モバイルWi-Fi

【2021年3月】おすすめモバイルWiFiを徹底比較|料金、メリット・デメリットまとめ

おすすめモバイルWiFiを徹底比較|料金、メリット・デメリットまとめ

この記事でわかること

  • モバイルWiFiを徹底的に比較しました
  • 失敗しないモバイルWiFiの選び方を解説
  • 弊社おすすめのモバイルWiFi<5選>を紹介します

「モバイルWiFiってどれを選べばいいですか?」

どこで、何をするために、どれくらい使うのかによって選ぶべきモバイルWiFiが違います。

そのため「一概に◯◯が良い」とは言いづらいのが本音です。

ただし、安心してください。

そもそも、まともにおすすめできるモバイルWiFiは数が少ないのです。

そのため、いくつかの条件を絞り込むだけで、簡単に「あなたにとっての最適なモバイルWiFi」が見つかります

 

弊社はこれまで数多くのお客様にモバイルWiFiを提案・販売してきました。

これまで本当にたくさんのお客様に「ポケットWiFi」を紹介してきました。

 

そのノウハウと実際に使っている経験を元に、本記事をまとめています。

あなたのモバイルWiFi選びに、必ずや役立つことでしょう。

総額表示の義務化について

2021年4月1日より義務化された「総額表示」に従い、特に注記のない限り当ページに記載の金額は全て税込表示となっております。ただし、紹介先サービスサイトや当サイト内の他ページにおいて一部税抜表示のままとなっている場合がありますので、ご注意ください。

【今月のイチオシWi-Fi】

Mugen WiFi

モバイルWiFiとは?ポケットWiFiやWiMAXと何が違う?

そもそも「モバイルWiFi」とはなんでしょうか。

「ポケットWiFi」や「WiMAX(ワイマックス)」とは何が違うのか、簡単に説明をしておきます。

モバイル回線を利用したWiFiサービスの総称

みなさんが住む街には「モバイル回線」というインターネットを行うための「電波」が飛び交っています。

この「モバイル回線」を利用したWiFiサービスのことを「モバイルWiFi」と呼んでいるのです。

「モバイル回線」を使うために、専用の端末「モバイルルーター」を使用します。

もっと詳しく

モバイル回線には、大きく分けて2種類の電波があります。

その一つが、いわゆる「キャリア回線」と呼ばれるもので、ドコモ、au、ソフトバンクの4G・LTE回線となります。

 

「ポケットWiFi」や「WiMAX」は商品名

「ポケットWiFi」や「WiMAX(ワイマックス)」という言葉を聞いたことがありませんでしょうか。

「モバイルWiFi」はあくまでも総称になりますが、この「ポケットWiFi」と「WiMAX」は商品名になります。

「ポケットWiFi」はワイモバイル社から発売されている「モバイルWiFi」サービスの商品名です。

「WiMAX」はUQコミュニケーションズ社などから発売されている「モバイルWiFi」サービスの商品名となります。

もっと詳しく

UQコミュニケーションズだけでなく、auやGMO、BIGLOBEといった様々な会社から「WiMAX」は発売されています。

いずれも同じ商品と思ってもらって大丈夫です。

 

「ポケットWiFi」と呼ぶ人の方が多い

ただし、実は多くの方が「モバイル回線を使ったWiFiサービス」の総称として「ポケットWiFi」と呼ぶことが多いです。

本来は「モバイルWiFi」の一つの種類が「ポケットWiFi」だったのですが、今や「モバイルWiFi=ポケットWiFi」といった具合になってしまっています。

当サイトの他記事では、一般名称として「モバイルWiFi」ではなく「ポケットWiFi」を使っています。

その方がわかりやすいので……。

杉本

 

「WiMAX」は回線の名前でもある

「WiMAX(ワイマックス)」も「ポケットWiFi」と同じように「モバイルWiFi=WiMAX」として認識している方が少なくありません。

また、少々わかりにくいのですが、「WiMAX」というのは商品(サービス)名でありながら、回線の名前でもあるのです。

つまり、先程ふれた「大きく分けて2種類のモバイル回線」の内の一つが「WiMAX回線」となります。

「WiMAX回線」を使ったモバイルWiFiサービスのことを「WiMAX」と呼んでいるのです。

ココがポイント

「WiMAX」という種類のモバイルWiFiサービスがあると思っておけば大丈夫です。

 

「クラウドWiFi」という種類が最近の主流

最近新しく生まれたモバイルWiFiに「クラウドWiFi」という種類のものがあります。

通常モバイルルーターには「SIMカード」というのを差し込むのですが、この「クラウドWiFi」の場合はSIMカードを差し込む必要がないのです。

ルーターが自動で最適なモバイル回線を掴んでくれる、というのが「クラウドWiFi」の特徴となります。

もっと詳しく

本来は「SIMカード」が入っていないと電波を掴むことができません。

その「SIMカード」の役割をクラウド上で行ってしまうのが「クラウドWiFi」なのです。

「クラウドWiFi」の仕組みはちょっと小難しいので、頑張って理解する必要はありません。

「そんなものがあるんだ~」くらいで大丈夫だと思います。

杉本

 

最新のモバイルWiFiとしては、この「クラウドWiFi」と「WiMAX」が主流になります。

そこで、まずは「クラウドWiFi」について、もう少し詳しく確認しておきましょう。

「クラウドWiFi」の特徴まとめ

クラウドWiFiとは?

「クラウドWiFi」の特徴についてまとめておきます。

興味がある方は、ぜひ内容を確認しておいてください。

クラウドSIMという新技術を取り入れたモバイルWiFi

先程も少し触れましたが、本来モバイルWiFiには「SIMカード」が必要です。

この「クラウドWiFi」は「SIMカード」をクラウド上で管理する「クラウドSIM」という技術を使っています。

そのためルーター内に「SIMカード」は入っておらず、自動的に最適な回線を掴むようになっているのです。

 

ソフトバンク、au、ドコモのLTE回線につながる

多くの「クラウドWiFi」が、ソフトバンク、au、ドコモのLTE回線につながるようになっています。

特にソフトバンクにつながることが多いのですが、どの回線につながるのかはルーター側が自動で判別します。

 

大容量のデータ通信量が月額4,000円前後で利用できるのが魅力

「クラウドWiFi」の相場は、1ヶ月100GBも使えて、月額料金は4,0000円程になります。

例えばソフトバンクスマホですと、月50GBで7,000円くらいなので、およそ4分の1程度の安さです。

大容量で低価格のLTE回線が使えることが「クラウドWiFi」一番の魅力となります。

月100GBでどれだけ使えるのか

「月100GB」はどれくらい使えるのか

月100GBでどれくらい使えるのかの目安表を確認しておきましょう。

データ通信量の目安
「1ヶ月100ギガでどれくらい使えるのか」
項目 使用時間・回数 1日あたり
LINE通話 4,000時間 133時間
Instagramで画像・動画閲覧 100時間 3.3時間
YouTube視聴
(標準画質「360p」)
500時間 16時間
YouTube視聴
(高画質「720p」)
150時間 5時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ストリーミング再生)
165時間 5.5時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ダウンロード再生)
540時間 18時間
Netflix
(モバイルデータ自動)
400時間 13時間
ZOOM会議 150時間 5時間

※ネット検索やLINEトーク、GoogleMap程度であればギガはほとんど使いません。

参考:データ通信量の目安|DMMmobileデータチャージ容量1GBの目安を知りたい|au通信量の目安|hi-hoNetflixのデータ使用量Amazonプライムビデオアプリ データ通信量どれくらい使うか検証YouTubeアプリ データ通信量どれくらい使うか検証

これだけ使えれば、よほどのヘビーユーザーでない限り「ギガが足りない!」となることはないでしょう。

杉本

 

続いては「WiMAX」の特徴をまとめます。

「WiMAX」の特徴まとめ

ポケットWiFi

「クラウドWiFi」が誕生するまで、モバイルWiFiと言えば「WiMAX」の独壇場でした。

モバイルWiFiユーザーの7割以上がWiMAXユーザーだったのではないでしょうか。

「WiMAX」という高速モバイル回線を使ったモバイルWiFi

「WiMAX」という回線を使ったモバイルWiFiサービスのことを「WiMAX」と言います。

この「WiMAX回線」は、非常に速度が速いのが特徴です。

電波環境が良い場所であれば、光回線並みの速度が出る場合もあります。

ココがポイント

あくまでも環境によります。

残念ながら弊社では50Mbps程度までしか出たことがありません。

 

使えるエリアが狭く、地下や屋内に弱い

WiMAXの使えるエリア、使えないエリア

「速い」ことが「WiMAX」の売りの一つなのですが、残念ながら電波の届くエリアが狭いというデメリットがあります。

言葉は悪いですが、いわゆる田舎のほうに行くと圏外になることがしばしば。

また、地下や屋内の奥まった場所も電波が届かないため、地下階などはまず圏外になります。

 

WiMAX独自の通信制限がある

WiMAX速度制限の図

また、WiMAXには独自の通信制限ルールが存在します。

「直近3日間の合計が10GBを超えると、翌日の18時~2時まで速度が1Mbpsまで低下する」

これがWiMAXの通信制限です。

夜間メインで使う人にとっては、死活問題と言えるでしょう。

 

使い方次第では「ほぼ無制限」で使えるのが魅力

とはいえ、日中のギガ制限はありませんので、使い方次第では「ほぼ無制限」になるのが「WiMAX」の魅力です。

よく使う場所がエリア内で、日中メインでモバイルWiFiを使用したいのであれば「WiMAX」がうってつけとなります。

 

以上が「WiMAX」の特徴でした。

WiMAXについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

WiMAXとは|仕組み、実際の速度、料金、注意点、購入先など完全解説
WiMAXとは|仕組み、実際の速度、料金、注意点、購入先など完全解説

  この記事でわかること WiMAXに関する全てのことがわかります 他のサイトが隠す注意点やデメリットも全て解説 実際に使って測った速度も公開します 「WiMAX(ワイマックス)ってなんです ...

続きを見る

 

「クラウドWiFi」と「WiMAX」の特徴を確認した上で、失敗しないモバイルWiFiの選び方について解説をします。

失敗しないモバイルWiFiの選び方とは?

「安いから」

「知人におすすめされたから」

こういった理由で中身をよく調べもせずにモバイルWiFiを選んではいけません。

「ちゃんと調べてから契約すればよかった…」と後悔することになるでしょう。

使えるエリアを調べること

まずはあなたがよく使うことになるであろう場所が、モバイルWiFiのエリア内かどうかを調べましょう。

「クラウドWiFi」はキャリア回線を使用するのでよっぽど大丈夫ですが、危ないのは「WiMAX」です。

「WiMAX」はエリアが狭いため、場所によっては「常時圏外」になる可能性もあります

住所ごとに調査可能な「ピンポイントエリア判定」というのがありますので、必ず確認をしましょう。

ココがポイント

「クラウドWiFi」は、スマホの電波が入るところであればよっぽど大丈夫です。

気になる方は「ソフトバンク回線の提供エリア」を確認しておきましょう。

 

使えるデータ通信量と通信制限の有無を調べること

サービスごとに使えるデータ通信量と通信制限のルールが異なります。

「クラウドWiFi」は「1日◯GB」や「1ヶ月◯GBまで」といったのが多いです。

「WiMAX」の場合は、先程少し説明した「3日10GB」のルールが必ずあります。

光回線のように「完全使い放題」のモバイルWiFiはありませんので、お気をつけ下さい。

 

契約年数や毎月の料金、違約金などを調べること

サービスごとに契約年数や毎月の料金が異なります。

また、更新月以外での解約には違約金がかかるので、その金額も確認しておきましょう。

それ以外にも、モバイルルーターの購入費用や端末補償の金額・補償範囲などもチェックポイントです。

それなりに長く使うであろう物ですから、後になって「知らなかった!」とならないようにしたいですね。

 

以上が失敗しないモバイルWiFi選びのポイントでした。

それでは、数あるモバイルWiFiの中から、今日時点で弊社がおすすめする物を5つ紹介したいと思います。

【2021年3月】おすすめのモバイルWiFi<5選>

弊社では基本的に「クラウドWiFi」をおすすめしております。

やはり「WiMAX」ですと、エリア外であったり、夜間の速度制限が厳しいというのが理由です。

そもそも「WiMAX」がエリア外だった場合や、よく使う場所が地下や奥まった場所の方は「クラウドWiFi」を選ぶしかなくなります。

「WiMAX」を希望する方は、まず「ピンポイントエリア判定」を行うことを忘れないでください。

おすすめのモバイルWiFi<5選>

  • Mugen WiFi
  • どこよりもWiFi
  • クラウドWiFi東京
  • GMOとくとくBB WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX

無料30日お試し&業界最安のクラウドWiFi「Mugen WiFi」

【2021年3月】Mugen WiFiが事務手数料(3,000円)無料&1万円キャッシュバックキャンペーンを開催中!

「とにかく安く使いたい!」

「ちゃんと使えるか不安!」

という方には、10,000円のキャッシュバックがもらえて、なおかつ無料のお試し利用が30日もできる「Mugen WiFi」がおすすめです。

さらに今なら事務手数料が無料になるので、100GB使えるクラウドWiFiの中では「圧倒的最安」となっています。

3大人気クラウドWiFiの料金比較
  月額 実質月額
Mugen WiFi 3,718円 3,438円
→今だけ3,301円
どこよりもWiFi 3,718円 3,855円
クラウドWiFi東京 3,718円 3,855円

※実質月額={事務手数料+(月額費用×24ヶ月)-キャッシュバック}÷24ヶ月

月100GBでどれだけ使えるのか

「月100GB」はどれくらい使えるのか

月100GBでどれくらい使えるのかの目安表を確認しておきましょう。

データ通信量の目安
「1ヶ月100ギガでどれくらい使えるのか」
項目 使用時間・回数 1日あたり
LINE通話 4,000時間 133時間
Instagramで画像・動画閲覧 100時間 3.3時間
YouTube視聴
(標準画質「360p」)
500時間 16時間
YouTube視聴
(高画質「720p」)
150時間 5時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ストリーミング再生)
165時間 5.5時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ダウンロード再生)
540時間 18時間
Netflix
(モバイルデータ自動)
400時間 13時間
ZOOM会議 150時間 5時間

※ネット検索やLINEトーク、GoogleMap程度であればギガはほとんど使いません。

参考:データ通信量の目安|DMMmobileデータチャージ容量1GBの目安を知りたい|au通信量の目安|hi-hoNetflixのデータ使用量Amazonプライムビデオアプリ データ通信量どれくらい使うか検証YouTubeアプリ データ通信量どれくらい使うか検証

これだけ使えれば、よほどのヘビーユーザーでない限り「ギガが足りない!」となることはないでしょう。

「Mugen WiFi」が他社より優れているとこと

  • キャッシュバックが10,000円ももらえる
  • 事務手数料が無料になる
  • お試し利用が30日間も付いてくる(全額返金補償)
  • 最短即日発送、次月配送も可能

「30日間のお試し利用」が初めてポケットWiFiを使う人に大変喜ばれていて、今一番人気のあるポケットWiFiとなっています。

一人暮らしの方にもうってつけですね。

杉本

Mugen WiFi(公式):https://mugen-wifi

Mugen WiFiの概要
契約期間 2年
自動更新なし
データ容量 100GB
月額料金 3,718円
事務手数料 無料
キャッシュバック 10,000円
端末 無料レンタル
3年目以降は返却不要
発送日 最短即日
次月配送も可能
お試し期間 30日

*注 上記金額は税込表記となっております。

Mugen WiFi(公式):https://mugen-wifi

\無料で30日試せる/

Mugen WiFiを試してみる

今なら13,300円もオトク!

Mugen WiFiを11社と比較!通信速度の評判とデメリットを徹底解説
Mugen WiFiの1年レビューと11社比較!通信速度の評判とデメリットを徹底解説

この記事でわかること Mugen WiFiを1年間使っているが速度には満足している 11社と比較してメリットは料金の安さと30日間のお試し利用 デメリットは初月が1ヶ月分かかることくらいしかない 利用 ...

続きを見る

 

大容量200GBも使える「どこよりもWiFi」

どこよりもWiFi

「どこよりもWiFi」は、唯一「200GB」も使えるクラウドWiFiとなっています。

さらに今なら「3月限定で」2ヶ月間×月額料金2,200円引きキャンペーンを実施中です。

通常は月額4,378円(200GBプラン)ですが、今なら初月と翌月が月額2,178円で使うことができるので大変オトクとなっていますよ。

名前が似ていますが「どんなときもWiFi」とは完全に別会社ですので安心してください。

月200GBでどれだけ使えるのか

月200GBでどれだけ使えるのか

月200GBでどれくらい使えるのかの目安表を確認しておきましょう。

データ通信量の目安
「200ギガでどれくらい使えるのか」
項目 使用時間・回数 1日あたり
LINE通話 8,000時間 266時間
Instagramで画像・動画閲覧 200時間 6.6時間
Twitterでタイムライン更新 14万回 4,666回
YouTube視聴
(標準画質「360p」)
1,000時間 33時間
YouTube視聴
(高画質「720p」)
300時間 10時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ストリーミング再生)
330時間 11時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ダウンロード再生)
1,080時間 36時間
Netflix
(モバイルデータ自動)
800時間 26時間
ZOOM会議 300時間 10時間

※ネット検索やLINEトーク、GoogleMap程度であればギガはほとんど使いません。

参考:データ通信量の目安|DMMmobileデータチャージ容量1GBの目安を知りたい|au通信量の目安|hi-hoNetflixのデータ使用量Amazonプライムビデオアプリ データ通信量どれくらい使うか検証YouTubeアプリ データ通信量どれくらい使うか検証

これだけ使えれば、よほどのヘビーユーザーでない限り「ギガが足りない!」となることはないでしょう。

※100GBなら半分と考えてください。

 

お客様からの評価も上々

どこよりもWiFiお客様の声

弊社の公式[email protected]では、ポケットWiFi選びに関する相談をたびたびいただきます。

先日も他のポケットWiFiと迷われていた方の相談に乗ったところ、問題が無事に解決し、大変喜んでいただきました。

 

7日以内であれば違約金、事務手数料、日割り分、全てが無料

7日以内であれば違約金なしで解約OK

どこよりもWiFiのすごいところが、商品到着から7日以内であれば全て無料で解約できることです。

Mugen WiFiは返金手数料の1,000円が別途かかってしまいますが、どこよりもWiFiならそういった手数料が一切ありません。

日数こそ「7日以内」とはなってしまいますが、とにかく負担を減らしたい方であればどこよりもWiFiを選ぶと良いでしょう。

どこよりもWiFiが他社より優れているとこと

  • 唯一の200GBプランで月額4,378円はコスパ最強(キャンペーン中は月額2,178円)
  • チャットサポートもすぐにつながり、対応が丁寧
  • 7日以内なら全額無料で解約ができる

弊社でも実際に使っていますが、特に問題を感じることはないですね。快適に使えています。

杉本

どこよりもWiFi(公式):https://wifi.dokoyorimo.com/

どこよりもWiFiの概要
契約期間 2年
自動更新あり
データ容量 100GB
200GB
月額料金 3,718円
4,378円
事務手数料 3,300円
特典 2ヶ月間2,200円引き
(200Gプランのみ)
端末 無料レンタル
解約時は要返却
発送日 最短翌日
1ヶ月先まで指定可能
お試し期間 7日完全無料

*注 上記金額は税込表記となっております。

どこよりもWiFi(公式):https://wifi.dokoyorimo.com/

\テレワーク・オンライン授業に/

どこよりもWiFiを申し込む

7日以内であれば無料解約可能

繰り返しますが「どんなときもWiFi」とは全くの別会社ですので安心してください。

【注目】どこよりもWiFiの新料金プランを徹底解説|速度、評判、他社比較まとめ【2021年4月】
【注目】どこよりもWiFiの新料金プランを徹底解説|速度、評判、他社比較まとめ【2021年5月】

この記事でわかること どこよりもWiFiの料金プラン・端末が大幅リニューアル 段階制の料金プランでコスパ抜群となりました メリットやデメリットについて徹底的に解説しています 2019年に発売を開始した ...

続きを見る

「Mugen WiFi」と「どこよりもWiFi」を徹底比較|口コミ・速度・電波・メリットとデメリットも解説します
「Mugen WiFi」と「どこよりもWiFi」を徹底比較|口コミ・速度・電波・メリットとデメリットも解説します

この記事でわかること 人気の「Mugen WiFi」と「どこよりもWiFi」を比較する 100GBなら「Mugen WiFi」、200GBなら「どこよりもWiFi」を選ぶのが良い 「Mugen WiF ...

続きを見る

 

2年縛りなしで使える「クラウドWiFi東京」

「2年縛りが絶対にイヤだ…」

という方におすすめなのが「クラウドWiFi東京」です。

月額3,718円で100GB使えるのに「契約期間の縛りなし」となっています。

なお、端末補償オプションにおいて「盗難、紛失、バッテリー交換」まで補償してくれるのは「クラウドWiFi東京」だけです。

万が一の際にも安心して利用できますし、いつでも気兼ねなく解約できますよ。

月100GBでどれだけ使えるのか

「月100GB」はどれくらい使えるのか

月100GBでどれくらい使えるのかの目安表を確認しておきましょう。

データ通信量の目安
「1ヶ月100ギガでどれくらい使えるのか」
項目 使用時間・回数 1日あたり
LINE通話 4,000時間 133時間
Instagramで画像・動画閲覧 100時間 3.3時間
YouTube視聴
(標準画質「360p」)
500時間 16時間
YouTube視聴
(高画質「720p」)
150時間 5時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ストリーミング再生)
165時間 5.5時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ダウンロード再生)
540時間 18時間
Netflix
(モバイルデータ自動)
400時間 13時間
ZOOM会議 150時間 5時間

※ネット検索やLINEトーク、GoogleMap程度であればギガはほとんど使いません。

参考:データ通信量の目安|DMMmobileデータチャージ容量1GBの目安を知りたい|au通信量の目安|hi-hoNetflixのデータ使用量Amazonプライムビデオアプリ データ通信量どれくらい使うか検証YouTubeアプリ データ通信量どれくらい使うか検証

これだけ使えれば、よほどのヘビーユーザーでない限り「ギガが足りない!」となることはないでしょう。

お試し期間は8日間だが事務手数料はかかる

クラウドWiFi東京のお試し期間(初期解除制度)は8日以内となっています。

ただし、Mugen WiFiやどこよりもWiFiと違い事務手数料の3,300円は必要となりますので、お気をつけください。

クラウドWiFi東京が他社より優れているとこと

  • 100GBが月額3,718円で使えるのに「契約期間の縛りなし」
  • 最短即日発送なので、すぐに使い始めることができる
  • 次月配送にすることもできる

「2年縛りなし」「100GB」「月額3,718円」「補償フルカバー」という四拍子揃ったクラウドWiFiとなっています。

杉本

クラウドWiFi東京:https://www.wifi-tokyo-rentalshop.com/

クラウドWiFi東京の概要
契約期間 なし
(最低2ヶ月)
データ容量 100GB
月額料金 3,718円
事務手数料 3,300円
端末 無料レンタル
(解約時は要返却)
発送日 最短即日
次月配送も可能
お試し期間 8日

*注 上記金額は税込表記となっております。

クラウドWiFi東京:https://www.wifi-tokyo-rentalshop.com/

\2年以内に解約するならコレ/

クラウドWiFi東京を申し込む

いつ解約しても違約金がかかりません

デメリットなし?クラウドWiFi(東京)を使ってみた感想|縛りなし&100GB&補償フルカバーで月額3,380円
デメリットなし?クラウドWiFi東京を使ってみた感想|縛りなし&100GB&補償フルカバーなのに月額3,380円

<NEWS> 100GB・2年縛りなし・月額3,718円というコスパ最強のポケットWiFiにリニューアルしました。 >クラウドWiFi東京(公式)< ※コロナの影響でポケットWiFi全体で在庫切れが多 ...

続きを見る

 

GMOとくとくBB WiMAX:WiMAXで最安、一番人気

GMOとくとくBB WiMAX

「WiMAXがエリア内だった!」

「日中メインだから速度制限気になりません!」

という方であれば、一番オトクに使える「GMOとくとくBB」のWiMAXをおすすめします

GMOとくとくBB WiMAX
契約年数 3年
データ通信量 ほぼ無制限
月額料金 2,849円~4,689円

 

これまでの実績と信頼は群を抜いているでしょう。

GMO WiMAX(公式):https://gmobb.jp/wimax/

\月額割引キャンペーン/

GMO WiMAXを申し込む

一番人気のWiMAXはコチラ

GMO WiMAXの全て|料金、速度、口コミ評判、メリット・デメリット総まとめ
GMOとくとくBB WiMAXの全て|料金、速度、口コミ評判、メリット・デメリット総まとめ

この記事でわかること GMOとくとくBB WiMAXの全てを解説します 申し込み前の参考にしてください 1番オトクに申込む方法も紹介します 「GMOとくとくBBのWiMAXが1番良いって聞いたんですけ ...

続きを見る

 

BIGLOBE WiMAX:口座振替OKのポケットWiFi

BIGLOBE WiMAX

「WiMAXがいいけど、クレジットカード持ってない…」

という方には「BIGLOBE」のWiMAXをおすすめします。

モバイルWiFiでは珍しく口座振替に対応しているので、わけあってクレジットカードを作れない方でもOK。

安心してお申し込みくださいませ。

BIGLOBE WiMAX
契約年数 1年
データ通信量 ほぼ無制限
月額料金 4,378円

 

BIGLOBE WiMAX:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

今だけ17,000円キャッシュバック

BIGLOBE WiMAXを申し込む

違約金1,100円!2年目以降は不要!

BIGLOBE WiMAX(ビッグローブ)の全て|料金、速度、口コミ評判、メリット・デメリット総まとめ
BIGLOBE WiMAX(ビッグローブ)の全て|料金、速度、口コミ評判、メリット・デメリット総まとめ

この記事でわかること BIGLOBE WiMAXの全てがわかります 申し込み前の参考にしてください 1番オトクに申込む方法も紹介します 「BIGLOBEのWiMAXが良さそうなんですけど、どうですか? ...

続きを見る

 

以上が弊社おすすめのモバイルWiFi<5選>でした。

「どれを選べばいいのかわからない!」という方は、コメント欄もしくは「Wi-Fiの森」公式[email protected]からお気軽にご相談くださいませ。

杉本

「私におすすめのモバイルWiFiはどれ?」という個別相談お待ちしております

これまで本当にたくさんのお客様に「ポケットWiFi」を紹介してきました。

スマホやタブレットが当たり前になって、テレワークが普及している現代では、モバイルWiFiを持つ方が本当に増えました。

とはいえ、中には粗悪な物もあり、言い方が悪いですが「詐欺まがい」のモバイルWiFiも存在します。

また、家電量販店やショッピングセンターでは強引な勧誘もあり、多くの被害が報告されているのも事実です。

 

本記事で紹介したモバイルWiFiは、弊社が実際に使って確かめたもの、メーカーに直接問い合わせをして確認したものだけを選んでいます。

そうして手間暇かけて検証したものになりますので、自信を持っておすすめできるのです。

 

他のモバイルWiFiの中には、電話の対応が悪かったり、問い合わせに返答がないものなどもありました。

まさに「百聞は一見にしかず」ですね。

 

弊社では本記事のコメント欄や「Wi-Fiの森」公式[email protected]からいつでも個別の相談をお受けしております。

ご自身の細かい利用用途や諸事情を教えていただければ、より最適なアドバイスができるはずです。

お気軽にメッセージをお寄せくださいませ。

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-, ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2021 All Rights Reserved.