モバイルWi-Fi

WiMAXは機種変更ではなく解約新規した方が断然オトクになります

WiMAXは機種変更ではなく解約新規した方が断然オトクになります

この記事でわかること

  • WiMAXは機種変更するべきか解約新規するべきか
  • 解約新規する場合に注意するポイント
  • 解約新規におすすすめのWiMAX

「機種変更するのと一旦解約して新規で契約し直すのと、どっちがいいんですか?」

 

3年前にWiMAXを紹介したお客様から「機種変更か解約新規か」の相談をされることがよくあります。

ずばり、オトクに使いたいなら「解約新規」一択です。少々手間はかかりますが、料金メリットが大きすぎます。

逆を言えば、機種変更をするのは金銭的に大損です。

毎月支払いするものですので、1回の手間を惜しんで長く損をし続けるのはもったいないと思いますよ。

※当サイトの内容は、あくまでも弊社の調査結果に基づく情報であり、全てのユーザーに対してその内容の再現性を保証するものではございません。お客さまご自身の責任においてご利用ください。

【注意】SNS(Twitter、FB、インスタなど)アプリで閲覧している方へ

+ ココをタップすると5秒で読み終わる注意事項が表示されます

SNSアプリの仕様変更に伴い、記事内容が正常に表示されない場合があります。大変お手数ではございますが、お使いのブラウザで開き直して頂くようお願い致します。

※パソコンの方は問題ありません。

iPhoneの方

  • 画面右下のSafariアイコンをタップ

Safariで開き直す

Androidの方

  • 画面右上の「︙」をタップし「Chromeで開く」をタップ

Chromeで開き直す

機種変更と解約新規の料金比較

機種変更した場合と解約新規した場合の料金を比較してみましょう。

月額料金が最安と豪語する「Broad WiMAX」とキャッシュバックなしで実質月額が1番安くなる「GMO WiMAX」で比較してみます。

Broad WiMAXを解約し、GMO WiMAXを新規で契約し直した方が安い

結論から言うと、解約新規の方が安くなりました。その差は約16,000円です。

数千円程度なら「面倒だし…」で機種変更してしまいそうですが、16,000円となると話は別ではないでしょうか。

Broad WiMAXとGMO WiMAXの料金比較
  Broad WiMAX GMO WiMAX
ルーター代 0円 0円
事務手数料 なし 3,000円
初月 - 2,170円の日割り分
1~2ヶ月目 4,011円 2,170円
3~36ヶ月目 4,011円 3,480円
3年間合計 144,396円 127,830円
※初月分をあえて丸っと1ヶ月で計算しています。
金額差 機種変更だと16,566円以上損をする

 

解約新規だと、契約した初月分(日割り)を余計に払う必要があります。

また、契約の際の事務手数料も必要です。

それを払ったとしてもGMOに乗り換えた方が安くなることがわかりました。

上記の金額差は初月分を丸っと1ヶ月使った想定です。

本来なら初月分は5日とか10日分くらいになります(月末近くに解約新規を行うことが多いので)ので、もっとオトクになるでしょう。

ざっくり17,000円以上はオトクになると考えることができます。

初月が5日分だけであれば2,170円÷30日×5日=361円なので、16,566円+(2,170円-361円)=18,375円のオトクになります。

 

月額3,550円以下のWiMAXなら機種変更した方がオトク

上記の表からわかるとおり、GMO WiMAXに乗り換えると3年間+初月分で最大127,830円になります。

これを36ヶ月で割ると3,550円になるので、月額3,550円以下のWiMAXなら解約新規ではなくそのまま機種変更した方がオトクになる計算です。

では、月額3,550円以下のWiMAXはあるのでしょうか。

ずばり、そんなWiMAXは1社もありませんでした

主要10社のWiMAX月額料金一覧
BIGLOBE 4,380円
UQ WiMAX 4,380円
Broad WiMAX 4,011円
DTI 3,760円
カシモ 4,079円
@nifty 4,350円
ASAHIネット 4,290円
So-net 4,379円
JP WiMAX 4,100円
家電量販店 4,380円

 

1番安いDTIでも3,760円でした。それでも3年間の合計は135,360円なので、やはりGMOに乗り換えた方がオトクになります。

 

今GMOの場合はどうすればいい?

GMOに乗り換えた方がオトクなことはわかったけれど、今すでにGMOを使っている場合はどうなのか。

その場合も一旦解約して、再度契約し直した方がオトクになります。

キャッシュバックキャンペーンで申し込んだ人は月額割引キャンペーンが使える

GMOの場合、同じキャンペーンを何度も使うことはできません。

つまり、今使っているGMOをキャッシュバックキャンペーンで契約したのであれば、解約してまたキャッシュバックキャンペーンで契約することができない、ということです。

その代わり、月額割引キャンペーンでなら申込みし直すことが可能です。

おそらく今GMOを使っている人は、キャッシュバックキャンペーンで契約している方がほとんどだと思います。

なぜなら月額割引キャンペーンは最近始まったばっかりだからです。

なので、安心して月額割引キャンペーンで再契約してください。

GMO WiMAX(月額割引):https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

 

キャッシュバックが欲しいなら@niftyで決まり

毎月の料金が多少高くなってもいいからキャッシュバックが欲しい!」という方もいるでしょう。

実は私も昔はそういうタイプでした。臨時収入的な感覚がなんだかオトクに感じるんですよね。

GMO以外で高額なキャッシュバックが貰えて、実質費用が安いのは@niftyになります。

3年間の合計もGMOと肉薄する安さ。また、初月は250円(@nifty基本料金)だけなのでいつでも気軽に契約することができます。

@nifty WiMAXの料金
事務手数料 3,000円
ルーター 1円
初月 250円
1~2ヶ月目 3,670円
4ヶ月目~ 4,350円
キャッシュバック 23,000円
3年間の合計費用 131,141円
実質月額 3,642円

※@nifty基本料金(250円)込みで表記しています

3年間の総額がGMOと同様に機種変更よりも安くなりました。

(参考:Broad WiMAXで機種変更した場合の3年合計144,396円)

 

ルーターはどれ選んでも1円ですので、最新の端末を選ぶといいでしょう。

なお、最短で4日発送になりますので、月末の方はお急ぎください。

@nifty(公式):https://setsuzoku.nifty.com/wimax/

 

 

解約新規で契約する際に注意するべきポイント

今あるWiMAXを解約し、改めて別のWiMAXを新規で契約する際に気をつけるべきポイントを2つだけ紹介します。

更新月で解約する

当たり前ですが、今あるWiMAXは更新月で解約をしましょう。

更新月以外で解約をすると違約金が発生します。

たとえ解約新規の方がランニングコストが下がるとはいえ、わざわざ違約金を払ってまで行うことではありません。

うっかり更新月を超えちゃったり、まだかなり先だった、なんてことにならないように必ずマイページで確認してからにしてくださいね。

また、WiMAXによって解約の手続き方法や申請のタイミングが異なります。

心配な方はサポートセンターに電話して確認をしましょう。

 

空白の期間を作らないようにする

新しいWiMAXは今あるWiMAXの解約より前に注文しておきましょう。

先に解約してしまうとWiMAXがない空白の期間ができてしまう恐れがあります。

WiMAXがないとパソコンをネットにつなげられなくなったり、スマホのギガを無駄に消耗することになります。

今回紹介したGMOのWiMAXは初月日割りですし、@niftyのWiMAXは初月250円だけです。

少しくらい早く手元に届いてしまっても大きな痛手にはなりません。

空白期間をつくるよりよっぽどマシですから、先に注文してから解約の手続きをしましょう

 

以上の2つだけ気をつければ、よっぽど失敗しないはず。

言われるがまま機種変更するよりも、これを機に乗り換えたほうがオトクになりますので、忘れないようにしておいてください。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Wi-Fiの森_管理人

Wi-Fiの森_管理人(ネット専門家)

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてネットの取次業務を10年以上やっていました。 現在はパソコンやネットのトータルサポート業をやっています。

もっと詳しく

-モバイルWi-Fi
-, ,

Copyright© Wi-Fiの森 , 2020 All Rights Reserved.