モバイルWi-Fi

hy-fi(ハイパーマルチWiFi)は無制限ではない|料金・デメリットまとめ

更新日:

hy-fi(ハイパーマルチWiFi)は無制限ではない|料金・デメリットまとめ

Anser

月150GBの上限あり。運営会社が分散されていてややこしい。

NEWS

月額3280円の新料金プランがスタートしました。ただし、150GBの上限があるのでお得とは言い切れません。

この記事でわかること

  • hy-fi(ハイパーマルチWiFi)は月150GBまでしか使えない(無制限ではない)
  • 運営会社が2つ絡まっているため、よくわからない
  • 特別メリットがあるわけではない

公式サイトでは「無制限」「使いホーダイ」と謳ってはいるけれど、実際には月150GBまでしか使えないという矛盾したポケットWi-Fihy-fi(ハイパーマルチWiFi)」。

運営会社はTwelve(トゥエルブ)という会社ではあるが、問い合わせをするとWiz(ワイズ)という会社から連絡があるという不思議な運営体制。

月150GBまで、運営会社が2つ?hy-fi(ハイパーマルチWiFi)

上記画像はhy-fiに問い合わせして送られてきたメール本文の冒頭部分を抜粋したものです。

 

正直に言えば、この時点で「大丈夫かしら?」と首をかしげたくなりました。

弊社は、こういう「違和感のある」サービスをお客様に勧めることはありません。

必ず下調べをした上で「問題ないだろう」と確認が取れたサービスだけを勧めるようにしています。

 

調べてわかった「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」の特徴や注意点をまとめました。

弊社としては、実機を使って試すまでもないポケットWi-Fi、と結論付けています。

現時点において無制限ポケットWi-Fiを選ぶのであれば「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」ではなく、「Mugen WiFi」の方が圧倒的に優れているでしょう。

【私にしかできない】因縁の「Mugen-WiFi」を厳しめにレビュー
Mugen WiFi 因縁の2ヶ月使用レビュー|口コミ・他社と比較したデメリットも

<NEWS>2020年1月24日 人気殺到のため在庫切れになっています。次回の発送は2月1日(順次)です。 ※2月1日から30日間の返金保証が使える。初月が1ヶ月分なので、お得に使うことができる。 2 ...

続きを見る

余談ですが、おそらく「ハイパーマルチWiFi」を略して「hy-fi」という意味だと思われます。

hy-fi(ハイパーマルチWiFi)WiFiの料金・スペック

hy-fiハイパーマルチWiFi

「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」の料金・スペックから確認しておきましょう。

hy-fi(ハイパーマルチWiFi)の料金プラン

「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」の料金プランは2種類あります。

hy-fiの料金プラン
  多機能ルーター 普通のルーター
契約期間 2円
自動更新あり
事務手数料 3,000円
月額料金 3,880円 3,280円
初月 無料
翌月 3,880円 980円
ルーター本体 無料レンタル
(解約時には要返却)
ルーター送料 無料
発送 最短翌日
支払い方法 クレジットカードのみ
クーリングオフ 8日以内

ココに注意

ルーターは無料貸し出しとなるので、解約時に返却必須です。

使用中に壊してしまったり、解約時に故障している場合は機器損害金(30,000円)が請求されます。

できれば端末補償オプションに加入することをおすすめします。

 

端末補償

端末の破損、故障時に修理代を払う必要がなくなります。

端末補償オプション「機器補償サービス」
料金 月額400円
申し込み条件 サービス申し込み時に同時加入
※後からの加入や解約後の再加入は不可
保証対象 ・取扱説明書及びその他の注意事項等の記載内容に従った正常な使用状態の下で機器が故障した場合
・機器が破損した場合
・機器が全損した場合
※水没・盗難・紛失は対象外
保証対象外 ・お客様の改造による損害
・水没
・盗難・紛失
・使用による劣化や色落ち等
注意事項 ※補償未加入時の修理・交換費用は30,000円となります。

ルーターはレンタル品になります。

万が一に備えて、端末補償オプションは加入することをおすすめします。

hy-fi(ハイパーマルチWiFi)の違約金

「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」は2年以内に解約すると違約金が発生します。

2年後の自動更新になるので、お気をつけください。

hy-fiの違約金
0~24ヶ月目 9,500円
25月目・更新月 0円
26ヶ月目以降 9,500円

 

モバイルルーターの仕様

「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」からレンタルするモバイルルーターのスペック(仕様)を確認しておきましょう。

月額3,280円のルーターは「U2S」、月額3,880円のルーターは「Mugen WiFi」のアドバンスプランでレンタルできるものと全く同じモバイルルーターになります。

hy-fiのモバイルルーター仕様
  多機能ルーター
(月額3,880円)
普通のルーター
(月額3,280円)
製品名

G4

モバイルルーターG4

U2S

モバイルルーターU2S

重量 188g 149g
サイズ 136×72.2×12mm 127×65.7×14.2mm
連続使用可能時間 13時間 12時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 3,900mAh 3,500mAh
同時接続台数 5台
製造元 uCloudlink(香港)

(参照:hy-fi(ハイパーマルチWiFi)公式サイト

最大速度は150Mbspと少々遅い気がします。

ですが、実行速度が20~40Mbpsは出るルーターですので、ポケットWi-Fiとしては十分でしょう。

回線はドコモ、au、ソフトバンクのLTE

「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」は、ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線を使用します。

これは「Mugen WiFi」らと同じですね。

ただし、ほとんどソフトバンク回線にしかつながりません。

このあたりも「Mugen WiFi」らと同じですね。

ソフトバンクの通信可能エリアはHP(https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/)にて確認することができます。

 

地図アプリと翻訳アプリを内蔵

モバイルルーター「G4」には地図アプリ(GoogleMap)と翻訳アプリが内蔵されています。

スマホを使わなくても、ルーター単独で地図を確認したり、言葉を翻訳することができるのです。

また、トリップアドバイザーもインストールされています。

 

モバイルバッテリー機能も搭載

「G4」ルーターはアプリがインストールされているだけでなく、なんとこのルーター端末自体がモバイルバッテリーにもなるのです。

ただし、スマホを充電すればするだけモバイルルーター自体のバッテリーも減っていくので、多用は禁物。

使いすぎてルーターの充電がなくなってしまっては元も子もありませんので、お気をつけください。

 

サポートは電話と問い合わせフォームとAIチャット

申込み前のサポートは電話・問い合わせフォーム、AIチャットの3つです。

ただし、AIチャットは公式サイトに書かれていることを定型文で返答するのみ。

問い合わせフォームも質問事項を入力することはできず、折返しの電話で質問するかたちとなります。

結果として、何か知りたいことがある場合は電話で確認するしかありません。

また、申込み自体もWEB上では完結することができず、電話での申込みに限ります。

サポートセンター

  • TEL:0120-983-849(9時~21時 年末年始を除く)

 

hy-fi(ハイパーマルチWiFi)は海外でもそのまま使える

「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」のルーターは、「Mugen-WiFi」と同じく設定も手続きも不要で海外でそのまま使えます。

わざわざ海外旅行用でポケットWi-Fiをレンタルする必要はありません。

アジア、アメリカ、ヨーロッパなど、世界中で使うことができます。

>>料金の詳細はこちら

 

以上が「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」の料金やスペックでした。

続いては最も大事な「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」の注意点・デメリットを確認していきましょう。

hy-fi(ハイパーマルチWiFi)の注意点・デメリット

サービス内容としては、ほとんど「Mugen-WiFi」と似たようなかたちです。

逆を言えば、「Mugen-WiFi」との違いを確認することで「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」の注意点・デメリットが明らかになるでしょう。

hy-fi(ハイパーマルチWiFi)とMugen WiFiの違い

早速「Mugen-WiFi」との違いを確認しておきましょう。

「hy-fi」と「Mugen-WiFi」の違い
  hy-fi Mugen-WiFi
契約期間 2年
自動更新あり
2年
自動更新なし
事務手数料 3,000円
料金プラン 2種類 2種類
ギガ 月150GB 無制限
月額料金 3,280円/3,880円 3,280円/3,880円
初月 無料
※月額3,280円プランは翌月も980円
1ヶ月分
支払い方法 クレジットカードのみ
違約金 0~24ヶ月目:9,500円
更新月:0円
26ヶ月目以降:9,500円
0~12ヶ月目:9,000円
13~24ヶ月目:5,000円
25ヶ月目以降:0円
端末メーカー保証 1年
端末補償 月額400円 月額500円
端末補償の内容 故障のみ
※水没、盗難・紛失補償はなし
故障、水没
※盗難・紛失補償はなし
損害賠償金 30,000円
(補償加入の場合は0円)
18,000円
(補償加入の場合は0円)
ルーター機種 U2s/G4 U2s/G4
回線 ドコモ、au、ソフトバンク
※ただし、ほとんどソフトバンクにしかつながらない
端末の発送 最短翌日 最短即日
平日8時までの申し込みで即日発送。
土日祝日は発送不可。
クーリングオフ 8日以内 30日以内

同じような契約プランに見えますが、見逃せない違いが全部で8つもありますよ。

(1)hy-fi:初月無料

「Mugen WiFi」が初月1ヶ月分料金がかかるのに対して、「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」は初月が無料となっています。

これは大きなメリットですね。

月額3,280円のプランであれば、翌月も980円とお得に使うことができます。

(2)hy-fi:2年毎の自動更新になる

「Mugen WiFi」は3年目以降いつ解約しても違約金がかからないのに対して、「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」は2年毎の自動更新になっています。

違約金は9,500円と業界水準よりかは低いですが「Mugen WiFi」と比べれば高い。

解約しやすいのはどう見ても「Mugen WiFi」ですね。

「hy-fi」と「Mugen-WiFi」違約金を比較
hy-fi Mugen-WiFi
0~24ヶ月目:9,500円
更新月:0円
26ヶ月目以降:9,500円
0~12ヶ月目:9,000円
13~24ヶ月目:5,000円
25ヶ月目以降:0円

(3)hy-fi:月150GBまでしか使えない

公式サイト上には「無制限」「使いホーダイ」と記載しておきながら、実は「月150GBまで」と上限が設けられているのが「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」です。

もちろん「Mugen WiFi」は上限なく無制限のポケットWi-Fiですから、どっちがオトクなのかは説明するまでもありませんね。

(4)hy-fi:水没が補償対象外

なにげに見落としがちだけど、とても大事なポイントが端末補償です。

「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」は水没の際に補償が効きません。

盗難や紛失は可能性が低いと思いますが、日常的に使っていれば水没は可能性が十分にあります。

「Mugen WiFi」はもちろん水没も補償対象なので無料で交換することができますが、「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」は水没の場合は、実費(30,000円)での交換です。

水没補償の有無の差は意外と大きいと思います。

(5)hy-fi:クーリングオフは8日以内

「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」はクーリングオフ(初期契約解除制度)が使えます。

一般的な日数である8日以内の申請であれば、違約金なしで解約可能です。

この点にデメリットは特にありまえん。

ただし、なんと「Mugen WiFi」なら「30日以内なら全額返金」という特典が使えてしまうのです。

「家が圏外だった」

「職場の電波がイマイチ」

といった不都合は使ってみないとわからないもの。

たった8日間しか試せない「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」に対して、ゆっくり30日も試せる「Mugen WiFi」。

非常に良心的ですね。

ココに注意

「hy-fi」の初期契約解除制度は事務手数料3,000円のみ支払う必要があります。

基本料金の日割り分は発生しません。

(6)hy-fi:運営会社が2つに分かれている?

公式サイトのサポートダイヤルに電話をすると「株式会社Twelve」というところが出ます。

サービスの詳細を希望するとメールが送られてくるのですが、そこには「株式会社Wiz」と記載されています。

話を聞くと、どうも業務提携しているようですが、そういった記載はどこにもありません。

契約自体は「Twelve」とすることになるとのことですが、メールの差出人ははっきりと「株式会社Wiz」となっています。

正直言って、なんだかよくわかりません。

「利用規約」をお願いしても「ありません」と言われますし、電話の対応も正直おそまつでした。

決して好印象とは言えないですね。

 

以上が「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」と「Mugen-WiFi」の違いです。

比べれば「Mugen-WiFi」の方がメリットが大きいのが一目瞭然だと思います。

結論:2年きっかりで少しでも安く使いたい方向け

料金や違約金など、スペック面で考慮・万が一の違約金や2年以上使うことを考えれば「Mugen-WiFi」の方が圧倒的にオトクです。

ただし、2年きっちりの更新月で解約することを前提とするならば、初月が無料になる分だけ「hy-fi(ハイパーマルチWiFi)」のほうが合計費用は安くなります。

端末補償が弱かったり、月150GBまでしか使えないとう点をデメリットに感じない方であれば、十分価値が見いだせるかもしれませんね。

月額3,880円

hy-fiを申し込む

8日間のクーリングオフ対象商品です

 

私なら30日間の返金保証がある「Mugen-WiFi」を選びます。

業界最安「月額3,280円」

Mugen-WiFiを申し込む

即日発送&30日間全額返金保証あり

【私にしかできない】因縁の「Mugen-WiFi」を厳しめにレビュー
Mugen WiFi 因縁の2ヶ月使用レビュー|口コミ・他社と比較したデメリットも

<NEWS>2020年1月24日 人気殺到のため在庫切れになっています。次回の発送は2月1日(順次)です。 ※2月1日から30日間の返金保証が使える。初月が1ヶ月分なので、お得に使うことができる。 2 ...

続きを見る

 

関連記事:話題の完全使い放題ポケットWi-Fiを徹底比較|買うべきはコレだ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.