モバイルWi-Fi

工事不要のWi-Fi「WiMAX」と「ソフトバンクエアー」はどう違う?

更新日:

工事不要のWi-Fi「WiMAX」と「ソフトバンクエアー」はどう違う?

この記事でわかること

  • WiMAXとソフトバンクエアーの違い
  • WiMAXのメリットとデメリット
  • ソフトバンクエアーのメリットとデメリット
  • WiMAXを選ぶべき人のタイプ
  • ソフトバンクエアーを選ぶべき人のタイプ

工事なしで即日使えるWi-Fiとして人気があるのが「WiMAX」と「ソフトバンクエアー」です。

それぞれの特徴をふまえて、「どっちを選ぶべきなのか」「どんな人におすすめなのか」を紹介します。

また、細かい違いを知りたい方のために、WiMAXとソフトバンクエアーを比較して両者のメリットとデメリットを解説します。

 

この記事を読めば、自分が選ぶべきWi-Fiはどっちなのかがわかるでしょう。

※当サイトの内容は、あくまでも弊社の調査結果に基づく情報であり、全てのユーザーに対してその内容の再現性を保証するものではございません。お客さまご自身の責任においてご利用ください。

【注意】SNS(Twitter、FB、インスタなど)アプリで閲覧している方へ

+ ココをタップすると5秒で読み終わる注意事項が表示されます

SNSアプリの仕様変更に伴い、記事内容が正常に表示されない場合があります。大変お手数ではございますが、お使いのブラウザで開き直して頂くようお願い致します。

※パソコンの方は問題ありません。

iPhoneの方

  • 画面右下のSafariアイコンをタップ

Safariで開き直す

Androidの方

  • 画面右上の「︙」をタップし「Chromeで開く」をタップ

Chromeで開き直す

WiMAXとソフトバンクエアーどっちを選ぶべきか

それぞれの特徴をふまえた上で、あなたが選ぶべきWi-Fiはどちらなのか、先に結論を書いておきます。

一人暮らしで外でも使いたい、速くて安い方がいいならWiMAX

「工事不要」「外でも使える」「ソフトバンクエアーより安くて速い」「データ容量無制限」

これが、WiMAXです。

あなたがもし一人暮らしをしているなら、あなたが選ぶべきWi-FiはソフトバンクエアーではなくWiMAXになります。

家でも外でも使える

手のひらサイズの小型ルーターなので、家の中でも邪魔になりませんし、外へも気軽に持ち運びできます。

カバンやポケットにしまえるのがうれしい。バッテリーも最大11時間もちます。

 

ソフトバンクエアーより速い

理論値も実行速度もソフトバンクエアーよりWiMAXの方が速いです。

  WiMAX ソフトバンクエアー
条件付き最大速度(理論値) 1.2Gbps 962Mbps
条件なし最大速度(理論値) 558Mbps 481Mbps
実行速度※ 平均22Mbps 平均8Mbps

※弊社(愛知県名古屋市)にて測定

実は弊社はWiMAXのエリアが「△~◯」で、少し電波が弱い地域になります。

それでもソフトバンクエアーよりしっかりと速度が出ました。

夜の1番込み合う時間帯でも、平均して20Mbps以上出たのでSNSも動画視聴も全く問題なかったです。

速度テストの一貫で、YouTubeにて超高画質動画(1080p)を数時間垂れ流しにしましたが、一度も止まることはありませんでした。

 

ソフトバンクエアーより安い

毎月の費用も、3年間の合計費用も、端末代も全てWiMAXの方が安いです。

  WiMAX ソフトバンクエアー
月額 2,170円~4,263円 4,880円
3年間の合計※ 122,456円 158,680円
端末(ルーター)代 0円 58,320円(割引によって実質無料)

※契約事務手数料、キャッシュバックなども含む

WiMAXの方が3年間で4万円以上もオトクになることがわかります。

 

仮にソフトバンク携帯を持っていて、セット割が適用になったとしてもWiMAXの方が安いです。

  WiMAX ソフトバンクエアー
(セット割あり)
月額 2,170円~4,263円 3,880円
3年間の合計※ 122,456円 122,680円
端末(ルーター)代 0円 58,320円(割引によって実質無料)

※契約事務手数料、キャッシュバックなども含む

ソフトバンク携帯とのセット割があったとしても、それでもWiMAXの方がオトクになることがわかります。

一見安そうに宣伝していますが、実はソフトバンクエアーは高いのです。知らずに契約すると損しますよ。

 

工事不要

もちろんWiMAXも工事不要です。

 

最短翌日にルーターが届く

ルーターが届くまで1週間以上もかかるソフトバンクエアーとは違い、WiMAXは最短翌日~3日ほどで到着します。

「すぐにWi-Fiが使いたい!」という要望に本当に応えることができるのは、実はWiMAXなのです。

 

ソフトバンクエアーは、申込みの翌日移行に本人確認手続きをする必要があり非常に面倒です。

手続きしてから審査が行われるので、ルーターが発送されるまで1週間以上もかかりました。

また、私が本人確認手続きを行った際は日中サイトが混み合って全く繋がらず、早朝や夜中に行う必要がありました

 

届いた瞬間から使える

ルーターが届けば、その日からすぐに使えます。

同梱のSIMカードを端末に挿し、電源を入れ、画面上を数回タップするだけで初期設定は終わりです。

最初はコンセントに挿して充電しながら使うことにはなりますが、ダンボールから開封したら5分後にはWi-Fiが使えるようになりますよ。

 

難しい設定なし

WiMAXに初期設定という概念はほとんどありません。

電源を入れたら、液晶画面上で簡単な説明が始まります。

画面の指示通りに数回タップするだけで設定は完了します。

その瞬間からすぐにWi-Fiが使えます。

 

パソコンやプリンターでも使える

当たり前ですが、パソコンやプリンターをWi-Fiに繋げることも可能です。

無線で接続すれば余計なケーブルが要らなくなるので、部屋のごちゃつきがなくなって掃除もしやすくなりますね。

 

通信制限中でも動画視聴できる

WiMAXは3日間の合計使用量が10GBを超えると、超えた日の翌日18時~2時の間だけ「1Mbps」まで速度が落ちます。

WiMAXは3日間の合計使用量が10GBを超えると、超えた日の翌日18時~2時の間だけ「1Mbps」まで速度が落ちます。

直近3日間の合計使用量が10GBを超えると、超えた日の翌日18時~2時の間だけ「1Mbps」まで速度が落ちる

 

ですが、「1Mbps」も出ていれば、YouTube(標準画質)などの動画視聴はできますし、LINEやTwitterなども全く問題ありません

 

この速度制限(速度低下)は、いわゆるスマホの速度低下とは別物です。

この速度制限(速度低下)は、いわゆるスマホの速度低下とは別物です。

WiMAXとスマホの速度低下は別物である

 

スマホのギガがなくなって速度が低下する場合は「128kbps」と言って、WiMAXの10分の1の速度まで落ちてしまいます。これではLINEすらまともに使えませんね。

スマホの速度低下とWiMAXの速度低下は全く別物ですので安心してください。

 


実際に速度低下したときの様子です

 

一人暮らしの味方、それがWiMAX

速い、安い、工事不要、すぐに届く、難しい設定なし、すぐに使える。

「インターネットってどうしたらいいの?」「工事や設定はめんどくさい」「すぐにWi-Fiが使いたい」

こういった一人暮らしならではの不安や悩みを解決してくれるのがWiMAXなのです。

 

なお、さきほど料金の比較に使ったWiMAXは、業界最安のGMOとくとくBBの「月額超割引」のキャンペーンプランです。

今だけの特別なキャンペーンなので、お急ぎの方はお早めに申込みされることをおすすめします。

 

1番オトクなWiMAXであるGMOは申込み窓口によって特典が異なります。Google検索からでは一部のキャンペーンサイトにしか行くことができません

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

今行っている「最高額のキャッシュバック」と「月額超割引」キャンペーンの特典が欲しい方は下記よりお申し込みください。

 

まとまったお金が欲しい!「キャッシュバック派」のあなたは!

「W06」なら34,800円もらえるキャンペーンがおすすめ!

最高額のキャッシュバック専用ページはコチラ

 

 

もらい忘れなし!毎月が安い方がいい「月額割引派」のあなたは!

3年間のトータルコストも安い!月額割引キャンペーンがおすすめ!

月額割引キャンペーン専用ページはコチラ

 

3年間の総額はキャッシュバックの方がちょこっとだけオトクです!
キャッシュバックキャンペーン3年総額 月額割引キャンペーン3年総額
119,706円 124,350円

※クレジットカードを持っていない場合は口座振替で購入ができるプロバイダを選びましょう。

関連記事:口座振替で購入できるWiMAXならBIGLOBEが1番オトク

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

 

GMOのWiMAXに不安が残る方、もっと詳しく知ってから申込みしたいという方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事:【必読】WiMAXを契約するならGMOにするべき3つの理由

 

エリア外には気をつけて!

ソフトバンクエアーより圧倒的に優れているWiMAXですが、残念ながら1つだけ気をつけないといけないことがあります。

エリアです。

実は、WiMAXは全国どこでも使えるわけではありません。

人口カバー率こそ90%以上ではありますが、山岳地など家があまりない地域では圏外になってしまうのです。

なので、申込み前には必ずエリアの確認をするようにしてください。

万が一エリア外だった場合は残念ですがWiMAXは諦めるしかありません。

 

なお、先程紹介したGMOは、20日以内であれば無料でキャンセルができる制度を唯一取り入れているWiMAXでもあります。

こういった点もGMOをおすすめしている理由の1つです。ぜひ活用してください。

関連記事:【解説】GMOのWiMAXなら20日間違約金なしでお試し可能(注意点あり)

 

単純にWiMAXルーターをお試しレンタルできる「Try WiMAX」という別のサービスもあります。

ちょっと不便なこともありますが、あまり急いでいないのであれば、Try WiMAXを使ってみるのもいいでしょう。

関連記事:【体験】TryWiMAXを試してみた全手順と実際の速度を画像付きで解説

 

WiMAXがエリア外で、工事したくないならソフトバンクエアー

ずばり、ソフトバンクエアーはWiMAXがエリア外だった場合にのみ、あくまで選択肢の1つに入る程度のWi-Fiです。

先に言っておきますが、個人的にはあまりおすすめできません。トラブルが多いからです。

 

エリアは広い

ソフトバンクエアーが唯一WiMAXより優れているのは、エリアの広さでしょう。

確かに、使えるエリアは広いです。ただし、エリアの広さと電波の良さは一緒ではありません

アンテナ1本でも繋がっていれば「エリア内」と言えてしまうわけなので、エリア内だからといって「速い」わけではないのです。

ソフトバンクエアーの遅さについては、後ほど詳しく紹介します。

 

工事不要

ソフトバンクエアーも工事が不要です。

面倒な設定はなく、壁のコンセントに挿すだけで使えるようになります。

 

届いた瞬間から使える

難しい設定はありません。

コンセントに挿して、ランプが点灯するのを待つだけです。

 

パソコンやプリンターでも使えるけれど…

スマホのWi-Fiとしてだけではなく、パソコンやプリンターにももちろん使えます。

ただし、プリンターの接続ができないことが多々あります

何やってもうまくできない場合は、最終的にルーターを交換してもらうしかありません。

私はパソコンサポート屋ですが、過去プリンターの接続ができなかったことは1度や2度ではありません。

 

申込みからルーター到着まで10日くらいかかる

即日発送のWiMAXと違い、ソフトバンクエアーは申し込んでから到着するまで10日ほどかかります。

「すぐに使いたい!」という方は、ソフトバンクショップへ行きましょう。

店舗に在庫があって、審査がすぐに通れば持ち帰ることができます。

ただし、ショップの場合はキャッシュバックがないので、通常料金になってしまうのが残念です。

 

契約住所でしか使えない

ソフトバンクエアーはコンセントに挿せばWi-Fiが使えるのを売りにしていますが、それはあくまで自宅の話。

最初に登録した契約住所以外では使えません。

正しくは、友達の家でも学校でも職場でも、コンセントに挿せばWi-Fiを使うことはできます。

ですが、すぐにソフトバンクから警告が届き、無視して使い続けると強制的に解約させられてしまうのです。

そして、解約の違約金+ルーターの残債を請求されます

違約金は9,500円、ルーターの残債は最大約60,000円です。

ソフトバンクエアーは契約した住所で使うようにしましょう。

 

外に持ち運べない

契約した住所でしか使えず、コンセントに挿さなくてはいけないということは、WiMAXのように外へ持ち運ぶことができないということになります。

あくまで家の中だけでしか使えないので、利便性は低いですね。

 

WiMAXより高い

先ほども紹介しましたが、ソフトバンクエアーはWiMAXより高いです。

毎月の費用も、3年間の合計費用も、端末代も全てソフトバンクエアーの方が高いです。

  WiMAX ソフトバンクエアー
月額 2,170円~4,263円 4,880円
3年間の合計※ 122,456円 158,680円
端末(ルーター)代 0円 58,320円(割引によって実質無料)

※契約事務手数料、キャッシュバックなども含む

ソフトバンクエアーの方が3年間で4万円以上も損をすることがわかります。

 

仮にソフトバンク携帯を持っていて、セット割が適用になったとしてもWiMAXの方が安いです。

  WiMAX ソフトバンクエアー
(セット割あり)
月額 2,170円~4,263円 3,880円
3年間の合計※ 122,456円 122,680円
端末(ルーター)代 0円 58,320円(割引によって実質無料)

※契約事務手数料、キャッシュバックなども含む

ソフトバンク携帯とのセット割があったとしても、それでもソフトバンクエアーの方が高いことがわかります。

一見安そうに宣伝していますが、実はソフトバンクエアーは高いのです。知らずに契約すると損しますよ。

 

WiMAXより遅い

そして何よりWiMAXより遅いのがソフトバンクエアーです。

  WiMAX ソフトバンクエアー
条件付き最大速度(理論値) 1.2Gbps 962Mbps
条件なし最大速度(理論値) 558Mbps 481Mbps
実行速度※ 平均22Mbps 平均8Mbps

※弊社(愛知県名古屋市)にて測定

 

 

以上の理由から個人的には全くおすすめできません。

工事が必要ないのはメリットですが、外では使えませんし、何より高いくせに遅いです。

高くて遅くて持ち運べない。こんなWi-Fiを選ぶ理由はどこにあるのだろうか…というのが私の本音です。

それでも、多くの方が「光回線の代わりになりますよ!」とショップの人の口車に乗せられて契約してしまっています

そして実際に使ってから「全然つながらない」「遅くて使い物にならない」「本当に後悔した」と嘆くことになるのです。

本当にたくさんの被害者を見てきていますので、ソフトバンクエアーを契約しようとしている人は、今一度考え直して欲しいと切に願います。

 

速度が遅い!電波が途切れる!などのトラブルが多発しています

繰り返しになりますが、ソフトバンクエアーはトラブルが多いです。

私だけではなく、他の方の声もぜひ見てみてください。

 

 

 

 

コレ全て同じ日の投稿です。Twitterで「ソフトバンクエアー」と検索すると、痛々しいほどの罵声がたくさん出てきます。

こんなに不満の声が多発するのはソフトバンク光とソフトバンクエアーくらいです。

ユーザー数が多いからとはいえ、さすがにこれは酷すぎます。でもこれが、ソフトバンクエアーの真実ということなのです。

関連記事:トラブル多発!買ってはいけないソフトバンクエアーの真実をお話します

 

家族みんなで使うなら光回線を選ぶべき

もし、家族で使うのを想定しているのであれば、ソフトバンクエアーでもWiMAXでもなく光回線を選ぶべきです。

「工事が面倒なんだよなぁ」という気持ちはわかります。そして、そこにつけこんで営業をしてくるのがソフトバンクエアーなのです。

その結果、どういう状況に陥るかは先ほども紹介しましたよね。

結局、Wi-Fiがまともに使えないのであればストレスはたまるし、無駄にお金を払うだけですよ。

 

光回線なら安定した速度が出る

たまたま悪条件が揃ってしまって速度が出ない場合もあります。

ですが、そのほとんどが改善する余地があり、実際に改善できてきました。

安定したWi-Fiを使いたいのであれば、光回線にするべきでしょう。

少なくともソフトバンクエアーよりは間違いなく速いです。

 

IPv6の光回線なら家族4人5人で使っても問題なし

最近の光回線はIPv6という「混雑をすり抜ける技術」が使えるようになったので、家族4~5人が同時に使っても速度が低下しにくくなりました。

従来のインターネットとIPV6の違い

従来のインターネットとIPV6の違い

関連記事:【注目】ドコモ光のIPv6が爆速と話題!VDSLでも70M超え続出!

 

これから光回線を検討している方は「IPv6(アイピーブイロク)」という言葉をぜひ覚えておいてください。

 

工事の立ち会いは30分~2時間程度の1回きり

工事が面倒とは言いますが、しょせん1度きりです。

私もこれまで何度か引っ越しをしていますので、その度に工事の立ち会いをしてきましたが、それほど苦に感じたことはありません。

仕事柄こういったことに興味があるというのもありますが、電気やガスだって立ち会いは必須なわけですから、そんな些細なことに文句を言ってもしょうがないですよね。

「工事不要」なんて甘い言葉に騙されて使い物にならないWi-Fiを契約するくらいなら、たった1度きりの工事に立ち会った方が賢い選択ではないでしょうか。

 

また、マンションの場合は立ち会い不要で、機器だけ送付される場合もあります。

 

申込みから工事まで日数がかかる場合も確かにある

ただし、申し込んでから工事までに日数がかかる場合は確かにあります。

申し込む時期や設置する場所、一戸建てなのかマンションなのかによっても異なります。

 

引っ越しシーズンの3月や4月はどうしても混み合いますし、新興住宅街などで周りに家が少ないと電柱の設置が必要になって時間がかかる場合もあります。

また、実は選ぶ光回線によっても工事までの日数は違うのです。

 

あくまで経験則ですが、ソフトバンク光は1ヶ月どころか2ヶ月や3ヶ月待つことも多々ありますが、ドコモ光は2週間~せいぜい1ヶ月程度です。

両社ともに、工事をする会社(NDSやシーキューブ)は同じなのですが、おそらく「工事枠」を抑えている数が違うからだと思われます。

 

なお、マンションの場合は比較的早く工事できることが多いですよ。

 

光回線も安くなってきた

たとえ速度が速くても、料金が高くては意味がありません。

光回線も最近ようやく安くなってきました。

いくつか比較してみましょう。

一戸建て(ファミリータイプ)の料金比較
  月額 3年間合計
ドコモ光(IPv6対応) 5,200円 193,200円
So-net光プラス(IPv6対応) 3,380円~5,580円 139,080円
NURO光(IPv6対応) 4,743円 173,748円
WiMAX 2,170円~4,263円 122,456円
ソフトバンクエアー 4,880円 158,680円

※契約事務手数料、キャッシュバック、工事費なども含む

 

マンションタイプの料金比較
  月額 3年間合計
ドコモ光(IPv6対応) 4,000円 150,000円
So-net光プラス(IPv6対応) 2,280円~4,480円 103,080円
NURO光(IPv6対応) 4,743円 173,748円
WiMAX 2,170円~4,263円 122,456円
ソフトバンクエアー 4,880円 158,680円

※契約事務手数料、キャッシュバック、工事費なども含む

 

So-net光プラスが、ちょうど今とてつもないキャンペーンを行っている真っ最中ですので、ありえないほど安くなっていますが、ドコモ光やNURO光でもソフトバンクエアーと大差ないか、マンションならむしろドコモ光の方が安くなります。

いずれにしても、家族みんなで使うなら大容量かつ高速通信が可能な光回線を選ぶべきです。

関連記事:新登場!So-net光プラスの安さには裏がある?デメリットを解説

 

引っ越しが多い方向け「縛りなし」光回線がある

引っ越しの際は「移転」という手続きをふむことで、わざわざ解約せずに引き続き利用し続けることができます。

ただし、万が一引越し先で同じ光回線が使えなかった場合、一旦解約しなくてはいけない場合もあります。

そういった心配がある方には、いつ解約しても違約金がない「縛りのない光回線」がおすすめです。

その中でも、「混雑をすり抜ける」IPv6が無料で使える光回線はこの2つです。

縛りがなくIPv6の使える光回線

  • DTI光
  • エキサイトMEC光

 

マンションタイプの場合、月額料金はエキサイトMEC光の方が100円安いのですが、DTI光なら最大15,000円のキャッシュバックがもらえるので工事費をほぼ無料にすることができます。

さらに初月の料金も無料になっています。

そのため、2年以内で解約することを前提とするのであれば、DTI光のほうがオトクに使えますよ。

マンションタイプでの料金比較 DTI光 エキサイトMEC光
月額料金 3,600円 3,500円
1年間の実質合計費用 42,400円 61,000円
2年間の実質合計費用 85,600円 103,000円

※契約料、工事費、キャッシュバック込

 

一戸建てでの料金比較 DTI光 エキサイトMEC光
月額料金 4,800円 4,500円
1年間の実質合計費用 56,600円 76,000円
2年間の実質合計費用 114,200円 130,000円

※契約料、工事費、キャッシュバック込

 

DTI光がオトクなのは初月料金とキャッシュバックだけではありません。

最初に必要な費用が、エキサイトMEC光は「契約事務手数料:1,000円」+「開通手続き料:3000円」=合計4,000円なのに対し、DTI光は「契約料:800円」のみと、3,200円も初期費用が安くなっています。

細かいところですが、短期間で引っ越すことが多い方で光回線をオトクに利用したいのであれば、見逃せない負担額です。

営業職の方など、頻繁に引っ越すのであればDTI光が安いということを覚えておいてください。

関連記事:引っ越しが多い方に最適な光回線はDTI光で決まり!

 

DTI光公式サイト:https://dream.jp/ftth/dti/

 

弊社は基本的にソフトバンク光をおすすめしていません。

とにかくクレームが多いからです。

「速度が遅い」「電波が繋がらない」「サポートが不親切」「工事が何度も延期になった」「連絡が来ない」などなど。数えだしたらきりがありません。

それこそ、光セットアップサポートというソフトバンク光の初期設定を請け負っていますが、お客様宅へ伺うと高確率で文句を言われます

だから弊社はソフトバンク光を一切おすすめいたしません。ご理解ください。

 

WiMAXとソフトバンクエアーをの比較

大事な項目毎にWiMAXとソフトバンクエアーを比較します。

料金はWiMAXの方が圧倒的に安い

繰り返しになりますが、料金はWiMAXの方が安いです。

  WiMAX ソフトバンクエアー
月額 2,170円~4,263円 4,880円
3年間の合計※ 122,456円 158,680円
端末(ルーター)代 0円 58,320円(割引によって実質無料)

※契約事務手数料、キャッシュバックなども含む

 

速度もWiMAXの方が速い

理論値はあまり差がないですが、実行速度はWiMAXの方が圧倒的に速かった、です。

もちろん場所にもよるかとは思いますが、弊社はWiMAXのエリア判定が「△~◯」になっており、電波はそれほど良いとは言えない環境になります。

実際のところルーターのアンテナが全部立つことはなく、常に2本か3本の状態でした。それでもこれだけの速度差が出るわけですから、よっぽどソフトバンクエアーが遅いことがわかります。

  WiMAX ソフトバンクエアー
条件付き最大速度(理論値) 1.2Gbps 962Mbps
条件なし最大速度(理論値) 558Mbps 481Mbps
実行速度※ 平均22Mbps 平均8Mbps

※弊社(愛知県名古屋市)にて測定

 

電波エリアはソフトバンクエアーの方が広いけれど…

エリアとしてはソフトバンクエアーの方が広いです。それは紛れもない事実です。

山岳地や家が少ない地域では、WiMAXは圏外になります。

ソフトバンクエアーはスマホの電波を使っているので、ほとんどのエリアで使用可能です。

 

縮尺が異なるので少し見にくいかもですが、京都と福井の周辺がわかりやすかったので見比べてみてください。

ソフトバンクエアーのエリア

ソフトバンクエアーのエリア(京都・福井周辺)

WiMAXのエリア

WiMAXのエリア(京都・福井周辺)

 

色が付いてるところがエリア内です。

海に近いところだとソフトバンクエアーはエリア内になっていますが、WiMAXは圏外が多くなっています。

 

とはいえ、エリア内にさえ入っていればWiMAXの方が速いので、申込み前には必ずエリア判定を行うことを忘れないでください。

 

ギガ量はソフトバンクエアーの方が多いけれど…

  WiMAX ソフトバンクエアー
速度制限 3日で10GB なし
制限時の速度 1Mbps -

WiMAXには3日で10GBという速度制限のルールがあります。低下時の速度は1Mbpsです。

ソフトバンクエアーには速度制限という明確なルールはありません。

ですが、夜になると急に遅くなる事例が多発しており、色々と原因を調べてみると恐ろしい事実が「公式サイトに明記」されていました。

夜間や動画視聴時は速度を制限すると記載されている

夜間や動画視聴時は速度を制限すると記載されている(参考:Airターミナル仕様

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。

 

なんと、「夜は遅くなる」「動画を見る時は遅くなる」とはっきり記載されています。

つまり、仮にソフトバンクエアーを使っていて「遅い」とクレームを入れても「公式サイトに記載されています通り、夜間や動画視聴時は速度を制限する場合がありますので、ご了承ください」と一刀両断されるということです。

これがソフトバンクのやり方、常套手段ですよ。

 

契約年数はソフトバンクエアーの方が2年と短いけれど…

契約期間、いわゆる「◯年縛り」ですが、WiMAXは3年ですがソフトバンクエアーは2年となっています。

  WiMAX ソフトバンクエアー
契約期間 3年 2年

これも一見するとソフトバンクエアーの方が良心的に見えますが、実は大きな落とし穴があるので要注意なのです。

それは、ルーターにあります。

 

WiMAXのルーターは基本的に無料です。

それに対し、ソフトバンクエアーのルーター(Airターミナル)はお得意の「実質」無料という形になっています。

 

WiMAXの無料とソフトバンクエアーの「実質」無料は何が違うのか。

ずばり、ソフトバンクエアーを2年で解約した場合はルーターの残債18,000円を払わなくてはいけなくなります。

同じくWiMAXを2年で解約した場合の違約金は9,500円ですから、なんだか笑っちゃいそうな話ですよね。

 

ソフトバンクエアーのルーター(Airターミナル)は54,000円になります。

これを月々1,500円×36ヶ月の分割払いで契約するのですが、36ヶ月間1620円の割引が適用されるので「実質」無料になるのです。

この割引は、あくまで契約していることを前提としているので、36ヶ月以内に解約した場合は残債の支払いが必要となるということになります。

 

では、ルーターの残債がなくなる頃(36ヶ月後)にソフトバンクエアーを解約したらどうなるのか?

今度は9,500円の違約金が発生します。

結局ソフトバンクエアーを無料で解約するには4年間使わないといけなくなるということなのです。

 

これがソフトバンクのやり方、常套手段ですよ。

 

ソフトバンクエアーは申込みから使えるようになるまで面倒で時間がかかる

WiMAXはWEB上で必要事項の入力を済ませると、最短で翌日にルーターが届きます。

つまり、次の日からWi-Fiが使えるようになるということです。

ソフトバンクエアーは違います。

WEB申込み→翌日SMSが届き、本人確認書類のアップロード→発送手続きの準備開始→ルーターの到着

と2回手続きが必要になり、さらにルーターの到着はおおよそ10日前後になります。面倒であり遅いのです。

  WiMAX ソフトバンクエアー
ルーターの到着 最短翌日 10日前後
手続き 最初の1回だけ 複数回あり

 

しかも、本人確認書類のアップロードをしようにも日中はサイトが重くてアクセスができず、私の場合は早朝(6時頃)に行いました。

こんなに手間がかかるWi-Fiも珍しいですよ、本当に。

 

以上がWiMAXとソフトバンクエアーの比較でした。

実際に両方とも使ってみて、ソフトバンクエアーがこんなにストレスが溜まるとは思ってもいませんでした。

その点WiMAXのスピード感というか、手軽さは良いですね。全く違います。

関連記事:トラブル多発!買ってはいけないソフトバンクエアーの真実をお話します

 

WiMAXのメリットとデメリット

最後にWiMAXのメリットとデメリットをまとめておきます。

いいところばかりではく、わるいところも確認した上で申し込むようにしましょう。

WiMAXのデメリット

WiMAXのデメリットは3つです。

  • エリアが限られている
  • 3日間で10GBの通信制限がある
  • 契約期間が3年と少し長い

エリアが限られている

全国どこでも使えるわけではありません。

山岳地や家の少ない地域ですと、WiMAXは圏外になってしまいます。

自分の家や職場や学校など、使う予定がある場所を事前にエリア判定してから申し込むようにしましょう。

 

3日間で10GBの通信制限がある

WiMAXは使い放題ではありますが、3日間で10GB使ってしまうと、超過した翌日の18時~2時までの間だけ「1Mbps」に速度が低下します。

ただし、<通信制限中でも動画視聴できる>の項でも紹介したとおり、1Mbpsも出ていればLINEやSNSはもちろん、YouTubeなどの動画視聴も問題ありません。

PS4やパソコンのオンラインゲームはちょっと厳しくなるので、ゲームをメインに考えている方は注意が必要です。

 

契約期間が3年と少し長い

ソフトバンクエアーは契約期間が2年なので、それと比べるとWiMAXは1年長いです。

ですが、<契約年数はソフトバンクエアーの方が2年と短いけれど…>の項でも紹介しましたが、ソフトバンクエアーはルーターの残債があるので2年で解約すると19,440円の支払いが発生します。

仮に2年でWiMAXを解約しても違約金は9,500円とソフトバンクエアーの半額以下で済みます。

どっちがオトクになるのかは一目瞭然ですよね。

 

WiMAXのメリット

WiMAXの主なメリットを5つ挙げておきます。

  • 外でも使えるからギガ節約になる
  • 最新機種が無料
  • 2年使えば無料で最新の機種に変更できる
  • ソフトバンクエアーより安い
  • 速度制限中でも動画視聴OK

外でも使えるからギガ節約になる

WiMAXは持ち運びができるWi-Fiです。

登録した家の中でしか使えないソフトバンクエアーとは違って、どこへでも自由に持っていくことができます。

外出先でのスマホのギガを節約することができるのは大きいですよね。

 

最新機種が無料

「実質無料」のソフトバンクエアーとは違い、WiMAXはそもそも「無料」で最新機種を手に入れることができます。

途中解約で残債の支払いも必要ないので安心して購入できますね。

 

2年使えば無料で最新の機種に変更できる

最新機種が無料で購入できるだけでなく、2年間使えば無料で最新機種に機種変更することもできます。

ルーターは年々新しくなって性能が上がっていきます。

また、長く使うとバッテリーも寿命が早くなるでしょう。

そういった不安を払拭できるのがWiMAXのいいところです。

 

ソフトバンクエアーより安い

繰り返しになりますが、WiMAXの方がソフトバンクエアーより安く利用できます。

  WiMAX ソフトバンクエアー
月額 2,170円~4,263円 4,880円
3年間の合計※ 122,456円 158,680円
端末(ルーター)代 0円 54,000円(割引によって実質無料)

※契約事務手数料、キャッシュバックなども含む

安く使えてうれしくない人はいないでしょう。お金は大事です。

 

 

以上がWiMAXのメリットとデメリットでした。

WiMAXを申し込むのであれば、プロバイダはGMOにしましょう。

どこよりもオトクに使うことができます。

 

なお、さきほど料金の比較に使ったWiMAXは、業界最安のGMOとくとくBBの「月額超割引」のキャンペーンプランです。

今だけの特別なキャンペーンなので、お急ぎの方はお早めに申込みされることをおすすめします。

 

1番オトクなWiMAXであるGMOは申込み窓口によって特典が異なります。Google検索からでは一部のキャンペーンサイトにしか行くことができません

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

今行っている「最高額のキャッシュバック」と「月額超割引」キャンペーンの特典が欲しい方は下記よりお申し込みください。

 

まとまったお金が欲しい!「キャッシュバック派」のあなたは!

「W06」なら34,800円もらえるキャンペーンがおすすめ!

最高額のキャッシュバック専用ページはコチラ

 

 

もらい忘れなし!毎月が安い方がいい「月額割引派」のあなたは!

3年間のトータルコストも安い!月額割引キャンペーンがおすすめ!

月額割引キャンペーン専用ページはコチラ

 

3年間の総額はキャッシュバックの方がちょこっとだけオトクです!
キャッシュバックキャンペーン3年総額 月額割引キャンペーン3年総額
119,706円 124,350円

※クレジットカードを持っていない場合は口座振替で購入ができるプロバイダを選びましょう。

関連記事:口座振替で購入できるWiMAXならBIGLOBEが1番オトク

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

 

GMOのWiMAXに不安が残る方、もっと詳しく知ってから申込みしたいという方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事:【必読】WiMAXを契約するならGMOにするべき3つの理由

 

ソフトバンクエアーのメリットとデメリット

ソフトバンクエアーのメリットとデメリットもまとめておきましょう。

ソフトバンクエアーのデメリット

ソフトバンクエアーのデメリットは6つです。

  • 一見安そうに見えて実は高い
  • 実際の速度が遅い
  • 契約した家でしか使えず、外へ持ち運べない
  • ルーターが有償なので契約期間の2年でやめると残債費用が請求される
  • 申込みから使えるようになるまで時間と手間がかかる

一見安そうに見えて実は高い

しつこいですが、ソフトバンクエアーは高いです。

  WiMAX ソフトバンクエアー
月額 2,170円~4,263円 4,880円
3年間の合計※ 117,660円 158,680円
端末(ルーター)代 0円 54,000円(割引によって実質無料)

※契約事務手数料、キャッシュバックなども含む

 

3年間で4万円の差はあまりにも大きいでしょう。

 

実際の速度が遅い

高いだけでなく、遅いのがソフトバンクエアーです。

  WiMAX ソフトバンクエアー
条件付き最大速度(理論値) 1.2Gbps 962Mbps
条件なし最大速度(理論値) 558Mbps 481Mbps
実行速度※ 平均22Mbps 平均8Mbps

※弊社(愛知県名古屋市)にて測定

 

高くて速いなら許せますが、高いくせに遅いのは…どうなんでしょうか。

さすがに酷いと思います。

 

契約した家でしか使えず、外へ持ち運べない

工事不要ですぐに使えることを売りにしていますが、使えるのは契約した家だけです。

外では使えません、というか使うと強制解約になります。

 

ルーターが有償なので契約期間の2年でやめると残債費用が請求される

この落とし穴は本当に酷いと思います。

そもそも「あの程度」のルーターが6万円もすることに驚きですが、その上で「実質無料」で途中解約させないやり方は本当にどうかと思いますね。

2年で解約すると18,000円も残債の支払いが残るのは高すぎですよ。

 

申込みから使えるようになるまで時間と手間がかかる

WEBでの手続きが2回必要。2回目は日中サイトが重くなるため深夜や早朝に行わなければいけない。実際にルーターが届くのは約10日後。

「すぐ使いたい!」という要望には一切適していないですね。

 

以上がソフトバンクエアーのデメリットです。

関連記事:トラブル多発!買ってはいけないソフトバンクエアーの真実をお話します

 

続いてメリットも見ておきましょう。

 

ソフトバンクエアーのメリット

WiMAXと比べたときに、唯一のメリットはエリアが広いことがだけです。

それ以外にメリットが本当に見つかりません。

  • 対応エリアが広い

対応エリアが広い

ソフトバンクエアーはソフトバンク携帯の電波を使っているので、人口カバー率は99%になっています。

「人が住んでいるところ」では、よっぽど使えるということです。(一部エリアを除く)

少なくともエリアだけで見ればWiMAXよりかは広いです。

ですが、エリアがが広いからと言って速度が速いということにはなりません。

アンテナが1本でも立てば「エリア内」なわけですから、速い遅いとエリアが広い狭いは別の話であることをお忘れなく。

 

 

以上が、ソフトバンクエアーのメリットとデメリットでした。

このように、調べれば調べるほどソフトバンクエアーを利用する理由が見当たりません。

あなたがもし一人暮らしなのであれば、迷わずWiMAXを選びましょう。

 

今、WiMAXを使うなら、プロバイダはGMOが1番オトクになっています。

今だけの特別なキャンペーン開催中なので、お急ぎの方はお早めに申込みされることをおすすめします。

 

ネット専門家が教えるオトクにWiMAXを購入する方法

「JP WiMAX」を除いた上で、今1番オトクにWiMAXを購入する方法は次のとおりです。

>>「JP WiMAX」を除く理由はコチラ

ココがおすすめ

  • プロバイダ:「GMO」
  • 料金プラン:「ギガ放題」※1
  • ルーター(機種):「W06」※2
  • キャンペーン:確実に安くなる「月額割引」※3
  • 最短即日~4営業日以内に発送
  • 解約する場合:電話でもネットでも可

※1 初月は日割りなのでいつ申し込んでも損になりません。

※2 家の中でしか使わないならホームルーター「L02」を選びましょう。

※3 ちょこっとでも安くしたい!まとまったお金が欲しい方は「キャッシュバック」キャンペーンを利用するといいでしょう。

GMOは一部上場の日本の会社です。インターネット業界では知らない人はいない大手通信会社になります。

最近ではドコモ光の指定プロバイダの1つにも選ばれたことにより、どんどんシェアを拡大することに成功しています。

これまでざっと100人以上のお客様に勧めてきましたが、誰からもクレームの連絡をもらうこともなく、みなさん「問題なく使えてますよ~」と言っていただいておりますので、安心して紹介することができています。

申し込みは公式WEBサイトの「キャンペーン専用窓口」から必ず行ってください。

1番オトクなWiMAXであるGMOは申込み窓口によって特典が異なります。Google検索からでは一部のキャンペーンサイトにしか行くことができません

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

今行っている「最高額のキャッシュバック」と「月額超割引」キャンペーンの特典が欲しい方は下記よりお申し込みください。

 

まとまったお金が欲しい!「キャッシュバック派」のあなたは!

「W06」なら34,800円もらえるキャンペーンがおすすめ!

最高額のキャッシュバック専用ページはコチラ

 

 

もらい忘れなし!毎月が安い方がいい「月額割引派」のあなたは!

3年間のトータルコストも安い!月額割引キャンペーンがおすすめ!

月額割引キャンペーン専用ページはコチラ

 

3年間の総額はキャッシュバックの方がちょこっとだけオトクです!
キャッシュバックキャンペーン3年総額 月額割引キャンペーン3年総額
119,706円 124,350円

※クレジットカードを持っていない場合は口座振替で購入ができるプロバイダを選びましょう。

関連記事:口座振替で購入できるWiMAXならBIGLOBEが1番オトク

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.