モバイルWi-Fi

さよなら通信制限!格安ポケットWiFiでギガ不足もストレスも解消

投稿日:

さよなら通信制限!格安ポケットWiFiでギガ不足もストレスも解消

この記事でわかること

  • ポケットWi-Fiがあれば通信制限に悩まなくて済む
  • 最近のポケットWi-Fiは安くて速い
  • 失敗しないポケットWi-Fiの選び方

毎月通信制限になるのですが、何か良い方法はありませんか?」

ずばり、ポケットWi-Fiを持つことをおすすめします。

料金面での心配があるなら、今のスマホプランを下げればいいでしょう

常に近くに置いておく必要はありますが、外でもどこでも好きなだけギガが使えるという自由を手に入れることができます。

ポケットWi-Fiとはなにか?

ルーターから飛ぶWi-Fiと接続することでスマホのギガを節約できる

ポケットWi-Fiというのは、名刺サイズくらいの小型ルーターのことです。

ポケットWi-Fiがあればスマホのギガが減りません

ノートパソコンを使って、外でもインターネットをすることもできます。

まずは、ポケットWi-Fiの仕組みから簡単に把握しておきましょう。

スマホのインターネットの仕組み

スマホのインターネットのしくみ

携帯の回線を借りてインターネットの世界へ行っている

スマホでSNSを見たり、動画を見たりできるのは、スマホがインターネットに繋がっているからです。

例えばドコモでスマホを買っている人は、ドコモの電波(回線)に繋がっているということになります。

契約内容によって毎月使えるギガが決まっていて、たくさんギガが使えるプランだと料金が高く、料金を安くすると使えるギガが減ります

 

ポケットWi-Fiのインターネットの仕組み

ポケットWi-Fiのインターネットのしくみ

ポケットWi-Fiから出る電波(回線)を使ってインターネットの世界へ行っている

ポケットWi-Fiからはスマホとは別の電波(いわゆるWi-Fi)が飛んでいます。

ドコモの電波を使わずに、ポケットWi-Fiの電波を使ってインターネットをすれば、スマホのギガが減りません。

スマホのギガが減らないということは「速度制限にならない」ということです。

なので「たくさんギガを使いたい人」や「外でも自由にネットがしたい人」がこぞってポケットWi-Fiを購入しているのです。

 

ポケットWi-Fiを買うことで手に入るメリット

ポケットWi-Fiを買うことで、どんなメリットがあるのか確認しておきましょう。

ギガ死(通信制限・速度低下)にならない

ギガが減らないので、いわゆるギガ死しません。通信制限(速度低下)にもなりません。

月末でもサクサク動画が見れるわけです。

 

ギガを追加購入しなくていい

ギガがなくならないので、ギガを追加購入しなくてよくなります。

1ギガ1,000円だなんて高い買い物をする必要がなくなるのです。

 

ギガを節約しなくて済む

月末に速度低下しないためにギガを節約している人は多いです。

本当は動画が見たいけど我慢することありますよね。

ポケットWi-Fiを持っている人はギガ節約とは無縁です

いつもで好きなだけ動画を見ることができます。

 

家でも外でも好きなだけギガ使える

実家暮らしだったりすると「家にはWi-Fiがあるからいいけど、外だと困る…」という方は多いでしょう。

ポケットWi-Fiがあれば、家でも外でも自由にネットが使えます

気軽にお出かけすることができますね。

 

旅行や出張先でもギガ使い放題

旅行や出張にポケットWi-Fiを持っていけば、もちろんギガを自由に使えます。

好きなだけ写真や動画を撮ってその場でインスタにアップできます

 

外でもパソコンでネットができる

スマホのテザリングを使わなくてもパソコンで仕事ができるのもポケットWi-Fiの強みです。

メールで重たいデータの送受信すると、一瞬でギガがなくなります。

ちょっと調べ物をするのにも、スマホのギガを気にしながらでは効率が悪いでしょう。

ポケットWi-Fiがあれば気兼ねなくネットが使えますので仕事にも集中できますよ

 

ポケットWi-Fiのメリットは理解できたでしょうか。

「好きなだけギガが使える」ようになれば、どれだけ毎日が楽しくなるか想像してみてください

 

ポケットWi-Fiの金額・契約など

とはいえ、ポケットWi-Fiはタダではありません

スマホのように毎月お金を払って使う物です。

料金についてざっくりと説明します。

月額4,000円前後

ポケットWi-Fiにもいくつか種類がありますが、概ね月額4,000円くらいが相場です。

使えるギガの量や性能(速度など)によって多少前後します。

同じ物でも、どこで契約(購入)するかによっても変わりますので、お気をつけください。

1つアドバイスをしておくと、家電量販店や携帯ショップで購入すると非常に割高なのでやめておいたほうがいいです。

 

数年単位での契約

ポケットWi-Fiは2年や3年間の契約の物がほとんどです。

中には「1日だけ」とか「1ヶ月だけ」といった形で指定期間だけレンタルする物もあります。

そういったポケットWi-Fiは「レンタルWi-Fi」と呼んだりします。

 

ギガ大容量でコスパ良し

ポケットWi-Fiには、毎月100ギガ使えるものや200ギガ使えるもの、上限なく使い放題のものなど色々あります。

契約する際には、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

ネットで買うのが鉄則

ポケットWi-Fiはネットで買うのが鉄則。

一応、家電量販店や携帯ショップでも買うことができますが、はっきり言って高いです。

物は同じなのに3万円も4万円も損をすることになります。

ポケットWi-Fiはネットで購入するようにしましょう。

 

以上がざっくりですがポケットWi-Fiの料金などについてです。

だいたいで結構ですので、把握しておきましょう。

ポケットWi-Fiのデメリット

通信制限知らずになれる魔法のアイテムポケットWi-Fiにもデメリットが存在します。

持ち物が増える

1番のネックは持ち物が増えることですね。

ポケットWi-Fiを使うには、当たり前ですが常に持ち歩かないといけません。

家の中であれば部屋に置いておけばいいですが、外へ出かける際には鞄やポッケに入れることになります。

 

カバンを持ち歩く習慣がない男性だと、ちょっとだけ面倒かもしれませんね。

後ろポケットに入れて座った時に割ってしまうなどのリスクもあるので、せめて前ポケットに入れたいところ。

ズボンがかさばるのが少しだけ気になるかもしれません。

重さ的にはスマホより軽いので大したことはないでしょう。

 

支払いが増える

これも当たり前ですが支払いが増えます。

先程も説明したとおり、概ね4,000円程の出費が増えます。

その分ギガがたくさん使えるので、ギガを追加購入するよりはよっぽど経済的なのは事実。

なので、ポケットWi-Fi購入と同時にスマホのプランを下げる人がほとんどです。

 

ルーターの充電もしなくてはいけない

スマホと同じように、ポケットWi-Fiの小型ルーターも充電式になっています。

フル充電で8~12時間ほど使えるタイプが多いので日中は大丈夫ですが、帰宅後は充電器に挿して使いましょう

待機時間はもっと長いので、Wi-Fiに繋げていなければバッテリーは減りません。安心してください。

 

以上の3つがポケットWi-Fiのデメリットです。どれも「しょうがないこと」ではありますね。

メリットと天秤にかけたときに、デメリットの方が大きいと思えばやめておきましょう

 

ポケットWi-Fiのメリット

  • ギガ死(通信制限・速度低下)にならない
  • ギガを追加購入しなくていい
  • ギガを節約しなくて済む
  • 家でも外でも好きなだけギガ使える
  • 旅行や出張先でもギガ使い放題
  • 外でもパソコンでネットができる

 

さて、あなたはどっちでしたでしょうか。

「ポケットWi-Fiが欲しいなぁ」と思った方はぜひ読み続けてください。

 

ポケットWi-Fiはいつ買うべきか

それではポケットWi-Fiはいつ買うべきでしょうか。

通信制限になる前に買うべき

やはり通信制限になる前に買うべきですよね。

毎月のように月末速度が低下している人や追加で購入している人は、そもそもギガが足りていない人です。

というより、本当はもっとたくさんギガが使いたい人ですよね。

だったら迷っている時間がもったいないでしょう。

今すぐ買って、ストレスから開放されましょう。

 

ルーターは最短翌日に届く

ルーターは注文後、最短翌日には届きます

遅くても4日以内には発送される会社が多いので、1週間以上待つなんてことはまずないでしょう。

なるべく安く買うにはネットから注文するのが鉄則ですが、早ければ次の日に届くので安心してください。

 

スマホのプランを下げれば安くなる場合も

先程も少し触れましたが、ポケットWi-Fiを購入するかわりにスマホのプランを下げれば、結果として安くなることもあります

例えばあなたがドコモのスマホを持っているとします。

(現在)シンプルプラン+ベーシックパック(20GB)+SPモード=8,280円

(変更後)ギガライト(1GB)+ポケットWi-Fi=6,980円

ご覧の通り、使えるギガ量は倍以上に増えるのに料金は安くなります

 

もちろん上記はあくまで一例ですが、スマホのプランさえ下げれば往々にして安くなることは覚えておいてくださいね。

※上記のポケットWi-Fiは4,000円で計算しています。

 

ポケットWi-Fiの種類と選び方

ポケットWi-Fiにはいくつか種類があるとお伝えしてきましたが、大きく2種類に分けることができます。

ここはちょっと理解してほしいポイントです。

大きく分けて2種類

「WiMAX(ワイマックス)」という種類の回線を使ったサービスと「キャリア回線」を使ったサービスの2種類に別れます。

「WiMAX」というのはポケットWi-Fi専用の回線です。「WiMAX」という名前の電波が飛んでいて、それを使うと思ってくれればOKです。

 

「キャリア回線」というのは、ドコモ・au・ソフトバンクのスマホの電波(回線)のことです。

ドコモの回線を使ったポケットWi-Fiやauの回線を使ったポケットWi-Fi、ソフトバンクの回線を使ったポケットWi-Fiというのがあります。

 

ざっくりと違いを表にするとこんな感じです。

WiMAXとキャリア回線の違い
  WiMAX キャリア
速度 速い まぁまぁ速い
エリア やや広い とても広い
料金 同じくらい

 

初めてポケットWi-Fiを買おうと思っている方は、2つの違いについてそこまで気にする必要はありません。

 

ユーザー数が多いのはWiMAX

独自調査の結果にはなりますが「WiMAX」の方が圧倒的にユーザー数が多いです。

ポケットWi-Fiの利用者100人にアンケートを取ったところ、実に8割以上がWiMAXを使っていました。

 

第三者機関で調べているところはちょっと見つからなかったのですが、まぁまず間違いないでしょう。

「ポケットWi-Fiと言えばWiMAX」と思っている人も多いくらいなので。

 

基本的には「WiMAX」を選んでおけばOKです。

ただ、ポケットWi-Fiにも「使えるエリア」というのがあるので、万が一「WiMAXがエリア外」だった場合は「キャリア回線のポケットWi-Fi」を購入するようにしましょう。

 

WiMAXがエリア外ならキャリア回線のポケットWi-Fi

山岳地帯や田舎の方だと「WiMAX」がエリア外になる可能性があります。

そういった場合は「キャリア回線」のポケットWi-Fiを選びましょう。

「キャリア回線」のポケットWi-Fiであれば、スマホの電波さえ入る場所であればどこでも使えます。

※スマホの電波が入らない場所ではポケットWi-Fiも使えません。

 

【まとめ】ギガ買うよりポケットWi-Fiが正解

「毎月現在になると通信制限になる…」「今月もまたギガを買ってしまった…」

そんなあなたは今すぐポケットWi-Fiを持つべきです。

これまでのストレスが嘘だったように、快適なネットライフを送ることができますよ。

今や当たり前になったポケットWi-Fi。持たなきゃ損々、もったいないですよ。

 

今買うべきポケットWi-Fiはこちらの記事を参考にしてください。

参考記事:【最新版】ポケットWi-Fiおすすめランキング

正式には「ポケットWi-Fi」という名前は「ワイモバイル」という会社の商品名になります。一般名称としては「モバイルWi-Fi」「モバイルルーター」と呼ぶのが正しいでしょう。

ただし、多くの方が総じて「ポケットWi-Fi」と呼んでいるため、この記事ではあえて「ポケットWi-Fi」という書き方をしました。ご理解いただけますと幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-, ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2019 All Rights Reserved.