モバイルWi-Fi

限界突破WiFi と Mugen WiFi を徹底比較|口コミ・速度・電波・メリットとデメリットも解説します

限界突破WiFi と Mugen WiFi を徹底比較|口コミ・速度・電波・メリットとデメリットも解説します

ATTENTION

Mugen WiFiは新規の受付が終了となりました。

限界突破WiFiは新規の受付を停止しております。

 

お急ぎの方は、在庫のある別のクラウドWiFiをお選びくださいませ。

参考:【毎日更新】まだ在庫があるクラウドWiFi(無制限ポケットWiFi)まとめ

※繁忙期&コロナウイルスの影響で、多くのポケットWiFiが在庫切れとなっております。お早めにお申し込みくださいませ。

この記事でわかること

  • 話題の「限界突破WiFi」と「Mugen WiFi」を比較する
  • ともに無制限にギガが使える優秀なポケットWi-Fiである
  • 総合評価では運営会社がしっかりしている「限界突破WiFi」に軍配
「限界突破WiFi」と「Mugen WiFi」を比較
 

限界突破WiFi

限界突破WiFi

Mugen WiFi

Mugen-Wifi

契約年数
(最低利用期間)
2年 2年
自動更新
1年毎

なし
事務手数料
無料

3,000円
データ通信量
ギガ無制限

ギガ無制限
※上限300GBという口コミあり
月額料金
3,500円
※3年目以降も継続

3,280円
※3年目以降も継続
初月の月額料金
日割り

1ヶ月分
端末
P6

G4/U2S
端末料金
無料プレゼント
(解約時に返却不要)

無料レンタル
(解約時に返却)
端末の送料 無料 無料
発送までの日数 最短即日 最短即日
端末補償
500円/月

500円/月
補償内容
故障・水没のみ
※盗難・紛失は実費

故障・水没のみ
※盗難・紛失は実費
端末弁済金
18,000円

20,000円
支払い方法
クレジットカード

クレジットカード
クーリングオフ
8日以内

30日間全額返金保証
実効速度
※1

特に問題なし

特に問題なし
通信の切断
※1

特に問題なし

たまにある
2年間の合計費用
84,000円

81,720円
運営会社の実績・信頼
格安SIM事業を行っている
2013年設立
資本金17億

Mugen WiFiのみ
2019年設立
詳細不明
更新月以外の違約金
1年目
18,000円

9,000円
2年目
18,000円

5,000円
3年目~
5,000円

0円
総合評価
※2
35点 31点
公式サイト 申込む 新規受付終了

※1 実機によるテスト結果及びユーザー口コミより

※2 総合評価計算式(◎:3点 ○:2点 △:1点 ×:0点)

 

総合評価では「限界突破WiFi」に軍配が上がりました。

限界突破WiFi(公式):https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

月額3,500円

限界突破WiFiを申し込む

事務手数料&端末が無料

 

大事なポイントをもう少し詳しく見ていきましょう。

それぞれの辛口レビューを見たい方はこちらの記事をご参照ください。

限界突破WiFiは大丈夫なのか?実際に使ってみたけど…
限界突破WiFi 5ヶ月使った感想とデメリット|口コミと他社比較もまとめました

<NEWS> 4月8日付けで、限界突破WiFiは新規の申し込みを停止しております。(7月1日現在も停止中) 受付が再開されましたら、更新いたします。 まだ在庫のある無制限ポケットWi-Fiをこちらのペ ...

続きを見る

Mugen WiFi 因縁の5ヶ月使用レビュー|口コミ・他社と比較したデメリットも
Mugen WiFi 因縁の5ヶ月使用レビュー|口コミ・他社と比較したデメリットも

NEWS 4月10日付けで、Mugen WiFiは新規の申し込みを停止しました。   まだ在庫のある無制限ポケットWi-Fiをこちらのページでまとめています。参考にしてください。 参考記事: ...

続きを見る

比較ポイント①料金について

契約(申し込み)時に必要な事務手数料や毎月の料金、契約期間の合計費用といった料金の詳細を、見ておきましょう。

限界突破WiFi:事務手数料が無料、初月が日割りで始めやすい

ポケットWi-Fiを申し込むと、ほとんどの場合に事務手数料が3,000円ほど必要になります。

ただし、限界突破WiFiは事務手数料が無料です。

また、初月の料金も日割りになっているため、どのタイミングで申し込みをしても損になることがありません。

Mugen WiFiは事務手数料が3,000円かかり、初月が丸っと1ヶ月分かかりますので、月途中や月末に申し込むと損になります。

 

2年間の合計費用はMugen WiFiの方が安い

2年間の合計費用は月額料金が安いMugen WiFiの方が安くなります。

1日から使い始めた場合の2年間の合計費用
限界突破WiFi Mugen WiFi
84,000円 81,720円

 

20日以降の申込みであれば限界突破WiFiの方が安くなる

ただし、月末から使い始めた場合は、初月が日割りになる限界突破WiFiの方が安くなります。

20日から使い始めた場合の2年間の合計費用
限界突破WiFi Mugen WiFi
81,667円 81,720円

20日以降に申し込む場合は限界突破WiFiの方が安くなります。

逆を言えば、毎月10日ほどまでに申し込みをしない限り、料金の差はほとんどないと言えるでしょう。

杉本

 

初回の支払い額は限界突破WiFiの方が安い

どちらかと言えば、初期費用が安くなる限界突破WiFiの方が申込みのハードルは低いと思います。

初月の請求額
限界突破WiFi Mugen WiFi
3,500円の日割り分 6,280円

 

比較ポイント②端末(ルーター)の料金について

それぞれの端末(ルーター)についての違いを確認しておきましょう。

端末が無料でもらえる限界突破WiFi

限界突破WiFiは端末が無料でもらえます。

解約時の返却は不要ですし、使用途中で壊れてしまった場合でも弁償金は必要ありません。

なので、端末補償(月額500円)への加入は必要ないかもしれません。

契約期間中に完全に壊してしまった場合、その時点で解約をすれば違約金(18,000円)だけで済む。

 

端末がレンタルになるMugen WiFi

Mugen WiFiは無料ではありますが、レンタルとなります。

使用途中で壊れてしまった場合は弁償金(20,000円)が必要ですし、解約時には返却しなくてはいけません。

万が一に備えて端末補償(月額500円)への加入は必須かと思います。

契約期間中に完全に壊してしまった場合、その時点で解約をしても違約金+弁償金(合計で30,000円ほど)が取られてしまいます。

 

なお、3年目以降は返却が不要になるので、2年使ったら端末補償を外してもいいでしょう。

端末補償に加入すると、月額500円も上乗せになります。

Mugen WiFiの料金メリットは全くなくなりますね。

杉本

 

比較ポイント③端末の機能について

限界突破WiFiは標準で多機能ルーターですが、Mugen WiFiはプラス600円払わないと多機能ルーターにできません

通常のルーターと通信速度に違いはないですが、機能性に大きな違いがあります。

端末の違い
  限界突破WiFi Mugen WiFi
機種名

P6

G4

モバイルルーターG4

U2S

モバイルルーターU2S

月額料金 3,500円 3,880円 3,280円
通信速度(最大) 下り:150Mbps
上り:50Mbps
連続使用時間 15時間 13時間 12時間
同時接続台数 8台 5台
GoogleMap
翻訳アプリ
モバイルバッテリー機能

Mugen WiFi:多機能ルーターだと月額料金が600円も上がる

冒頭で紹介したMugen WiFiの月額料金3,280円というのは、Wi-Fi機能しかない「U2S」というルーターでの価格になります。

限界突破WiFiの「P6」のように、GoogleMap、翻訳アプリ、モバイルバッテリー機能を搭載した「G4」というルーターを選ぶと、月額料金が3,880円と600円も上がってしまうのです。

 

もちろん「Wi-Fiさえ使えればいい。アプリやバッテリー機能はなくてもいい」という方もいるでしょう。

ですが、そもそも限界突破WiFiは最初からその機能が使えた上で月額料金3,500円であり、何も機能が付いていないMugen WiFiとの差額はわずか220円しかありません。

1日から使い始めた場合の2年間の合計費用
限界突破WiFi Mugen WiFi
(U2S)
84,000円 81,720円

U2Sであれば2年間の合計費用はたしかにMugen WiFiの方が安くなります。

 

Mugen WiFi:多機能ルーターだと2年間で1万円以上も高くなる

1日から使い始めた場合の2年間の合計費用
限界突破WiFi Mugen WiFi
(G4)
84,000円 96,120円

ただし、G4ですと1万円以上も高くなるのです。

限界突破WiFiがいかにオトクであるかは一目瞭然でしょう。

車でスマホをナビ代わりにしている方や、普段モバイルバッテリーを持ち歩いていない方などは重宝する機能になりますよ。

上記の価格は1日から利用開始した場合です。

20日以降に利用を開始した場合はU2Sであっても、初月が日割りになる限界突破WiFiの方が安くなります。

 

比較ポイント④データ量(ギガ)の違い

限界突破WiFi、Mugen WiFi、共に「無制限」にギガが使えるポケットWiFiです。

ですが、SNSなどでは「Mugen WiFiは300GBまでしか使えない」という声が上がっています。

Mugen WiFiは300GBで制限がかかる

 

Twitterで「Mugen WiFi 300GB」と検索をかけると、いくつか口コミが出てきました。

1ヶ月で300GBも使うことはなかなかないとは思いますが、念の為気をつけておいたほうがいいでしょう。

ちなみに公式サイトからの回答はこちらです。

300GBという制限はないため、なにかの誤りではないかと存じます。
もしそのようなご連絡をさせていただいておりましたら 誤ったオペレーションがされている可能性がありますので 弊社のコールセンター側と調整をさせていただきます。
誤解を招くご案内をしておりまして申し訳有りませんでした。

現時点容量制限等は特になく、 また低速の基準は明確にもうけられておりません。
また低速判断はMugen WiFi側としてもキャリア側の判断で 停止させられる場合が多く把握出来ません。
現時点でデイリーで8〜12GB以上の利用状況があると 低速になるといった報告をいただく傾向はありますが、 明確なものはござません。

デイリー8~12GBで低速になるのであれば、つまり1ヶ月で300GBということになりそうですね。

「明確なルールがあるわけではないけれど、実際にはそうなっている」と思った方がよさそうです。

杉本

限界突破WiFiでは速度制限になったという口コミがない

同じようにTwitterで「限界突破WiFi 300GB」と検索をかけても、Mugen WiFiのような口コミは1件も出てきませんでした。

 

Mugen WiFi:速度制限のルールが書き換わる

300GBでの制限という声が増えたことがきっかけで、速度制限のルールが書き換わりました。

一般的なご利用環境における十分なデーター容量を提供しておりますが、ネットワーク品質の維持と公平な電波利用の観点から、大容量の通信を行う利用者に対し通信の停止や速度低下措置を行わせていただきます。
以下のようなご利用はなるべく控えていただけますようお願いいたします。
長時間の動画コンテンツの視聴、長時間のオンラインゲームのご利用、大容量のダウンロード、長時間のネット通話、高解像度動画などの視聴、複数機器の常時接続などはお控えください。 上記などを守っていただけない場合ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 なお利用方法によって停止措置や速度制限がかかった場合の返金や交換などの対応は一切行っておりません。 また違法ダウンロードや犯罪行為などの不正利用の疑いがある場合、端末自体のご利用停止を行う場合があります。

「長時間の動画コンテンツの視聴」

「長時間のオンラインゲームのご利用」

「大容量のダウンロード」

「長時間のネット通話」

「高解像度動画などの視聴」

「複数機器の常時接続」

これらを利用すると速度制限になるようです。

つまり、YouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflixなどを一日中見るのはアウト。

LINE通話での長電話も制限の対象となっています。

ここまではっきりと記載があるということは、問答無用で制限される可能性が十分にあります。

無制限とは名ばかりな状態になってきましたね。

杉本

なぜMugen WiFiは制限が厳しいのか?

利用開始当初は速度が制限されたといった声はありませんでした。

2020年になってから一気に増えた気がします。

おそらく原因はユーザー数の増加でキャパオーバーになってしまったからだと想定できます。

Mugen WiFiを運営するのはsurfaveという2019年に設立されたばかりの無名の会社です。

会社のホームページもなく、おそらくMugen WiFi以外の事業は何も行なってない謎多き会社となります。

そんな会社が一気に増えたユーザーを抱えきれるわけがなく、端末の在庫切れや電話の不通、無慈悲な速度制限に至ったのではないでしょうか。

 

比較ポイント⑤違約金について

契約途中の解約による違約金を比較しておきましょう。

Mugen WiFi:3年目以降の違約金なし

更新月以外の違約金
  限界突破WiFi Mugen WiFi
1年目 18,000円 9,000円
2年目 18,000円 5,000円
3年目~ 5,000円 無料

表のとおり、Mugen WiFiは3年目以降の違約金がありません。

1年目と2年目の違約金も限界突破WiFiより少ないです。

 

限界突破WiFi:端末が無料なので違約金が高い

限界突破WiFiは端末を無料でプレゼントしています。

おそらくそのために2年以内の違約金が18,000円とMugen WiFiより高くなっているのでしょう。

3年目以降は5,000円と良心的ですので、それほど大きな問題ではないと思います。

 

比較ポイント⑥クーリングオフ

クーリングオフについてはMugen WiFiの方がオトクです。

限界突破WiFiは通常の8日間のみですが、Mugen WiFiは30日以内であれば無料で解約が可能になっています。

Mugen WiFi:30日以内なら全額返金

クーリングオフ
限界突破WiFi Mugen WiFi
8日以内であれば違約金なしで解約可能 30日以内であれば全額返金(違約金も不要)
事務手数料3000円のみ必要 手数料1,000円のみ必要

「契約したはいいけれど、思ったような速度が出ない。圏外になる。」

あまり多くはないでしょうが、こういった方もいるでしょう。

そういった場合、限界突破WiFiは8日以内の解約であれば違約金が不要になります。

これは通信事業者として決められたルール通りの期間であり、一般的なものです。

対してMugen WiFiは30日以内であればクーリングオフ(全額返金)としています。

お試し期間が約1ヶ月あるようなものなので、これは非常に嬉しいですね。

 

8日間でも十分試せる

そうは言っても、8日間もあれば多くの人は十分に試せるでしょう。

逆に「30日もあるから大丈夫」といった余裕がうっかりミスを犯すのはよくある話。

心配な方は、到着次第すぐに使って試して、なるたけ早めに判断することを心がけた方がいいですよ。

「慢心は墓穴を掘る」です。

 

比較ポイント⑦:運営会社の違い

最後に運営会社の違いを確認しておきましょう。

何気にポケットWiFi選びで一番大事なポイントだと私は考えています。

格安SIM事業が基盤の限界突破WiFi

限界突破WiFiを運営しているのはエックスモバイルという格安SIM事業者です。

全国に店舗を構え、対面サポートも行なっています。

会社の設立は2013年とそれほど古いわけではありませんが、資本金はなんと17億円と非常に立派な会社です。

運営者の顔が見える、透明性の高い会社と言えるでしょう。

無制限ポケットWiFiを提供する会社の中では1、2を争う大きな会社となります。

 

電話が繋がらないMugen WiFi

Mugen WiFiを運営しているのはsurfaveという会社です。

ホームページがないので詳細は不明ですが、Mugen WiFiの公式サイトによると設立されたのは2019年のようです。

他にどういった事業を行なっているのか、どれくらい社員がいるのかなど、全てが謎に包まれています。

「電話をかけても繋がらず、問い合わせをしても返信がない」と、多くの声が上がっているのが現状です。

非常に残念ではありますが、あまり信用性が高い会社とは言えませんね。

通信サービスはもはや社会のインフラと言っても過言ではありません。

安さも大事ですが、しっかりと信用できる会社でないと後から痛い目を合うのではないでしょうか。

杉本

 

総合評価:限界突破WiFiの勝利

月額料金が3,280円と安く、30日の全額返金保証があるMugen WiFiも非常に魅力的なポケットWiFiではあります。

ですが、初期費用が少なくて済み、多機能ルーターが安く使え、運営会社もしっかりしている限界突破WiFiの方が総合的な評価としては優れていることがわかりました。

限界突破WiFiとMugen WiFiとで迷っているのであれば、限界突破WiFiをおすすめします。

限界突破WiFiを選ぶべき人

  • 初期費用を抑えたい
  • 多機能ルーターに魅力を感じる
  • 端末の返却が面倒
  • 信頼できる会社のサービスを使いたい

限界突破WiFi(公式):https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

月額3,500円

限界突破WiFiを申し込む

事務手数料&端末が無料

限界突破WiFiは大丈夫なのか?実際に使ってみたけど…
限界突破WiFi 5ヶ月使った感想とデメリット|口コミと他社比較もまとめました

<NEWS> 4月8日付けで、限界突破WiFiは新規の申し込みを停止しております。(7月1日現在も停止中) 受付が再開されましたら、更新いたします。 まだ在庫のある無制限ポケットWi-Fiをこちらのペ ...

続きを見る

 

Mugen WiFiを選ぶべき人

  • 月額料金が安いほうがいい
  • 30日の全額返金保証を使いたい
  • Wi-Fiだけ使えればいい
  • 運営会社や口コミなどは気にしない

※Mugen WiFiは新規の受付を終了しています。

Mugen WiFi 因縁の5ヶ月使用レビュー|口コミ・他社と比較したデメリットも
Mugen WiFi 因縁の5ヶ月使用レビュー|口コミ・他社と比較したデメリットも

NEWS 4月10日付けで、Mugen WiFiは新規の申し込みを停止しました。   まだ在庫のある無制限ポケットWi-Fiをこちらのページでまとめています。参考にしてください。 参考記事: ...

続きを見る

 

ポケットWiFi選びに関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくは公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください。

なる早で返答させていただきます。

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-, , , ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.