モバイルWi-Fi

【保存版】WiMAXのプロバイダって何が違うの?どう選べばいいの?

【保存版】WiMAXのプロバイダって何が違うの?どう選べばいいの?

この記事でわかること

  • WiMAX(ワイマックス)のプロバイダとは何か
  • プロバイダによる違いとは何か
  • 今選ぶべきプロバイダはどこか

 

「WiMAXってネットで調べると、なんか色々出てくるんだけど、なんなの?」

 

先日、昔からの友人から電話があり、開口一番WiMAXについて質問をされました。

いわゆる、WiMAXの「プロバイダ」に関する話です。

 

「ざっくり言うと、WiMAXは色んな会社から出てて、料金や一部サービスが違うのよ」と答えると

「そうなんだ。なんか見ててもわけわかんないんだよね。ぶっちゃけどこがいい?◯◯(筆者の名前)ならどこ選ぶ?」と聞かれたので

「GMO(ジーエムオー)っていう会社があるんだけど、そこが1番安いから、むしろそこ以外は選択肢に入らないね」と答えておきました。

「GMOね。オッケーわかった。そこから申し込むわ。ありがとねー!」と電話は終了しました。いつもこんな感じの人なのです。

 

今回の記事はもはやこれが結論なのですが、読者の方にはもう少し詳しく解説をしたいと思います。

※当サイトの内容は、あくまでも弊社の調査結果に基づく情報であり、全てのユーザーに対してその内容の再現性を保証するものではございません。お客さまご自身の責任においてご利用ください。

【注意】SNS(Twitter、FB、インスタなど)アプリで閲覧している方へ

+ ココをタップすると5秒で読み終わる注意事項が表示されます

SNSアプリの仕様変更に伴い、記事内容が正常に表示されない場合があります。大変お手数ではございますが、お使いのブラウザで開き直して頂くようお願い致します。

※パソコンの方は問題ありません。

iPhoneの方

  • 画面右下のSafariアイコンをタップ

Safariで開き直す

Androidの方

  • 画面右上の「︙」をタップし「Chromeで開く」をタップ

Chromeで開き直す

WiMAXの「プロバイダ」とは何か

ざっくり言うと「管理会社」だと思ってください。

例えばマンションなんかも、施工会社(作った会社)と管理会社は別になっている場合がありますよね?

六本木ヒルズを作ったのは「清水建設」ですが、管理しているのは「森ビル」という会社です。

WiMAXも同じです。

WiMAXはUQコミュニケーションズ(以下「UQ」)という会社が施工会社にあたります。WiMAXというサービスを作った会社です。

そして、10社以上の管理会社(プロバイダ)が別であるのです。その内の1つが冒頭で紹介したGMOという会社になります。

WiMAXを契約する際には、10社以上あるプロバイダからお好きな会社を選ぶことができるのです。

ココがポイント

WiMAXのプロバイダとは管理会社のこと。

WiMAXには10社以上のプロバイダがあり、ユーザーが好きな会社を選ぶことができる。

 

プロバイダによる違いは何か

「プロバイダが管理会社って意味なのはわかったけど、それによって何が違うの?」

これもマンションで例えるとわかりやすいのですが、1番の違いは家賃(料金)です。

ミニミニを通して借りる場合とアパマンショップを通して借りる場合で家賃が異なる場合があるのですが、それと同じ様な意味になります。

ですが、実際に借りた部屋に住む場合、どの管理会社を通しても部屋のクオリティ(品質)には違いがないですよね。

ミニミニから借りたから床暖部があるとか、アパマンショップから借りるとオートロックになるとか、そんなことはありえません。

WiMAXもそれと同じなのです。

プロバイダによる違い①料金

1番の違いは料金です。

初期費用、毎月の料金、各種割引、キャッシュバックなどがプロバイダによって異なります。

高い会社もあれば、安い会社もあるということです。

マンションで言うと家賃や入居費用(仲介手数料など)に該当する部分ですね。とっても大事です。

 

プロバイダによる違い②付帯サービス

いわゆる「オプション」と呼ばれるものですね。これもプロバイダによって用意されているものが異なります。

ルーターの補償サービスやネットの電話サポートなどを別料金で提供しているプロバイダが多いです。

最近のマンションでもよくありますよね、生活お助け系の「24時間安心サポート」みたいな付帯サービス。あれと同じです。

人によっては加入することもありますが、私は外しました。

WiMAXも同じです。入る入らないは基本的に自由です

ただし、プロバイダによっては加入必須のオプションがあったりするので注意しましょう。

 

プロバイダによる違い③サポート窓口の対応

何か気になることやトラブルがあったとき、解約するときなどに電話する窓口は、契約したプロバイダになります。

つまり、プロバイダによって対応できることや窓口の空き時間なども異なるわけです。

とはいえ、普段の生活でマンションの管理会社に電話することがほとんどないように、WiMAXのプロバイダに電話することはまずないでしょう。

それこそ解約するときくらいだと思います。実際に私もそうでした。

いざ契約すると解約するまでプロバイダに連絡することは、まずありません。

むしろ解約するときもWEBから行いましたし、問い合わせフォームからメールでやりとりしたので、電話は一切使ってないですね。

繋がらなかったり、何度も保留で待たされるのが嫌なのと、言った言わないでトラブルが起きることもあり、不安です。

メールなどであれば文字で履歴が残りますし、好きなタイミングでやりとりができるので、安心快適に行えます。

 

以上の3つがプロバイダによる違いです。

逆にプロバイダ関係なく同じことも確認しておきましょう。

 

プロバイダ関係なく同じもの①品質(速度)

WiMAXというサービス自体の品質はプロバイダが違っても同じになります。

簡単に言えばネットの速度ですね。

WiMAXを作ったUQが全プロバイダに貸し出している形になるので、全プロバイダ同じ回線を使うことになります。

つまり、ネットの速度は変わらないということです。

先ほども少しふれましたが、マンションも同じですよね。

借りる管理会社によって床暖房やオートロックが付く付かないなんてことはありません。どこで借りても品質は同じです。

 

プロバイダ関係なく同じもの②エリア

WiMAXのサービスは使えるエリアが決まっています。

ちょっと失礼な言い方にはなりますが、山岳地や人があまり住んでいないような僻地はエリア外であることが多いです。

もちろん簡単にエリア確認はできますので、自分の住んでいる家や大学や職場など、よく使いそうになる場所は前もって調べておきましょう。

>>エリアを確認する

住所を打ち込むだけで、ピンポイントで測定してくれます。

ピンポイント判定を使う

ピンポイント判定を使う

住所を入力する

住所を入力する

ピンを動かし、判定結果を確認する

ピンを動かし、判定結果を確認する

 

職場や外出先でも使用する頻度が多い人は、わかる範囲で測定しておきましょう。

「自宅は◯だったけど、会社は✕だった」ということは無きにしもあらずです。

エリア判定結果
ご利用可能と思われます。
◯~△ ご利用可能と思われます。ただし、窓からの距離があるなど、ご利用場所の状況により、圏外となる場合があります。

窓からの距離があるなど、ご利用場所の状況により、圏外となる場合があります。
WiMAX 2+は現在エリア外です。

 

弊社は「◯~△」でした

結論から言うと、小さい事務所ということもあり、特に圏外になることはなかったです。速度も十分出ました。

 

プロバイダ関係なく同じもの③通信制限(速度低下)の条件

WiMAXは過度に使いすぎると速度が低下するのですが、それはどのプロバイダであっても条件は同じになります。

ココがポイント

WiMAXは3日間で10GB以上使うと、翌日の18時~2時までの間だけ速度が低下します。

ただし、スマホの128kBpsとは違い、WiMAXは1Mbpsまでしか制限されないため動画視聴などはできるので安心してください。

 

プロバイダ関係なく同じもの④契約期間(3年)

WiMAXの契約期間は3年になるのですが、これもプロバイダに関係なくどこも同じです。

ごく一部のプロバイダのみ2年契約が可能なのですが、ハイスピードプラスエリアモードが有料(毎月1,005円)になるという大きなデメリットがあるので騙されないようにしましょう。

ハイスピードプラスエリアモード

WiMAXの電波が届かない場所でも、auのスマホ電波を使うことができるサービス。

いざというときに重宝する素晴らしい機能。3年契約なら無料で使える。

参考記事:ハイスピードプラスエリアモードとは?

 

プロバイダ関係なく同じもの⑤初期契約解除制度

WiMAXなどのネット回線サービスには、クーリングオフのような保証制度があります。

それを「初期契約解除制度」と言います。

簡単に説明すると、契約から8日以内であれば無条件で違約金なしで解約できる、というものです。

この制度はどのプロバイダであっても使えますので安心してくださいね。

 

以上の5つがプロバイダによる違いがないものになります。

よく覚えておいてください。

 

今選ぶべきプロバイダはどこか

さて、ここまでの説明をふまえて、あなたならどういうプロバイダを選びたいと思いましたか?

多くの方が「速度が同じなら安いほうが良い気がする」と思ったのではないでしょうか。

そのとおりです。WiMAXのプロバイダは安いに越したことがありません。

もちろん、実績も信頼もないようなプロバイダを除いて、ですね。

今選ぶべきプロバイダは1番安いGMOで決まり

冒頭でも紹介したとおり、今選ぶべきプロバイダはGMOで決まりです。

単純明快で1番安いから、それ以上でもそれ以下でもありません。

「GMO?聞いたことないけど大丈夫?」

インターネットに疎い方だと、もしかしたら聞いたことがないかもしれませんが、この業界では知らない人はいない超大手優良企業なので安心してください。

GMOインターネット株式会社

  • 東証一部上場(2005年)
  • 資本金50億
  • 売上1,350億
  • 総資産6,000億
  • インターネット黎明期よりプロバイダ事業を開始
  • ドコモ光のプロバイダでもシェアNO.1

 

3年間の合計費用

契約期間である3年間の合計費用を確認します。

購入するルーター(端末)によって微妙な違いが出るので、今1番人気のモバイルルーター「W06」で料金比較してみましょう。

(比較対象は主要10社のプロバイダに限定しています)

※CB=キャッシュバック 最新ルーター「W06」で比較

  プロバイダ CB 3年総額
(CB適用済)
実質月額
1 GMO
(キャッシュバック)
27,200円 127,306円 3,536円
2 GMO
(月額割引)
3,000円 128,231円 3,562円
3 DTI 0円 129,670円 3,602円
4 Broad WiMAX 0円 131,491円 3,653円
5 カシモ 0円 132,969円 3,694円
6 ASAHIネット 0円 140,280円 3,897円
7 so-net 0円 144,277円 4,008円
8 BIGLOBE 7,000円 151,500円 4,208円
9 @nifty 0円 154,141円 4,282円
10 UQ WiMAX 3,000円 154,680円 4,297円
11 ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
0円 158,629円 4,406円
12 au WiMAX 0円 166,180円 4,616円
※3年総額=契約事務手数料+3年間の基本料金合計-キャッシュバック

※金額確認日:2020年6月

 

今ならGMOの「キャッシュバックキャンペーン」が1番オトクになっていますね。

もらい忘れのない「月額割引キャンペーン」も大変オトクですので、心配性の方はこちらを選ぶといいでしょう。

 

プロバイダによって料金が異なることは理解できましたでしょうか。

内容が同じであれば安く使える会社を選びたいと思うのが、一般的な感覚なのではないでしょうか。

迷うことはないと思います。

関連記事:【必読】WiMAXを契約するならGMOにするべき3つの理由

 

1番オトクなWiMAXであるGMOは申込み窓口によって特典が異なります。Google検索からでは一部のキャンペーンサイトにしか行くことができません

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

今行っている「最高額のキャッシュバック」と「月額超割引」キャンペーンの特典が欲しい方は下記よりお申し込みください。

 

まとまったお金が欲しい!「キャッシュバック派」のあなたは!

「W06」なら27,200円もらえるキャンペーンがおすすめ!

最高額のキャッシュバック専用ページはコチラ

 

 

もらい忘れなし!毎月が安い方がいい「月額割引派」のあなたは!

3年間のトータルコストも安い!月額割引キャンペーンがおすすめ!

月額割引キャンペーン専用ページはコチラ

 

3年間の総額はキャッシュバックの方がちょこっとだけオトクです!
キャッシュバックキャンペーン3年総額 月額割引キャンペーン3年総額
127,306円 128,231円

※クレジットカードを持っていない場合は口座振替で購入ができるプロバイダを選びましょう。

関連記事:口座振替で購入できるWiMAXならBIGLOBEが1番オトク

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

 

GMOのデメリットはないのか?

ここまでおすすめされると逆に「落とし穴」がないのか?と不安になりますよね。

正直に言うと、「落とし穴」あります。

それは強制オプションの加入です。

ただし、無料で解約できるので安心してください。その解約の手間だけがGMOのデメリットと言えるでしょう。

強制加入オプション①安心サポート

購入したルーター(端末)をもし壊してしまった場合の補償サービスです。

月額300円が2ヶ月無料になっていますので、不要であれば無料期間中に解約しましょう。

※水漏れも対象になる「安心サポートワイド」は月額500円で1ヶ月のみ無料なので要注意。

 

これまでWiMAXや同等のサービスを使ってきた私の感想としては不要なオプションです。

一度も壊れたことがないからです。

よっぽど劣悪な環境で使うことを想定している人だけが必要になるオプションではないでしょうか。

 

強制加入オプション②Wi-Fi(公衆無線LAN)オプション

街なかにある一部の公衆無線LANが無料で使えるサービスです。

月額362円が2ヶ月無料になっていますので、不要であれば無料期間中に解約しましょう。

 

これまでWiMAXや同等のサービスを使ってきた私の感想としては不要なオプションです。

WiMAXがあるのに、使う必要がないからです。

また、「街なかにある一部の公衆無線LAN」ですが、はっきり言ってほとんどないです。

よっぽど自分がよく行く場所にあるのであれば利用価値もあるかもしれませんが、少なくとも私の生活圏内にはありませんでした

こんなもののために362円も払うのはお金の無駄だと私は思ったので、即座に解約をしました。

 

以上の2つがGMOの強制加入オプションです。

この2つを契約後に解約する手間だけがGMOのデメリットになります。

 

GMO WiMAXの口コミ・評判

どれだけ客観的事実が優れていても不安は残るもの。

そこで、最後に第三者の意見をインターネットから集めてきました。ぜひ参考にしてください。

GMO WiMAXの口コミ

GMO WiMAXの口コミ

GMO WiMAXの口コミ

GMO WiMAXの口コミ

GMO WiMAXの口コミ

参考:https://kakaku.com/bb/providerview/providerview.asp?bb_pagetype=4&bb_provider=37

 

「2年目から高い」という方が1人だけいますが、おそらく公式ではないキャンペーンを選んでしまったんでしょうね…。

GMOのWiMAXは「キャッシュバック」か「月額割引」どちらかのキャンペーンを選ぶのが正解です。

どちらも3ヶ月間だけ割引があり、4ヶ月目から通常料金になります。

GMO WiMAXの料金 キャッシュバック 月額割引
契約事務手数料 3,000円 3,000円
初月~3ヶ月目 3,609円 2,170円
4ヶ月目~36ヶ月目 4,263円 3,480円
3年総額(CB適用済み) 122,506円 124,350円
(内キャッシュバック「W06」) (32,000円) (0円)

 

なお、「なにかあった時にどこに連絡すればいいのかわからない」という声もありますが、GMOから送られてくる書類に電話番号は載っていますし、ネットで検索すればすぐに出てきますからね…。

GMO WiMAXのサポート窓口

電話番号:0570-045-109

受付時間:10時~19時

※技術サポートは年中無休、事務手続きは平日のみ

 

以上がGMO WiMAXの口コミです。参考まで。

 

この記事のまとめ

まとめ

  • WiMAXの「プロバイダ」とは、管理会社のことである
  • プロバイダによる違いは、料金と付帯サービスである
  • 今選ぶべきプロバイダは、1番安いGMOである

WiMAXの全部を知ろうと思うと、なかなか大変です。意外と奥が深いのです。

それよりかは、自分に関係する部分だけをしっかり把握することが大事だと思います。

多くの場合、やはり料金と速度が1番気になる部分ではないでしょうか。

料金はGMOが1番安いことがわかったとして、最後に弊社での実測値を紹介して終わりにします。

よかったら参考にしてください。

 

名古屋市守山区での速度結果

ピンポイントエリア判定は「◯~△」です。

WiMAXの速度測定

WiMAXの速度測定

WiMAXの速度測定

WiMAXの速度測定

WiMAX速度測定 下り 上り Ping値
5/16(木)10:08 29.2Mbps 7.15Mbps 82ms
5/18(土)22:06 22.5Mbps 7.35Mbps 57ms
5/21(火)22:04 30.3Mbps 6.79Mbps 66ms
5/23(木)1:30 36.9Mbps 6.90Mbps 53ms
平均 29.73Mbps 7.05Mbps 64ms

平日の朝と夜、土曜日の夜、平日の深夜と時間帯や曜日を分けて測定した結果、すべて20Mbpsを超える速度が計測できました。速いです。

平均は約30Mbpsということで、全くもって問題ないどころか、下手な光回線より速い結果となり自分でも驚いています。

 

上りも悪くないです。平均7Mbpsも出ていれば十分すぎます。すばらしいです。

 

ただし、Ping値だけは残念な結果となりました。

SNSや動画視聴には全く問題ないですが、ウイニングイレブンやPUBGなどのオンラインゲームは難しいと思います。

 

速度低下時の速度と使用感

わざと10GB以上使い速度低下にして色々試しました。

 

通信制限時 下り 上り Ping値
5/23(木)20:38 1.02Mbps 2.95Mbps 64ms

WiMAXの速度測定

18時~2時の間なので、ずばり速度が低下していますね。

公式サイトに記載の通り、まさしく「1Mbps」です。

 

さて、この状況でLINEはできるのでしょうか?動画は本当に見れるのでしょうか?

LINEに関しては速度制限かかっていることに気づかないレベルですね。

そして動画ですが、やはり高画質(720p)にしてしまうと画面が固まります。

ですが、標準画質(360p)や中画質(480p)であれば何も問題なく視聴できました。

スマホで見る程度であれば、標準画質や中画質でも個人的には全く気になりません。

これなら「ほぼ使い放題」と言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

家でも外でも使えるWiMAX。特に一人暮らしの方であれば、間違いなくコレで決まりです。

1番オトクなWiMAXであるGMOは申込み窓口によって特典が異なります。Google検索からでは一部のキャンペーンサイトにしか行くことができません

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

今行っている「最高額のキャッシュバック」と「月額超割引」キャンペーンの特典が欲しい方は下記よりお申し込みください。

 

まとまったお金が欲しい!「キャッシュバック派」のあなたは!

「W06」なら27,200円もらえるキャンペーンがおすすめ!

最高額のキャッシュバック専用ページはコチラ

 

 

もらい忘れなし!毎月が安い方がいい「月額割引派」のあなたは!

3年間のトータルコストも安い!月額割引キャンペーンがおすすめ!

月額割引キャンペーン専用ページはコチラ

 

3年間の総額はキャッシュバックの方がちょこっとだけオトクです!
キャッシュバックキャンペーン3年総額 月額割引キャンペーン3年総額
127,306円 128,231円

※クレジットカードを持っていない場合は口座振替で購入ができるプロバイダを選びましょう。

関連記事:口座振替で購入できるWiMAXならBIGLOBEが1番オトク

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.