モバイルWi-Fi

【指南書】クレカなしでTryWiMAXを試す方法はこれしかない

更新日:

【指南書】クレカなしでTryWiMAXを試す方法はこれしかない

この記事でわかること

  • Try WiMAXを試すにはクレジットカードが必須
  • 最速で作れる無料のクレジットカード
  • 学生・主婦・無職でも作れる無料のクレジットカード
  • 代替案:「初期契約解除制度」
  • 「20日キャンセル」はクレジットカードが必要

 

何か方法はないものかと色々手を尽くしてみたものの、クレジットカードなしではTryWiMAXを使うことができませんでした。すみません。

TryWiMAXはクレジットカードなしでは使えない

TryWiMAXはクレジットカードなしではできない

 

そこで2つの対応策を紹介します。

1つは「WiMAXのためにクレジットカードを作る」方法、もう1つは「他のお試しサービスを使う」方法です。

それぞれのメリット・デメリットを考慮しながら、損をせずにスムーズに目標達成できるようサポートさせていただきます。

メモ

  • 「クレカ作成」「他のサービス使う」のメリット・デメリット
  • 最短翌日で手元に届く無料のクレジットカード
  • 学生・主婦・無職でも作れる無料のクレジットカード
  • 代替案:初期契約解除制度
  • 「20日キャンセル」はクレジットカードが必要
※当サイトの内容は、あくまでも弊社の調査結果に基づく情報であり、全てのユーザーに対してその内容の再現性を保証するものではございません。お客さまご自身の責任においてご利用ください。

【注意】SNS(Twitter、FB、インスタなど)アプリで閲覧している方へ

+ ココをタップすると5秒で読み終わる注意事項が表示されます

SNSアプリの仕様変更に伴い、記事内容が正常に表示されない場合があります。大変お手数ではございますが、お使いのブラウザで開き直して頂くようお願い致します。

※パソコンの方は問題ありません。

iPhoneの方

  • 画面右下のSafariアイコンをタップ

Safariで開き直す

Androidの方

  • 画面右上の「︙」をタップし「Chromeで開く」をタップ

Chromeで開き直す

「クレカ作成」「他のサービス使う」のメリット・デメリット

クレジットカードを持っていない理由は人それぞれでしょう。

「これまで必要としなかった」「親から禁止されている」「以前作ろうとして審査に落ちた」「なんか怖い」などの理由が考えられます。

 

ひとまず、クレジットカードを作る方法と他のお試しサービスを使う方法のメリットとデメリットから確認しておきましょう。

  クレカ作成 他のお試し使う
メリット 0円でWiMAXが試せる 今すぐ試せる
デメリット クレカを作る手間と時間がかかる 5,000円ほど必要
割高なプランしかない

 

クレジットカードを作るメリット

クレジットカードを作ればTryWiMAXを使うことができるので、無料(0円)でお金をかけずにWiMAXを試すことができます

TryWiMAXのために作るわけですが、もちろん普段の買い物や光熱費の支払いに使っても大丈夫です。

「怖いから使いたくない!」と思えば、そのままハサミで切って処分してしまうのがいいでしょう。

ただ、少しでもいいので毎月使っておくと「信用が貯蓄」できるので、将来住宅ローンや車ローンを組みやすくなるというメリットもあります。

 

クレジットカードを作るデメリット

TryWiMAXのためだけにクレジットカードを作るのを面倒に感じる人もいるでしょう。

実際にやってみればわかりますが、WEBでの手続きは5分ほどで終わります。

また、早ければ翌日には手元にカードが届きますので、思ってる以上に簡単かつ早くクレジットカードを手に入れることができるんですよ。

 

他のお試しサービスを使うメリット

わざわざクレジットカードを作らなくていいので、楽と言えば楽です。

それこそWEBから申し込めば、最短翌日にはWiMAXが手元に届きます

 

他のお試しサービスを使うデメリット

完全無料でお試しできるのはTryWiMAXだけです。

他のお試しサービスは、全て有料になります。

だいたい3,000円~5,000円ほど。お試し期間は8日~20日です。

プチレンタルみたいな感覚に近いでしょうね。

また、試してみて問題なければそのまま使うことができますが、その場合の料金プランが非常に割高です。

3年間で2万円以上も損をします。わずかな手間と時間をケチって2万円を捨てることになるのはもったいないですね。

 

以上が「クレカ作成」と「他のサービス使う」のメリット・デメリットになります。

まずはクレジットカードを作ることを前提として、おすすめのクレジットカードを紹介しておきます。

最短翌日で手元に届く無料のクレジットカード

まず「とにかく早く欲しい」方向けのクレジットカードを紹介します。

6つの比較サイトを参考にしました。

最短翌日に届く「JCB一般カード(初年度年会費無料)」

とにかく1番早く手元に届くのは「JCB一般カード」でした。

最短翌日に届けてくれます。

初年度年会費は無料ですが、2年目から1,250円になるのが悩みどころ。

年間50万円以上使用することで年会費を無料にすることもできますが、どうなんでしょうか。

JCB一般カード公式サイト

 

取りに行けば即日「セゾンカードインターナショナル(年会費永久無料)

全国にいくつかある「セゾンカウンター」に取りに行くことで即日発行できる「セゾンカードインターナショナル」もあります。

セゾンカウンターはららぽーとなどに設置されているようです。

参考:セゾンカウンターの場所を確認する

 

年会費は永久無料なのがうれしいですね。

郵送配達の場合は3日ほどかかります。それでも十分早いですけどね。

セゾンカードインターナショナル公式サイト

 

最短2日も?「楽天カード(年会費永久無料)」

審査が甘くポイント還元率も高いことで有名な「楽天カード」も比較的早く届きます。

通常は3~7日ほどなのですが、2日で届いたという方もいました。

もちろん年会費も永久無料なので、勝手にお金が出ていく心配もありませんね。

楽天カード公式サイト

 

以上の3つが最短で作れるクレジットカードです。

学生・主婦・無職でも作れる無料のクレジットカード

学生や主婦、無職の方ですとクレジットカードが作りにくいという話があります。

嘘ではないですが、それはあくまで「銀行カード」の話です。

信販系や流通系のカードであれば、よっぽど過去に金融事故(自己破産、未払いなど)を起こしていなければ問題なく作れますので安心してください。

信販系「セディナカードJiyu!da!(年会費永久無料)」

セディナカードの「Jiyu!da!」は年会費が永久無料で作れる上に、審査が甘いことで有名です。

実は偶然ですが、私のメインカードでもあります。たまたま美容院で作ったのですが、かれこれ15年以上使ってますね。

(何年か前に「Jiyu!da!」に自動切り替えになりました)

ポイント還元率も悪くないですし、IDやクイックペイにも対応しているので非常に便利です。

発行まで2週間ほどかかってしまうのが残念なところ。

セディナカードJiyu!da!公式サイト

 

流通系「イオンカードセレクト(年会費永久無料)」

特に主婦の方に人気なのが「イオンカードセレクト」ですね。

ご存知「イオン」が発行しているクレジットカードなので、イオン系列での買い物が多い方は非常にオトクになります。

元々のターゲットが主婦層なので審査も甘め。ワオンポイントを貯めるためだけに作る人も多いです。

発行までは1週間ほどなので、それほど遅くはありません。

イオンカードセレクト公式サイト

 

流通系「楽天カード(年会費永久無料)」

審査がゆるいという点でも楽天カードはおすすめです。

ポイント還元率もよし、年会費は永久無料、楽天ポイント倍率も上がり、最短2日で届く。

文句なしですね。

楽天カード公式サイト

 

以上が学生・主婦・無職の方でも作りやすい無料のクレジットカードでした。

ぜひ参考にしてください。

代替案:「初期契約解除制度」

やっぱりクレジットカードは作りたくない!」という方のための代替案を紹介します。

それは口座振替で契約できるWiMAXで申し込んだ上で「初期契約解除制度」を使う方法です。

初期契約解除制度とは

簡単に言うとクーリングオフです。どんな理由であっても8日以内なら無条件で解約ができます。

本来必要になる違約金も不要です。

この「初期契約解除制度」を使って、8日間だけWiMAXを使ってみる、というのがTryWiMAXの代替案になります。

ただし、いくつか注意点があるので気をつけてください。

 

初期契約解除制度の注意点

初期契約解除制度はTryWiMAXのように完全無料ではありません。

初期契約解除制度に必要な費用など
契約事務手数料 3,000円
通信料 なし
違約金 なし
ルーター 返却
ルーター返送代 約1,000円
使える日数 8日

 

違約金が無料になるだけであって、契約事務手数料や使った分の通信料などは払わなくてはいけません。全部で5,000円ほどになります。

また、8日以内の返却(消印)なので丸々8日間使えますが、うっかりミスのために7日目で返却しておいたほうがいいでしょう。

つまり、1日500円でぷちレンタルしてるような感覚ですね。

 

口座振替のWiMAXはとっても割高

また、クレカなしでWiMAXを使うということは、口座振替で契約することになります。

口座振替で契約できるWiMAXは少なくて、現状3社しかありません。

口座振替できるWiMAX

  • BIGLOBE
  • Broad WiMAX
  • UQ

 

その中で1番安いBIGLOBEであっても、最安のGMOと比較すると2万円以上損をしてしまうのです。

参考記事:【結論】口座振替できるWiMAXで選ぶならBIGLOBEが最も安い

 

※CB:キャッシュバック

  プロバイダ CB 3年総額
(CB適用済)
実質月額
1 BIGLOBE 15,000円 146,500円 4,069円
2 Broad WiMAX 0円 149,798円 4,161円
3 UQ WiMAX 3,000円 154,680円 4,297円
参考 GMO
(月額割引)
0円 124,350円 3,454円
参考 GMO
(キャッシュバック)
34,500円 120,006円 3,334円
※3年総額=契約事務手数料+3年間の基本料金合計-キャッシュバック

※金額確認日:2020年1月1日

クレジットカードがない場合は必然的に割高なWiMAXを使うことになってしまうので、TryWiMAXのためだけではなくオトクにWiMAXを使うためにも、1枚持っておいた方がいいかもしれません。

 

GMOの「20日キャンセル」はクレジットカードが必要

「初期契約解除制度」とは別で、GMOのWiMAXには「20日キャンセル」というサービスがあります。

20日以内なら違約金不要で解約できるサービスです。

ただしこれにも注意点がありますので、紹介しておきます。

そもそもGMOはクレジットカードが必要

GMOのWiMAXは口座振替に対応しています。

クレジットカード払いでしか契約ができないのです。

ですので、クレジットカードがない方はそもそもGMOで購入ができないので、もちろん「20日キャンセル」を使うこともできません。

 

20日キャンセルの概要

一応「20日キャンセル」の概要を「初期契約解除制度」と比較して説明しておきます。

「初期契約解除制度」と「20日キャンセル」の違い
  初期契約解除制度 20日キャンセル
対応プロバイダ 全て(GMO含む) GMOのみ
適用期間 8日以内の解約 20日以内の解約
契約事務手数料 3,000円必要
通信料 なし 当月日割り分+翌月分が必要
ルーター 返却
ルーター返送代 必要
条件 特になし エリア判定が「◯」

 

1番気をつけたいのは、エリア判定が「◯」であることが条件である点ですね。

これを知らずに「20日キャンセルがあるからいいや!」と購入してしまうと痛い目にあいます。

必ず事前にエリア判定を行っておきましょう。

>>エリアを確認する

住所を打ち込むだけで、ピンポイントで測定してくれます。

ピンポイント判定を使う

ピンポイント判定を使う

住所を入力する

住所を入力する

ピンを動かし、判定結果を確認する

ピンを動かし、判定結果を確認する

 

職場や外出先でも使用する頻度が多い人は、わかる範囲で測定しておきましょう。

「自宅は◯だったけど、会社は✕だった」ということは無きにしもあらずです。

エリア判定結果
ご利用可能と思われます。
◯~△ ご利用可能と思われます。ただし、窓からの距離があるなど、ご利用場所の状況により、圏外となる場合があります。

窓からの距離があるなど、ご利用場所の状況により、圏外となる場合があります。
WiMAX 2+は現在エリア外です。

 

弊社は「◯~△」でした

結論から言うと、小さい事務所ということもあり、特に圏外になることはなかったです。速度も十分出ました。

WiMAX速度測定 下り 上り Ping値
5/16(木)10:08 29.2Mbps 7.15Mbps 82ms
5/18(土)22:06 22.5Mbps 7.35Mbps 57ms
5/21(火)22:04 30.3Mbps 6.79Mbps 66ms
5/23(木)1:30 36.9Mbps 6.90Mbps 53ms
平均 29.73Mbps 7.05Mbps 64ms

平日の朝と夜、土曜日の夜、平日の深夜と時間帯や曜日を分けて測定した結果、すべて20Mbpsを超える速度が計測できました。十分速いです。

 

「20日キャンセル」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

関連記事:GMOの「20日キャンセル」について

 

まとめ:クレカなしでWiMAXを使いたい方へ

クレジットカードがないと2つのデメリットがあります。

  • TryWiMAXが使えない(15日の無料お試し)
  • GMOの「20日キャンセル」も使えない
  • 口座振替可能な割高のプロバイダでしか契約ができない

この事実をわかった上で、初期契約解除制度ありきで契約するなら一番安いのはBIGLOBEのWiMAXになります。

関連記事:【結論】口座振替できるWiMAXで選ぶならBIGLOBEが最も安い

ですが、長い目で考えれば、1枚クレジットカードを作った上で最安のWiMAXを購入した方が無難ではないかな、と私は思います。

よく考えた上で決めてくださいね。

 

この記事で紹介した年会費無料のクレジットカード

 

ネット専門家が教えるオトクにWiMAXを購入する方法

「JP WiMAX」を除いた上で、今1番オトクにWiMAXを購入する方法は次のとおりです。

>>「JP WiMAX」を除く理由はコチラ

ココがおすすめ

  • プロバイダ:「GMO」
  • 料金プラン:「ギガ放題」※1
  • ルーター(機種):「W06」※2
  • キャンペーン:確実に安くなる「月額割引」※3
  • 最短即日~4営業日以内に発送
  • 解約する場合:電話でもネットでも可

※1 初月は日割りなのでいつ申し込んでも損になりません。

※2 家の中でしか使わないならホームルーター「L02」を選びましょう。

※3 ちょこっとでも安くしたい!まとまったお金が欲しい方は「キャッシュバック」キャンペーンを利用するといいでしょう。

GMOは一部上場の日本の会社です。インターネット業界では知らない人はいない大手通信会社になります。

最近ではドコモ光の指定プロバイダの1つにも選ばれたことにより、どんどんシェアを拡大することに成功しています。

これまでざっと100人以上のお客様に勧めてきましたが、誰からもクレームの連絡をもらうこともなく、みなさん「問題なく使えてますよ~」と言っていただいておりますので、安心して紹介することができています。

申し込みは公式WEBサイトの「キャンペーン専用窓口」から必ず行ってください。

1番オトクなWiMAXであるGMOは申込み窓口によって特典が異なります。Google検索からでは一部のキャンペーンサイトにしか行くことができません

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

キャッシュバック少ないサイトしか表示されない

今行っている「最高額のキャッシュバック」と「月額超割引」キャンペーンの特典が欲しい方は下記よりお申し込みください。

 

まとまったお金が欲しい!「キャッシュバック派」のあなたは!

「W06」なら34,800円もらえるキャンペーンがおすすめ!

最高額のキャッシュバック専用ページはコチラ

 

 

もらい忘れなし!毎月が安い方がいい「月額割引派」のあなたは!

3年間のトータルコストも安い!月額割引キャンペーンがおすすめ!

月額割引キャンペーン専用ページはコチラ

 

3年間の総額はキャッシュバックの方がちょこっとだけオトクです!
キャッシュバックキャンペーン3年総額 月額割引キャンペーン3年総額
119,706円 124,350円

※クレジットカードを持っていない場合は口座振替で購入ができるプロバイダを選びましょう。

関連記事:口座振替で購入できるWiMAXならBIGLOBEが1番オトク

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-, ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.