光回線

v6プラス/IPv6オプション/transix/OCNバーチャルコネクトの違い

この記事でわかること

  • 「v6プラス」「IPv6オプション」「transix」「OCNバーチャルコネクト」の違いを紹介する
  • 全て「IPv6(IPoE+IPv4 over IPv6)」が使えるサービス名称である
  • transixはポートの開放ができないので要注意

本記事では、フレッツ光やドコモ光などのコラボ光にて利用できる「IPv6」サービスである

  • v6プラス
  • IPv6オプション
  • transix
  • OCNバーチャルコネクト

について説明をします。

あくまで「サービスの大まかな違い」に限定して解説をしていますので、ご了承ください。

できるだけシンプルにまとめていますので、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

v6プラス/IPv6オプション/transix/OCNバーチャルコネクトの違い

 

全てIPv6(IPoE+IPv4 over IPv6)のサービス名称である

 

サービスの提供元と使用する技術が異なる

 

4つのIPv6(IPoE+IPv4 over IPv6)
サービス名称 提供元 使用技術 主なプロバイダ
v6プラス JPNE MAP-E ドコモ光(GMOなど)
So-net光プラスなど
IPv6オプション BIGLOBE MAP-E ビッグローブ光
transix インターネットマルチフィード DS-Lite IIJmioひかりなど
OCNバーチャルコネクト NTTコミュニケーションズ MAP-E OCN光
ぷらら光(transixとの混合)

v6プラスが王道

 

IPv6オプションはv6プラスとほぼ同じ

 

OCNバーチャルコネクトに対応しているルーターが少ない

 

 

MAP-EとDS-Liteの違いは?

 

ほとんど同じと思って大丈夫

 

【注意】DS-Lite(transix)はポートの開放ができない

 

 

「v6プラス」が使えるプロバイダを選んでおくのがベター

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-光回線

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.