モバイルWi-Fi

モナWiFiってなに?料金・評判・デメリット・他社との比較を徹底的に検証しました

投稿日:

モナWiFiってなに?料金・評判・デメリット・他社との比較を徹底的に検証しました

この記事でわかること

  • モナWiFiは本当にオトクなのか、注意点はないのかを解説する
  • 不定期に配布されるクーポンありきの商品である
  • 通常価格は高く、サポートも不安が残るのでおすすめはできない

「モナWiFiっていうのが安いって聞いたんですけど、どうですか?」

ソフトバンクのLTE回線を使ったデータSIMカードやポケットWiFiのレンタルができる「モナWiFi」。

2ちゃんねる発祥のオリジナルキャラクター「モナー」を前面に押し出した公式サイトは、好き嫌いが別れるかもしれません。

 

モナWiFiの特徴

  • 契約期間の縛りなし
  • 事務手数料(初期費用)が5,000円と高い
  • SIMカードのみは月間100GB・3,500円~
  • ルータープランは月間50GB・3,480円~
  • 不定期に配布されるクーポンがないと非常にコスパが悪い

商品のスペックとしては、「悪くはないけれど、わざわざ選ぶほどではない」というのが、個人的に出した結論です。

なぜなら、他にもっとコスパの良い商品があるから。

また、運営会社の概要などが深堀りしないと出てこないような商品は、基本的に信用していません。

弊社では、お客様に安心して紹介できる商品・サービス以外は推奨しないようにしているため、現段階では「モナWiFi」をおすすめすることはないでしょう。

杉本

 

「モナWiFi」と同じく、契約期間の縛りがなく、大容量のギガが使えるSIMカードやレンタルWiFiをお探しであれば「FUJI Wifi」の方がオトクです。

モナWiFiとFUJI Wifiの比較
(SIMカードのみ)
  モナWiFi FUJI Wifi
事務手数料 5,000円 3,000円
データ通信量 100GB 100GB
月額料金 3,500円 2,980円

 

モナWiFiとFUJI Wifiの比較
(ルーターセット)
  モナWiFi FUJI Wifi
事務手数料 5,000円 3,000円
データ通信量 超大容量※ 無制限
月額料金 5,480円 3,980円

※モナWiFiは「超大容量」であって、無制限ではありません(実際にどれくらい使えるかは非公表)。

※FUJI WifiもソフトバンクのLTE回線を使用します。

FUJI Wifi(公式):https://fuji-wifi.jp/

 

このような結論を出すにあたって、調べた調査結果をわかりやすく紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

モナWiFiの特徴(良いところ)

まずはモナWiFiの特徴(良いところ)から抑えておきましょう。

モナWiFiの特徴(良いところ)

  • 契約期間の縛りがない
  • SIMカードのみは100GB・3,500円~
  • ルーター(レンタルWiFi)プランは50GB・3,480円~

契約期間の縛りがない

モナWiFiの1番良いところは、契約期間の縛りがないところでしょう。

多くのレンタルWiFiサービスは2年や3年の縛り(最低利用期間)があります。

契約期間内で解約すると違約金がかかるのが一般的です。

モナWiFiであれば、不要になったタイミングで気兼ねなく解約することができますね。

 

SIMカードのみは100GB・月額3,500円~

後ほど詳しく解説しますが、SIMカードのみプランであれば、月額3,500円で100GBも使うことができます

大手携帯キャリアが50GBで7,480円ほどなので、4分の1以下の価格で利用できるわけです。

 

ルーター(レンタルWiFi)プランは50GB・月額3,480円~

ルーターをレンタルしたとしても、月額3,480円で50GBも使うことができます。

なお、無制限プランというのもあり、月額5,480円でギガが好きなだけ利用可能です。

 

契約の縛りがなく、大容量のギガを低価格で利用できるのが「モナWiFi」の特徴(良いところ)ですね。

モナWiFiの料金プラン

モナWiFiの料金プラン

続いては「モナWiFi」の料金プランを紹介します。

SIMカードのみのプランとルーター(レンタルWiFi)のプランと2種類です。

SIMカードのみのプラン

まずはSIMカードのみのプランから紹介します。

モナWiFi
SIMカードのみプラン
プラン名 100GB SIMプラン 裏モナSIMプラン
契約期間 なし
事務手数料 5,000円
データ通信量 100GB 300GB
月額料金 3,500円 4,500円
初月 確認中 確認中
ウイルスセキュリティ 月額500円
※初月加入必須
※初月のみ無料
SIMカード送料 無料
発送までの日数 3営業日以内
支払い方法 クレジットカードのみ
クーリングオフ 確認中 確認中

 

100GB使えるプランと、300GB使えるプランの2つが用意されています。

コスパ的には300GB使えるプランの方が圧倒的にオトクですね。

補償オプションはなし

SIMカードのみプランには補償オプションがございません。

万が一SIMカードを破損させたり、紛失した場合は弁済金が4,000円必要になります。

気をつけましょう。

強制加入のウイルスセキュリティ

いわゆるセキュリティソフトのオプションが強制加入になります。

初月は無料なので、不要な方はすぐに外しましょう。

 

ルータープラン

まずはSIMカードのみのプランから紹介します。

モナWiFi
ルータープラン
プラン名 50GBプラン 超大容量プラン
契約期間 なし
事務手数料 5,000円
データ通信量 50GB 超大容量
※実質容量は非公表
月額料金 3,480円 5,480円
初月 確認中 確認中
端末補償
(MONAセーフ)
月額500円
※初月加入必須
端末未加入時の弁済金 20,000円
ウイルスセキュリティ 月額500円
※初月加入必須
※初月のみ無料
ルーター送料 無料
発送までの日数 3営業日以内
支払い方法 クレジットカードのみ
クーリングオフ 確認中 確認中

 

ルータープランは50GBと大容量プランの2つが用意されています。

超大容量プランの実質可能データ量は明記なし

公式サイトには「超大容量」と書いてあるだけで、◯◯GBという表記はありません。

注意事項として、

※最大限の企業努力により、お客様が快適にご利用頂ける大容量を提供しておりますが、キャリアの判断により「短期間での過剰利用がある」や「不正利用の可能性」と判断された場合には、月末まで通信速度が128kbpsになります。

と記載があるだけです。

実際に何GBまで使えるのかが不明なプランとなっているため、非常に不安になりますね。

補償オプション(MONAセーフ)

公式サイトからわかるだけの情報を掲載しております。

端末補償オプション
料金 月額500円
申し込み条件 サービス申し込み時に強制加入
※解約後の再加入は不可
保証対象 確認中
保証対象外 確認中
注意事項 ※SIMカードは補償対象外(弁済金4,000円)
※1度補償をうけたあと、2年以内の再度補償を受けたい場合は、1台あたり 20,000円(税抜)発生いたします。 

現在、運営会社へ補償の範囲を問い合わせ中です。

確認が取れ次第、更新いたします。

強制加入のウイルスセキュリティ

いわゆるセキュリティソフトのオプションが強制加入になります。

初月は無料なので、不要な方はすぐに外しましょう。

 

以上が「モナWiFi」の料金プランについてでした。

続いて、申込み前に必ずチェックしておくべき注意点・デメリットを解説します。

モナWiFi 5つ注意点・デメリット

「モナWiFi」を申し込む前に必ずチェックしてほしい注意点とデメリットについて解説します。

モナWiFi 5つの注意点・デメリット

  • 初期費用(事務手数料)が高い
  • クーポンがないとオトクとは言えない
  • SMSを送ると賠償金が5,000円取られる
  • 公式サイトの情報量が少なすぎる
  • 運営会社がよくわからない

初期費用(事務手数料)が高い

モナWiFiは初期費用(事務手数料)が5,000円もします。

他の多くのポケットWiFiやSIMカードは3,000円になっているのがほとんどです。

縛りがないとはいえ、5,000円は高すぎます。

同じく縛りのない「FUJI Wifi」も事務手数料は3,000円です。

 

クーポンがないとオトクとは言えない

料金プランを見てわかるとおり、他社と比べると決してオトクとは言えません。

はっきり言えば普通です。もっとコスパの良いSIMカードやポケットWiFiはたくさんあります。

 

不定期で配布しているクーポンを使うことで、事務手数料が無料になったり月額料金が値引きされたりするのですが、今日現在クーポンは配布されておりません。

偶然クーポンの配布時期が重なった方だけが、オトクに使うことができるでしょう。

 

SMSを送ると賠償金が5,000円取られる

スマホにSIMカードを入れた状態でSMS(ショートメッセージ)を送ると、賠償金として5,000円が取られます。

誤って送ってしまった場合は、なる早で運営会社へ連絡しましょう。

 

公式サイトの情報量が少なすぎる

公式サイトでわかる情報量が非常に少ないです。

いざSIMカードやポケットWiFiを使おうと思った時に気になる内容が、あまり詳しく表記されておりません。

運営会社に問い合わせを入れているのですが、返答も来ない状態です。

親切とは言い難いですね。先が思いやられます。

 

運営会社がよくわからない

公式サイトには、運営会社情報がはっきりと記載されておりません。

利用規約内に会社名が、「特定商取引法に基づく表記」のページにようやく、代表者名などが載っています。

会社のHPなどは記載がなく、他の事業に関しても不透明です。

何かあったときにしっかりと対応してくれるのかどうか、不安でならないですね。

いろいろ調べた結果、会社のHPを見つけました。

株式会社リンクアップ:https://www.linkup-ltd.com/

 

以上がモナWiFi 5つの注意点とデメリットでした。

繰り返しになりますが、決しておすすめできるサービスではありません。

モナWiFiとFUJI Wifiを比較する

冒頭でも紹介した「FUJI Wifi」の方が、あらゆる面で優れているので、比較しておきましょう。

モナWiFiとFUJI Wifiの料金比較(SIMカードのみプラン)

モナWiFiとFUJI Wifiの比較
SIMカードのみプランの料金比較
  モナWiFi FUJI Wifi
事務手数料 5,000円 3,000円
20GBプラン なし 1,980円
50GBプラン なし 2,480円
100GBプラン 3,500円 2,980円
200GBプラン なし 3,480円
300GBプラン 4,500円 なし

「FUJI Wifi」の方が初期費用が安いだけでなく、月額料金も安い(コスパがいい)ですね。

 

モナWiFiとFUJI Wifiの料金比較(ルータープラン)

モナWiFiとFUJI Wifiの比較
ルータープランの料金比較
  モナWiFi FUJI Wifi
事務手数料 5,000円 3,000円
25GBプラン なし 2,480円
50GBプラン 3,480円 2,980円
100GBプラン なし 3,280円
無制限プラン 5,480円
※無制限ではなく大容量
3,980円

ルータープランも同じく「FUJI Wifi」の方が初期費用が安いだけでなく、月額料金も安い(コスパがいい)ですね。

 

モナWiFiとFUJI Wifi その他の比較

モナWiFiとFUJI Wifiの比較
  モナWiFi FUJI Wifi
契約期間 なし
事務手数料 5,000円 3,000円
発送までの日数 3営業日以内 2営業日以内
送料 無料 無料
申込み前サポート 問い合わせフォームのみ 問い合わせフォーム
および電話サポートあり
支払い方法 クレジットカードのみ クレジットカードのみ
運営会社 株式会社リンクアップ
資本金や設立日など不明
株式会社レグルス
資本金や設立日など記載あり

サポート面での違いが1番気になるところです。

何かあった場合にしっかりと対応してくれるのかどうかは、非常に大事なポイントになります。

申し訳ないですが、モナWiFiは心配でしかありません。

 

縛りがないSIMカード/ルーターならFUJI Wifiを選ぶべき

「モナWiFi」がめちゃくちゃ悪いというわけではありません。

ですが、本記事内で解説しているとおり、縛りがないSIMカードやルーターを検討しているのであれば「FUJI Wifi」の方がオトク&安心して使えるのは間違いないでしょう。

コスパも良く、実績も豊富なサービスを選んでおくのが正解だと思います。

FUJI Wifi(公式):https://fuji-wifi.jp/

縛りなし・解約金なし

FUJI WifiのデータSIMを申し込む

20GB月額は1,980円~

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.