モバイルWi-Fi

ギガトラWiFiは無制限じゃないし高い!注意点とデメリットを徹底検証

ギガトラWiFiは無制限じゃないし高い!注意点とデメリットを徹底検証
まだ在庫があるクラウドWiFi(大容量ポケットWiFi)まとめ
クラウドWiFi(大容量ポケットWiFi)徹底比較|料金、速度、口コミまとめ【2020年12月3日更新】※在庫確認済み

【2020年12月3日更新】 テレワーク需要の影響で、多くのクラウドWiFi・ポケットWiFiで在庫切れが起きています。 弊社が直接確認した、現在在庫がある・注文可能なクラウドWiFiをまとめました。 ...

続きを見る

【Anser】

ルータープランは1ヶ月100GBまで、SIMのみプランは1ヶ月90GBまでの上限があります。

月額2,990円はまとめ払いをした場合のSIMカードのみプランの料金であり、ポケットWiFiの場合はクーポン適用でも月額は3,800円と割高である。

この記事でわかること

  • ギガトラWiFiは1ヶ月のデータ上限がある
  • ルータープランは通常月額5,800円、クーポン適用でも3,800円と割高。
  • 一定期間分をまとめ払いすると安くなるが、縛りなしのメリットを活かせなくなるため注意が必要

「ギガトラWiFiが安くておすすめって聞いたんですが、どうですか?」

いいえ、全くおすすめではありません。

公式サイトでは「ギガ使い放題」と謳ってはいるけれど、実際には「ルータープランは月100GBまで、SIMのみプランは月90GBまでしか使えない」と補足説明があります。

 

さらに月額料金も通常は5,800円で、公式サイトに記載のクーポンを使用することで3,800円になるという、「だったら最初から3,800円にしておけばいいのに」という意味不明な仕様。

でもよく見ると「月額2,990円」を大々的に掲げていて、どういうことかというと「一定期間分をまとめて先払いすると割引が効く」ようになっているのです。

25ヶ月分(74,750円)をまとめて払うことで、1ヶ月あたり2,990円になるという仕組み。

こんな大金を先払いする人はあまりいないのではないでしょうか。

途中で解約しても返金はしてくれませんからね。

しかも、この74,750円はあくまで「SIMカードのみ」の価格となっており、いわゆるモバイルルーターをセットにした場合は82,250円(実質月額3,290円)になります。

モバイルルーターをセットにした場合は82,250円(実質月額3,290円)

 

つまり、、全くお得でもなんでもないのです。

さらに言えば、「他社だと2~3年の縛りがあり解約金が2万円前後と高いけれど、ギガトラWiFiなら縛りなしで解約金も0円です!」との内容が記載ありますが、これもちょっと酷いですね。

「他社だと2~3年の縛りがあり解約金が2万円前後と高いけれど、ギガトラWiFiなら縛りなしで解約金も0円です!」との内容が記載ありますが、これもちょっと酷い

 

確かに縛りはなく、いつ解約しても違約金は0円ですが、そうするためにな「まとめ払い」ができなくなり、月額は3,800円のまま。

「まとめ払い」をすれば、実質月額は安くなりますが、最初に大金を払ってしまっているわけですから途中でやめにくくなりますよね。

例えば最初に25ヶ月分(82,250円)払って、12ヶ月で解約した場合の解約金はたしかに0円ですが、すでに払っている82,250円から実際に使った35,880円分を差し引いた46,370円は返ってきません。

溝に捨てるようなものなのです。

兎にも角にも、なかなか酷い料金システムになっているということなのです。

「ギガトラWiFi」のデメリット

  • ギガ使い放題ではなく、月間100GB(SIMのみプランは月90GB)まで
  • 通常月額は5,800円(クーポン利用で3,800円)と最安級ではない
  • 25ヶ月分をまとめ払いすると、実質月額2,990円になる
  • 契約期間の縛りはないが、まとめ払いで途中解約しても返金なし

 

そんなことであれば、「まとめ払い」をしなくてもSIMのみプランが月額3,380円、ルータープランが月額3,680円でずっと使える「Chat WiFi」を借りたほうが断然お得です

Chat WiFiの料金プラン

 

縛りもないので、いつ解約しても違約金は0円。

 

わざわざクーポンを適用させる必要もないので、面倒なことは一切不要です。

利便性も料金コスパも圧倒的に勝っているのが「Chat WiFi」なのです。

「Chat WiFi」の特徴

  • 初期費用:3,980円
  • ルータープラン月額:4,480円(月200GB)
  • SIMのみプラン月額:3,380円(月100GB)
  • 契約期間の縛りなし
  • 3営業日以内(最短即日)発送

Chat WiFi(公式):http://chat-wifi.work/

縛りなし・解約金不要!

Chat WiFiを申し込む

200GBも使えて月額4,480円

 

これ以上「ギガトラWiFi」について掘り下げる必要はないかもしれませんが、さらに詳しく調べてわかった情報をわかりやすくまとめて紹介します。

ギガトラWiFiの料金・スペック

ギガトラWiFiの料金・スペック

「ギガトラWiFi」の料金・スペックから確認しておきましょう。

ギガトラWiFiの料金プラン

「ギガトラWiFi」の料金プランは「SIMカードのみ」と「モバイルルーターのセット」と2種類あります。

ギガトラWiFiの料金プラン
  SIMカードのみ モバイルルーターセット
契約期間 なし
事務手数料 3,800円
データ通信量 90GB 100GB
月額料金 5,700円
→クーポン利用で3,700円
5,800円
→クーポン利用で3,800円
初月 1ヶ月分
端末補償 300円
※強制加入
600円
※強制加入
ウイルスセキュリティ 500円
※強制加入・初月は無料
ルーター本体代金 なし レンタルのため無料
(解約時に要返却)
送料 無料
発送までの日数 土日祝を除く、3営業日以内
支払い方法 クレジットカードのみ
クーリングオフ 3週間以内であれば全額返金保証制度あり

ココに注意

ルーターはレンタル品になります。

壊したり、紛失してしまった場合は機器損害金として20,000円も必要になります。

万が一に備えて端末補償オプションに加入することをおすすめします。

端末補償(ギガトラバリア)

端末の破損、水没時に修理代を払う必要がなくなります。

端末補償(ギガトラバリア)
  SIMカードのみ ルーターとセット
料金 300円
※初月は強制加入
600円
※初月は強制加入
申込み条件 ギガトラWiFiのサービス申し込み時に強制同時加入
※解約後の再加入は不可
補償対象 ・破損
・水没
・盗難、紛失
・破損
・水没
・盗難、紛失
・バッテリー交換
補償対象外 なし USBケーブル:弁済金1,000円
SIMカード:弁済金5,000円
注意事項 ※盗難、紛失の補償は2年に1度まで ※電池パックの補償は1年に1度まで
※盗難、紛失の補償は2年に1度まで
補償未加入の場合の弁済金 SIMカード:5,000円 端末本体:20,000円
電池パック:5,000円

解約時にはSIMカードやルーターを返却する必要があります。

万が一に備えて端末補償オプションは加入しておいたほうがいいでしょう。

ウイルスセキュリティ

ウイルスセキュリティ

パソコンやスマホに使えるセキュリティソフトのオプションがあります。

ウイルスセキュリティ
月額料金 500円
※強制加入、初月は無料
対応OS Windows、Mac、Android(iOSは一部の機能のみ)
端末数 3台

初月は無料ですが強制加入となります。

自分で外さないと翌月から毎月500円もかかるので、不要な方は気をつけましょう。

ココに注意

セキュリティソフトを必要とする方は非常に少ないでしょう。

それなのに強制加入にしているのは「外し忘れ」を狙っているからとしか思えません。

こういった不親切なやり方はあまりいい気分ではないですね。

ギガトラWiFiの違約金とおまとめ払い

ギガトラWiFiには違約金がありません。

いつ解約しても無料です。

ただし、月額料金を安くするためには「まとめ払い」をする必要があり、全額先払いとなります。

途中解約しても差額の返金はありません。

この差額分が実質の違約金になると考えると、非常に割高であることがわかります。

SIMカードのみ
まとめ払い なし 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 25ヶ月
実質月額 3,700円 3,600円 3,500円 3,400円 2,990円
ルーターセット
まとめ払い なし 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 25ヶ月
実質月額 3,800円 3,700円 3,600円 3,500円 3,290円

※まとめ払い終了後の月額料金は実質月額と同額になります。

 

1番安くなる25ヶ月分おまとめ払いでも、SIMカードのみ2,990円、ルーターセットは3,290円と決してめちゃくちゃ安いわけではありません。

そもそも1ヶ月で100GB~200GBしか使えなくてこの金額は割高です。

その上、実質25ヶ月縛りになるわけですから、「縛りなし!月額2,990円!ギガ使い放題!」と聞いていた人からすれば騙されたようなものですよね。

これがギガトラWiFiの実態になります。

 

モバイルルーターの仕様

「ギガトラWiFi」からレンタルするモバイルルーターのスペック(仕様)を確認しておきましょう。

扱っているルーターは2種類で、どちらが送られてくるかはわかりませんし、指定もできません。

どちらも同等スペックであり、非常に一般的なルーターになっています。

ギガトラWiFiのモバイルルーター仕様
製品名

FS030WMB1

FS030Wルーター

602HW

602HW

重量 128g 135g
サイズ 74×74×17.3mm 109.9×65.1×15.5mm
連続使用可能時間 20時間 8.5時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:612Mbps
上り:37.5Mbps
WiFi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
同時接続台数 15台 14台
メーカー 富士ソフト ファーウェイ

FS030WMB1の最大速度が150Mbspと少々遅い気がしますが、602HWもせいぜい10~40Mbps程度しか出ません。

実際に出る速度に大きく違いはないと考えて大丈夫です。

 

回線はソフトバンクのLTE

「ギガトラWiFi」はソフトバンクのLTE回線を使用します。

ソフトバンクの通信可能エリアはHP(https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/)にて確認することができます。

 

サポートは問い合わせフォームのみ

申込み前のサポートは問い合わせフォームのみです。

会社概要ページにも電話番号は載っておらず、ホームページを探しましたが見つけることができませんでした。

あまり親切ではなさそうですね。

 

ギガトラWiFiは海外で使えない

「ギガトラWiFi」のルーターは海外では使えません。

あくまでも日本国内のみでの利用となっています。

海外でも使いたい方は「クラウドWiFi」を選びましょう。

 

以上が「ギガトラWiFi」の料金やスペックでした。

続いては最も大事な「ギガトラWiFi」の注意点・デメリットを確認していきましょう。

ギガトラWiFi 8個の注意点・デメリット

ギガトラWiFiの注意点・デメリットを確認しておきましょう。

ギガトラWiFi 8個の注意点・デメリット

  • まとめ払いをしなければ月額料金が割高
  • いつ申し込んでも初月は1ヶ月分かかる
  • SIMのみプランは月90GBしか使えない
  • ルーターの弁済金が異常に高い
  • 毎月21日までしか当月での解約(オプション含む)ができない
  • 解約月は28日までしか使用できない
  • 解約後は末日までに返却しないと翌月分の費用が発生する
  • 運営会社がよくわからない

まとめ払いをしなければ月額料金が割高

月額料金が安くなるのは「まとめ払い」をした場合のみです。

通常価格は、クーポン(クーポンコード:gigatora)を使用しても月額3,700円(SIMのみ)となります。

※ルータープランは月額3,800円

 

この価格は同業他社と比べると割高です。

 

いつ申し込んでも初月は1ヶ月分かかる

初月の月額料金は日割りになりません。

20日に申し込んでも25日に申し込んでも1ヶ月分かかります。

月途中に申し込みとなると、それなりに損をするので気をつけましょう。

 

SIMのみプランは月90GBしか使えない

ルータープランは月100GBまで、SIMのみプランは月90GBまでとなっています。

公式サイトでは「1日〇GBまでといった縛りもなく、原則としてはデータ利用量の上限はありません。」と記載がありますが、全くの嘘であることがわかります。

 

ルーターの弁済金が異常に高い

端末補償に未加入でルーターを破損・水没等をさせた場合の弁済金は、本体20,000円、電池パック5,000円となっています。

ギガトラWiFiでレンタルしているルーター(FS030W)は1万円ほどで新品が購入できるので、この弁済金は以上に高いと言えるでしょう。

それこそレンタルルーターは中古品になるため、その弁済金が新品の倍以上というのは正直理解に苦しみますね。

 

毎月21日までしか当月での解約(オプション含む)ができない

ギガトラWiFiの解約、及びオプションの当月末での解約は毎月21日までが締め切りとなっています。

22日以降に手続きをした場合、翌月末での解約となってしまいます。

 

解約月は28日までしか使用できない

解約した月は月末ではなく、28日までしか利用できないので注意しましょう。

解除した月の28日までレンタル通信機器等を利用することができます

ギガトラWiFi「利用規約」より引用

解約後は末日までに返却しないと翌月分の費用が発生する

解約の手続きが完了した後は、末日までにSIMカードやルーターを返却しなくてはいけません。

返却が翌月になってしまった場合、翌月分の費用が発生してしまいます。

解除した月末までに弊社に必着でレンタル通信機器等を申込者の費用負担で返還しなければならないものとしま
す。

ギガトラWiFi「利用規約」より引用

返却期限までに通信機器等を返却しない場合は、解約取消となり翌月分以降も料金が発生します。

ギガトラWiFi「利用規約」より引用

 

運営会社がよくわからない

ギガトラWiFiを運営しているのは、本社が東京にある株式会社GLANZというところです。

色々調べましたが会社のホームページすら見つけることができませんでした。

ギガトラWiFiのサイト上にある会社概要ページは、まさかの画像です。

あまり言いたくはないですが、怪しい会社と思われても致し方ないのではないでしょうか。

 

以上が「ギガトラWiFi」の注意点・デメリットでした。

他社データSIM/ポケットWiFiと比較

それでは「ギガトラWiFi」と弊社でも人気のあるデータSIM/ポケットWiFiと比較をしてみましょう。

まずはデータSIMの比較を「ギガトラWiFi」と同じく縛りのない「Chat WiFi」と行います。

【データSIM】ギガトラWiFiとChat Wifiを比較

Chat WiFiの料金プラン

人気のある100GBプランで比較してみました。

【データSIM】
ギガトラWiFiとChat WiFiの比較
  ギガトラWiFi Chat WiFi SIM
データ容量 月90GB
※「1日◯GB」という制限なし
100GB
※「1日◯GB」という制限なし
事務手数料 3,800円 3,980円
契約期間 なし
月額料金 初月 1ヶ月分 1ヶ月分
2ヶ月目以降 3,700円 3,380円
セキュリティソフト 月額500円
※強制加入
※初月は無料
月額500円
※強制加入
※初月は無料
端末補償 月額300円
※強制加入
なし
補償内容 破損、水没、紛失 なし
弁済金 なし 5,000円
SIMカード送料 無料
発送までの日数 最短即日 3営業日以内
ルーター本体 なし
支払い方法 クレジットカードのみ クレジットカードのみ
本人確認書類 不要 必要
クーリングオフ 3週間
(全額返金保証)
圏外の場合のみ7日まで可能
運営会社 詳細不明 2019年設立

データ容量、月額料金、ともに「Chat WiFi」のほうがオトク

月90GBで月額3,700円もする「ギガトラWiFi」。

それに対して「Chat WiFi」は月100GBで月額3,380円と、非常に割安です。

ココに注意

ギガトラWiFiは1年分をまとめ払いしても実質月額3,400円にしかなりません。

ギガトラWiFiは補償に加入できる

「ギガトラWiFi」は月額300円で端末補償に加入できます。

使用中にSIMカードを破損させたり、紛失させた場合でも安心です。

ただし、補償まで加入してしまうと月額4,000円になってしまい、毎月600円も「Chat WiFi」より高くなります。

8ヶ月ほど利用すれば「Chat WiFi」のSIMカード弁済金額と変わらなくなるため、正直言うと微妙です。

そもそもSIMカードを破損・紛失する人はあまりいません。

そのため、超短期間だけ利用する人、なおかつ心配性な人は「ギガトラWiFi」にして補償に加入すると良いでしょう。

ギガトラWiFiには3週間の「全額返金保証」がある

「ギガトラWiFi」には3週間の「全額返金保証」があります。

利用開始から3週間以内であれば、1,000円の返金処理手数料のみで解約ができるのです。

ですので「3週間だけ使う」のであれば「ギガトラWiFi」は非常にオトクになります。

ココがポイント

データSIMカードで一番大事なデータ容量・月額料金において「Chat WiFi」の方が圧倒的にオトクになっています。

3週間の「全額返金保証」は嬉しいですが、3週間以上使うのであれば迷うことなく「Chat WiFi」を利用したほうがいいでしょう。

Chat WiFi(公式):http://chat-wifi.work/

縛りなし・解約金不要!

Chat WiFiを申し込む

月100GB・月額3,380円

Chat WiFiのデメリットまとめ|縛り・違約金なし、最大200GB、月額2980円~
Chat WiFiのデメリットまとめ|縛り・違約金なし、最大200GB、月額2980円~

【CAUTION】 コロナの影響により、ポケットWiFi全体で在庫切れが発生しております。 検討中の方はお早めにお申し込みください。 まだ在庫のある大容量ポケットWi-Fiをこちらのページでまとめてい ...

続きを見る

 

【ルータープラン】ギガトラWiFi と どこよりもWiFiを比較

どこよりもWiFiの料金・スペック

続いてはルータープランを、人気の「どこよりもWiFi」と比較してみました。

【ルータープラン】
ギガトラWiFi と どこよりもWiFiの比較
  ギガトラWiFi どこよりもWiFi
データ容量 100GB
※「1日◯GB」という制限なし
事務手数料 3,800円 3,000円
契約期間 なし 2年/縛りなし
(自動更新あり)
月額料金 初月 1ヶ月分 日割り
2ヶ月目以降 3,800円 3,180円/3,780円
セキュリティソフト 月額500円
※強制加入
※初月は無料
なし
端末補償 月額600円
※初月は強制加入
月額400円
補償内容 破損、水没、盗難・紛失 破損、水没
弁済金 25,000円
※補償加入で0円
18,000円
※補償加入で0円
違約金 なし 9,500円/なし
ルーター本体 無料レンタル
※解約時に要返却
ルーター送料 無料
発送までの日数 最短即日 最短即日
支払い方法 クレジットカード
クーリングオフ 3週間
(全額返金保証)
いかなる状況でも8日以内なら可能
運営会社 詳細不明 2012年設立

運営会社がしっかりしている

運営会社の詳細が不明な「ギガトラWiFi」に対して、大手通信代理店が運営している「どこよりもWiFi」。

何かあったときのサポート面で、どちらが安心して利用できるかは一目瞭然でしょう。

どこよりもWiFiは縛りなしと2年契約が選べる

「どこよりもWiFi」は縛りなしと2年契約(縛りあり)が選べます。

縛りなしプランでも「ギガトラWiFi」より毎月20円安いのですが、縛りあり(2年)を選べばもっと安くなります

 

一見すると「縛られるのは嫌だな」と思いがちですが、ちょっと待ってください。

実は15ヶ月以上長く使うなら「解約時に違約金を払っても、合計でオトクになる」ようになっているのです。

利用期間によってオトクが変わる

「ギガトラWiFi」と「どこよりもWiFi(2年縛りあり」、どちらがオトクなのか計算してみました。

※「どこよりもWiFi」は違約金を含んでいます。

【ルータープラン】
ギガトラWiFiとどこよりもWiFiの料金比較
  ギガトラWiFi どこよりもWiFi
1ヶ月目で解約 7,600円 15,680円
6ヶ月目で解約 26,600円 31,580円
12ヶ月目で解約 49,400円 50,660円
14ヶ月目で解約 57,000円 57,020円
15ヶ月目で解約 60,800円 60,200円
16ヶ月目で解約 64,600円 63,380円
23ヶ月目で解約 91,200円 85,640円
24ヶ月目で解約 95,000円 79,320円

 

2年を待たずとも、初期費用と月額料金の安さから15ヶ月目には「どこよりもWiFi」の方がオトクになることがわかりました。

2年経った頃には2万円近くも「どこよりもWiFi」の方がオトクになっている計算です。

15ヶ月以内に解約予定なら、それこそ「どこよりもWiFi」の「縛りなし」を選んだほうが毎月20円オトクに使えます。

杉本

元々は「縛りがない」というのが「ギガトラWiFi」一番のメリットでした。

ですが、新しく「縛りなしプラン」を始めた「どこよりもWiFi」には敵いそうもありません。

どこよりもWiFi(公式):https://wifi.dokoyorimo.com/

月額3,180円は業界最安級

どこよりもWiFiを申し込む

8日以内であればクーリングオフ可能です

どこよりもWiFi(月額3,180円)を使った感想とデメリット|口コミ・他社比較まとめ
どこよりもWiFiを7ヶ月使った感想とデメリットを徹底解説|口コミ・他社比較まとめ【2020年12月】

【NEWS】 料金プランが新しくなって、100GB使えるポケットWiFiでは最安級となっています。 初月は日割りですので、いつ申し込んでも損になりません。 >どこよりもWiFi(公式)< ※13ヶ月以 ...

続きを見る

 

【ルータープラン】ギガトラWiFi と hi-ho Let's WiFiを比較

hi-ho Let's WiFi

続いては同じくルータープランを、月間200GB以上使える「hi-ho Let's WiFi」と比較してみました。

※1日7GB使えるプランにて比較しています。

【ルータープラン】
ギガトラWiFi と hi-ho Let's WiFiの比較
  ギガトラWiFi hi-ho Let's WiFi
データ容量 100GB
※「1日◯GB」という制限なし
データ容量 100GB
※「1日◯GB」という制限なし
1日7GB
(月間最大217GB)
事務手数料 3,800円 3,000円
契約期間 なし 2年
(自動更新あり)
月額料金 初月 1ヶ月分 日割り
2ヶ月目以降 3,800円 4,300円
セキュリティソフト 月額500円
※強制加入
※初月は無料
なし
端末補償 月額600円
※初月は強制加入
月額500円
補償内容 破損、水没、盗難・紛失 破損、水没
弁済金 25,000円
※補償加入で0円
14,000円
※補償加入で0円
違約金 なし 9,500円~18,000円
ルーター本体 無料レンタル
※解約時に要返却
無料レンタル
※3年目以降は解約返却
ルーター送料 無料
発送までの日数 最短即日 最短3日後に到着
支払い方法 クレジットカード
クーリングオフ 3週間
(全額返金保証)
いかなる状況でも8日以内なら可能
運営会社 詳細不明 2007年設立

hi-ho Let's WiFiは2年契約だけどコスパ抜群

縛りのない「ギガトラWiFi」に対して「hi-ho Let's WiFi」は2年縛り(自動更新)となります。

ただし、データ容量が「1日7GB」も使えるのに月額4,300円とコスパ抜群です。

「100GBでは足りない!」という方にうってつけのポケットWiFiとなります。

運営会社がしっかりしている

運営会社の詳細が不明な「ギガトラWiFi」に対して、大手通信事業社が運営している「hi-ho Let's WiFi」。

何かあったときのサポート面で、どちらが安心して利用できるかは一目瞭然でしょう。

ココがポイント

「hi-ho Let's WiFi」を運営している「ハイホー社」は、ドコモ光のプロバイダ事業などを行っている通信事業社です。

実績と信頼が違います。

今だけオトクなキャンペーン中です

0円スタートキャンペーン

「hi-ho Let's WiFi」は初月0円、事務手数料0円となる「0円スタートキャンペーン」を12月31日まで実施中です。

「1日7GB」も使える大容量ポケットWiFiをオトクに始めるなら今しかありません。

 

hi-ho Let's WiFi(公式):http://hi-ho.jp/course/letswifi/

1日7GBまで使える大容量ポケットWiFiが誕生

hi-ho Let's WiFiを申し込む

8日以内であればクーリングオフ可能です

hi-ho Let's WiFiを使った感想とデメリット|口コミ・他社比較まとめ
hi-ho Let's WiFiを使った感想とデメリット|口コミ・他社比較まとめ

【11月30日まで延長!!】 「hi-ho Let's WiFi」では、11月30日までに申し込みをした人限定で、事務手数料と初月の料金が無料になるキャンペーンを実施中です。 大変オトクなキャンペーン ...

続きを見る

結論:ギガトラWiFiをおすすめする理由がない

正直言って「ギガトラWiFi」をおすすめする理由が見当たりません。

申し込みをすればちゃんとSIMカードやルーターは届くのでしょうが、どんな会社かもわからないところに個人情報を渡すのは不安でしかないです。

にも関わらず、料金的なメリットもほとんどありません。

 

安心してSIMカードを利用したいなら「Chat WiFi」を、100GBのポケットWiFiなら「どんなときもWiFi」を、200GB以上のポケットWiFiなら「hi-ho Let's WiFi」を選ぶのが間違いないでしょう。

Chat WiFi(公式):http://chat-wifi.work/

縛りなし・解約金不要!

Chat WiFiを申し込む

200GBも使えて月額4,480円

ココがおすすめ

申込時にクーポンコード「chat-r200-mori」入力するだけで、200GBプランが月額4,280円になります。

ぜひご活用くださいませ。

 

どこよりもWiFi(公式):https://wifi.dokoyorimo.com/

月額3,180円は業界最安級

どこよりもWiFiを申し込む

8日以内であればクーリングオフ可能です

 

hi-ho Let's WiFi(公式):http://hi-ho.jp/course/letswifi/

1日7GBまで使える大容量ポケットWiFiが誕生

hi-ho Let's WiFiを申し込む

8日以内であればクーリングオフ可能です

 

大容量データSIMやポケットWiFi全般に関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくは公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください。

なる早で返答させていただきます。

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.