モバイルWi-Fi

WeBe!(ウィビー)WiFiは無制限ではない!注意点とデメリットを徹底解説します

【Anser】

1日5GBまでという上限あり。5GBを超えると速度が低下します。

この記事でわかること

  • WeBe!WiFi(ウィビーワイファイ)のメリット・デメリットについて紹介する
  • 「通信無制限」と記載があるが、実は「1日5GBまで」の上限がある
  • 最初に3ヶ月分+機器端末預り金を払う必要があるので要注意

「WeBe!Wi-Fiって新しいWi-Fiが安くてギガ使い放題って聞いたけど本当?」

いいえ、使い放題ではありません。

公式サイトでは「通信無制限」と謳ってはいるけれど、実際には「1日5ギガまでしか使えない」と補足説明があります。

 

「速度制限はかかるけどネットが使えなくなるわけではないから通信量としては無制限だ」と言いたいのでしょう。

日本語としてはそのとおりかもしれませんが、ほとんどの方が「速度制限にかからない」「ギガが無制限に使える」と認識するのではないでしょうか。

こういった、優良誤認と言われてもおかしくないような表記をするのは個人的にはあまり評価できません

普通にスペックは業界最良級なので「真っ向勝負をすればいいのになぁ」と思った次第でございます。

「WeBe!WiFi」は業界最良級スペックである

  • 月額3,280円
  • 初月は日割り
  • 端末代金は無料
  • 最低利用期間はわずか3ヶ月

 

この記事では2020年1月から発売開始となった「WeBe!WiFi(ウィビーワイファイ)」について調べた情報をわかりやすくまとめて紹介します。

公式サイトではわかりにくい注意点・デメリットについても、しっかりと解説します。

期間限定キャッシュバックキャンペーン実施中

WeBe!WiFiを申し込む

月額3,280円/初月は日割り

ココに注意

記事の後半では、当サイトの人気クラウドWiFi「THE WiFi」との比較を紹介しております。

ぜひ参考にしてください。

WeBe!WiFiの料金・スペック

WeBe!WiFiの料金・スペック

「WeBe!WiFi」の料金・スペックから確認しておきましょう。

WeBe!WiFiの料金プラン

「WeBe!WiFi」の料金プランは1種類のみです。

WiFiWeBe!WiFiの料金プラン
契約期間 3ヶ月
自動更新なし
事務手数料 3,000円
データ通信量 1日5GBまで
月額料金 3,280円
初月 日割り
端末補償 500円/月
ルーター本体 無料レンタル
(解約時には要返却)
ルーター送料 無料
発送までの日数 最短翌日
支払い方法 クレジットカードのみ
クーリングオフ 確認中

ココに注意

ルーターは無料貸し出しとなるのですが、申込時に端末補償金として3万円を払わないといけません。

解約時にルーターを返却すれば、解約時に全額返ってきますが、単純に初期費用が高くなるのが嫌ですよね。

 

端末補償(安心サポート)

「WeBe!WiFi」の補償サービスはちょっとわかりにくいので注意が必要です。

安心サポートに加入することで、最初に払う「端末補償金」が1万5千円に減額します。

 

この状態で解約時まで壊さずに使い終わった場合は、解約時に1万5千円が全額返ってきます。

もし、壊したり失くしたりした場合は、端末補償金が返ってきません。

こういった仕組みになっているのです。

安心サポートに加入しない場合は3万円を預けた上で、壊したり失くしたりした場合は、その3万円が丸っと修理・交換代に充てがわれます。

 

加入しなければ3万円、加入しても1万5千円というのは、端末補償サービスとしてはあまり良くないですね。

わざわざ500円払っているのに結局お金が取られるのは、なんだか釈然としません。

ココがポイント

他のポケットWiFiは、補償未加入で壊した場合でも15,000円~20,000円程度が相場です。

「WeBe!WiFi」は割高だと言えます。

WeBe!WiFiの違約金

「WeBe!WiFi」は3ヶ月以内に解約すると違約金が発生します。

4ヶ月目からはいつ解約しても違約金はかかりません。

この部分はなかなか優秀な仕組みと言えるでしょう。

WeBe!WiFiの違約金
0~3ヶ月目 9,870円
4ヶ月目以降 0円

(参照:WeBe!WiFi公式サイト

モバイルルーターの仕様

「WeBe!WiFi」からレンタルするモバイルルーターのスペック(仕様)を確認しておきましょう。

こちらは他の無制限ポケットWi-Fi同様、液晶画面のないシンプルなモバイルルーターになります。

WeBe!WiFiのモバイルルーター仕様
製品名

U2S

モバイルルーターU2S

重量 151g
サイズ 127×65.7×14.2mm
連続使用可能時間 12時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 3,500mAh
同時接続台数 5台
製造元 uCloudlink(香港)

(参照:WeBe!WiFi公式サイト

最大速度は150Mbspと少々遅い気がします。

ですが、実行速度として20~40Mbpsくらいは出るので、ポケットWi-Fiとしては十分です。

回線はソフトバンクのLTE

「WeBe!WiFi」はソフトバンクのLTE回線を使用します。

ソフトバンクの通信可能エリアはHP(https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/)にて確認することができます。

 

サポートは問い合わせフォームのみ

申込み前のサポートは問い合わせフォームのみです。

会社概要ページに電話番号が載っていますが「*お電話での対応は致しかねます。メールにてお問い合わせをお願い申し上げます。」とのことです。

 

WeBe!WiFiは海外で使えない

「WeBe!WiFi」のルーターは「THE WiFi」のように海外では使えません。

あくまでも日本国内のみでの利用となっています。

海外でも使いたい方は「THE WiFi」を選びましょう。

 

2020年4月30日までキャッシュバックキャンペーン実施中

2020年4月1日までキャッシュバックキャンペーン実施中

2020年4月30日までに申し込んだ方はキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中です。

ただし、色々条件が厳しいので、公式サイトの注意事項をよーく読んでスクショを撮って、カレンダーにアラームをセットしておきましょう。

2020年4月1日までキャッシュバックキャンペーン実施中

2020年4月1日までキャッシュバックキャンペーン実施中

(参照:WeBe!WiFi公式サイト

大事な部分だけピックアップしておきます。

WeBe!WiFiのキャッシュバックについて

  • 「安心サポート」に加入している方のみが対象
  • 契約後、1年目、2年目、3年目の月にメールで申請することでキャッシュバックがもらえる
  • それぞれ5,500円、8,000円、10,000円がもらえる
  • メールを忘れると1円ももらえるので要注意
  • 口座に入金されるまでに解約をしていた場合、申請をしてあってもキャッシュバックはもらえない
  • メールアドレス:cashback@webewifi.com

キャッシュバック自体は非常に嬉しいのですが、なかなか難しそう(忘れそう)ですよね。

申し込んだらすぐにカレンダーに「キャッシュバックのメールをする」と入力しておきましょうね。

 

以上が「WeBe!WiFi」の料金やスペックでした。

続いては最も大事な「WeBe!WiFi」の注意点・デメリットを確認していきましょう。

WeBe!WiFiの注意点・デメリット

同じ無制限ポケットWi-Fiの中でも、当サイトの人気クラウドWiFiである「THE WiFi」と比較しながら、「WeBe!WiFi」の注意点・デメリットを確認しましょう。

WeBe!WiFiとTHE WiFiの違い

早速「THE WiFi」との違いを確認しておきましょう。

「WeBe!WiFi」と「THE WiFi」の違い
  WeBe!WiFi THE WiFi
契約期間 3ヶ月
自動更新なし
2年
自動更新なし
事務手数料 3,000円
料金プラン 1種類 2種類
ギガ 1日5GB 無制限
月額料金 3,280円 ライトプラン:3,480円
通常プラン:3,842円
初月 日割り
支払い方法 クレジットカードのみ
違約金 0~3ヶ月目:9,870円
4ヶ月目以降:0円
0~24ヶ月目:9,800円
25ヶ月目以降:0円
端末メーカー保証 1年
端末補償 月額500円 2種類
(月額300円と月額500円)
端末補償の内容 端末補償>を参照 故障、水没
※盗難・紛失補償はなし
※月額300円は水没なし
損害賠償金 30,000円
(補償加入の場合は15,000円)
12,000円
(補償加入の場合は0円)
ルーター機種 U2s
回線 ドコモ、au、ソフトバンク
※ただし、ほとんどソフトバンクにしかつながらない
端末の発送 最短翌日 最短即日
平日正午までの申し込みで即日発送。
土日祝日は発送不可。
クーリングオフ 8日以内

同じような契約プランに見えますが、見逃せない違いが全部で7つもありますよ。

(1)WeBe!WiFiWiFi:最低利用期間は3ヶ月で自動更新もなし

「WeBe!WiFi」は最低利用期間が3ヶ月と非常に短いです。

その上、自動更新もありません。

「THE WiFi」も3年目以降は縛りがありませんが、「WeBe!WiFi」はその上をいっています。

(2)WeBe!WiFi:1日5GBまでしか使えない

公式サイト上には「通信無制限」と記載しておきながら、実は「1日5GBまで」と上限が設けられているのが「WeBe!WiFi」です。

「THE WiFi」は1日の上限などなく、毎日好きなだけギガが使えます。

(3)WeBe!WiFi:端末補償金が高い

ルーターが壊れた場合の修理代、補償の部分が「WeBe!WiFi」は弱いです。

そもそも仕組みがわかりにくいのも個人的には嫌ですね。

初めに3万円(補償加入時は1万5千円)を預けなければいけないというのも、ネックになります。

これまで、こういったレンタルルーターを壊したり水没させてしまった経験がある方は要注意です。

「THE WiFi」の場合、補償に加入してもしてなくても、弁済金は12,000円で済んでしまいます。

(4)WeBe!WiFi:初期費用が高い

「WeBe!WiFi」は申込時に、先程の「端末補償金」だけでなく、事務手数料と3ヶ月分の月額料金をまとめて払わないといけません。

つまり、初期費用が30,000円~50,000円くらいするのです。

かなりまとまったお金が出ていくことになるので、私だったらちょっと嫌ですね。

ルーターを壊さなければ端末補償金は全額返ってきます。ご安心ください。

(5)WeBe!WiFi:海外では使えない

「WeBe!WiFi」は海外では使えません。日本国内のみで利用かのうです。

海外でもそのまま使いたいと考えていた人は「THE WiFi」を選びましょう。

 

以上が「WeBe!WiFi」と「THE WiFi」の違いです。

結論:1日5GBだけで足りる人には「WeBe!WiFi」がおすすめ

「WeBe!WiFi」は1日5GBまでという上限はあるものの、月額料金が安く、縛り期間も短いです。

「1日5GB」で足りる人であれば、「WeBe!WiFi」でも問題ないでしょう。

WeBe!WiFi(公式):https://www.webewifi.com/

期間限定キャッシュバックキャンペーン実施中

WeBe!WiFiを申し込む

月額3,280円/初月は日割り

 

「THE WiFi」であれば無制限で使えたり、運営会社もしっかりしているので、長く使う人にとっては安心度が違います。

実績も申し分ないので、不安なく使いたいなら「THE WiFi」を選びましょう。

THE WiFi(公式):https://www.smamoba.jp/thewifi/

WiFiスポットが使える

THE WiFiを申し込む

業界初の5Gアップデートプログラム対応

【どスゴイ】THE WiFiを使った感想とデメリット|口コミ・他社比較まとめ
THE WiFi を3ヶ月使った感想とデメリット|口コミ・他社比較まとめ【どスゴイ】

【NEWS】(7月22日更新) 商品の在庫確保の目処がたったため、通常通りのスケジュールで発送できるようになっています。 検討中だった方はお急ぎください。 >THE WiFi(公式)<   ...

続きを見る

 

まだ決めかねている方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

無制限ポケットWiFi全15社を徹底比較|一番おすすめ&オトクなのはコレでした
無制限ポケットWiFi全18社を徹底比較|一番おすすめ&オトクなのはコレでした

この記事でわかること 現在発売中の無制限ポケットWiFi全18社を徹底比較しました 「総合」「料金コスパ」「速度・電波」「利便性」「安心・信頼」の5つのカテゴリに分けてベスト3を紹介 あなたにぴったり ...

続きを見る

 

ポケットWiFi選びに関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくは公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください。

なる早で返答させていただきます。

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.