モバイルWi-Fi

Ex Wi-Fi CLOUDに気をつけて!5つの注意点・デメリットまとめ

まだ在庫があるクラウドWiFi(大容量ポケットWiFi)まとめ
クラウドWiFi(大容量ポケットWiFi)徹底比較|料金、速度、口コミまとめ【2020年10月20日更新】

【2020年10月20日更新】 テレワーク需要の影響で、多くのクラウドWiFiで在庫切れが起きています。 弊社が直接確認した、現在在庫がある・注文可能なクラウドWiFiをまとめました。 いつなくなるか ...

続きを見る

この記事でわかること

  • 「Ex Wi-Fi」が「クラウドSIM」搭載の「Ex Wi-Fi CLOUD」として生まれ変わった
  • 50GBと100GBの2つのプランを用意
  • 5つの注意点とデメリットをまとめました

以前まで「50GBが月額2,980円で使える」というポケットWiFiを提供していた「Ex Wi-Fi」。

>>旧商品(Ex Wi-Fi)はこちら

2020年9月9日より「クラウドSIM搭載のポケットWiFi」に生まれ変わりました。

「Ex WiFi CLOUD」の特徴

  • いわゆる流行りのクラウドWiFi
  • 50GBと100GBの2つのプランから選べる
  • 50GB:月額2,780円
  • 100GB:月額3,250円
  • 大手複数キャリア回線を使うので、広範囲で安定して使える

 

いわゆる流行りのクラウドWiFiですから、同じようなポケットWiFiは既に他にもたくさん出ています。

 

他のクラウドWiFiに比べて良いところはなにか、逆に悪いところはどこか。

これからポケットWiFiを申し込むのなら、どれが一番オトクなのか。

詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

Ex Wi-Fi CLOUD 注目すべき4つの特徴・メリット

まずは「Ex Wi-Fi CLOUD」の注目すべき4つの特徴を紹介します。

「Ex Wi-Fi CLOUD」注目すべき4つの特徴

  • 50GBと100GBプランから選べる
  • 50GB・月額2,780円は業界最安
  • 複数キャリアのLTE回線なので、全国どこでも使える(地下でもOK)
  • 最短即日発送ですぐに使える

50GBと100GBプランから選べる

1ヶ月で50GB使えるプランと、100GB使えるプランからお好きな方を選ぶことができます。

 

50GB・月額2,780円は業界最安

50GBプランは月額2,780円となっており、大容量ポケットWiFiとしては業界最安となっています。

100GBプランは月額3,250円ですので、平均的な価格帯です。

 

複数キャリアのLTE回線なので、全国どこでも使える(地下でもOK)

「Ex Wi-Fi CLOUD」はいわゆるクラウドSIMを採用したポケットWiFiです。

複数キャリアのLTE回線を使うので、全国どこでも地下でも使うことができます。

いわゆるスマホの電波が入るところであれば、どこでも使えると思ってほぼ問題ありません。

ちょっと田舎の町や電車、地下街などでも当たり前のように電波が入ります。

 

最短即日発送ですぐに使える

「Ex WiFi CLOUD」は、最短で申込みをしたその日に発送が可能です。

早ければ翌日から使うことができるので、すぐに欲しい方にぴったりとなっています。

 

以上の4点が「Ex Wi-Fi CLOUD」の注目すべき特徴・メリットとなります。

続いては料金プランとスペックを確認しておきましょう。

Ex Wi-Fi CLOUDの料金・ルータースペック・補償

Ex Wi-Fi CLOUDの料金・ルータースペック・補償

「Ex Wi-Fi CLOUD」の料金・ルーターのスペックなどを確認しておきましょう。

Ex Wi-Fi CLOUDの料金プラン

「Ex Wi-Fi CLOUD」の料金プランの詳細を確認してみましょう。

Ex Wi-Fi CLOUD
  50GBプラン 100GBプラン
契約期間 3年
自動更新 あり
データ容量 50GB 100GB
事務手数料 3,000円
月額料金 2,780円 3,250円
初月 1ヶ月分
ルーター端末代金 実質0円
※分割払い・同額割引
ルーター送料 無料
端末補償 安心サービスCustomize
月額500円
※2ヶ月無料
補償内容 故障、水没、盗難の場合でも
2,000円で交換
端末弁済金 23,400円
支払い方法 クレジットカードのみ
クーリングオフ 8日以内

Ex Wi-Fi CLOUDの違約金

「Ex Wi-Fi CLOUD」は3年以内に解約すると違約金が発生します。

Ex Wi-Fi CLOUDの違約金
0~36ヶ月目 4,500円
更新月 0円
37ヶ月~ 4,500円

他のポケットWiFiと比較すると、違約金に関しては良心的な価格設定だと思います。

 

端末残債金の支払い

端末(ルーター)代金は毎月650円の分割払いとなっています。

同額の割引が適用になるので実質負担は0円なのですが、3年以内に解約すると残債の支払いが必要となるので注意してください。

端末残債金の支払い
残月数×650円

例えばですが、契約して1年で解約した場合、24ヶ月×650円=15,600円の残債と違約金4,500円の合わせて20,100円を払わなくてはいけません。

 

「途中解約の違約金よりも、端末の残債金の方が高い」という点をよく覚えておいてほしいですね。

 

端末補償「安心サービスCustomize」の概要

端末補償「安心サービスCustomize」の概要

端末の故障、水没、盗難時に2,000円でリファブリッシュ品と交換することができます。

安心サービス Customize
料金 月額500円
※初月と翌月の2ヶ月分が無料
申し込み条件 任意加入
※初月のみ加入可。解約後の再加入は不可。
保証対象 ・故障
・水没
・盗難
注意事項 ※補償未加入の場合の再購入費用は23,400円

補償未加入の状態でルーターを壊してしまった場合、ルーターの再購入費用は23,400円となります。

初月と翌月の2ヶ月分は無料なので、ひとまず加入しておくことをおすすめします。

 

モバイルルーターの仕様

「Ex Wi-Fi CLOUD」から購入できるモバイルルーターのスペック(仕様)を確認しておきましょう。

他のクラウドWiFiと同じく「U2S」及び「U3」の取り扱いとなります。

Ex Wi-Fi CLOUDのモバイルルーター仕様
製品名

U2S

U2S

U3
※10月より販売開始予定

U3

重量 151g 125g
サイズ 127×65.7×14.2mm 126×66×10mm
連続使用可能時間 12時間 12時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 3,500mAh 3,000mAh
同時接続台数 5台 10台

最大速度は150Mbspと少々遅く感じるかもしれませんが、実際の速度としては20~40Mbps出ます。

ポケットWiFiとしては十分な速度です。

 

回線は複数キャリアのLTE回線なのでエリアも速度も◎

「Ex Wi-Fi CLOUD」は複数キャリアのLTE回線を使ったクラウドWiFiです。

どこの回線を使用しているかは非公表にはなりますが、大手キャリアであれば地下でも山岳地でもつながります。

通信エリアが気になる方は、3キャリアの中でもっともエリアが狭いと言われているソフトバンクのHP(https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/)で確認しておけば間違いないでしょう。

※あくまでも参考としてご確認ください。

 

使えるギガの目安

「Ex Wi-Fi CLOUD」は「月50GB」もしくは「月100GB」から好きな方を選ぶことができます。

「1日◯GB」とか「3日で◯GB」といったギガの制限はありません。

月50GBの目安

月50GBで使えるインターネットやアプリの目安表となります。

データ通信量の目安「50ギガでどれだけ使える?」
ネット検索 15万回
LINEのやりとり 2,500万回
LINE通話 2,000時間
Instagramで画像・動画閲覧 50時間
Twitterでタイムライン更新 3.5万回
YouTubeなど動画視聴
(標準画質)
325時間
YouTubeなど動画視聴
(高画質)
75時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ストリーミング再生)
27.5時間
Amazonプライムビデオ
(高画質ダウンロード再生)
85時間
Netflix
(中画質)
70時間
Netflix
(高画質)
16.5時間
GoogleMap 7.5万回
ZOOM会議 75時間

参考:データ通信量の目安|DMMmobileデータチャージ容量1GBの目安を知りたい|au通信量の目安|hi-hoNetflixのデータ使用量

 

月100GBの場合は、これの2倍使えると考えてもらって大丈夫です。

あくまでも目安にはなりますが、これだけ使えればよほどのヘビーユーザーでない限り、足りるのではないでしょう。

「月100GBじゃ足りない!」

「毎日動画を垂れ流したい!」

といったヘビーユーザーはポケットWiFiではなく光回線を引っ張りましょう。

 

サポートは問い合わせフォーム(メール)と電話

申込み前のサポートとしては、問い合わせフォーム(メール)と電話が用意されています。

ただし、電話はナビダイヤル(有料)となるので、気をつけましょう。

イベントキャンペーン事務局

  • 0570-028-176(10時~18時 年末年始および指定休日を除く)

 

Ex Wi-Fi CLOUDは海外でもそのまま使える

Ex Wi-Fi CLOUDのルーターは、設定も手続きも不要で海外でそのまま使えます。

わざわざ海外旅行用でポケットWi-Fiをレンタルする必要はありません。

アジア、アメリカ、ヨーロッパなど、世界中で使うことができます。

 

運営会社はファイナルブルー

「Ex Wi-Fi CLOUD」を運営しているのは「ファイナルブルー」という東京にある会社です。

Ex Wi-Fi CLOUDの運営会社
会社名 株式会社ファイナルブルー
所在地 〒158-0083
東京都世田谷区奥沢7-3-7
自由が丘ビル2階
設立 2015年
資本金 300万円
従業員数 30名
主な事業内容 通信機器の営業・販売
タブレット制作・販売
ウォーターサーバーの営業・販売
イベントの規格・運営
イベントスタッフの教育・派遣

「他の業務も行っている=急になくならない」と言えます。

元々別の事業を行なっていたという点は安心材料の一つでしょう。

 

最近はポケットWiFiだけのために会社を作ったりするところが多く、突然サービスが止まることもありました。

そういう会社には気をつけるようにしてください。

 

以上が「Ex Wi-Fi CLOUD」の料金・スペックでした。

最後に、絶対見落としできない5つのデメリットについて解説します。

Ex Wi-Fi CLOUD 5つの注意点・デメリット

申し込む前にチェックしておいて欲しい「Ex Wi-Fi CLOUD」5つの注意点・デメリットについて解説します。

「Ex Wi-Fi CLOUD」5つの注意点・デメリット

  • 競合他社よりコスパが少し悪い
  • 初月の料金は1ヶ月分
  • 契約期間は3年と長い
  • 途中解約の場合は端末残債がある
  • ベネフィットジャパンの卸売りサービスである

競合他社よりコスパが少し悪い

「Ex Wi-Fi CLOUD」は50GBで月額2,780円、100GBで月額3,250円です。

一見するとコスパが良さそうですが、実はそうでもありません。

100GB使えるクラウドWiFiの料金比較
会社名 月額料金
Mugen WiFi 3,150円
どこよりもWiFi 3,180円
Ex Wi-Fi CLOUD 3,250円
それがだいじWi-Fi 3,250円
ポケットモバイル 3,250円
ギガWi-Fi 3,250円

たかだかしれてはいますが「Mugen WiFi」や「どこよりもWiFi」の方が、少しだけ安かったりします。

ただし、50GBで月額2,780円で使えるクラウドWiFiは他にありませんので「50GBで足りる!」という方には「Ex Wi-Fi CLOUD」がぴったりでしょう。

 

初月の料金は1ヶ月分

初月の料金は日割りではなく1ヶ月分となっています。

月末に申し込むと少し損になってしまうので、せめて15日くらいまでに申し込んでおきたいですね。

ココがポイント

先ほど紹介した他のクラウドWiFiの中では「どこよりもWiFi」だけが唯一「初月が日割り」になっています。

 

契約期間は3年と長い

「Ex WiFi CLOUD」は契約期間が3年となっています。

他の100GB使えるクラウドWiFiはすべて2年契約ですので、解約のしにくさがあると言えるでしょう。

 

途中解約の場合は端末残債がある

「Ex WiFi CLOUD」を3年以内で解約すると、端末の残債が発生してしまいます。

ただでさえ縛り期間が長いのに、途中解約の場合は端末の残債があるとなると、いざというときに非常に解約しにくいですね。

 

ベネフィットジャパンの卸売りサービスである

何を隠そう「Ex Wi-Fi CLOUD」は、ベネフィットジャパンの卸売りサービスです。

ベネフィットジャパンからルーターなどを提供してもらい、代わりに販売しているというわけです。

そして、実は同じ販売形式をしているのが、他にもあります。

ベネフィットジャパンの代理店商品

「それがだいじWi-Fi」「ポケットモバイル」「ギガWi-Fi」も、同じくベネフィットジャパンの卸売りなのです。

そのため「月100GBで月額3,250円」「違約金4,500円」という点が全く同じになっています。

 

ただし、細かいところを見ると少し違いがあるので注意しましょう。

4社の違い
  Ex Wi-Fi CLOUD それがだいじWi-Fi ポケットモバイル ギガWi-Fi
契約期間 3年 2年
事務手数料 3,000円
データ容量 50GB/100GB 100GB
月額料金 2,780円/3,250円 3,250円
初月の料金 1ヶ月分
端末代金 650円×36回 1,000円×24回
端末補償 月500円 月400円 月600円
端末補償無料期間 2ヶ月 1ヶ月 なし
違約金 4,500円

 

比較表からわかるとおり、「それがだいじWi-Fi」もしくは「ポケットモバイル」が一番バランスが取れていると言えます。

ココがポイント

ただし、そもそも「どこよりもWiFi」の方が月額料金が安く、初月も日割りなので大変オトクです。

途中解約でも端末の残債もないため、気兼ねなく解約することができます。

他のクラウドWiFiとしっかり比較したい方はこちらの記事をご覧ください。

まだ在庫があるクラウドWiFi(大容量ポケットWiFi)まとめ
クラウドWiFi(大容量ポケットWiFi)徹底比較|料金、速度、口コミまとめ【2020年10月20日更新】

【2020年10月20日更新】 テレワーク需要の影響で、多くのクラウドWiFiで在庫切れが起きています。 弊社が直接確認した、現在在庫がある・注文可能なクラウドWiFiをまとめました。 いつなくなるか ...

続きを見る

 

以上が「Ex WiFi CLOUD」の注意点・デメリットでした。

「ぜひ使ってみたい!」という方は、よく検討してから申し込むようにしましょう。

まとめ:50GBで足りる人にとっては財布に優しいポケットWiFi

「50GBでもいいからもっと安いポケットWiFiがいい」という方も中にはいるでしょう。

そういった方に「Ex WiFi CLOUD」はうってつけのポケットWiFiとなっています。

 

50GBで本当に足りるのかどうかをよく検討した上でお申し込みください。

「100GBあったほうが安心だな」と思う方は、よりコスパの良い「どこよりもWiFi」をおすすめします。

 

Ex Wi-Fi CLOUD(公式):https://ex-wifi.jp/

(※当サイトにおける情報の掲載にあたっては、常に細心の注意を払っております。しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.