モバイルWi-Fi

そのポケットWi-Fiで本当に大丈夫?隠された落とし穴の全貌を暴露します

そのポケットWi-Fiで本当に大丈夫?隠された落とし穴の全貌を暴露します

この記事でわかること

  • 「ポケットWi-Fi」にも色々種類がある
  • 広告に騙されると「高い」「遅い」ポケットWi-Fiを掴まされてしまう
  • 開通前ならキャンセル可能なので、もう一度確認するべき

「あやうく5万円以上も損をするところでした。本当にありがとうございました」

先日、仲のいい後輩からお礼を言われました。理由はポケットWi-Fiです。

ちょうどポケットWi-Fiの契約をした日に会うことがあり、色々聞いたところとんでもない会社に申し込んでいたので1からレクチャーすることに。

その結果、まだ開通前だったのでキャンセルをして、別のポケットWi-Fiを申し込むことができました。

同じ様な被害者を出さないために、特に注意するポイントなどを重点的に解説したいと思います。

※当サイトの内容は、あくまでも弊社の調査結果に基づく情報であり、全てのユーザーに対してその内容の再現性を保証するものではございません。お客さまご自身の責任においてご利用ください。

【注意】SNS(Twitter、FB、インスタなど)アプリで閲覧している方へ

+ ココをタップすると5秒で読み終わる注意事項が表示されます

SNSアプリの仕様変更に伴い、記事内容が正常に表示されない場合があります。大変お手数ではございますが、お使いのブラウザで開き直して頂くようお願い致します。

※パソコンの方は問題ありません。

iPhoneの方

  • 画面右下のSafariアイコンをタップ

Safariで開き直す

Androidの方

  • 画面右上の「︙」をタップし「Chromeで開く」をタップ

Chromeで開き直す

ポケットWi-Fiとは?(基本のおさらい)

ルーターから飛ぶWi-Fiと接続することでスマホのギガを節約できる

あえて「ポケットWi-Fi」とは?という基本の部分から確認し直していきましょう。

持ち運びができる小型のWi-Fiルーター

手のひらサイズの持ち運びができる、小型のWi-Fiルーター。それがみなさんの言ういわゆる「ポケットWi-Fi」です。

「Wi-Fiにつなげることができる」「ギガ使い放題」のようなイメージを持っている方が多いでしょう。

 

工事不要で家でも外でもスマホやパソコンにWi-Fiをつなぐことができる

光回線のように工事は要りません。

ルーターが届いた瞬間からスマホやパソコンにつないでネットを使うことができます。

スマホにつなげて使う場合は、Wi-Fiルーターのギガを使うことになるので、スマホのギガは減りません。

つまり、スマホ代の節約になるわけですね。

 

色んな会社から、色んな種類のポケットWi-Fiが発売されてる

「ポケットWi-Fi」は1種類ではありません。

色んな会社から色んなタイプの「ポケットWi-Fi」が発売されています。

主に次のような違いがあるのでご注意ください。

ポケットWi-Fiの違い

  • 料金
  • 契約年数(縛り)
  • 対応エリア
  • 速度
  • 上限ギガ数

 

先に言っておきますが、完璧なポケットWi-Fiなんてものはありません

どこかしらに弱点があり、デメリットが存在します。

何ができるかも大事ですが、何ができないかを把握することがもっと大事なのです。

 

全くメリットのないポケットWi-Fiもあるので要注意

とはいえ、ちゃんと調べればわかるのですが、全くメリットのないポケットWi-Fiというのも存在します。

完璧なポケットWi-Fiはなくとも、絶対に選んではいけない「大損する」ポケットWi-Fiというのは確実にあるということです。

 

ポケットWi-Fi選びで失敗するポイント

まず先に、多くの人がポケットWi-Fi選びで失敗するポイントについてまとめておきます。

今回あなたが選んだポケットWi-Fiがこれに該当していないか、よく考えてみてくださいね。

ポケットWi-Fiで失敗する6つのポイント

  • エリアを確認しない
  • ギガの上限を確認しない
  • 通信制限の確認をしない
  • 低下速度を確認しない
  • 回線速度を確認しない
  • 契約年数・料金を確認しない

エリアを確認しないで契約する

ポケットWi-Fiによって使えるエリアが異なります。

通勤・通学の電車(地下鉄)で使いたいなら地下でもつながるポケットWi-Fiでなければいけません。

家でしか使わないなら、家がエリア内に入っていなくてはいけません。

エリアの確認はとっても大事なので、絶対に忘れないでくださいね。

 

ギガの上限を確認しないで契約する

ポケットWi-Fiは基本的に使えるギガ数に上限が設定されています

7GB、10GB、50GB、100GB、200GBなどですね。

あまりにも安いポケットWi-Fiというのは上限が7GBや10GBなど、少なかったりします。

7GBや10GBでいいのであれば、スマホのデータ契約を増やした方がオトクになるので、ポケットWi-Fiを購入する必要はありませんよね。

 

速度制限の条件を確認しないで契約する

使えるギガ数とは別で「3日間で◯GB」のような通信制限をしているポケットWi-Fiも多いです。

「3日間で3GB」とか「3日間で5GB」とか「3日間で10GB」とかですね。

各社独自のルールなので、必ず確認するようにしましょう。

 

制限で低下した時の速度を確認しないで契約する

ギガを使い切ってしまったり、先ほどの「3日間で◯GB」のような制限にひっかかると、スマホと同じように速度が低下するのが一般的です。

ただし、低下した速度に関しては各社異なります。

スマホと同じように「128kbps」というSNSすらまともにできない速度まで低下するのか、はたまた低下しても「1Mbps」といって動画視聴くらいならできる速度は出るのか、などです。

「128kbps」と「1Mbps」では月とスッポン、雲泥の差があります。

いざというのときに困るのは自分ですから、しっかりと調べておきたい項目ですね。

 

回線速度を確認しないで契約する

続いては速度ですね。これも大事な要素だと思います。

ポケットWi-Fiの種類、もしくは扱っている端末(ルーター)の機種によって速度が違います。

極力最大速度が速い方が望ましいですが、大事なのは実行速度でもあります。

この実行速度に関しては、口コミなどを参考にするしかありません。

とはいえ、測定する場所によってかなり上下しますので、あくまで参考程度にとらえておくといいでしょう。

どちらにしても、最大速度が極端に遅いポケットWi-Fiは選ばないようにしましょう

 

契約年数や料金を確認しないで契約する

最後に、なんだかんだ言っても大事なのが料金です。それに付随してくるのが契約年数(縛り)ですね。

他の条件がクリアしているのであれば、誰しも安いポケットWi-Fiを選びたいですよね。

そして縛り期間が短い方がうれしいはず。

ですが、ここも気をつけたいのですが、「縛りなし」を掲げるところは相対的に高くなる傾向が強いです。

「でも、いつでも解約できるなら、違約金払うよりマシでしょ?」などと考えるのは早計。

ちゃんと比較すると、違約金を払ってでも合計金額が安くなる場合もたくさんあるからです。

「縛りがない」というのを鵜呑みにしてしまうと、結局高いお金払わされることになりかねませんので、大いに気をつけましょう。

ポケットWi-Fiを使用する期間を想定した上で、そのトータルコストで計算するのが1番大事なことなのです。

 

以上がポケットWi-Fiを選ぶ際に注意するべき6つのポイントでした。

正しいポケットWi-Fi選びの手順

それでは正しいポケットWi-Fiの選び方を1から見ていきましょう。

正しいポケットWi-Fi選びの手順

  1. エリア
  2. 目的
  3. ギガ量

で絞って「料金」で比較する

 

そして、ずばり答えますが、今選ぶべきポケットWi-Fiは次の3種類のどれかです。

今選ぶべきポケットWi-Fi「3選」

  • どんなときもWiFi
  • WiMAX
  • FUJI Wifi

 

現状では、この3つのポケットWi-Fiの中から選ぶの正解です。

ココがポイント

様々なポケットWi-Fiが発売されていますが、この3種類以外は全ていずれかの劣化品です。

ワイモバイル、ネクストモバイル、STAR Wi-Fi、縛りなしWi-Fi、C mobileなど、全て上記3種類のいずれかに性能・コスパで負けます

なので選ぶ理由が何一つないのです。

 

まずはエリアを確認する(主にどこで使うか)

ポケットWi-Fiは家でも外でも使える優れものです。

とはいえ、人によっては家で使うことが多かったり、逆に外でも使うことが多かったり様々です。

よく使うだろう場所がエリア内かどうかを調べることから始めましょう。

最大速度が速かろうともギガがたくさん使えようとも料金が安かろうとも、エリア外では意味がありません

ポケットWi-Fi 対応エリア 範囲
どんなときもWiFi ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線のため、全国どこでも地下でもつながる。
WiMAX 人が少ないところは苦手。地下は基本的にNG。
FUJI Wifi ソフトバンクのLTEの回線のため。ほとんどのエリアでつながる。地下も◯。

WiMAXのエリア確認を必ず行おう

後で説明しますが、もしWiMAXがエリア内に入っているのであればコスパは最強です。

他2種類はよっぽどエリアは大丈夫ですので、WiMAXだけはエリア確認を行っておきましょう。

住所を打ち込むだけでピンポイントに測定できますので、とっても簡単です。

>>エリアを確認する

住所を打ち込むだけで、ピンポイントで測定してくれます。

ピンポイント判定を使う

ピンポイント判定を使う

住所を入力する

住所を入力する

ピンを動かし、判定結果を確認する

ピンを動かし、判定結果を確認する

 

職場や外出先でも使用する頻度が多い人は、わかる範囲で測定しておきましょう。

「自宅は◯だったけど、会社は✕だった」ということは無きにしもあらずです。

エリア判定結果
ご利用可能と思われます。
◯~△ ご利用可能と思われます。ただし、窓からの距離があるなど、ご利用場所の状況により、圏外となる場合があります。

窓からの距離があるなど、ご利用場所の状況により、圏外となる場合があります。
WiMAX 2+は現在エリア外です。

 

 

この時点でもし「✕」だった場合、WiMAXが選択肢から外れます。

「△」なら、まだギリギリ選択肢に残っている、といったところでしょうか。

 

主な目的な何か(動画視聴、オンラインゲーム、SNSなど)

エリアの確認ができたら、次は何に使うのかです。

パソコンで仕事をしたり、スマホで動画を見たり、PS4でオンラインゲームをしたりなど、人によって目的は異なります。

速度や安定性、応答速度など、ポケットWi-Fiによって性質が違いますので、あなたの主な用途が何かをはっきりさせることはとても重要なことです。

ポケットWi-Fi 最大速度 Ping値
どんなときもWiFi (下り)最大150Mbps/(上り)最大50Mbps
WiMAX (下り)最大558Mbps/(上り)最大30Mbps
FUJI Wi-Fi (下り)最大150Mbps/(上り)最大50Mbps

 

下りは「WiMAX」が最速です。上りはあまり使う機会がありませんが「どんなときもWiFi」と「FUJI Wifi」の方が若干速くなっています。

ココに注意

これらの速度はあくまで理論値です。実行速度とは異なります。

場所、時間帯、電波の状況によって大幅に変わることが当たり前なので、そのことをよく理解しておきましょう。

 

どれくらいギガを使いたいのか(1日/1ヶ月)

動画を見るにしても、ゲームをやるにしても、1日や1ヶ月でどれくらいギガを使うのかも大事なポイントですね。

ポケットWi-Fiを購入しようと検討するくらいなので、かなりの量を必要としている方が多いとは思います。

ただ、それが50GBなのか100GBなのかはたまたもっと必要なのか。

参考までに、どれくらい使ったら10GBになるのか表を貼っておきます。

データ通信量の目安「10ギガでどれだけ使える?」
ネット検索 3万回
LINEのやりとり 500万回
LINE通話 400時間
Instagramで画像・動画閲覧 10時間
Twitterでタイムライン更新 1万回
YouTubeなど動画視聴(高画質) 15時間
GoogleMap 1万5千回

参考サイト:データ通信量の目安|DMMmobileデータチャージ容量1GBの目安を知りたい|au通信量の目安|hi-ho月間1GBでどのくらいインターネットを利用できる?|ワイモバイル

 

10GBもあれば、かなりたくさんのことができることがわかると思います。

1日1GBで月間30GB、1日3GBで月間90GBになるわけですから、だいたい自分が月に何GBくらい使いそうか計算できますね。

その上、「どんなときもWiFi」「WiMAX」「FUJI Wifi」が月間でどれだけ使用できるかを確認してみましょう。

おすすめポケットWi-Fiを比較
  どんなときもWiFi WiMAX FUJI Wifi
月間ギガ数 無制限 無制限 200GB
通信制限 なし 3日で10GB 月間200GB
制限期間 なし 翌日の18時~2時まで 月末まで
制限速度 なし 1Mbpps 128kbps

 

「どんなときもWiFi」は一切の制限がなく、1日で何GB使おうとも月に何GB使おうとも速度が低下することはありません

 

「WiMAX」は月の上限はないのですが、3日間で10GB以上使ってしまうと速度が低下します

ただし、即時低下するのではなく、10GBを超えた翌日の18時~2時の間だけ一時的な低下です。

また、その際も「1Mbps」という速度は出ますので、スマホの速度低下のようになんにもできない状態になるわけではありません。

 

逆に「FUJI Wifi」は3日間◯GBといった制限はないものの、月間200GBを超えると即時速度低下となります。

速度もスマホの速度低下と同じく「128kbps」と超低速になるので、これではネット検索すら危ういです。

しかも月末までずっとこの速度となるので、かなり苦しいでしょう。

月間ギガ数

  • どんなときもWiFi:無制限(上限なし)
  • WiMAX:無制限(3日間で10GBまで)
  • FUJI Wifi:月間200GB

 

「とにかく気にせずたくさん使いたい!」という人は「どんなときもWiFi」が第一候補ですかね。

 

該当するポケットWi-Fiを「料金」で比較する

ここまで条件を絞ってくれば、おそらくあなたの用途に合ったポケットWi-Fiはかなり限られてくるはずです。

その中で料金をしっかりと比較することで、もっともコスパに優れたポケットWi-Fiを選ぶことができるでしょう。

おすすめポケットWi-Fiを比較
  どんなときもWiFi WiMAX FUJI Wifi
契約年数 2年 3年 縛りなし
契約事務手数料 3,000円 3,000円 なし
月額料金 3,480
~3,980円
2,170
~4,263円
4,800円
1年間の合計金額
(実質月額)
63,760円
(5,313円)
※違約金含む
39,144円
(3,262円)
※違約金・CB含む
57,600円
(4,800円)
2年間の合計金額
(実質月額)
86,520
(3,605円)
85,300円
(3,554円)
※違約金・CB含む
115,200円
(4,800円)
3年間の合計金額
(実質月額)
143,280円
(3,980円)
※違約金含む
122,456円
(3,402円)
※CB含む
172,800円

 

さて、いかがでしょうか。

「FUJI Wifi」は縛りがないという大きなメリットがありますが、その分料金が高いですよね。

 

「どんなときもWiFi」は好きなだけ自由に使えるだけあって、特別安いわけではありません。

ただ、2年以上使うのであれば「FUJI Wifi」よりかは安いので、コスパが良いと言えます。

 

そして、圧倒的なコスパを見せつけてくれたのが「WiMAX」です。

エリアが狭かったり、3日間で10GBという制限がある分、料金的にはかなり安くなっています。

これだけ料金メリットがあるのは見逃せないでしょう。

料金・コスパ

  • どんなときもWiFi:どれだけでも使えると考えればコスパは悪くない
  • WiMAX:圧倒的に安く、コスパは最強
  • FUJI Wifi:縛りがないのはメリットだけど、逆にコスパは悪い

 

それぞれのポケットWi-Fiはこんな人におすすめ

さて、ここまでポケットWi-Fiについて説明をしてきました。あなたにぴったりなポケットWi-Fiは決まったでしょうか。

それぞれの特徴を踏まえた上で、どんな人におすすめかを紹介します。

どんなときもWiFi:どこでも使えて上限なし、コスパ良し。

色んな場所で、とにかくたくさん使いたいのであれば「どんなときもWiFi」で決まりです

最安のWiMAXと比較しても突出して高いわけではなく、好きなだけ使えると考えればコスパも良いと言えます。

エリアを気にせず使いたかったり、地下鉄や地下街でも使いたい、といった方は「どんなときもWiFi」が最適ですね。

どんなときもWiFi(公式):https://donnatokimo-wifi.jp/

 

WiMAX:エリア内なら速度最強、1番安い、ほぼ使い放題。

最も速く、最も安いのは「WiMAX」です。

ギガもほぼ使い放題ですし、制限になっても「1Mbps」も出るのであまり気にしなくて大丈夫でしょう。

ただ、エリア内に入っていることだけは必ず確認してください。そこさえクリアすれば最強のポケットWi-Fiと言えます。

※WiMAXが気に入った方はプロバイダを選ぶ必要がありますので、こちらの記事をご覧ください。

関連記事:WiMAXはどこで購入するのが正解?失敗しない唯一の方法を教えます

 

FUJI Wifi:いつでも解約できる安心感(縛りなし)、エリアも広い。

「FUJI Wifi」の1番の魅力は違約金なしで解約できるところにあります。

エリアの広さ、速度の速さ、料金の安さ(コスパ)などは他2つには敵いません。

先の表を見ればわかりますが、違約金を払ったとしても、実は「どんなときもWiFi」や「WiMAX」の方が安くなります

それでも、いざ解約のときに違約金というまとまったお金を払わなくてもいい、というのは精神的にほっとできますよね。

たとえトータルコストが高くなってしまったとしても。

FUJI Wifi(公式):https://fuji-wifi.jp/

 

以上3種類のポケットWi-Fiから選んでおけば失敗はないでしょう。

 

メリットがないポケットWi-Fi

これから紹介するポケットWi-Fiは、特別メリットがありません。

間違って購入しないようにしましょう。

ヤフーWiFi(ワイモバイル):7GBしか使えないのに高い、使えるエリアも狭い。

ヤフーから出ているポケットWi-Fiは基本的に7GBまでしか使えません。

極々一部のエリアのみ「アドバンスモード対応エリア」ということでWiMAXと同条件でギガを無制限に使えるようになりますが、そのエリアはほとんどありません。

しかも、追加費用まで必要になります。そして料金も高いです。

そのあたりはこちらの「【最新版】徹底比較!今選ぶべきポケットWi-FiはWiMAXかワイモバイルか」で詳しく説明しています。

どちらにしても、メリットは何もないのでわかった上で購入するようにしてください。

 

ネクストモバイル:50GBも使えるけど割高

ソフトバンクのLTE電波を使ったポケットWi-Fiである「ネクストモバイル」もメリットがありません。

というのも、ソフトバンクのLTEを使うポケットWi-Fiだったら「FUJI Wifi」の方がコスパが良いからです。

ネクストモバイルとFUJI Wifiの料金比較 50GBの月額料金
ネクストモバイル 1年間だけ3490円
2年目から4,880円
3年目から5,815円
FUJI Wifi ずっと3,100円

 

実は「FUJI Wifi」には50GBプランというのもあります。この場合「ネクストモバイル」と全く同じ条件になるのですが、「FUJI Wifi」の方が圧倒的に安いですよね。

しかも縛りがないので、いつでも気軽に解約ができます。「ネクストモバイル」はしっかり違約金を取ります。

ということで「ネクストモバイル」もメリットが何一つないポケットWi-Fiとなっています。

 

C mobile:3日で2GBという劣悪な通信制限

ドコモのLTE(Xi)電波を使ったポケットWi-Fiである「C mobile」。

ドコモのLTEと聞くとなんだか速そうなイメージがありますが、実際にはソフトバンクのLTEと大差ありません。(最大速度は同じ150Mbsp)

こちらも「データ無制限」のサービスなのですが、3日間で2GBまでという通信制限があります。とっても少ないです。

しかも、制限時の速度は「128kbps」なのでSNSすらまともに使えない遅さです。

3日間で2GBということは月間で20GBしか使えない計算です。これで「データ無制限」を謳うのはさすがに誇張だと思いましたね。

それでいて毎月3,600円もするのでコスパ悪すぎです。

「どんなときもWiFi」の方が圧倒的に優れていることは言うまでもないでしょう。

 

 

以上が全くメリットのないポケットWi-Fiの一部でした。

これ以外にも無名のポケットWi-Fiはいくつかありますが、どれもこれもメリットはありません。

安心して「どんなときもWiFi」「WiMAX」「FUJI Wifi」から選んでいただければと思います。

どんなときもWiFi(公式):https://donnatokimo-wifi.jp/

1番オトクなGMO WiMAX(公式):https://gmobb.jp/wimax/

FUJI Wifi(公式):https://fuji-wifi.jp/

 

失敗しないポケットWi-Fi選びの参考記事

せっかくならもっとポケットWi-Fiについて調べたい方は、こちらの記事をご覧ください。

「もっとWiMAXのことを詳しく知りたい」

参考記事:危険!WiMAXを購入する前に比較するべき5つの重要事項と落とし穴

 

「WiMAXとどんなときもWiFiの違いを詳しく知りたい」

参考記事:最強対決「どんなときもWiFi」VS「WiMAX」徹底比較しました

 

「1番オトクなWiMAXを知りたい」

参考記事:WiMAXはどこで購入するのが正解?失敗しない唯一の方法を教えます

 

ネット専門家が教えるオトクにWiMAXを購入する方法

「JP WiMAX」を除いた上で、今1番オトクにWiMAXを購入する方法は次のとおりです。

>>「JP WiMAX」を除く理由はコチラ

ココがおすすめ

  • プロバイダ:「GMO」
  • 料金プラン:「ギガ放題」※1
  • ルーター(機種):「W06」※2
  • キャンペーン:確実に安くなる「月額割引」※3
  • 最短即日~4営業日以内に発送
  • 解約する場合:電話でもネットでも可

※1 初月は日割りなのでいつ申し込んでも損になりません。

※2 家の中でしか使わないならホームルーター「L02」を選びましょう。

※3 ちょこっとでも安くしたい!まとまったお金が欲しい方は「キャッシュバック」キャンペーンを利用するといいでしょう。

GMOは一部上場の日本の会社です。インターネット業界では知らない人はいない大手通信会社になります。

最近ではドコモ光の指定プロバイダの1つにも選ばれたことにより、どんどんシェアを拡大することに成功しています。

これまでざっと100人以上のお客様に勧めてきましたが、誰からもクレームの連絡をもらうこともなく、みなさん「問題なく使えてますよ~」と言っていただいておりますので、安心して紹介することができています。

申し込みは公式WEBサイトの「キャンペーン専用窓口」から必ず行ってください。

1番オトクなWiMAXであるGMOは申込み窓口によって特典が異なります。Google検索からでは一部のキャンペーンサイトにしか行くことができません

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

今行っている「最高額のキャッシュバック」と「月額超割引」キャンペーンの特典が欲しい方は下記よりお申し込みください。

 

まとまったお金が欲しい!「キャッシュバック派」のあなたは!

「W06」なら27,000円もらえるキャンペーンがおすすめ!

最高額のキャッシュバック専用ページはコチラ

 

 

もらい忘れなし!毎月が安い方がいい「月額割引派」のあなたは!

3年間のトータルコストも安い!月額割引キャンペーンがおすすめ!

月額割引キャンペーン専用ページはコチラ

 

3年間の総額はキャッシュバックの方がちょこっとだけオトクです!
キャッシュバックキャンペーン3年総額 月額割引キャンペーン3年総額
127,506円 128,231円

※クレジットカードを持っていない場合は口座振替で購入ができるプロバイダを選びましょう。

関連記事:口座振替で購入できるWiMAXならBIGLOBEが1番オトク

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-, , ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.