光回線

So-net光プラスとは?「安い」「速い」「安全」が揃った固定回線

新登場!So-net光プラスの安さには裏がある?デメリットを解説

この記事でわかること

  • So-net光プラスとはなにか
  • So-net光プラスはなぜ安い?
  • So-net光プラスのメリットとデメリット
  • So-net光プラスはこんな人におすすめ

光インターネットの大手So-net(ソネット)から新しい光回線「So-net光プラス」が登場しました。

昔あった「So-net光コラボレーション」が大幅に改良されて、生まれ変わったのが「So-net光プラス」です。

 

そして、この「So-net光プラス」が今、恐ろしいほど安くなるキャンペーンを実施中なのをご存知でしょうか。

今契約するなら、間違いなくどこよりも圧倒的に安くなるので、このチャンスを逃す手はありませんよ。

au携帯や格安シムを使っている人に特におすすめの光回線となっています。

 

では、So-net光プラスについて、解説していきたいと思います。

※当サイトの内容は、あくまでも弊社の調査結果に基づく情報であり、全てのユーザーに対してその内容の再現性を保証するものではございません。お客さまご自身の責任においてご利用ください。

【注意】SNS(Twitter、FB、インスタなど)アプリで閲覧している方へ

+ ココをタップすると5秒で読み終わる注意事項が表示されます

SNSアプリの仕様変更に伴い、記事内容が正常に表示されない場合があります。大変お手数ではございますが、お使いのブラウザで開き直して頂くようお願い致します。

※パソコンの方は問題ありません。

iPhoneの方

  • 画面右下のSafariアイコンをタップ

Safariで開き直す

Androidの方

  • 画面右上の「︙」をタップし「Chromeで開く」をタップ

Chromeで開き直す

So-net光プラスとはなにか

通信大手のSo-netが提供する光回線です。

いわゆる「コラボ光」の1つで、ドコモ光やソフトバンク光の仲間だと思ってください。

みんな同じNTTの光回線を使っています。

そして、So-net光プラスは話題のIPv6(v6プラス)を標準搭載しているのです。

最大1GBpsの高速光回線

言うまでもなく、通信速度は上りも下りも最大1Gbpsです。

ドコモ光やソフトバンク光と同じです。

 

プロバイダはSo-net

プロバイダはSo-netです。業界最大手の1つと言っても過言ではないでしょう。

バックボーンがしっかりしているので、安定した通信を提供することができます。

 

サポートも充実

通常の電話サポートだけでなく、オプションにはなりますが遠隔操作でお客様のパソコンを操作し、パソコン操作が苦手なお客様に変わってトラブルを解決することができます。

ココがポイント

今だけのキャンペーンとして、契約から12ヶ月間は通常300円する遠隔サポートが無料になっています。

 

「混雑をすり抜ける」話題のIPv6(v6プラス)を標準搭載

わざわざ理屈まで覚える必要はありません。

IPv6(正しくは「v6プラス」)という技術を使うことで、まるで渋滞をする抜けるようにインターネットに繋がることができます。

So-net光プラスは、このIPv6(v6プラス)が標準搭載されているのです。

そのため、他の光回線より、より速さを実感できることでしょう。

IPv6(v6プラス)という言葉は頭の片隅にでもいいので、覚えておいてください。

 

 

以上が、So-net光プラスの概要です。

ドコモ光のプロバイダの1つであるSo-netが、自社で提供していた光回線をさらに改良したもの、といったところになります。

 

So-net光プラスはなぜ安い?

そんなSo-net光プラスですが、実はめちゃくちゃ安いのです。

正確には、ただいま絶賛割引キャンペーン中により、ありえないほど安くなっているのです。

ドコモ光とソフトバンク光と比べてみよう

まず、どれくらい安くなっているのか、ドコモ光とソフトバンク光と比較した料金表を見てみましょう。

一戸建て(ファミリータイプ)の料金表
  月額 3年間の合計費用※
So-net光プラス 3,380円~5,580円 139,080円
ドコモ光 5,200円 175,200円
ソフトバンク光 5,200円 155,200円

※契約料、工事費、キャッシュバック込

 

 

マンションタイプの料金表
  月額 3年間の合計費用※
So-net光プラス 2,280円~4,480円 103,080円
ドコモ光 4,000円 132,000円
ソフトバンク光 3,800円 104,800円

※契約料、工事費、キャッシュバック込

ドコモ光は最大15,000円、ソフトバンク光は最大35,000円のキャッシュバックを適用した価格を表記しています。

 

いかがでしょうかこの安さ。これがSo-net光プラスの本気です。

 

安さの理由:公式特典がとんでもなく割引している

なぜここまで安いのかと言うと、まず公式特典として月額割引がとんでもないからです。

最初の3年間は毎月2,200円も割引してくれます。

36ヶ月×2,200円=79,200円のオトクです。とんでもない額ですよね。

 

この特典が使える今、So-net光プラスが恐ろしい安さを実現しています。申し込むなら今しかありませんよ。

 

So-net光のメリットとデメリット

ここまでSo-net光の「安くて速い」というメリットについて説明してきました。

ですが、ちゃんとデメリットもありましたので紹介しておきます。

もし今から申込みをしようと思っていた方は、ちゃんと最後まで確認してからにしましょう。

デメリット①4年目からは高くなる

割引があるのは3年間だけなので、4年目からは通常料金に戻ります。

4年目からの料金比較
  戸建て マンション
So-net光プラス 5,580円 4,480円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円

 

ドコモ光やソフトバンク光に比べて、戸建てだと「コメダのコーヒー1杯分」、マンションだと「てりやきバーガーセット1個分」の差があります。

これを高いと見るか微々たる差と思えるかはあなた次第ですが、いかがでしょうか。

 

デメリット②契約期間が3年

ドコモ光やソフトバンク光は契約期間が2年ですが、So-net光プラスは3年となっています。

ただし、引越し先でも使用する場合は解約(違約金の発生)にならないので安心してください。

 

デメリット③違約金が高い

ドコモ光やソフトバンク光の違約金は9,500円ですが、So-net光プラスは20,000円となっています。

こちらも、引越し先で引き続き使用する場合は違約金は必要ないので安心してください。

 

以上の3つがSo-net光プラスのデメリットになります。

やはり安いのには理由がありました。とはいえ、それを補うだけのメリットもありますので、続いて紹介しますね。

 

メリット①セキュリティソフトが5台分無料

ドコモ光やソフトバンク光は、パソコン用のセキュリティソフトが有料となっています。

ドコモ光は1台あたり月額300円~、ソフトバンク光は月額490円が必要です。

ところが、So-net光プラスは5台分が永久的に無料です。

つまり、毎月最大2,500円もオトクに利用できることになるので、先ほどのコーヒー代やバーガー代をチャラにすることができます。

 

メリット②実はauスマートバリュー(割引)が使える

auスマホを使っている人に朗報です。

So-net光プラスはauスマートバリューの対象サービスとなっています。

ピタットプランやフラットプランであればスマホ1台につき最大1,000円の割引が適用になるので、4人家族であれば最大4,000円も安くできます。

スマートバリューの割引額
ピタットプラン (シンプル):1GBまで 割引対象外
(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
(シンプル):1GB超~2GBまで
500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで 1,000円
フラットプラン20/30
フラットプラン25 Netflixパック
フラットプラン5(学割専用)
1,000円
データ定額1 2年間934円
3年目から500円

データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)

受付終了プラン

シニアプラン
データ定額3cp
LTEフラットcp(1GB)

934円

受付終了プラン

U18データ定額20

1,410円
(適用期間中)

データ定額5/20
LTEフラット
ISフラット

受付終了プラン

データ定額5cp
データ定額8
プランF(IS)シンプル

2年間1,410円
3年目から934円

データ定額30

受付終了プラン

データ定額10/3

2年間2,000円
3年目から934円

 

これを機に、家族全員でスマホをauに乗り換えるというのもアリだと思いますよ。

 

メリット③3年経ったら別の光回線に乗り換えるという方法もアリ

4年目から高くなるのがどうしても気になるのであれば、いっそのこと別の光回線に乗り換えるのもアリです。

 

その際は、今使用しているスマホに合わせるのがいいでしょう。それぞれ割引が適用されます。

ドコモならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光、auならBIGLOBE光がおすすめです。

 

私のお客様にもけっこういるのですが、「ちょっとでも安くしたい!」と数年単位で乗り換える方は意外といます。

やってみると案外簡単にできますので、選択肢の1つとして覚えておいてください。

3年経った時点でSo-net光プラスを解約すると、工事費の残債(マンションなら6,000円、戸建てなら9,600円)を支払う必要があります。

ただし、乗り換えのキャッシュバックで簡単に相殺できますので、安心してください。

 

以上がSo-net光プラスのメリットです。

どんな光回線にもデメリットはつきものですが、So-net光プラスならしっかりメリットで打ち消すことができるので、本当にオトクに使うことができますね。

 

 

So-net光プラスはこんな人におすすめ

So-net光プラスはこんな人におすすめです。

So-net光プラスをおすすめしたい人

  • 一人暮らしだけど光回線を安く使いたい
  • auスマホを使っている人が多い家族
  • 格安シムを使っている人が多い家族

 

スマホがドコモならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光の方が長期で安くなるので、So-net光プラスはおすすめしません。

ドコモ光やソフトバンク光を使っていて「速度が遅い!」とお悩みの方はこちらの記事を読んでから回線の乗り換えを検討してみてください。

参考記事:【保存版】ドコモ光が遅い!速度を簡単に改善する方法まとめ

参考記事:【保存版】嘘だらけ!遅いソフトバンク光を速くする方法まとめ

 

一人暮らしだけど安く光回線を使いたい

一人暮らしの場合は、光回線よりもWiMAXなどのポケットWi-Fiをおすすめしています。

関連記事:【保存版】一人暮らしのインターネットはポケットWi-Fiにするべき9つの理由

 

ですが、中には私のようにがっつり光回線を使いたい方もいるでしょう。

そういった方におすすめなのがSo-net光プラスです。

理由は単純明快、安くて速い(IPv6が使える)からです。

一人だとスマホの割引が少ない

光回線の鉄則として、使っているスマホに合わせるというのがありますが、これは複数台ある場合に限ります。

1台だけですと500円~1,000円ほどしか安くならず、セット割の恩恵をほとんどうけることができません。

その点So-net光プラスであれば、スマホ関係なく安くできるのでオトクです。

 

マンションタイプの料金表
  月額 3年間の合計費用※
So-net光プラス 2,280円~4,480円 103,080円
ドコモ光 4,000円 132,000円
ソフトバンク光 3,800円 104,800円

※契約料、工事費、キャッシュバック込

 

ひとまず3年使ってから継続させるか解約するか検討するといいでしょう。

3年後であれば工事費の残債6,000円だけで解約できるので、それほど大きな出費ではありません。

(それまでで十分トクしているので)

そして4年目移行はスマホ会社に合わせて乗り換えてもいいでしょう。一人暮らしなら気軽に乗り換えもできます

これが賢くオトクに使う方法ですよ。

 

So-net光プラス公式サイト:https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/collabo/

 

 

auスマホを使っている人が多い家族

光回線を選ぶ鉄則の1つは使っているスマホ会社に合わせることです。

家族でauを使っている人が多いのであれば、迷わずSo-net光プラスにするのがおすすめです。

先ほども紹介したとおり、So-net光プラスはauスマートバリューが使えます

ただでさえ安いSo-net光プラスがスマートバリューでさらに安くなるため、少なくとも3年間はかなりオトクに使うことができるでしょう。

スマートバリューの割引額
ピタットプラン (シンプル):1GBまで 割引対象外
(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
(シンプル):1GB超~2GBまで
500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで 1,000円
フラットプラン20/30
フラットプラン25 Netflixパック
フラットプラン5(学割専用)
1,000円
データ定額1 2年間934円
3年目から500円

データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)

受付終了プラン

シニアプラン
データ定額3cp
LTEフラットcp(1GB)

934円

受付終了プラン

U18データ定額20

1,410円
(適用期間中)

データ定額5/20
LTEフラット
ISフラット

受付終了プラン

データ定額5cp
データ定額8
プランF(IS)シンプル

2年間1,410円
3年目から934円

データ定額30

受付終了プラン

データ定額10/3

2年間2,000円
3年目から934円

 

ピタットプランやフラットプランを使っている方が多いと思いますので、ほとんどの方が1人1,000円の割引になります。

2人いれば2,000円、3人いれば3,000円、4人いれば4,000円です。

場合によっては光回線を実質無料で使えるかもしれませんね。

 

So-net光プラス公式サイト:https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/collabo/

 

格安シムを使っている人が多い家族

光回線を選ぶ鉄則の1つは使っているスマホ会社に合わせることですが、中には格安シムにしている家族もいると思います。

格安シムですと、せいぜい数百円の割引しか適用にならず全くオトクになりません。

むしろSo-net光プラスにした方がよっぽど安くなるのです。

セット割がある大手格安シム

  • OCNモバイルONE
  • BIGLOBEモバイル
  • DTIモバイル

※人気の格安シムである楽天モバイルやmineoにはセット割がありません。

 

セット割がある格安シムとSo-net光プラスの比較

それぞれの割引額はこちらです。

格安シムのセット割引額
OCNモバイルONE 1人あたり200円
最大1,000円(5人まで)
BIGLOBEモバイル 何人いても300円
DTIモバイル 何人いても150円

OCN参考ページ:OCN光モバイル割 | OCN モバイル ONE

BIGLOBE参考ページ:光☆SIMセット割:光回線とモバイル回線セットでお得!|BIGLOBE

DTI参考ページ:DTI 光×SIMセット割|オプション|DTI 光

 

見てわかるとおり、ほとんど割引がありません。

続いて、回線料金を確認します。

回線料金の比較
  戸建て マンション
OCN光 5,100円 3,600円
BIGLOBE光 4,980円 3,980円
DTI光 4,800円 3,600円

 

では、セット割を適用した場合の回線料金を比較してみましょう。

セット割適用後の料金(戸建て) スマホの台数
1台 2台 3台 4台
So-net光プラス 3,380円(3年間)
(4年目から5,580円)
OCN光 4,900円 4,700円 4,500円 4,200円
BIGLOBE光 4,680円
DTI光 4,650円

 

 

セット割適用後の料金(マンション) スマホの台数
1台 2台 3台 4台
So-net光プラス 2,280円(3年間)
(4年目から4,480円)
OCN光 3,400円 3,200円 3,000円 2,800円
BIGLOBE光 3,680円
DTI光 3,450円

 

ご覧のとおり、セット割がある格安シム会社の光回線と比較しても、3年間はSo-net光プラスが圧倒的にオトクであることがわかります。

そもそも格安シムを使っているということは、できるだけ通信費を抑えたいからですよね。

それであれば、まず3年間So-net光プラスを使い、4年目に別の回線に乗り換えるのが最もオトクに使う方法になります。

3年後であれば、また新しい割引が使える光回線が登場しているかもしれませんが、今ならSo-net光プラスが最安なのは間違いありませんので安心してください。

 

So-net光プラス公式サイト:https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/collabo/

 

 

以上の方々には、特にSo-net光プラスをおすすめします。

 

もっと知りたい!So-net光プラスのあれこれ

この他にもSo-net光プラスにはイイコトが色々とありますので、あますことなく紹介しておきましょう。

ただし、公式サイトからの申込みと代理店からの申込みで違いがありますので、お気をつけください。

初回の訪問設定サポートが無料なのは公式サイトのみ

最近は初回の訪問設定サポートを無料にしているプロバイダが多いですが、So-net光プラスももちろん無料です。

光回線の面倒な初期設定は全部So-netが無料でやってくれます。

ちなみに、ソフトバンク光は初回の訪問サポートが9,720円もかかるって知っていましたか?

 

光回線を申し込むときには、こういった細かい部分もしっかり把握しておきたいですね。

ココに注意

高額キャッシュバックをうたっている代理店からの申込みでは、初回訪問サポートが有料(11,800円)になります。

そうでなくとも3年間の総額費用は代理店から申込むと逆に高くなるので、高額キャッシュバックの「甘い言葉」に騙されないようにしましょう。

 

安心サポートが12ヶ月無料なのも公式サイトのみ

電話や遠隔操作によるサポート「So-net 安心サポート」が12ヶ月間無料で使えます。

特に初期設定で「わざわざ家に来てもらわなくても電話で教えてくれればいいよ」という方には、こちらのサービスが便利ですね。

13ヶ月目からは毎月300円かかりますので、必要なくなったら解約だけは忘れないようにしましょう。

 

ココに注意

高額キャッシュバックをうたっている代理店からの申込みでは、安心サポートが12ヶ月無料になる特典がうけられません。

代理店から申込むと3年間の総額費用も逆に高くなるので「甘い言葉」に騙されないようにしましょう。

 

光電話(固定電話)も12ヶ月無料!になるのも公式サイトのみ

一人暮らしの方にはほとんど関係ありませんが、家族で暮らす方は固定電話が必要ですよね。

ドコモ光やソフトバンク光ですと初月から費用がかかりますが、So-net光プラスなら12ヶ月間無料で使えます。

13ヶ月目移行も毎月500円と他社と同価格ですので安心してください。

 

ココに注意

高額キャッシュバックをうたっている代理店からの申込みでは、光電話が12ヶ月無料になる特典がうけられません。

代理店から申込むと有料になるどころか、3年間の総額費用も逆に高くなるので「甘い言葉」に騙されないようにしましょう。

 

IPv6対応ルーターが12ヶ月無料でレンタルできる!けれど…

「混雑をする抜けて速いインターネットができる」IPv6(v6プラス)を使うにはIPv6対応の無線ルーターが必要です。

最近、色々なプロバイダがIPv6対応ルーターをレンタルしていますが、So-net光プラスも同じくレンタルしてくれます。

レンタル料は毎月400円となっていますが、今ならキャンペーン実施中で12ヶ月は無料で使うことができます。

 

家族で使用するなら最上位ルーターを購入するのをおすすめします!

ただし、家族で使うなら最上位ルーターを購入することをおすすめします。

 

ひとえにIPv6対応ルーターと言ってもピンからキリまであるのです。

So-netからレンタルできるルーターも悪くはないのですが、場合によっては「あれ?あんまり速くないぞ?」となってしまう可能性が否めません。

これはお住まいの環境によりけりなので、いざ使っていないとわからないところではあります。

ひとまずSo-netからレンタルして使ってみて、問題なければそのまま使い続ければいいのですが、速度が気になるような場合はもっといいルーターを購入するのをおすすめします。

変わる人はけっこう変わるので、覚えておいてください。

IPv6対応ルーターの比較
  So-net光プラスのレンタル品 市販品の最上位ルーター
メーカー NEC NEC
型番 WG1200HS3 WG2600HP3
最大速度 867Mbps 1733Mbps
アンテナ数 2×2 4×4
主なオプション IPv6 High Speed
ビームフォーミング
MU-MIMO
ハイパワーシステム
バンドステアリング
オートチャネルセレクト
ワイドレンジアンテナ
IPv6 High Speed
ビームフォーミング
MU-MIMO
ハイパワーシステム
バンドステアリング
オートチャネルセレクト
参考Amazon価格 4,918円 13,400円

 

So-netのレンタル品ももちろんかなり良いルーターではあるのですが、せっかくのIPv6を活かすのであれば、よりよいルーターを使ってほしいな、と私は思います。

特に、家族4人で同時に使うようなことがある方や、マンションにお住まいの場合はルーターの違いがはっきり現れることが多いです。

ひとまずは無料のレンタルルーターで良いと思いますが、「ルーターによって速度が変わる」「いざとなったら良いのに変える」ということを覚えておいてください。

ルーターのレンタルは、公式サイトでも代理店からの申込みでも、どちらにしても12ヶ月間無料になります。

IPv6なら初期設定(ルーターの設定)もとっても簡単

ちなみに、IPv6のいいところは速いことだけではありません。

いわゆる初期設定がほぼ不要になるのです。

 

光回線を使う場合、最初の設定というのがどうしても必要になるのですが、設定とはルーターの設定のことを指します。

ところが、IPv6を使う場合は、このルーターの設定が必要なくなるのです。

工事の人が設置していったNTTの機器(ONU)と無線ルーターを付属のLANケーブルでつなぎ、コンセントに挿すだけで完了します。

 

おそらく1分か2分で終わってしまうので、訪問設定も電話サポートも要らないくらい簡単なんですよ。

これは、So-netからレンタルするルーターであっても、ご自身で購入したIPv6対応のルーターでも、どちらでも同じです。

ただし、IPv6非対応のルーターの場合は少し面倒な設定が必要になるのでお気をつけください。

 

以上がSo-net光プラスの全てでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

数ある光回線の中でも今本当にオトクに使えるのがSo-net光プラスです。

安いだけでなくIPv6の高速インターネットもありますので、間違いない光回線となっています。

ただし、公式サイトのありえない特典(毎月2,200円引き)は、いつ終わってしまうかわかりません。

「また、あとで」は損をする人の悪い癖です。「今のうち」が得をする人の行動です。

 

So-net光プラス公式サイト:https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/collabo/

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-光回線
-

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.