モバイルWi-Fi

ギガトラWiFiは無制限じゃないし高い!注意点とデメリットを徹底検証

投稿日:

ギガトラWiFiは無制限じゃないし高い!注意点とデメリットを徹底検証

【Anser】

1ヶ月100GB~200GBまでいう曖昧な上限あり。

月額2,990円はまとめ払いをした場合のSIMカードのみプランの料金であり、ポケットWiFiの場合はクーポン適用でも月額は3,800円と割高である。

この記事でわかること

  • ギガトラWiFiは1ヶ月100GB~200GBまでという上限がある
  • 通常は月額5,800円、クーポン適用でも3,800円と割高。
  • 一定期間分をまとめ払いすると安くなるが、縛りなしのメリットを活かせなくなるため注意が必要

「ギガトラWiFiが安くておすすめって聞いたんですが、どうですか?」

いいえ、全くおすすめではありません。

公式サイトでは「ギガ使い放題」と謳ってはいるけれど、実際には「月100GB~200GBまでしか使えない」と補足説明があります。

公式サイトでは「ギガ使い放題」と謳ってはいるけれど、実際には「月100GB~200GBまでしか使えない」と補足説明があります。

 

使い放題と言いながら実は上限があり、そもそも「100GB~200GB」というなんとも曖昧な表現。

正直に言えば、かなりずっこけました。

 

さらに月額料金も通常は5,800円で、公式サイトに記載のクーポンを使用することで3,800円になるという、「だったら最初から3,800円にしておけばいいのに」という意味不明な仕様。

でもよく見ると「月額2,990円」を大々的に掲げていて、どういうことかというと「一定期間分をまとめて先払いすると割引が効く」ようになっているのです。

25ヶ月分(74,750円)をまとめて払うことで、1ヶ月あたり2,990円になるという仕組み。

こんな大金を先払いする人はあまりいないのではないでしょうか。

途中で解約しても返金はしてくれませんからね。

しかも、この74,750円はあくまで「SIMカードのみ」の価格となっており、いわゆるモバイルルーターをセットにした場合は82,250円(実質月額3,290円)になります。

モバイルルーターをセットにした場合は82,250円(実質月額3,290円)

 

つまり、実質月額3,290円もするのに月に100GB~200GBくらいしか使えないポケットWiFiということで、全くお得でもなんでもないのです。

さらに言えば、「他社だと2~3年の縛りがあり解約金が2万円前後と高いけれど、ギガトラWiFiなら縛りなしで解約金も0円です!」との内容が記載ありますが、これもちょっと酷いですね。

「他社だと2~3年の縛りがあり解約金が2万円前後と高いけれど、ギガトラWiFiなら縛りなしで解約金も0円です!」との内容が記載ありますが、これもちょっと酷い

 

確かに縛りはなく、いつ解約しても違約金は0円ですが、そうするためにな「まとめ払い」ができなくなり、月額は3,800円のまま。

「まとめ払い」をすれば、実質月額は安くなりますが、最初に大金を払ってしまっているわけですから途中でやめにくくなりますよね。

例えば最初に25ヶ月分(82,250円)払って、12ヶ月で解約した場合の解約金はたしかに0円ですが、すでに払っている82,250円から実際に使った35,880円分を差し引いた46,370円は返ってきません。

溝に捨てるようなものなのです。

兎にも角にも、なかなか酷い料金システムになっているということなのです。

「ギガトラWiFi」のデメリット

  • ギガ使い放題ではなく、月間100GB~200GBまで
  • 通常月額は5,800円(クーポン利用で3,800円)と最安級ではない
  • 25ヶ月分をまとめ払いすると、実質月額2,990円になる
  • 契約期間の縛りはないが、まとめ払いで途中解約しても返金なし

 

そんなことであれば、「まとめ払い」をしなくても月額3,380円でずっと使える「クラウドWiFi」を借りたほうが断然お得です

クラウドWiFi

 

縛りもないので、いつ解約しても違約金は0円。ギガの上限もありません。

 

わざわざクーポンを適用させる必要もないので、面倒なことは一切不要です。

さらに海外でもそのまま利用可能

利便性も料金コスパも圧倒的に勝っているのが「クラウドWiFi」なのです。

「クラウドWiFi」の特徴

  • 初期費用:3,980円
  • 月額:3,380円
  • 契約期間の縛りなし(最低利用期間は1ヶ月だけ)
  • LTE電波が無制限に使える
  • 端末補償:400円
  • 最短即日発送

\縛りなし&無制限/

クラウドWiFiを申し込む

簡単1分で申込み完了&最短明日届く

参考記事:デメリットなし?クラウドWiFiを使ってみた|縛りなし&無制限

 

これ以上「ギガトラWiFi」について掘り下げる必要はないかもしれませんが、さらに詳しく調べてわかった情報をわかりやすくまとめて紹介します。

ギガトラWiFiの料金・スペック

ギガトラWiFiの料金・スペック

「ギガトラWiFi」の料金・スペックから確認しておきましょう。

ギガトラWiFiの料金プラン

「ギガトラWiFi」の料金プランは「SIMカードのみ」と「モバイルルーターのセット」と2種類あります。

ギガトラWiFiの料金プラン
  SIMカードのみ モバイルルーターセット
契約期間 なし
事務手数料 3,800円
データ通信量 月間100GB~200GB
月額料金 5,700円
→クーポン利用で3,700円
5,800円
→クーポン利用で3,800円
初月 1ヶ月分
端末補償 300円
※強制加入
600円
※強制加入
ウイルスセキュリティ 500円
※強制加入・初月は無料
ルーター本体代金 なし レンタルのため無料
(解約時に要返却)
送料 無料
発送までの日数 土日祝を除く、3営業日以内
支払い方法 クレジットカードのみ
クーリングオフ 3週間以内であれば全額返金保証制度あり

ココに注意

ルーターはレンタル品になります。

壊したり、紛失してしまった場合は機器損害金として20,000円も必要になります。

万が一に備えて端末補償オプションに加入することをおすすめします。

ウイルスセキュリティ

ウイルスセキュリティ

パソコンやスマホに使えるセキュリティソフトのオプションがあります。

ウイルスセキュリティ  
月額料金 500円
※強制加入、初月は無料
対応OS Windows、Mac、Android(iOSは一部の機能のみ)
端末数 3台

初月は無料ですが強制加入となります。

自分で外さないと翌月から毎月500円もかかるので、不要な方は気をつけましょう。

ココに注意

セキュリティソフトを必要とする方は非常に少ないでしょう。

それなのに強制加入にしているのは「外し忘れ」を狙っているからとしか思えません。

こういった不親切なやり方はあまりいい気分ではないですね。

端末補償(ギガトラバリア)

端末の破損、水没時に修理代を払う必要がなくなります。

端末補償(ギガトラバリア)
  SIMカードのみ ルーターとセット
料金 300円
※初月は強制加入
600円
※初月は強制加入
申込み条件 ギガトラWiFiのサービス申し込み時に強制同時加入
※解約後の再加入は不可
補償対象 ・破損
・水没
・盗難、紛失
・破損
・水没
・盗難、紛失
・バッテリー交換
補償対象外 なし USBケーブル:弁済金1,000円
SIMカード:弁済金5,000円
注意事項 ※盗難、紛失の補償は2年に1度まで ※電池パックの補償は1年に1度まで
※盗難、紛失の補償は2年に1度まで
補償未加入の場合の弁済金 SIMカード:5,000円 端末本体:20,000円
電池パック:5,000円

解約時にはSIMカードやルーターを返却する必要があります。

万が一に備えて端末補償オプションは加入しておいたほうがいいでしょう。

ギガトラWiFiの違約金とおまとめ払い

ギガトラWiFiには違約金がありません。

いつ解約しても無料です。

ただし、月額料金を安くするためには「まとめ払い」をする必要があり、全額先払いとなります。

途中解約しても差額の返金はありません。

この差額分が実質の違約金になると考えると、非常に割高であることがわかります。

SIMカードのみ
まとめ払い なし 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 25ヶ月
実質月額 3,700円 3,600円 3,500円 3,400円 2,990円
ルーターセット
まとめ払い なし 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 25ヶ月
実質月額 3,800円 3,700円 3,600円 3,500円 3,290円

※まとめ払い終了後の月額料金は実質月額と同額になります。

 

1番安くなる25ヶ月分おまとめ払いでも、SIMカードのみ2,990円、ルーターセットは3,290円と決してめちゃくちゃ安いわけではありません。

そもそも1ヶ月で100GB~200GBしか使えなくてこの金額は割高です。

その上、実質25ヶ月縛りになるわけですから、「縛りなし!月額2,990円!ギガ使い放題!」と聞いていた人からすれば騙されたようなものですよね。

これがギガトラWiFiの実態になります。

 

モバイルルーターの仕様

「ギガトラWiFi」からレンタルするモバイルルーターのスペック(仕様)を確認しておきましょう。

扱っているルーターは2種類で、どちらが送られてくるかはわかりませんし、指定もできません。

どちらも同等スペックであり、非常に一般的なルーターになっています。

ギガトラWiFiのモバイルルーター仕様
製品名

FS030WMB1

FS030Wルーター

602HW

602HW

重量 128g 135g
サイズ 74×74×17.3mm 109.9×65.1×15.5mm
連続使用可能時間 20時間 8.5時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:612Mbps
上り:37.5Mbps
WiFi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
同時接続台数 15台 14台
メーカー 富士ソフト ファーウェイ

FS030WMB1の最大速度が150Mbspと少々遅い気がしますが、602HWもせいぜい10~40Mbps程度しか出ません。

実際に出る速度に大きく違いはないと考えて大丈夫です。

 

回線はソフトバンクのLTE

「ギガトラWiFi」はソフトバンクのLTE回線を使用します。

ソフトバンクの通信可能エリアはHP(https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/)にて確認することができます。

 

サポートは問い合わせフォームのみ

申込み前のサポートは問い合わせフォームのみです。

会社概要ページにも電話番号は載っておらず、ホームページを探しましたが見つけることができませんでした。

あまり親切ではなさそうですね。

 

ギガトラWiFiは海外で使えない

「ギガトラWiFi」のルーターは「クラウドWiFi」のように海外では使えません。

あくまでも日本国内のみでの利用となっています。

海外でも使いたい方は「クラウドWiFi」を選びましょう。

 

以上が「ギガトラWiFi」の料金やスペックでした。

続いては最も大事な「ギガトラWiFi」の注意点・デメリットを確認していきましょう。

ギガトラWiFiの注意点・デメリット

冒頭で紹介した「クラウドWiFi」と比較しながら、「ギガトラWiFi」の注意点・デメリットを確認しましょう。

ギガトラWiFiとクラウドWiFiの違い

早速「クラウドWiFi」との違いを確認しておきましょう。

「ギガトラWiFi」と「クラウドWiFi」の違い
  ギガトラWiFi クラウドWiFi
契約期間 なし なし
事務手数料 3,800円 3,980円
料金プラン SIMカードのみとルーターセットの2種類 1種類
ギガ 1ヶ月100GB~200GB 無制限
月額料金 クーポン利用で
3,700円(SIM)
3,800円(ルーター)
3,380円
初月 1ヶ月分 日割り
支払い方法 クレジットカードのみ
違約金 なし
※おまとめ払いの場合は途中解約での返金なし
なし
端末メーカー保証 1年
端末補償 月額300円(SIM)
月額600円(ルーター)
月額400円
端末補償の内容 故障、水没、盗難・紛失 故障、水没、盗難・紛失
補償未加入時の損害賠償金 本体:20,000円 25,000円
(補償加入の場合、盗難・紛失のみ15,000円)
ルーター機種 FS030WMB1
602HW
U2s
回線 ソフトバンク ドコモ、au、ソフトバンク
※ただし、ほとんどソフトバンクにしかつながらない
端末の発送 3営業日以内
※土日祝を除く
最短即日
平日14時までの申し込みで即日発送。
土日祝日は発送不可。
クーリングオフ 3週間以内 8日以内

いくつか違いがありますが、その中でも絶対に見逃せない3つを紹介します。

(1)ギガトラWiFi:まとめ払いにしないと高い

「ギガトラWiFi」はまとめ払いにしないと月額3,800円(ルーターセット)と非常に高いです。

まとめ払いで25ヶ月分を先払いにしても実質月額3,290円ですから、「クラウドWiFi」と90円しか違いがありません。

(2)ギガトラWiFi:初月が1ヶ月分

「ギガトラWiFi」は初月がまるっと1ヶ月分の使用料がかかります。

「クラウドWiFi」は初月が日割りになるので、いつ契約しても損になることがありません。

(3)ギガトラWiFi:1ヶ月で100GB~200GBまでしか使えない

公式サイト上には「ギガ使い放題」と記載しておきながら、実は「1ヶ月で100GB~200GBまで」と上限が設けられているのが「ギガトラWiFi」です。

もちろん「クラウドWiFi」は1日の上限などなく、毎日好きなだけギガが使えます。

月額料金も高く、ギガに上限もあるということは、コスパが非常に悪いということなのです。

 

以上の3つが「ギガトラWiFi」と「クラウドWiFi」の見逃せない違いです。

やはり、ポケットWiFiを検討している方からすれば、月額料金と毎月使えるギガが1番大事なポイントとなります。

この部分で「ギガトラWiFi」は非常にデメリットが大きいわけですから、わざわざ選ぶ理由はないと私は思います。

結論:ギガトラWiFiはSIMカードのみをレンタルしたい方向け

SIMカードだけをレンタルしたい方であれば、まだメリットがあるのかもしれませんが、ポケットWiFiとして「ギガトラWiFi」を検討していた方には、まったくおすすめではありません

どう考えても「クラウドWiFi」の方がお得であることは説明してきたとおりです。

 

実績も申し分ないので、安心して使いたいなら「クラウドWiFi」を迷わず選びましょう。

\縛りなし&無制限/

クラウドWiFiを申し込む

簡単1分で申込み完了&最短明日届く

クラウドWiFi(公式):https://www.wifi-tokyo-rentalshop.com/cloudwifi/

デメリットなし?クラウドWiFiを使ってみた|縛りなし&無制限
デメリットなし?クラウドWiFi(東京)を使ってみた|縛りなし&無制限

<NEWS> ただいま在庫切れとなっているので、予約販売中です。(次回入荷予定日は未定) 早めに申し込んでおきましょう。 申込時はクーポン「smart1000」を入力すると、初月の料金から1,000円 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.