ahamoのSIMカードを入れる

ahamoの開通手続きが完了したら、スマホの電源を切ってSIMカードを入れ替えてください。

手順6 スマホのAPN設定を行う

SIMカードを入れ替えたら、APN設定を行います。

iPhoneの場合は設定済みのプロファイルを削除するだけでOKです。

Androidの場合は、APN設定情報を以下のように変更してください。

ahamoのAPN設定情報

  • 名前:ahamo(任意)
  • APN:spmode.jp

※APN一覧に「SPモード(spmode.jp)」が保存されている場合は、そちらを選択するだけでOKです。

iPhoneのプロファイルを削除する

設定アプリの「一般」から「プロファイル」を選ぶ

iPhoneのプロファイルを削除する

「構成プロファイル」をタップして「プロファイルを削除」をタップ

iPhoneのプロファイルを削除する手順は以上で完了です。

プロファイルを削除すれば、自動的にahamoの設定が行われ、電話やインターネットが使えるようになっています。

※電話やインターネットが使えない場合は、一度iPhoneを再起動させてみましょう。

ドコモ公式サイト「アクセスポイント(APN)設定について 」をご覧ください。

 

以上LINEMOからahamoへの乗り換えは完了となります。

ここまでの説明で全体の内容がおおむね把握できたら、LINEMOでMNP予約番号を発行してahamoに乗り換えましょう。

ahamo

>>ahamoを申し込む

 

【パターン②】ahamoに乗り換えるついでに機種変更(端末購入)する場合の手順

ahamoに乗り換えるついでに機種変更(端末購入)する

LINEMOからahamoに乗り換えるついでに機種変更(ahamoで端末を購入)する場合の手順と方法について解説します。

データのバックアップと復元は少しだけ時間がかかりますので、落ち着いてできる日を用意した方が良いです。

乗り換え作業を行う5日前までにahamoを申し込みしておきましょう。

ahamo乗り換えまでの所要時間

  • Webでの手続き:5~10分
  • SIMカードやスマホが届くまでの日数:3~5日程度
  • データのバックアップと復元:30分~1時間
  • 開通手続きにかかる時間:1~3分

ahamoに乗り換えるついでに機種変更(端末購入)する場合の手順

  1. 購入する端末(新しいスマホ)を決める
  2. LINEMO公式サイトからMNP予約番号を発行する
  3. ahamo公式サイトから申し込みをする
  4. 商品が届いたらデータのバックアップを行う
  5. 購入したスマホにSIMカードを入れる
  6. スマホの初期設定及び復元とAPN設定を行う
  7. ahamoの開通手続きを行う

手順1 購入する端末(新しいスマホ)を決める

ahamoはオンラインショップでスマホ(端末)購入ができる

ahamoの公式サイト にて、購入するスマホを決めます。

手順2 LINEMO公式サイトからMNP予約番号を発行する

LINEMOのマイページ

購入するスマホを決めたら、LINEMO公式サイト からMNP予約番号を発行します(SMSにて受信)。

MNP予約番号の発行料は無料です。

なお、MNP予約番号は手続きしてから発行されるまで時間がかかる場合があるので、前もって手続きをしておくことをおすすめします。

MNP予約番号が発行される時間帯について

  • 受付時間:24時間(年中無休)
  • 20時以降の申し込み:翌日9時以降に順次SMSにて発行
【参考】LINEMOでMNP予約番号を発行する手順

LINEMOでMNP予約番号を発行する手順を確認する

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

「MNP転出」を選び、転出先(今回はahamo)を選ぶ

1つ1つ選択をしないと、次の選択肢が表示されません。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

「お手続きを始める」をタップして、ソフトバンクIDのパスワードを入力して「本人確認をする」をタップする

パソコンから操作する場合は、ワンタイムパスワードでの認証となります。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

MNP予約番号発行に関する注意事項を読み「次へ」をタップする

ahamoに乗り換える場合は、ahamoの新規事務手数料は0円となっていますので安心してください。

LINEMOの解約違約金やMNP予約番号発行手数料も0円です。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

注意事項に目を通して「次へ」をタップする

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、ahamo申込時に1週間以上の残がないと手続きができません。

MNP予約番号を発行したら、8日以内にahamoへ申し込みましょう。

※MNP予約番号は何度でも無料で再発行できます。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

アンケートに回答しましょう(必須)

アンケートの回答次第でMNP予約番号が発行されない、ということはありませんので、自由に選択してください。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

転出予定時期を選んだら「次へ」をタップする

転出予定時期はどれを選んでも問題ありません。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

「申込」をタップして受付完了

「申込」をタップすることで、受付完了となります。

SMSにてMNP予約番号が発行されるまで待ちましょう。

※20時以降の申し込みの場合は、翌日9時以降に順次発行されます。

ココに注意

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、ahamo申込時に1週間以上の期間が残っていないと受付が完了しません

MNP予約番号は何度でも無料で発行できますが、一度発行したMNP予約番号はなるべく早めに使うようにしましょう。

\ココから大事!ブックマーク推奨/

手順3 ahamo公式サイトから申し込みをする

ahamo

LINEMOのMNP予約番号が発行されたら、ahamo公式サイト から「docomoを契約していない方」にてahamoの申し込みを行います。

ココがポイント

dアカウントを持っていない場合は、メールアドレスで新規登録を行います。

お持ちのGメールやヤフーメールといったフリーアドレスを利用している場合は、そちらのアドレスで登録をすれば問題ありません。

【参考】ahamoを申し込む手順
MNPでアハモに申し込む手順

「今すぐ申し込み」をタップして「スマホとSIMをセットで購入」を選んで「次へ」をタップする

ahamoでスマホを購入するので「スマホとSIMをセットで購入」を選びます。

MNPでアハモに申し込む手順

購入するスマホを選び、色や容量、支払回数を選択する

端末によっては色や容量が選べない場合があります。

支払回数は一括か36回の分割払いになります。分割払いにしても手数料は取られません。

MNPでアハモに申し込む手順

スマホの補償と端末の下取りの有無を選択する

心配な人は端末補償の申し込みをしましょう。

今使っているスマホを下取りに出す場合は、購入の翌月末までに送付しないといけません。

MNPでアハモに申し込む手順

「かけ放題オプション」を選択し、支払額の確認をしたら「次へ」をタップする

ahamoは最初から「5分」かけ放題が付いています。「(何分でも)かけ放題オプション」を申し込むと、追加で1,100円/月が必要になります。

MNPでアハモに申し込む手順

メールアドレスを入力したら「開始する」をタップする

ahamoに乗り換えた後でも使用可能なメールアドレス(Gメールやヤフーメール)などを使ってください。

続いて、名前、住所、電話番号、クレジットカード情報(口座振替も可)を入力し、本人確認書類(免許証やマイナンバーカード)をアップすれば申し込み完了です。

【注意】保険証の場合は公共料金の明細が必要です

本人確認書類として保険証を使う場合は、補助書類として以下のいずれかが必要になります。

本人確認書類の補助書類

  • 公共料金領収証(電気・ガス・水道)※3ヶ月以内
  • 住民票※3ヶ月以内

公共料金領収証

発行日から3か月以内で、現住所が記載されており、ご契約者名義のものに限ります。電気・ガス・水道などの領収印がある領収証、または発行日(口座引落し日)の記載がある口座振替済通知書に限ります。

住民票

発行日から3か月以内かつ、現住所記載のもので「マイナンバー(個人番号)」が印字されていないものに限ります。

引用元:ahamo「よくある質問」

手順4 商品が届いたらデータのバックアップを行う

ahamoが届く

ahamoの申し込みが完了すると、3日~5日ほどで日本郵政よりスマホとSIMカードが手渡しで届きます。

商品が届いたら、まずは今まで使っていたスマホのバックアップを行いましょう。

バックアップの方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneのデータをバックアップする方法(Apple公式サイト)

Androidのデータをバックアップする方法(Google公式サイト)

LINEアプリをバックアップする方法(LINE公式サイト)

ココに注意

実際にバックアップを行う際は、上記サイトなどを参考にして手順を見ながら行ってください。

データ容量が多ければ多いほどバックアップにかかる時間が長くなります。余裕を持って行いましょう。

【参考】iPhone同士であればバックアップなしでもデータ以降ができる
iPhoneのクイックスタートでデータ移行を行う

クイックスタートを使えば簡単にデータ移行ができる

iPhone同士であれば「クイックスタート」という機能を使って、バックアップなしでデータの移行ができます。

データの容量が多いと移行の時間が長くなりますが、バックアップを取るためのパソコンや有料のiCloudなどは一切必要ありません

時間こそかかるものの小難しい設定も必要なく、初心者向きの方法といえます。

クイックスタートでデータ移行をする方法(Apple公式サイト)

クイックスタートを使った場合でも、LINEのデータは引き継がれません

LINEに関しては、必ずバックアップ アカウントの引き継ぎ を行ってください。

【注意】できればWi-Fi環境下で作業した方が良い

iPhoneにしてもAndroidにしても、できればWi-Fi環境下で作業することをおすすめします。

アプリの再インストールやデータの移行によって、大量のデータ通信を行うからです。

たっぷり20GBあるとはいえ、月初に機種変更を行う人はなるべくWi-Fi環境下で行うようにしましょう。

手順5 購入したスマホにSIMカードを入れる

ahamoのSIMカードを入れる

バックアップができたら、新しく購入したスマホにSIMカード入れてください。

手順6 スマホの初期設定及び復元とAPN設定を行う

SIMカードを入れたら、スマホの初期設定とデータの復元、そしてAPN設定を行います。

初期設定及びデータの復元方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneの初期設定と復元方法(Apple公式サイト)

Androidの初期設定と復元方法(Google公式サイト)

【参考】APN設定について(一部のAndroidに限る)

iPhoneに関してはAPN設定を行う必要がありません。

Androidに関しては、一部の機種において手動によるAPN設定が必要となります。

ahamoのAPN設定情報

  • 名前:ahamo(任意)
  • APN:spmode.jp

※APN一覧に「SPモード(spmode.jp)」が保存されている場合は、そちらを選択するだけでOKです。

APNの設定方法に関しては、ドコモ公式サイト「アクセスポイント(APN)設定について 」をご覧ください。

手順7 ahamoの開通手続きを行う

初期設定とデータの復元、APN設定が終わったら、旧スマホからahamoの開通手続きを行いましょう。

ahamoの開通手続きはマイページもしくはahamoアプリから即時可能です。

ただし、午前9時から午後9時までしか対応していないので、お気をつけください。

※LINEMOからMNPで乗り換えた場合、電話での開通手続きはできません。

ココに注意

開通手続きを行うと、旧スマホでインターネットが使えなくなります。

【参考】オンライン開通手続きの手順
ahamoオンライン開通手続きの手順

ahamo公式サイト、もしくはahamoアプリからログインする

【受付番号】はahamo申し込み後に送られてくるメールに記載された【13桁の英数字】です。

【暗証番号】は、ahamo申込時に入力したネットワーク暗証番号のことです。

ahamoオンライン開通手続きの手順

「切り替え(開通)」をタップして「開通する」をタップします

「開通する」をタップするとLINEMOのSIMカードが使えなくなります(旧スマホで電話やインターネットができなくなる)。

ahamoオンライン開通手続きの手順

開通手続き完了です

画像参照:ahamo

以上でLINEMOからahamoへの乗り換えは完了となります。

ここまでの説明で全体の内容がおおむね把握できたら、LINEMOでMNP予約番号を発行してahamoに乗り換えましょう。

ahamo

>>ahamoを申し込む

 

【パターン③】自分で端末を購入してからahamoに乗り換える場合の手順

自分で端末を購入してからahamoに乗り換える

LINEMOからahamoに乗り換えるけれども、新しいスマホは自分で購入する場合の手順と方法について解説します。

データのバックアップと復元は少しだけ時間がかかりますので、落ち着いてできる日を用意した方が良いです。

乗り換え作業を行う5日前までにahamoを申し込みしておき、新しいスマホは当日までに購入しておきましょう。

ahamo乗り換えまでの所要時間

  • Webでの手続き:5~10分
  • SIMカードが届くまでの日数:3~5日程度
  • データのバックアップと復元:30分~1時間
  • 開通手続きにかかる時間:1~3分

また、今ならdポイントが必ず10,000円分もらえるキャンペーンが開催されているため、お得に乗り換えることができます。

  • キャンペーン期間:2021年11月1日~終了日未定
  • エントリー:
  • 条件:今のスマホそのままで他社から乗り換え(MNP)
    ※ahamo乗り換え時に、ahamoで機種を購入しなければOK
  • 特典付与時期:開通(利用開始の手続き)を行った翌々月下旬
  • dポイント有効期限:発行から3ヶ月間

詳しくはahamo公式サイトへ

3月31日までのキャンペーンですので、終わる前に申し込んでおきましょう。

杉本

自分で端末を購入してからahamoに乗り換える場合の手順

  1. 購入予定のスマホがahamoに対応しているか確認する
  2. LINEMO公式サイトからMNP予約番号を発行する
  3. ahamo公式サイトから申し込みをする
  4. SIMカードが届いたらデータのバックアップを行う
  5. 購入したスマホにSIMカードを入れる
  6. スマホの初期設定及び復元とAPN設定を行う
  7. ahamoの開通手続きを行う

手順1 購入予定のスマホがahamoに対応しているか確認する

スマホがahamoに対応しているか確認する

ahamoの公式サイト にて、これから購入する予定のスマホがahamoに対応しているかどうかを確認しましょう。

「対応端末一覧」に記載されていない機種はahamoでは使えない可能性が高いです。

ahamoのSIMカードは申し込みから3日~5日程度で届きます。

事前に新しいスマホを購入して、SIMカードを待つようにしましょう。

手順2 LINEMO公式サイトからMNP予約番号を発行する

LINEMOのマイページ

対応端末であることの確認が取れたら、LINEMO公式サイト からMNP予約番号を発行します(SMSにて受信)。

MNP予約番号の発行料は無料です。

なお、MNP予約番号は手続きしてから発行されるまで時間がかかる場合があるので、前もって手続きをしておくことをおすすめします。

MNP予約番号が発行される時間帯について

  • 受付時間:24時間(年中無休)
  • 20時以降の申し込み:翌日9時以降に順次SMSにて発行
【参考】LINEMOでMNP予約番号を発行する手順

LINEMOでMNP予約番号を発行する手順を確認する

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

「MNP転出」を選び、転出先(今回はahamo)を選ぶ

1つ1つ選択をしないと、次の選択肢が表示されません。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

「お手続きを始める」をタップして、ソフトバンクIDのパスワードを入力して「本人確認をする」をタップする

パソコンから操作する場合は、ワンタイムパスワードでの認証となります。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

MNP予約番号発行に関する注意事項を読み「次へ」をタップする

ahamoに乗り換える場合は、ahamoの新規事務手数料は0円となっていますので安心してください。

LINEMOの解約違約金やMNP予約番号発行手数料も0円です。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

注意事項に目を通して「次へ」をタップする

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、ahamo申込時に1週間以上の残がないと手続きができません。

MNP予約番号を発行したら、8日以内にahamoへ申し込みましょう。

※MNP予約番号は何度でも無料で再発行できます。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

アンケートに回答しましょう(必須)

アンケートの回答次第でMNP予約番号が発行されない、ということはありませんので、自由に選択してください。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

転出予定時期を選んだら「次へ」をタップする

転出予定時期はどれを選んでも問題ありません。

LINEMOのMNP予約番号を発行する手順

「申込」をタップして受付完了

「申込」をタップすることで、受付完了となります。

SMSにてMNP予約番号が発行されるまで待ちましょう。

※20時以降の申し込みの場合は、翌日9時以降に順次発行されます。

ココに注意

MNP予約番号の有効期限は15日間となりますが、ahamo申込時に1週間以上の期間が残っていないと受付が完了しません

MNP予約番号は何度でも無料で発行できますが、一度発行したMNP予約番号はなるべく早めに使うようにしましょう。

\ココから大事!ブックマーク推奨/

手順3 ahamo公式サイトから申し込みをする

ahamo

LINEMOのMNP予約番号が発行されたら、ahamo公式サイト から「docomoを契約していない方」にてahamoの申し込みを行います。

ココがポイント

dアカウントを持っていない場合は、メールアドレスで新規登録を行います。

お持ちのGメールやヤフーメールといったフリーアドレスを利用している場合は、そちらのアドレスで登録をすれば問題ありません。

【参考】ahamoを申し込む手順
MNPでアハモに申し込む手順

「今すぐ申し込み」をタップして「SIMのみを購入」を選んで「次へ」をタップする

「持っているスマホで利用する」わけではありませんが、ahamo以外でスマホを購入するので「SIMのみを購入」を選びます。

MNPでアハモに申し込む手順

「他社からの乗り換え(MNP)」を選び「かけ放題オプション」を選ぶ

ahamoは最初から「5分」かけ放題が付いています。「(何分でも)かけ放題オプション」を申し込むと、追加で1,100円/月が必要になります。

MNPでアハモに申し込む手順

「次へ」をタップして「端末の確認」にチェックを入れて「手続きへ」をタップする

「VoLTE」に対応している端末は、基本的に最初から「VoLTEオン設定」になっています。

MNPでアハモに申し込む手順

メールアドレスを入力したら「開始する」をタップする

ahamoに乗り換えた後でも使用可能なメールアドレス(Gメールやヤフーメール)などを使ってください。

続いて、名前、住所、電話番号、クレジットカード情報(口座振替も可)を入力し、本人確認書類(免許証やマイナンバーカード)をアップすれば申し込み完了です。

ココがポイント

新しく購入するスマホがeSIM対応機種であれば、eSIMで申し込みをすれば即時で乗り換えが可能です。

よくわからない人は従来通りSIMカードを発行しましょう。

SIMカードのサイズは機種によって異なりますので、「機種名 SIMカードサイズ」で検索してサイズを確認してください。

※iPhoneはNano(ナノ)サイズです。

【注意】保険証の場合は公共料金の明細が必要です

本人確認書類として保険証を使う場合は、補助書類として以下のいずれかが必要になります。

本人確認書類の補助書類

  • 公共料金領収証(電気・ガス・水道)※3ヶ月以内
  • 住民票※3ヶ月以内

公共料金領収証

発行日から3か月以内で、現住所が記載されており、ご契約者名義のものに限ります。電気・ガス・水道などの領収印がある領収証、または発行日(口座引落し日)の記載がある口座振替済通知書に限ります。

住民票

発行日から3か月以内かつ、現住所記載のもので「マイナンバー(個人番号)」が印字されていないものに限ります。

引用元:ahamo「よくある質問」

手順4 商品が届いたらデータのバックアップを行う

ahamoが届く

ahamoの申し込みが完了すると、3日~5日ほどで日本郵政よりSIMカードが手渡しで届きます。

SIMカードが届いたら、まずは今まで使っていたスマホのバックアップを行いましょう。

バックアップの方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneのデータをバックアップする方法(Apple公式サイト)

Androidのデータをバックアップする方法(Google公式サイト)

LINEアプリをバックアップする方法(LINE公式サイト)

ココに注意

実際にバックアップを行う際は、上記サイトなどを参考にして手順を見ながら行ってください。

データ容量が多ければ多いほどバックアップにかかる時間が長くなります。余裕を持って行いましょう。

【参考】iPhone同士であればバックアップなしでもデータ以降ができる
iPhoneのクイックスタートでデータ移行を行う

クイックスタートを使えば簡単にデータ移行ができる

iPhone同士であれば「クイックスタート」という機能を使って、バックアップなしでデータの移行ができます。

データの容量が多いと移行の時間が長くなりますが、バックアップを取るためのパソコンや有料のiCloudなどは一切必要ありません

時間こそかかるものの小難しい設定も必要なく、初心者向きの方法といえます。

クイックスタートでデータ移行をする方法(Apple公式サイト)

クイックスタートを使った場合でも、LINEのデータは引き継がれません

LINEに関しては、必ずバックアップ アカウントの引き継ぎ を行ってください。

【注意】できればWi-Fi環境下で作業した方が良い

iPhoneにしてもAndroidにしても、できればWi-Fi環境下で作業することをおすすめします。

アプリの再インストールやデータの移行によって、大量のデータ通信を行うからです。

たっぷり20GBあるとはいえ、月初に機種変更を行う人はなるべくWi-Fi環境下で行うようにしましょう。

手順5 購入したスマホにSIMカードを入れる

ahamoのSIMカードを入れる

バックアップができたら、新しく購入したスマホにSIMカード入れてください。

手順6 スマホの初期設定及び復元とAPN設定を行う

SIMカードを入れたら、スマホの初期設定とデータの復元、そしてAPN設定を行います。

初期設定及びデータの復元方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneの初期設定と復元方法(Apple公式サイト)

Androidの初期設定と復元方法(Google公式サイト)

【参考】APN設定について(一部のAndroidに限る)

iPhoneに関してはAPN設定を行う必要がありません。

Androidに関しては、一部の機種において手動によるAPN設定が必要となります。

ahamoのAPN設定情報

  • 名前:ahamo(任意)
  • APN:spmode.jp

※APN一覧に「SPモード(spmode.jp)」が保存されている場合は、そちらを選択するだけでOKです。

APNの設定方法に関しては、ドコモ公式サイト「アクセスポイント(APN)設定について 」をご覧ください。

手順7 ahamoの開通手続きを行う

初期設定とデータの復元、APN設定が終わったら、旧スマホからahamoの開通手続きを行いましょう。

ahamoの開通手続きはマイページもしくはahamoアプリから即時可能です。

ただし、午前9時から午後9時までしか対応していないので、お気をつけください。

※LINEMOからMNPで乗り換えた場合、電話での開通手続きはできません。

ココに注意

開通手続きを行うと、旧スマホでインターネットが使えなくなります。

【参考】オンライン開通手続きの手順
ahamoオンライン開通手続きの手順

ahamo公式サイト、もしくはahamoアプリからログインする

【受付番号】はahamo申し込み後に送られてくるメールに記載された【13桁の英数字】です。

【暗証番号】は、ahamo申込時に入力したネットワーク暗証番号のことです。

ahamoオンライン開通手続きの手順

「切り替え(開通)」をタップして「開通する」をタップします

「開通する」をタップするとLINEMOのSIMカードが使えなくなります(旧スマホで電話やインターネットができなくなる)。

ahamoオンライン開通手続きの手順

開通手続き完了です

新しいスマホで電話やインターネットができることを確認しましょう。

※電話やインターネットができない場合は、一度端末を再起動させてみましょう。

画像参照:ahamo

以上でLINEMOからahamoへの乗り換えは完了となります。

ここまでの説明で全体の内容がおおむね把握できたら、LINEMOでMNP予約番号を発行してahamoに乗り換えましょう。

ahamo

>>ahamoを申し込む

ahamoに関する注意事項まとめ

  • ahamoでは、⼀部ご利⽤できないサービスがあります。
  • 店頭サポートについて
    • ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。
      ※サイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます
    • ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート(※2)」(税込3,300円)をご利⽤ください。
      なお、お申込み時の端末操作はお客さまご⾃⾝で実施頂きます。
      また、端末初期設定およびデータ移⾏などは本サポートの範囲外となります。
      ※2 お客さまのご要望に基づき、ahamo専⽤サイトからのお申込みの補助を⾏うものです。
    • 端末初期設定およびデータ移⾏の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)(※3)」を別途お申込みください。
      ※3 お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専⽤サイトからのお⼿続き補助を⾏うものです。
  • ⽉額料⾦:20GB使えて2,970円/⽉(税込)
    ※機種代⾦別途(機種購入の場合)
  • 国内通話料⾦は5分以内無料
    ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります
  • ahamoのご契約を頂く際は、今お使いのスマホがそのまま使えます
    ※ご利⽤端末がドコモで提供している通信⽅式とは異なる通信⽅式のみに対応している機種の場合、またSIMロック解除がなされていない場合についてはahamoをご利⽤いただくことはできません。
     ご利⽤中の機種が対応しているかはahamoサイトにてご確認ください。
  • 対応機種なら、SIMカードのみのご契約でOK
    ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

スマホ・格安SIM

※本記事の内容には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性や安全性を保証しているわけではございません。
※通信速度や電波感度に関しては当サイトの検証結果にもとづく所感であり、一定の効果を保証しているわけではございません。
※ご不明点につきましては、各メーカーへお問い合わせ願います。
※インターネット回線をご契約の際には、各社ホームページの内容をご自身でご確認の上お申し込みください。

  • この記事を書いた人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-スマホ・格安SIM
-, , , ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2022 All Rights Reserved.