モバイルWi-Fi

【必読】WiMAXを契約するならGMOにするべき3つの理由

更新日:

【必読】WiMAXを契約するならGMOにするべきたった3つの理由

この記事でわかること

  • なぜGMOを選ぶべきなのか(他社との比較)
  • WiMAX全プロバイダの共通事項

WiMAXの申込み先は1つではありません。

提携するいくつかのプロバイダであれば、どこからでも申し込むことができます。

どこから申し込んでも「WiMAX」としてのサービス内容に違いはありませんが、料金や付帯サービスに違いがあります

 

現時点では、GMOのWiMAXがもっともメリットの大きいプロバイダです。

GMOを選ぶ3つのメリット

  • 安い
  • すぐ届く
  • 気に入らなければ解約OK

 

他のプロバイダと比較しながら、わかりやすく解説します。

WiMAX全プロバイダの共通事項を確認する

プロバイダによって異なる部分を確認する

GMOが優れている3つのメリットを確認する

※当サイトの内容は、あくまでも弊社の調査結果に基づく情報であり、全てのユーザーに対してその内容の再現性を保証するものではございません。お客さまご自身の責任においてご利用ください。

【注意】SNS(Twitter、FB、インスタなど)アプリで閲覧している方へ

+ ココをタップすると5秒で読み終わる注意事項が表示されます

SNSアプリの仕様変更に伴い、記事内容が正常に表示されない場合があります。大変お手数ではございますが、お使いのブラウザで開き直して頂くようお願い致します。

※パソコンの方は問題ありません。

iPhoneの方

  • 画面右下のSafariアイコンをタップ

Safariで開き直す

Androidの方

  • 画面右上の「︙」をタップし「Chromeで開く」をタップ

Chromeで開き直す

WiMAX全プロバイダ共通事項

まず先に、どこのプロバイダから申し込んでも変わらない「WiMAX」としてのサービス内容を紹介します。

GMOであっても他のプロバイダであっても同じなので安心してください。

工事不要

WiMAXはモバイル回線を利用したWi-Fiサービスなので、光回線のような工事を必要としません

手元にルーターが届いたら、同封のSIMカードを挿して電源を入れれば設定完了です。

工事業者が家に来ることもなければ、日程の調整をする必要もないので、手間いらずでWi-Fiが使えるようになります。

 

対応エリア

WiMAXは使えるエリアが決められています。

どのプロバイダで契約しても使えるエリアは同じですが、山間部などはエリア外になっていることが多いです。

公式サイトでは「ピンポイントエリア判定」といって、指定した住所での電波状況を確認することができます。

ピンポイント判定を使う

ピンポイント判定を使えば指定した住所でのエリア確認ができる

 

エリア判定結果
ご利用可能と思われます。
◯~△ ご利用可能と思われます。ただし、窓からの距離があるなど、ご利用場所の状況により、圏外となる場合があります。

窓からの距離があるなど、ご利用場所の状況により、圏外となる場合があります。
WiMAX 2+は現在エリア外です。

参照:ピンポイントエリア判定

申込み前に必ず確認するようにしましょう。

 

最大速度(上り・下り)

WiMAXは光回線並に速いインターネットを利用することができる回線です。

どのプロバイダで契約をしても、同じ回線を使用しますので速度に違いはありません。

  ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
下り 558Mbps 1.2Gbps
上り 30Mbps 75Mbps

※参照:モバイルルーターW06

ルーター本体の操作で2つのモードを切り替えることができます。

通常はハイスピードモードを使用し、山間部などWiMAXの電波が届かないような場所ではハイスピードプラスエリアモードを使用します。

関連記事:間違いだらけのハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)を正しく解説します

 

料金プランの種類

WiMAXの料金プランは2種類あります。

WiMAXの料金プラン

  • 通常プラン
  • 使い放題プラン

※プロバイダによって名称が違う場合あり

 

どのプロバイダでも好きなほうを選ぶことができますが、はっきり言って通常プランを選ぶ人はまずいません。

なぜなら通常プランは月7GBまでしか使えないからです。

 

「通常プランっていうのがあったんだね!」

と思ってる人もいるのではないでしょうか。実はあったのです。

私の知る限り、通常プランを使っている人は100人中1人いるかどうか。非常にマイノリティと言えるでしょう。

そのため当サイトでも特別な場合を除き、全て「使い放題プラン」の内容に沿って説明させていただいております。

 

ギガ量、速度制限のルール

WiMAXは「ほぼ使い放題」のサービスです。

どのプロバイダでも共通のルールがあります。

ギガ量、速度制限のルール

  • 3日間で10GBを使ってしまうと、翌日の18時~2時まで通信制限がかかる
  • 通信制限中の速度は「1Mbps」

 

このルール内であれば、どれだけでもギガを使うことができます。

また、スマホと違い「1Mbps」も出るのでネット検索やSNSなどの利用には特に問題はありません

ユーチューブなどの動画も標準画質であれば止まることなく視聴できるでしょう。

※スマホの場合は「128kbps」まで制限される。WiMAXの約10分の1。

 

ルーターの種類

WiMAXは市販品ではなく、専用のルーターを使用してWi-Fiに接続します。

そのルーターはプロバイダから購入することになっており、どのプロバイダも同じものを取り揃えています。

メーカーはHuawei(ファーウェイ)とNECの2種類で、若干性能が異なります。

それぞれ毎年新しい機種が発売されるので、基本的には1番新しいものを購入するのが間違いないでしょう。

現時点でのおすすめはHuaweiの「W06」という最新機種です。

  Huawei NEC
最新機種 W06 WX05
1つ前の機種 W05 WX04

※古い機種は在庫がなくなり次第販売が終了します。

 

なお、家の中専用の「ホームルーター」タイプというのもあります。

こちらもどのプロバイダでも同じものになっているので安心してください。

 

契約事務手数料(3,000円)

WiMAXを契約する際には、初期費用として「契約事務手数料」が3,000円必要になります。

※名称は異なる場合あり。

 

ただし、Broad WiMAXというプロバイダのみ「契約事務手数料」の3,000円とは別で「初期費用」という名目で約2万円の支払いが必要になっています。

※指定オプション加入で「初期費用」が無料になるキャンペーンあり。

知らずにオプションを外してしまうと、たったそれだけで2万円を払わなくてはいけないので、正直言うと酷いです。

個人的には、こういった紛らわしいことをしているプロバイダは避けた方が無難だと思っています。

 

契約年数(3年)

WiMAXの契約年数は3年となっています。

2年契約できるプロバイダもありますが、キャンペーン特典が受けられなかったり、月額料金が高くなったり、ハイスピードプラスエリアモードが有料になったりなど、マイナス面が非常に大きいです。

「WiMAXは3年」と覚えておきましょう。

 

初期契約解除制度(8日)

どのプロバイダであっても、いわゆるクーリングオフとよく似た制度である「初期契約解除制度」が使えます。

契約後8日以内であれば違約金不要で強制解約が可能です。

「思ってたのと違った!」「騙された!」となってしまった場合は、早急に対処するようにしましょう。

このルールを守らないと総務省から大目玉を食らうこと(業務停止)になるので、どのプロバイダも徹底して行っています。

安心してください。

 

【番外編】Try WiMAX

WiMAXには15日間完全無料でお試しできる「Try WiMAX」というサービスがあります。

これは、WiMAXの大元であるUQ社のサービスなので、ちょっと語弊がありますが、どのプロバイダで契約する「つもり」の方でも利用可能です。

 

というのも、どっちみち15日間試した後はルーターは返却しなくてはいけません。

もちろん、そのまま契約することもできません。完全にお試しだけのサービスなのです。

 

ですから、もし不安であれば試しに15日間使ってみて、問題なければ一旦返却して、それから改めてどこかのプロバイダからWiMAXを申し込む、という手順になります。

(もちろんTry WiMAXをレンタル中に正規の申込みをしてもOK)

 

無料で試せるので便利なのですが、一旦返さなきゃいけないという少しだけ不便なサービスが「Try WiMAX」です。

ちょっと特殊ではありますが、「番外編」として共通サービスの1つとして紹介させていただきました。

関連記事:【体験】TryWiMAXを試してみた全手順と実際の速度を画像付きで解説

 

 

以上の9つ+1に関しては、どのプロバイダで契約しても同じ条件となりますので、よく覚えておきましょう。

「(特定プロバイダ)が1番速い!」とか「(特定プロバイダ)だけエリアが広い!」といったことは絶対にありません。

騙されないようにしてくださいね。

 

プロバイダによって異なるもの

続いてはプロバイダによって異なる部分について説明します。

次の5つはプロバイダによって異なりますので、よく覚えておいてください。

毎月の基本料金

WiMAXを契約すると、毎月4,000円前後の基本料金を支払う必要があります。

この「基本料金」はプロバイダによって異なります。

4,000円以下のところもあれば4,000円以上のところもあるのです。

よく見比べないと、各社「安そう」に見えるよう細工してたりするので注意してください。

 

割引、キャッシュバック

毎月の基本料金と同じように、割引やキャッシュバックもプロバイダによって異なります。

割引になる期間や、キャッシュバックの条件などもプロバイダによって様々です。

 

先程の基本料金と合わせて、割引・キャッシュバックなどで上手に「安く」表現して、「1番安く見える」ように比較したりします。

本当に気をつけましょう。

 

3年間の合計費用

その結果、契約期間である3年間での合計費用が大幅に異なります。

試しに、今1番人気のモバイルルーター「W06」で料金比較してみましょう。

(比較対象は主要10社のプロバイダに限定しています)

※CB=キャッシュバック 最新ルーター「W06」で比較

  プロバイダ CB 3年総額
(CB適用済)
実質月額
1 GMO
(キャッシュバック)
34,600円 119,706円 3,325円
2 GMO
(月額割引)
0円 124,350円 3,454円
3 DTI 0円 129,670円 3,602円
4 Broad WiMAX 0円 131,491円 3,653円
5 カシモ 0円 132,969円 3,694円
6 ASAHIネット 0円 140,280円 3,897円
7 so-net 0円 144,277円 4,008円
8 BIGLOBE 7,000円 151,500円 4,208円
9 @nifty 0円 154,141円 4,282円
10 UQ WiMAX 3,000円 154,680円 4,297円
11 ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
0円 158,629円 4,406円
12 au WiMAX 0円 166,180円 4,616円
※3年総額=契約事務手数料+3年間の基本料金合計-キャッシュバック

※金額確認日:2020年3月1日

 

けっこう差が開いているのがお分かりになるかと思います。

1番安いGMOは「キャッシュバックキャンペーン」と「月額割引キャンペーン」の2つから選べるのですが、「月額割引キャンペーン」であっても十分安いです。

貰い忘れが懸念される「キャッシュバックキャンペーン」より確実に安くなる月額割引キャンペーン方が嬉しい人もいますからね。

 

プロバイダによって料金が異なることは理解できましたでしょうか。

内容が同じであれば安く使える会社を選びたいのが、一般的な感覚だと私は思っています。

 

オプションサービス

プロバイダによって付帯オプションサービスも異なります。

ですが、はっきり言ってWiMAXのオプションサービスを契約するメリットは皆無に等しいと考えています。

よくあるオプションサービスの一例をあげると、

  • パソコンやスマホ用のセキュリティソフト
  • 端末本体の補償サービス
  • 電話サポートサービス
  • Wi-Fiスポットが使用できるサービス
  • 固定IPサービス 

こういったものがどのプロバイダでもだいたい月々100円~500円程で加入できます。

今、このオプションサービスの一覧を見て「ほしい!」と思ったものはありますか?

私は1つもありませんでした。

というより、実際に今1つも加入していません。なぜなら使う機会がないからです。

 

この手のオプションサービスは、大多数の人にとっては不要であり、他で代替えできるものばかりです。

しいて言えば、「端末本体の補償サービス」だけは加入するメリットがあるかもしれませんが、これまで何年もWiMAXを使ってきて壊れたことが1度もない私としては、やはり必要ないと判断しています。

よほど、劣悪環境でWiMAXを使用する人は念の為加入しておいても…といった程度ではないでしょうか。

余計な出費になるだけですので、オプションの加入はあまり推奨していません。

 

解約手続きの方法

解約の手続きはプロバイダによって全く異なります。

電話なのかWEBページからなのか、はたまた書類の送付が必要なのか。

 

多くのプロバイダが電話で解約できますので、「実は解約できていなかった」というリスクを考えれば、解約の際は電話で手続きを行うのがベターだと思います。

 

以上の5つがプロバイダによって内容が異なるものになります。

特に注目してほしいのは、やはり料金ですね。

速度やエリア(電波)が同じであれば、料金が安いに越したことはありません。

だからこそGMOがおすすめなのです。

 

GMO WiMAXが他社より優れている3つのメリット

GMOが他のプロバイダより優れている3つのメリットを紹介します。

 

財布にやさしい、圧倒的な安さ

もはや説明不要かもしれませんが、全プロバイダの中でダントツに安いのがGMOです。

かれこれ10年以上、1番安いWiMAXだと記憶しています。

念の為、もう一度比較表を貼っておきますね。

※CB=キャッシュバック 最新ルーター「W06」で比較

  プロバイダ CB 3年総額
(CB適用済)
実質月額
1 GMO
(キャッシュバック)
34,600円 119,706円 3,325円
2 GMO
(月額割引)
0円 124,350円 3,454円
3 DTI 0円 129,670円 3,602円
4 Broad WiMAX 0円 131,491円 3,653円
5 カシモ 0円 132,969円 3,694円
6 ASAHIネット 0円 140,280円 3,897円
7 so-net 0円 144,277円 4,008円
8 BIGLOBE 7,000円 151,500円 4,208円
9 @nifty 0円 154,141円 4,282円
10 UQ WiMAX 3,000円 154,680円 4,297円
11 ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
0円 158,629円 4,406円
12 au WiMAX 0円 166,180円 4,616円
※3年総額=契約事務手数料+3年間の基本料金合計-キャッシュバック

※金額確認日:2020年3月1日

 

高額キャッシュバック

GMOがずーっと1番安い秘密は「高額キャッシュバック」です。

上記の表を見てもわかるとおり、他を圧倒しています。

(@niftyも頑張ってはいますけどね)

 

申し込む時期によってキャッシュバック額が多少増減するのですが、いつでも1番多い状態をキープしています。

「合計費用が安くなるのはもちろん、できるだけたくさんキャッシュバックが欲しい」という方は、迷うことなくGMOのキャッシュバックキャンペーンで申込みましょう。

GMOのキャッシュバックはなぜ高額?

GMOが常に高額キャッシュバックできる理由は2つあります。

  • WEB申込みに特化し、店舗運営費・人件費を削減
  • 販売数に応じた報奨金をユーザーに還元

余計なことを省いて、徹底したユーザーファーストを貫いた結果の勝利ですね。

 

お金が欲しい!ちょっとでも安くしたい「キャッシュバック派」のあなたは!

最大37,100円がもらえるキャンペーンがおすすめ!

最高額のキャッシュバック専用ページはコチラ

 

月額割引

実は、長い間GMOの高額キャッシュバックには1つだけ欠点がありました。

それは「キャッシュバックをもらい忘れる」というものです。

欠点というかユーザーに責任があるわけではありますが

 

GMOのキャッシュバックがもらえるのは契約してから約1年後です。そのタイミングでちょっとした手続きをしなくてはいけないのですが、うっかり忘れてしまう人が稀にいるんです。

それをあたかも「GMOが悪い」のように責任を押し付け、憂さ晴らしのためにTwitterでつぶやく人がけっこういます。

(GMOからすれば、ある意味風評被害ですが)

 

ただ、この気持はわからなくもありません。何を隠そう私も過去にキャッシュバックを貰い忘れた人の1人だからです。あのときはとっても悔しかったのを今でも覚えています。

 

そんなGMOが、ついにこの問題に手を打ちました。

月々の料金が非常に安くなる月額割引キャンペーンを始めたのです。

なんと、毎月の料金が3,480円まで安くなる(さらに最初の2ヶ月間は2,170円)ことにより、3年間の合計費用がキャッシュバックキャンペーン並に安くなるという、

「キャッシュバックの手続きが面倒」「毎月が安い方がいい」「トータルが高いのは嫌だ」

という全ての条件を満たしたキャンペーンなのです。

もらい忘れなし!毎月が安い方がいい「月額割引派」のあなたは!

毎月が安い!月額割引キャンペーンがおすすめ!

月額割引キャンペーン専用ページはコチラ

 

最新ルーターも無料

GMOのWiMAXは、どんなルーターでも無料で購入することができます。

最新ルーターであっても、発売日から無料です。

他のプロバイダでは、例えばBIGLOBEは20,000円くらいしますし、UQ WiMAXは4,000円くらい必要です。

月々の料金が安いだけでなく最新ルーターも無料になっているので余計な出費はありません。

なお、ルーターが無料になるプロバイダはGMOだけではないです。ASAHIネットなども無料になっています。

 

心配ご無用、20日以内なら違約金なしで解約可

GMOのWiMAXにだけある特典(サービス)に「20日キャンセル」というものがあります。

契約から20日以内であれば違約金無料で解約できるサービスです。

電波が届かなったり速度が遅い場合に、気兼ねなく解約ができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

Try WiMAXとは何が違うの?

「Try WiMAX」という15日間WiMAXのルーターをレンタルできるサービスがあります。

こちらは、あくまでレンタルです。

15日経ったら返却しなくてはいけません。気に入ったからといって、そのまま使い続けることができないのです。

また、最新ルーターは在庫切れになっていることが多く、いつでも自由に申し込めるわけではないのも残念な点でしょう。

 

その点GMOのWiMAXは、好きなルーターで申し込めば最短翌日に届きますし、電波や速度に問題がなければそのまま使い続けることができます

他のプロバイダにはない、GMOだけの特典ですからね、お間違えなく。

関連記事:【解説】GMOのWiMAXなら20日間違約金なしでお試し可能

 

急いでる人も安心!最短翌日から使える

Wi-Fi環境が整わないとスマホのギガがどんどん減っていってしまうので、できればすぐに使いたいですよね。

そんな方にもっとも適しているのが、やはりGMOのWiMAXです。

平日15時半、土日祝なら14時までに申込みすれば、最短翌日に自宅までルーターが届きます。

つまり、次の日から自宅でWi-Fiが使えるようになるのです。

 

これもGMOのWiMAXならではのメリットの1つなので、「ただ安いだけじゃない!」という意気込みが見えますよね。

 

以上がGMOが他社より優れている3つのメリットでした。

最後にもう一度だけまとめますと

「安い!」「すぐ届く!」「気に入らなければ解約OK!」

というのがGMO WiMAXを選ぶべき理由です。

 

逆を言えば、GMO以外のWiMAXを選ぶ理由が「その会社が好きだから」以外に思い浮かばない、というのが私の本音です。

もし、他にも理由があるのであれば、ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

1番オトクなWiMAXであるGMOは申込み窓口によって特典が異なります。Google検索からでは一部のキャンペーンサイトにしか行くことができません

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

今行っている「最高額のキャッシュバック」と「月額超割引」キャンペーンの特典が欲しい方は下記よりお申し込みください。

 

まとまったお金が欲しい!「キャッシュバック派」のあなたは!

「W06」なら34,800円もらえるキャンペーンがおすすめ!

最高額のキャッシュバック専用ページはコチラ

 

 

もらい忘れなし!毎月が安い方がいい「月額割引派」のあなたは!

3年間のトータルコストも安い!月額割引キャンペーンがおすすめ!

月額割引キャンペーン専用ページはコチラ

 

3年間の総額はキャッシュバックの方がちょこっとだけオトクです!
キャッシュバックキャンペーン3年総額 月額割引キャンペーン3年総額
119,706円 124,350円

※クレジットカードを持っていない場合は口座振替で購入ができるプロバイダを選びましょう。

関連記事:口座振替で購入できるWiMAXならBIGLOBEが1番オトク

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.