モバイルWi-Fi

買ってはいけない?カシモWiMAXの大きな落とし穴(デメリット)とは?

買ってはいけない?カシモWiMAXの大きな落とし穴(デメリット)とは?

この記事でわかること

  • 「カシモWiMAX」の料金は?本当に業界最安なの?
  • 「カシモWiMAX」の口コミ
  • 「カシモWiMAX」を選ぶべきではない3つの理由
  • ネット専門家が教えるオトクにWiMAXを購入する方法

「カシモWiMAX」というのは、WiMAXの正規プロバイダの1つです。

いきなりズバッと結論を言ってしまいますが、

カシモWiMAXは1番安いわけでないのでおすすめしません。

ただし、たった1つだけカシモWiMAXを選ぶメリットを見つけました。

 

WiMAXのプロバイダによる違い、カシモWiMAXに1つだけあるメリット、そしてカシモWiMAXを選ぶべきではない3つの注意ポイントについて紹介します。

WiMAX「プロバイダ」による違い(おさらい)

改めてWiMAXの「プロバイダ」による違いを確認しておきましょう。

対応エリア、電波、速度は同じ

WiMAXにはカシモなど30社ほどのプロバイダがありますが、どのプロバイダで購入しても回線サービスに違いはありません

WiMAXの回線サービス

  • 対応エリア
  • 使用する電波
  • ネットの速度

 

「So-netはつながらないけど、BIGLOBEならつながる!」とか「niftyは10Mbpsしか出ないけどDTIなら30Mbpsも出る!」といったことはないです。

みんな一緒の条件になっています

 

違うのは料金とオプションサービス、サポート窓口だけ

ではプロバイダによって何が違うかというと、やはり1番は料金です

WiMAXプロバイダによる違い

  • 基本料金(使用料)
  • オプションサービス
  • サポート窓口

 

大事なのは料金だけでしょう。

WiMAXでオプションに加入する人はほとんどいません。加入する必要がよっぽどないですからね。

また、プロバイダによってサポート窓口が違うので「問い合わせ先だけ間違えないでね」というだけの話です。

 

各社電話窓口とメール窓口があります。中にはチャットサポートを行っているプロバイダもありますが、大きな差ではないでしょう。

やはり、料金の違いが1番気をつけるべきポイントになります。プロバイダによっては最大3万円以上も損することになりますからね。

 

回線サービスが同じなので、安いプロバイダの方がいい

ということで、どうせ同じサービスをうけるのであれば、できるだけ安くなった方がいいのでは?と私は思います。

普段使っている最中に「WiMAX最高!」となることはありますが、「nifty最高!」なんてプロバイダを意識することは皆無です。

いざ使い始めれば、気になるのは速度や電波であり、毎月引き落とされる料金なのであります。

ココがポイント

WiMAXのプロバイダ選びで1番大事なのは「料金」である。

 

WiMAXの料金比較

では、主要プロバイダ11社によるWiMAXの最新料金を比較しましょう。

WiMAX主要11社による料金比較
プロバイダ キャッシュバック 3年総額 実質月額
GMO
(キャッシュバック)
31,500円 127,269円 3,440円
GMO
(月額割引)
3,000円 132,494円 3,581円
DTI 0円 133,430円 3,606円
Broad WiMAX 0円 135,502円 3,662円
カシモ 0円 137,048円 3,704円
ASAHIネット 0円 144,570円 3,907円
So-net 0円 148,656円 4,018円
BIGLOBE 15,000円 150,480円 4,067円
@nifty 0円 158,491円 4,284円
UQ WiMAX 3,000円 158,560円 4,285円
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
0円 163,009円 4,406円
au WiMAX 0円  203,560円 5,502円
CB:キャッシュバック
3年総額:事務手数料+3年間の基本料金合計ーキャッシュバック

※料金調査月:2020年12月

 

今現在一番安いプロバイダは「GMOとくとくBB」になっています。

GMO WiMAXの全て|料金、速度、口コミ評判、メリット・デメリット総まとめ
GMOとくとくBB WiMAXの全て|料金、速度、口コミ評判、メリット・デメリット総まとめ

この記事でわかること GMOとくとくBB WiMAXの全てを解説します 申し込み前の参考にしてください 1番オトクに申込む方法も紹介します 「GMOとくとくBBのWiMAXが1番良いって聞いたんですけ ...

続きを見る

 

カシモWiMAXの料金は業界最安ではない

先ほどの表を見てわかるとおり、カシモWiMAXは最安ではありません。

料金の詳細

カシモWiMAXの料金内訳を確認しておきましょう。

カシモWiMAXの料金
契約事務手数料 3,000円
端末ルーター代
0円
月額料金 初月・翌月 1,380円
  3~25ヶ月目 3,580円
  26ヶ月目以降 4,079円
強制加入オプション なし
3年間の合計費用(キャンペーン適用) 132,969円
実質月額 3,694円

※参照:カシモWiMAX公式サイト(料金確認日:2019年6月)

先ほど他のプロバイダと比べてわかるとおり、決して最安というわけではありません。

 

業界最安「級」と茶を濁している

「え?でもカシモWiMAXって公式サイトで【最安】って書いてあったよ?嘘なの?」

【最安】ではありません。【最安級】と書いているのです。

 

ただし、先ほど確認したとおり、【最安】でないどころか【最安級】でもありません。

むしろ全体からすれば【ちょっと高い】WiMAXの部類に入ります。ちょっと酷いですね。

プロバイダによって対応エリアや速度が変わるわけではありませんので、わざわざ高いカシモWiMAXを選ぶ理由はないですよね。

 

カシモWiMAXのメリット

では、カシモWiMAXを選ぶメリットは何1つないのかと言うと、そうでもありませんでした。

色々調べた結果、たった1つだけカシモWiMAXのメリットを見つけることができたのです。

去年モデルのルーター「W05」なら安い

他の多くのプロバイダは機種(ルーターの種類)関係なく同一料金を打ち出している中で、カシモWiMAXはちゃんと差をつけていました。

最新ルーター「W06」ではなく、その1つ前のモデルである「W05」であれば、3年間で23,000円も安くなるように設定しているのです。

※カシモWiMAXにはキャッシュバックがありませんので表記を省いています。

カシモWiMAXの機種による料金比較
機種 3年間の合計費用 実質月額
W06 132,969円 3,694円
W05 130,669円 3,630円

 

「W05」を選ぶことで確かに3年間で23,000円も安くなることがわかりました。素晴らしいですね。

 

とはいえGMOの方が安い上にキャッシュバックがある

「『W05』なら23,000円もオトクに購入できる!」と喜んだのもつかの間。

そもそもGMOの方が「W06」なのに安いことをお忘れでしょうか。

さらに衝撃的な事実をお伝えすると、実はGMOも「W05」を選ぶとキャッシュバックが増額されてもっとオトクになるのです。

カシモとGMOの機種による料金比較
    CB 3年間の合計
(CB適用済)
実質月額
カシモ W05 なし 130,669円 3,694円
W06 なし 132,969円 3,630円
GMO W05 37,000円 117,506円 3,264円
W06 32,050円 122,456円 3,402円
GMO
(月額割引)
W05
W06
なし 124,350円 3,454円

 

説明するまでもないでしょう。GMOの方が安くなるのは一目瞭然です。

 

キャッシュバックもらい忘れが心配なら月額割引キャンペーンを選ぶ

GMOはキャッシュバックをもらい忘れるってよく聞くから、カシモの方がいい」と思った方もいるでしょう。

安心してください。

GMOにも月額が安くなる「月額割引キャンペーン」というのがあります

キャッシュバックキャンペーンよりは少し高くなりますがカシモよりは5,000円以上も安くなります

※先ほどの表の1番下を参照ください。

もちろん面倒な手続きはありません。ただ専用窓口から申し込むだけなので、手間はカシモと何も変わりません。

 

よって、唯一のメリットであった「W05」なら23,000円も安くなるというのは勘違いだということがわかったと思います。

「W05」を選ぶのであればGMOの方が安いですし、GMOの「W06」の方がカシモの「W05」よりも安くなっているのです。

つまり、カシモを選ぶ理由はやっぱり何一つないということになります。

 

「W06」と「W05」の違い

せっかく去年モデル「W05」の話が出てきたので、さらっと違いを説明しておきます。

「性能よりもキャッシュバック」という人は「W05」を選べばいいでしょう。

「W06」と「W05」のスペック比較

どちらのルーターも0円で購入ができるので、純粋にスペックだけを比較しましょう。

WiMAXのルーター比較「W06×W05」
  W06 W05
発売日 2019年1月 2018年1月
サイズ(幅×高さ×厚みmm) 128×64×11.9 130×55×12.6
重さ 125g 131g
下り最大速度
(LTE使用時)
558Mbps
(1.2Gbps)
558Mbps
(758Mbps)
上り最大
(LTE使用時)
30Mbps
(75Mbps)
30Mbps
(112.5Mbps)
バッテリー 7時間10分
~11時間40分
6時間30分
~10時間30分
ハイモードアンテナ
ビームフォーミング
GMOのキャッシュバック 32,050円 37,000円

 

純粋なスペックとしては「W06」の方が上です。軽量化とバッテリーの持ちが良くなっています。

LTE使用時の上りの速度が落ちていますが、あまり使う機会はないので気にするところではないでしょう。

最大速度が同じであれば、よりバッテリーの持ちが良い「W06」を選ぶべきと言えるでしょう。

 

「ハイモードアンテナ」と「ビームフォーミング」が付いている「W06」の方が、より安定した電波を拾うことができ、速度も期待できるでしょう。

とはいえ、元々「W05」も良機種として人気があったものなので、それほど遅いわけではありません。

ちょっとでもオトクに使いたいのであれば「W05」という選択肢も悪くありません。

 

高性能ハイモードアンテナ搭載

「W06」に高性能ハイモードアンテナが搭載されているため、前モデルである「W05」より受信感度がアップしています。

これまで電波がキャッチできなかった場所でも、ルーターが電波を受信できるようになり、Wi-Fiが繋がるエリアが広がりました

 

ビームフォーミング

ビームフォーミングとは、スマホやタブレットなどの端末を自動で感知して集中的に電波を送るシステムです。

全方位に拡散するこれまでのルーターに比べて、電波がよりつながりやすくなり速度がアップします。

ビームフォーミングがないルーターの場合

電波が拡散されて、もったいない

ビームフォーミングがあるルーターの場合

集中的につながるため速度がアップする

 

「W06」は上記2つの機能が搭載されたことで、さらに速度が向上しました。

せっかくWiMAXを購入するのであれば、よりつながりやすいルーターを使った方がいいと思います。

 

カシモWiMAXの口コミを調査

そんなカシモWiMAX。ユーザーはどう思っているのでしょうか。

使い勝手に関しては同じWiMAXなのに特に文句は出ないはずですが、後から「実は高くて損してた!」みたいな口コミがあるのかもしれません。

ということで、ネット回線の評判を調べるのにうってつけなTwitterで実際の声を調べてみました。

 

その結果、出てくるのは異常な数の宣伝だけということがわかりました。

異常な数の宣伝だけ

同じ宣伝ばかりが出てくる

 

こうも宣伝ばっかり出てくると「あー、そういうことかー」ってなりますよね…。

どうも同じ人がいくつもアカウント作って宣伝しまくってるみたいです。これがカシモWiMAXです。

 

なお、実際に使ってる人は本当に見つからず、文句がないのかそれともユーザーがいないのか、のどちらかだと思われます。

ここまで無風だと逆に心配になってしまいますね。

 

カシモWiMAXを選ぶべきではない3つの理由

ここまでの結果を見ればわざわざ説明しなくてもお分かりかと思いますが、一応伝えておきます。

カシモWiMAXを選ぶべきではない3つの理由

  • 安くない(むしろ高い)
  • 契約前の電話窓口がない
  • 自社だけ有利になるように比較している

 

安くない(むしろ高い)

【業界最安級】というほど安くありません。

むしろ他のプロバイダに比べたら高いくらいです。

WiMAX主要11社の料金比較をすれば、いかにカシモWiMAXが安くないか一目瞭然、

WiMAX主要11社による料金比較
プロバイダ キャッシュバック 3年総額 実質月額
GMO
(キャッシュバック)
31,000円 127,769円 3453円
JP WiMAX 10,000円 128,200円 3,465円
GMO
(月額割引)
3,000円 132,494円 3,581円
DTI 0円 133,430円 3,606円
Broad WiMAX 0円 135,502円 3,662円
カシモ 0円 137,048円 3,704円
ASAHIネット 0円 144,570円 3,907円
So-net 0円 148,656円 4,018円
BIGLOBE 15,000円 150,480円 4,067円
@nifty 0円 158,491円 4,284円
UQ WiMAX 3,000円 158,560円 4,285円
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
0円 163,009円 4,406円
au WiMAX 0円  203,560円 5,502円
CB:キャッシュバック
3年総額:事務手数料+3年間の基本料金合計ーキャッシュバック

※料金調査月:2020年11月

 

ご覧のとおり、カシモWiMAXは安くないのです。

 

契約前の電話窓口がない

調べに調べましたが、電話で色々聞くための窓口が見つかりませんでした。

契約後は電話サポートがあるのですが、むしろ契約前の方が聞きたいことありますよね。

公式サイトをしらみつぶしに調べましたが見つけることができなかったので、おそらく電話窓口はないものと思われます。

「ない」ものを「ない」と証明するのは悪魔の証明なので、もうどうしようもありません。

 

自社だけが有利になるように比較している

電話窓口を探しているときに偶然見つけたのですが、カシモは他社との比較表を公式サイトに貼っています。

こちらです。

 

ツッコミどころ満載でびっくりしました。

メモ

  1. 最安月額料金として「W05だけ」の初月だけを掲載している
  2. 3年「総額」なのにキャッシュバックを加味していない
  3. 「契約後の電話サポート」しかないことをわざわざ強調
  4. カシモより安くなるところとは比較していない

最安月額料金として「W05だけ」の初月を掲載している

他のプロバイダは最新端末「W06」の料金、しかも割引期間が終わった後のものを記載しているのに、カシモだけ「W05」の、しかも初月だけの料金を記載しているのです。

そんなことが許されるなら、他のプロバイダでも同じく「0円」なのはいくらでもあります。

こういうやり方はどうなんでしょうか。

 

3年「総額」なのにキャッシュバックを加味していない

「総額」というのは、「全ての金額」ですよね。

そうであればキャッシュバックも加味するべきでしょう。

そのことを一切記載せず、あたかもカシモが1番安くなるように書いています。

ちょっとモラルが低すぎる気がします。

 

「契約後の電話サポート」しかないことをわざわざ強調

先ほどもふれましたが、カシモは契約後の電話サポートしかありません

また、他のプロバイダでは当たり前のようにある「マイページ」機能もないようです。

そのデメリットをわざわざ強調しているのは驚きました。ここだけやけに素直ですね。

 

カシモより安くなるところとは比較していない

最後の衝撃的事実は、カシモより安くなるところとは一切比較をしていないことです。

「キャッシュバックがもらえないかも」と煽り文を入れているのですが、そもそもGMOの月額割引キャンペーンならキャッシュバックはありませんがカシモより安いです。

そういった都合の悪いプロバイダとの比較は行わないようです。それがカシモのやり方なんでしょうね。

 

 

以上がカシモWiMAXの真実でした。広告にだまされないようにしましょう。

ネット専門家が教えるオトクにWiMAXを購入する方法

「JP WiMAX」を除いた上で、今1番オトクにWiMAXを購入する方法は次のとおりです。

>>「JP WiMAX」を除く理由はコチラ

ココがおすすめ

  • プロバイダ:「GMOとくとくBB」
  • 料金プラン:「ギガ放題」※1
  • ルーター(機種):モバイルルーター「W06」※2
  • キャンペーン:確実に安くなる「月額割引」※3
  • 最短即日~4営業日以内に発送
  • 解約する場合:電話でもネットでも可

※1 初月は日割りなのでいつ申し込んでも損になりません。

※2 家の中でしか使わないならホームルーター「L02」を選びましょう。

※3 ちょこっとでも安くしたい!まとまったお金が欲しい方は「キャッシュバック」キャンペーンを利用するといいでしょう。

「GMOとくとくBB」は一部上場の日本の会社です。インターネット業界では知らない人はいない大手通信会社になります。

最近ではドコモ光の指定プロバイダの1つにも選ばれたことにより、どんどんシェアを拡大することに成功しています。

これまでざっと100人以上のお客様に勧めてきましたが、誰からもクレームの連絡をもらうこともなく、みなさん「問題なく使えてますよ~」と言っていただいておりますので、安心して紹介することができています。

申し込みは公式WEBサイトの「キャンペーン専用窓口」から必ず行ってください。

ココに注意

1番オトクなWiMAXであるGMOは申込み窓口によって特典が異なります。

Google検索からでは一部のキャンペーンサイトにしか行くことができません

今行っているキャンペーンの特典をあますことなく欲しい方は下記よりお申し込みください。

GMO WiMAX(公式):https://gmobb.jp/

\毎月が安くなるWiMAX/

月額割引キャンペーンで申し込む

GMOなら20日キャンセル可能です

>>キャッシュバックキャンペーンをご希望の方はこちら

 

3年間の合計費用を比較
キャッシュバックキャンペーン 月額割引キャンペーン
127,269円 132,494円

3年間の合計費用はキャッシュバックキャンペーンの方が少しだけオトクになっています。

※クレジットカードを持っていない場合は口座振替で購入ができるプロバイダを選びましょう。

【結論】口座振替できるWiMAXで選ぶならBIGLOBEが最も安い
口座振替できるWiMAX3社を徹底比較|BIGLOBEが一番オトクでした

この記事でわかること 口座振替できるWiMAX(ワイマックス)を比較検証しました 口座振替できるWiMAXで1番安いのはBIGLOBEでした 料金抑えたいならクレジットカード作った方がいいでしょう 先 ...

続きを見る

 

関連記事:買ってはいけない!Broad WiMAXは高いだけでメリットなしは本当か?

関連記事:買ってはいけない!?最安プロバイダ「JP WiMAX」を丸はだか

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.