モバイルWi-Fi

【完全ガイド】「どんなときもWiFi」初期契約解除制度(クーリングオフ)の使い方

【完全ガイド】「どんなときもWiFi」初期契約解除制度(クーリングオフ)の使い方

この記事でわかること

  • 「どんなときもWiFi」で初期契約解除制度(クーリングオフ)を使って解約する方法

 

「どんなときもWiFiもクーリングオフできますか?」

もちろんできます。

ですので、契約事務手数料の3,000円は払うことになりますが、違約金なしで解約することができます。

「いざ使ってみたら思ってたよりも遅かったので解約したい」という場合は、8日以内に手続きを完了しましょう。

 

「どんなときもWiFi」の初期契約解除のやり方を画像付きでわかりやすく解説します。

※当サイトの内容は、あくまでも弊社の調査結果に基づく情報であり、全てのユーザーに対してその内容の再現性を保証するものではございません。お客さまご自身の責任においてご利用ください。

【注意】SNS(Twitter、FB、インスタなど)アプリで閲覧している方へ

+ ココをタップすると5秒で読み終わる注意事項が表示されます

SNSアプリの仕様変更に伴い、記事内容が正常に表示されない場合があります。大変お手数ではございますが、お使いのブラウザで開き直して頂くようお願い致します。

※パソコンの方は問題ありません。

iPhoneの方

  • 画面右下のSafariアイコンをタップ

Safariで開き直す

Androidの方

  • 画面右上の「︙」をタップし「Chromeで開く」をタップ

Chromeで開き直す

【完全ガイド】「どんなときもWiFi」の初期契約解除制度

かなり一般的になった初期契約解除制度(回線版のクーリングオフ)ですが、もちろん初めての人もいます。

また、回線会社によって細かい手順が違いますので、初めての回線で使う場合は「本当にできるの?」と心配になりますよね。

でも安心してください。「どんなときもWiFi」の初期契約解除制度はとっても簡単に使うことができますよ。

「どんなときもWiFi」における初期契約解除制度の基本ルール

まずは基本的なルールを確認しておきましょう。

どんなときもWiFiの初期契約解除制度

  • ルーター到着もしくは契約書受領日の遅い方を1日目とする
  • 8日以内に電話による事前申告もしくは申請書と端末を直接送り返す
  • 到着日ではなく発送日が8日以内であればOK

 

手順としてはWiMAXと大きく変わらないですね。

それでは注意するポイントを確認しましょう。

 

注意ポイント①契約書はルーターに同梱されている

「どんなときもWiFi」は契約書がルーターに同梱されています。

どんなときもWiFiの契約書

どんなときもWiFiの契約書

 

つまり”ルーター到着もしくは契約書受領日の遅い方を1日目とする”としながらも、実は「ルーター到着日=契約書受領日」なのです。

 

注意ポイント②到着日を含む8日以内に発送

例えば6/1に到着した場合の8日目は6/8です。

8日以内の考え方
1日目(到着日) 6/1
2日目 6/2
3日目 6/3
4日目 6/4
5日目 6/5
6日目 6/6
7日目 6/7
8日目(発送期限) 6/8

 

注意ポイント③電話がつながらない

初期契約解除制度の事前申告をしようとカスタマーセンターに電話しても中々つながりません。

どんなときもWiFiカスタマーセンター

電話:0120-048-277

受付:月~土(11:00~18:00)

 

必ず電話申告をしなくてはいけないわけではありませんので、ちょっと不安かもですが気にせず申請書とルーターを発送してしまいましょう。

 

注意ポイント④書面は書式がダウンロードできるが自作でも可

初期契約解除制度にて解約する場合は初期契約解除申請書を送る必要があります

初期契約解除申請書

初期契約解除申請書

 

契約者専用サイトから書式をダウンロードすることもできますが、ワードなどで自作しても問題ありません。

初期契約解除申請書の書式:https://support.donnatokimo-wifi.jp/pdf/initial-contract-cancel-sw.pdf(PDF)

自作する場合に記載する内容

  • サービス契約書面に記載の契約ID
  • 契約者名
  • 契約電話番号
  • 契約者住所

 

契約者専用サイトへは契約書の裏面に記載のQRコードからアクセスできます。

※ログインIDとパスワードは契約書の裏面に記載

契約者専用サイト:https://support.donnatokimo-wifi.jp/

契約書の裏面

契約書の裏面

 

注意ポイント⑤申請書とルーターを一緒に送り返した方が間違いない

申請書の備考欄には次のような記載があります。

※初期契約解除の際は、端末返却のご協力をお願いいたします。申請日(本書 面の発送日)から 7 日以内に当社指定の返送先まで届かない場合、機器損害金 を 18,000 円(税抜)請求いたします。

初期契約解除申請書|どんなときもWiFi公式サイトより引用

つまり「先に申請書だけ送り、それから7日以内にルーター(端末)を送り返せばいい」と解釈することができますが、面倒ですし送り忘れたら18,000円も負担しないといけなくなるので、申請書とルーターは一緒に発送しましょう。

 

注意ポイント⑥返送先に届いた日ではなく、こちらが発送した日が8日以内であればOK

「8日以内に届いていないといけないの?」と思われる方が多いようですが、発送した日が8日以内であれば問題ありません

8日以内に発送しましょう。

8日以内に発送

8日以内に発送

 

注意ポイント⑦受け取った箱ごと全て送り返す

最初に届いた物のうち、契約書以外は全て返送します。

送り返すもの

  • 端末(ルーター)
  • USBケーブル
  • 取扱説明書
  • 個装箱(ルーターが入っていた箱)

※ストラップは返却不要ですが、もちろん返しても大丈夫です。

届いた物は全て返却する

届いた物は全て返却する

 

注意ポイント⑧元払いで送る 品名に「初期契約解除」と記載

ソフトバンクエアーの初期契約解除制度では「着払い」での発送が可能でしたが、どんなときもWiFiは「元払い」での発送となっています。

送られてきた箱に入れて返すので、サイズは60になります。

参考:ヤマト宅急便の料金表

送り先

〒141-0022
東京都品川区東五反田1-2-33-7F
グッドラックサポートセンター

 

また、伝票の品名に「初期契約解除」と記載の上、発送してください。

これらに1つでも不備があると初期契約解除できなくなりますので気をつけましょう。

元払い、品名に「初期契約解除」の記載でないと処理ができないと明記されている

元払い、品名に「初期契約解除」の記載がないと処理ができないと明記されている

 

 

以上が「どんなときもWiFi」の初期契約解除制度における注意ポイントでした。

 

最後におさらい<初期契約解除の手順>

  1. ルーター到着日の8日以内に
  2. ルーター、USBケーブル、取扱説明書、個装箱と
  3. 初期契約解除申請書を
  4. 元払い(60サイズ)で発送する

以上の手順で行うことで違約金なしで解約することができます。

※契約事務手数料「3,000円」は必要

 

どんなときもWiFiの魅力

どんなときもWiFiの魅力は

  • どこでもつながる:3キャリアのLTE回線を使用
  • 地下でもつながる:電車内でもOK
  • ギガ上限なし:完全無制限で使える
  • 月々3,480円~:2年間割引価格が適用

です。

「WiMAXの3日間10GB制限に困っている人」「WiMAXがエリア外の人」「電車での移動や地下で使うことが多い人」にもってこいのポケットWi-Fi。

それが「どんなときもWiFi」です。

2年間割引価格で利用できるキャンペーンが終了してしまう前に申し込んでおきましょう。

どんなときもWiFi公式サイト:https://donnatokimo-wifi.jp/

 

関連記事:どこでも使えるって本当?どんなときもWiFiを使ってみた

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.