モバイルWi-Fi

【停止中】Spacee(スペイシー)Wi-Fiの注意点と評判まとめ

更新日:

【停止中】Spacee(スペイシー)Wi-Fiの注意点と評判まとめ

Anser

在庫切れ、入荷日未定、問い合わせ不可、サービス再開の目処は立っていないようです。(参照:SpaceeWi-Fi公式サイト

すぐに借りれる別のポケットWi-Fiを巻末にて紹介しています。

この記事でわかること

  • レンタルWi-Fi「SpaceeWi-Fi」の料金、データ量、違約金
  • 「SpaceeWi-Fi」の代わりにおすすめするレンタルWi-Fiを2つ厳選

「SpaceeWi-Fiって安いんですよね?アリですか?」

Spacee(スペイシー)Wi-Fiは2018年に始まったばかりの比較的新しいレンタルWi-Fiサービスです。

「違約金なし!事務手数料なし!縛りなし!無制限に使える!」

と豪語しておりましたが、絶賛サービス休止中となっております。

原因はルーターの在庫切れのようですが、入荷日も未定で再開する日がくるのかどうかもわかりません。

「次回の在庫に関するお問い合わせは受付けておりません」と公式サイトにしっかり明記されていますからね。

 

なかなかないですよね、こんな対応をするポケットWi-Fiは。

正直言うと、この時点で「別のWi-Fiを検討したほうが良い」のですが、一応商品の概要などを紹介しておきます。

 

短期間だけ借りれるWi-Fiを探していて「SpaceeWi-Fi」にたどり着いたのであれば、実績と安さの両方を兼ね揃えている2つのレンタルWi-Fiを巻末にて紹介しています。

そちらを参考にしてください。

短期間だけ借りれるWi-Fi

スペイシーWi-Fiの料金システム

「SpaceeWi-Fi」は1日からレンタルできるWi-Fiです。

料金体系が少々複雑なので、気をつけましょう。

長くレンタルした方がオトクに使えるようになっています。

SpaceeWi-Fiの料金
事務手数料 なし
契約期間 なし
端末(ルーター)代 無料
※要返却
配送料 700円
返送料 宅急便コンパクト550円~
※地域によって異なる
レンタル料金 1日目から10日目まで 350円/日
11日目以降 88円/日
1ヶ月以上レンタルした場合の合計費用の例 1ヶ月目(30日で計算) 5,260円/月
2ヶ月目以降(1ヶ月を30日で計算) 2,640円/月

初期費用が0円、違約金なし

「SpaceeWi-Fi」は初期費用なしで利用することができます。

また、最低契約期間も設定されていないので、いつ解約しても違約金は不要です。

 

11日目以降1日あたり88円とオトクに

1日あたりのレンタル費用が借りる日数によって変わります。

1日目~10日目までは350円/日ですが、11日目以降は88円/日に減額します。

長く借りれば借りただけオトクになっていくというわけです。

SpaceeWi-Fiの料金
借りる日数 単価 合計費用
0泊1日 350円 350円
1泊2日 700円
2泊3日 1,050円
3泊4日 1,400円
4泊5日 1,750円
5泊6日 2,100円
6泊7日 2,450円
7泊8日 2,800円
8泊9日 3,150円
9泊10日 3,500円
10泊11日 88円 3,588円
11泊12日 3,676円
29泊30日 88円 5,260円

 

1ヶ月(30日)借りた場合の合計費用は5,260円になります。

そのまま継続して借り続けば1日あたり88円のままなので、2ヶ月目は30日間で2,640円(88円欠ける30日)です。

1ヶ月2,640円で使えるとなると、これはかなりオトクと言えます。

 

スペイシーWi-Fiの速度とエリアとギガ数

「SpaceeWi-Fi」でレンタルできるルーターはワイモバイル(ファーウェイ)の製品です。

ソフトバンク回線を利用するので、エリアは広く、速度もまずまず期待できます。

ただし、無制限にギガが使えるわけではないので気をつけましょう。

SpaceeWi-Fiのルーター
製品名 601HW
最大速度 下り612Mbps/上り37.5Mbps
エリア ほぼ全国
詳しくはこちら
回線 ソフトバンク4G LTE
ギガ数 1日4GBまで

公式サイトに製品型番は書いてないのですが、Twitterでユーザーが601HWであることをつぶやいていました。

ソフトバンク4G LTEなので全国対応・速度もまずまず

ソフトバンクの4G LTE回線を使用するので、ほぼ全国どこでも使えるでしょう。

細かいエリア測定は、ソフトバンク公式サイトから確認することができます。

>>サービスエリアマップを見る

また、4G LTE回線を利用するので、速度もまずまず期待できるでしょう。

ルーターとしての性能は最大612Mbpになっていますが、これは理論値です。

実際の速度としては20~50Mbpsになりますが、まず問題ないでしょう。

SNSやネット検索、動画もスムーズに見ることができます。

 

1日4GBまでしか使えない

「SpaceeWi-Fi」は上限なしの無制限Wi-Fiではありません。

1日4GBまでと決まっています。

4GB以上使うと即座に速度制限がかかり、128kbpsまで低下します。

いわゆるスマホの速度制限と同じなので、ネット検索すらまともにできなくなるでしょう。

夜の0時になるとリセットされるので、速度が戻ります。

とはいえ、4GBというのはかなりの量です。

例えばYouTubeなら高画質の動画が6時間くらい見ることができます。

標準画質なら27時間くらい見れるので、よっぽど変な使い方さえしなければ上限まで達することはないでしょう。

 

スペイシーWi-Fiの口コミ・評判

ネット上の評判を集めてみましたが、利用者が少ないのか、あまり口コミがありませんでした。

いつものとおりTwitterで「#SpaceeWiFi」「#スペーシーWiFi」で検索しています。

ルーターの調子が悪い

ルーターの調子が悪くなってしまったようです。

何かあったときのために補償には入っておいたほうがいいかもしれませんね。

「SpaceeWi-Fi」の補償プラン
料金 1日40円
破損、故障、水濡れ、水没 補償対象のため0円 未加入の場合は25,000円
全損、盗難・紛失 10,000円のみ

 

速度は問題なし

速度はまずまず出ているようです。

ポケットWi-Fiで20Mbps以上出ていれば合格点でしょう。

 

初月の料金がおかしい?

非常に気になるつぶやきがありました。

4,158円ということは、11日分です。

30日締めということは、20日から使ったことになります。

この方の認識と3日間も食い違っていますよね。

これだけ見ると、受取日ではなく「発送日」が課金開始日なのでは?と疑ってしまします

真相は闇の中ですが、ちょっと嫌ですね…。

 

以上が数少ない「SpaceeWi-Fi」のネット上の口コミでした。

スペイシーWi-Fiのデメリット・注意点

「SpaceeWi-Fi」のデメリット・注意点をまとめておきます。

「SpaceeWi-Fi」のデメリット・注意点

  • 新規受付停止中(再開未定)
  • 使い放題ではない
  • 申し込みから5営業日以内に発送
  • 配送料が700円もかかる
  • 返却時の送料は自己負担

新規受付停止中(再開未定)

冒頭でもお伝えしたとおり、現在「SpaceeWi-Fi」は新規の受付を停止しています。

原因はルーターの在庫がないことのようですが、入荷予定も決まっておらず、問い合わせにも対応しないとのことです。

 

使い放題ではない

最近は「どんなときもWiFi」や「よくばりWiFi」のように「完全使い放題」のポケットWi-Fiが増えてきました。

ですが、「SpaceeWi-Fi」は1日4GBまでという上限があります。

とはいえ、「どんなときもWiFi」や「よくばりWiFi」は2年間の契約縛りがあるわけで、1日からレンタルできる「SpaceeWi-Fi」とは別もの。

比較するのはちょっと違う気もしますが、勘違いしないようにしましょう。

 

申し込みから5営業日以内に発送

最短即日発送するポケットWi-Fiが増えている中で、「SpaceeWi-Fi」は申し込みから5営業日以内の発送となっています。

「明日欲しい!」という緊急を要する場合には使えません。

 

配送料が700円もかかる

「SpaceeWi-Fi」は配送料が700円もかかります。

他のレンタルWi-Fiは配送料を無料にしているところが多いので、注意が必要です。

 

返却時の送料は自己負担

「SpaceeWi-Fi」を返却する場合の送料は自己負担になります。

ヤマト運輸の宅急便コンパクトを使うよう指定があり、住んでいる地域によって送料が異なります。

(返却先は東京です)

例えば北海道から返却する場合は、送料だけで990円。プラス箱代が70円。

合計1,060円が必要になるわけです。

※受付日が返却日となります。

ココに注意

宅急便コンパクト以外でも返送可能ですが、その場合は商品到着前日が返却日となります。

レンタル日数が延びてしまう可能性があるので、ご注意ください。

 

スペイシーWi-Fi以外のオトクなレンタル先

スペイシーWi-Fi以外にもポケットWi-Fiをレンタルする方法はいくらでもあります。

その中でも特にオトクにレンタルできる会社を2つ紹介します。

1日単位でレンタルするなら「WiFiレンタルどっとこむ」

レンタルしたい日数が短いのであれば「WiFiレンタルどっとこむ」がいいでしょう。

「WiFiレンタルどっとこむ」の特徴

  • 注文即日発送
  • ルーターが選べる(「E5383」なら1日10GBまでOK)
  • 0泊1日~レンタルできる
  • 14泊~29泊までは一律料金
  • 配送料が500円
  • コンビニ、空港、ホテルでの受け取りOK
  • 返送はコンビニからOK(実費)
  • ポスト返却なら翌朝8時まででもOK(470円)
「E5383」のレンタル料金
借りる日数 単価 合計費用
0泊1日 400円 400円
1泊2日 800円
2泊3日 1,200円
7泊8日 3,200円
14泊15日
~29泊30日
一律 6,000円

 

「SpaceeWi-Fi」の料金と比較してみましょう。

SpaceeWi-Fiの料金
借りる日数 単価 合計費用
0泊1日 350円 350円
1泊2日 700円
2泊3日 1,050円
7泊8日 2,800円
14泊15日 88円 3,940円
29泊30日 5,260円

 

単価が50円安い「SpaceeWi-Fi」の方が安くなります。

ただし、送料や返送料に差があるので、合計費用は大きく変わりません。

送料の比較
  SpaceeWi-Fi WiFiレンタルどっとこむ
配送料 700円 500円
返送料 宅急便コンパクト
※550円~
ポスト返却 470円

 

また、「WiFiレンタルどっとこむ」は申し込み当日発送であったり、翌朝8時までのポスト返却でOKだったりなど、非常に便利なメリットがあります。

「SpaceeWi-Fi」に負けず劣らずのサービスと言えるでしょう。

WiFiレンタルどっとこむ(公式):https://www.wifi-rental.com/

関連記事:1番オトクに使える短期間レンタル用のポケットWi-Fiを徹底比較

 

1ヶ月以上レンタルしたいなら「FUJI Wifi」

1日単位でなく、数ヶ月単位でレンタルしたいなら「FUJI Wifi」がコスパに優れています。

FUJI Wifiの特徴

  • 1ヶ月単位でのレンタル
  • 最低契約期間なし、違約金なし
  • 月間容量に合わせてプランが選べる
  • 事務手数料が3,000円かかる
  • 2営業日以内で発送
  • 送料は無料

「FUJI Wifi」は1日単位ではなく1ヶ月単位でのレンタルWi-Fiです。

最低契約期間や違約金はありません。

最大の特徴は、ルーターやプランが選べること。

ルーターはソフトバンク回線のものとWiMAX回線のものと選べます。

ソフトバンク回線の料金プラン
プラン 月額料金
25ギガ 2,480円
50ギガ 2,980円
100ギガ 3,480円
使い放題
(クラウドプラン)
3,980円
WiMAX回線の料金プラン
プラン 月額料金
WiMAXプラン 3,200円

ソフトバンク回線は1日の上限はありませんが、月の上限によって料金が異なります。

WiMAX回線は3日で10GB以上使うと、翌日の18時~26時まで速度が1Mbpsまで低下するという制限がありますが、月の上限はありません。

ただし、屋内だと電波が弱まる傾向があり、地下鉄などでは使えません。

自分がよく使う場所、使う容量に合わせて選ぶようにしましょう。

事務手数料が3,000円かかりますが、数ヶ月単位でレンタルする予定なら「FUJI Wifi」の方がオトクになりますよ。

FUJI Wifi(公式):https://fuji-wifi.jp/

関連記事:縛りのないポケットWi-Fi「FUJI Wifi」8つのデメリット

 

まとめ:利用再開を待つより、他のWi-Fiを借りるべし

いつ再開するかわからない「SpaceeWi-Fi」よりも、1日単位なら「WiFiレンタルどっとこむ」、数ヶ月単位なら「FUJI Wifi」でレンタルすることをおすすめします。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-, ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2019 All Rights Reserved.